カテゴリ:未分類( 2 )

|

日曜日のキトの街(Naranjilla)

今日は日曜日。

新市街と旧市街の間にあるエルエヒド公園の日曜市へ、レナさんと行ってみることに。

そこには、アクセサリーやカラフルな民芸品の数々。
c0351060_23403001.jpg
c0351060_22490565.jpg
c0351060_22424055.jpg
可愛い女の子たちもお店のお手伝い中。
c0351060_22455754.jpg
c0351060_23140332.jpg

屋台でフルーツやら肉やらも食べながら
公園内を散策。
c0351060_23371854.jpg
c0351060_23534183.jpg
なんとも平和な日曜日。


公園の向かいの劇場の前では
民族衣装を着た方々がダンスパフォーマンス中。
c0351060_23104544.jpg
跳んだり跳ねたり、グルグル回って頭降ったり、
なかなか激しいダンスでした。
c0351060_23092371.jpg


日曜市だけでは飽き足らず、
近くの民芸品マーケットへ。
c0351060_23592751.jpg
ペルーより弱冠高めなものの、ここにも可愛い雑貨がいっぱい!

ついつい財布の紐が緩んでしまいました。
※あまりに荷物が増えすぎたので、翌日一部を郵便局から日本へ送付。
送付時は、送り状二枚へ記入し、パスポートの原本提示+コピーが必要。
荷物は一週間後に無事日本に到着しました。

送料は9.5kg=245USドル(約3万円)!
ペルーからだと、この半値近くで送れるらしいです。。。
c0351060_23344511.jpg
c0351060_23323837.jpg


このマーケットでは、
こんな気になるものを発見!
c0351060_22525998.jpg
氷の上に鍋を置き、鍋の中でジュース類をかき混ぜて作るタイプの
アイス屋さん、HELADOS DE LA 5TA PAILA
c0351060_23005785.jpg
c0351060_23052150.jpg
Naranjilla味(オレンジに似た果物)を購入(1.5USドル≒180円)。
c0351060_23025304.jpg
かき混ぜては冷やして…を約20分行うと、
液体がねっとりと固まり、アイスになるそう。
c0351060_22552388.jpg
c0351060_22582668.jpg
急激に冷やさないからこその
柔らかい食感のアイスでした。


買い物を楽しんだ後は、歩いて旧市街まで行ってみることに。

キトの街の特徴は
建物はカラフルなものが多く、
KFCやマクドナルドといったファーストフード店が巨大!

そんなキトの街の中に突如現れる
大きなバシリカ教会へ立ち寄ってみることに(2USドル)。
c0351060_23175026.jpg
入ってすぐに目にとまるのは、

大きなステンドグラス。
c0351060_23194565.jpg
外観には、
エクアドルらしくカメやイグアナの装飾も。
c0351060_23302366.jpg

更に、
塔の上にも+2USドルで登れるというので行ってみると、

工事現場のような細い道を通った先の梯子のような階段の先には、
c0351060_23275794.jpg
人ひとりがとおるのがやっとな超急傾斜の階段。
c0351060_00372320.jpg

c0351060_23263232.jpg

雨の日なんて、とてつもなく危険そう。

無事昇りきると、
そこからは360°、キトの街並みを見渡せます。
c0351060_23214467.jpg
c0351060_23245609.jpg

店のシャッターも閉まり、通行人もほとんどいない
ひっそりとした街の中を更に進み、


旧市街のメイン広場、独立広場に到着。
この広場の周りにだけは、たくさんの人たちで賑わっていました。
c0351060_00205977.jpg
内部に金色の装飾がされているラ・コンパニーア教会を
入口から軽く覗いたりしながら旧市街を散策。


散策を終え宿に戻ると、
つい一時間ほど前に、宿の目の前で宿泊者が強盗に遭ったらしい。

まだまだ明るい時間帯。
ちょうどまわりに人がいなかったらしく、狙われてしまったらしい。

c0351060_23454339.jpg
身近に事件が起きると、
改めて、気を引き締めなくてはと思います。

でも、スーパーに行きたかったので、
より用心して行こうとしたところ、

宿の方が念の為にと、一緒に着いてきてくれました。


道すがら、
”日曜日はキトの街にあんまり人がいない”と、話をすると、

宿の方 曰く、
”エクアドルの日曜日は家族で過ごす日だからみんな家にいる”

そして、
”家族と過ごす日だから、日曜はアルコールも販売禁止なんだ”

とのこと。


カナダも確かアルコールの購入に時間制限があったけれど、
365日24時間アルコールが買える日本側としては、
なんだか不思議な感覚。


平日とは違う表情を見せる静かなキトの街。
日曜日ならではのキトの雰囲気を味わうのも、面白い経験でした。


[PR]

by ice_oga | 2015-06-21 22:20 | Comments(0) |

ついに念願の世界旅に行ってきます!いろんなアイスを食べ歩くこと!

OL生活に終止符を打ち、
ついに念願の世界旅に行ってきます!


小さい頃から、まだ見ぬ海外に憧れてた。

念願叶って初めて行ったオーストラリアですっかり海外の魅力にハマり、
学生時代にワーホリで行ったカナダでは、
人種のモザイクと呼ばれる所以がわかるくらい、いろんな国の文化を持つ人々に出会った。

c0351060_12515823.jpg

気付けば、世界中に興味津々!



とはいえ、
平々凡々と会社員として仕事をし
たまの休みで行く海外旅行を楽しみにしつつ、

これまで安定志向で働いてきました。



日本も素敵な場所ではあるけれど、
世界中にも素敵な場所、文化、そして人がいるのを知ってしまった以上、

現地に行ってみたい想いは日々募るばかり。




アラサーと呼ばれる年代になったある日のこと。

たまの旅行では飽きたらず、チャレンジするなら今だ!と思い、


仕事を辞め、
長期間で世界旅をすることを決断!


一度決めてしまえば、迷いは消えた。

今の生活を捨てることへの不安を、
これから始まる旅への期待が乗り越えました。



そして、
そんな世界旅での目的のひとつは、
「いろんな国でアイスを食べ歩くこと」笑


なぜアイスかと言うと、
私は年間365個以上のアイスを食べる程のアイス好き。
(大人になるまでアイスは誰でも毎日食べるものだと信じていたくらい。)

今までに訪れた旅先で出会ったのは、

c0351060_12520437.jpg
マレーシア
見た目はどぎついけど美味しい抹茶アイス。

本場イタリアの絶品ジェラート。 


c0351060_12480392.jpg
モロッコのシャリシャリなソフトクリーム。


この先、
まだ出会ったことのない、
世界中の冷たくて甘い誘惑(=アイス)
どんどん紹介します!


どんな人、物、場所、そしてアイスと出会えるのか…

期待を膨らませながら
最初の目的地ブラジルへの出発準備を
せっせと勤しんでます!

[PR]

by ice_oga | 2015-02-10 13:18 | Comments(0) |