常夏の島、ハワイへ!(Riss Moore)

アイスクリーム巡りの旅、64ヶ国目


アメリカ合衆国
オアフ島


日本人に長年人気のリゾート地、ハワイ!!

c0351060_09303378.jpg




関西国際空港を出発した飛行機は
予定通りにホノルル空港に到着。

※関空も成田空港同様に
つい先日から出国審査が顔認証の自動ゲート化されていました。

c0351060_11070011.jpg



飛行機を降りるとそこは常夏の島

c0351060_09154735.jpg

冬目前の日本から再び夏に逆戻り。






観光ビザの貼付されたパスポートを手に
入国審査へ。


指紋の採取と、滞在日数滞在目的などを聞かれ…


無事入国




イランへの渡航以降
ビザ免除の対象外になり渋っていたアメリカ行きも、


今回取得したビザのお陰で

ビザが有効な10年間は気兼ねなく行けそうで一安心。
※入国審査でアメリカ滞在予定を11日間と答えた為か、

今回のアメリカの滞在可能日数は1ヶ月もらえました。


※ビザ免除対象外時のアメリカビザ申請について↓




早速
空港から予約したホノルルにある宿へ移動。





《空港→ホノルル市内への移動》

・【『The Bus』と呼ばれる公共のバス】

空港⇔ホノルル方面にバスが走ってはいるのですが、

The Busに大きい荷物は持ち込めないというルールがあるとこのことで、

大きなコロコロバックパックを持っている今は利用を断念。

(19番、20番のバスが空港→Ala Moana Shopping Centerまで行くそう)



・【シャトルバス】

空港→ホノルル市内へと送迎するシャトルバス

(16ドル前後。数社運行中。バスによっては事前予約必須のものもあり)

ところが、シャトルバスが行くのはワイキキエリアのホテルのみ。


私が予約した宿(ワイキキエリアから数km離れたハワイ大学のそば)には行かないとのこと。




残る手段の【タクシー】では
空港の方に質問してみたところ

私の予約した宿まで4~50ドルはしてしまうとのこと。





…とのことで、


フリーwifiが使える空港内で
配車アプリのUberをダウンロードして


Uberで宿に向かうことに。



Uberの迎えに来る場所は
出国ロビー2の近くにあるRide Share Pick Upエリア

c0351060_09084198.jpg


5分ほどで空港に迎えに来てくれたのは
中国からハワイに移民したという
親切なドライバーさん。



シャトルバスよりは高くなってしまったものの

タクシーよりはだいぶ安く、空港→宿までは約22ドル済みました。

c0351060_09341878.jpg


こうしてUberでやって来た

ホノルルでの滞在先は
Hosteling International Honolulu
(28ドル/泊。 朝は無料のコーヒーあり。GPS:21.299876, -157.821965)。



スタッフの方も親切な、

落ち着いた雰囲気の快適な宿♪


c0351060_09250308.jpg

c0351060_09355708.jpg

ハワイ大学のすぐそばということもあり、

複数のThe busの路線がすぐ近くを走っており

基本的に移動は問題ないですが、


空港へのシャトルバスや各種ツアーなどに参加する場合のピックアップはワイキキエリア内のみのことが多いらしく、ここは対象エリア外になってしまうのだけが難点でした。。。






チェックイン開始まではまだ時間があったので、


一旦荷物を宿に預け、散策開始!

(チェックイン前の荷物預かりは無料。チェックアウト後の荷物預かりは5ドル)




途中のセブンイレブンで購入した

(ハワイの美味しい食べ物で人気1位も獲得したことがあるという)名物のスパムむすびを頬張りつつ

c0351060_09430634.jpg


歩くこと約1時間


ワイキキビーチに到着。

c0351060_09454419.jpg

照りつける太陽、

青い海、遠くに見えるダイヤモンドヘッド。




まさにここは

ハワイだ!!(笑)




…と、ここでまさかの日本の知り合いに遭遇

さすが日本人に人気の観光地であるワイキキでは

街中の看板に日本語が表記もあり、

あらゆるお店で店員さんが日本語で話しかけてきたり、

たくさんの日本人にすれ違ったり。


これまで訪れてきた国は

圧倒的にアジア人観光客といえば中国や韓国から来た人たちが多かったけれど、


ここはまだまだ日本人観光客の方が多い様子




そんなワイキキビーチ周辺をぶらぶらしていると、

カリフォルニアからバカンスに来たという

ケビンに声をかけられた。

c0351060_09590968.jpg



ケビンの話によると


いわゆるアメリカ本土の人たちは
カリフォルニアにバカンスに行くけれど、


そのカリフォルニアに暮らす人たちは
ハワイにバカンスに来るらしい。



確かにこのあとハワイで出会った
アメリカ本土から来たという方々は
多くがカリフォルニアに暮らす人たちでした。

バカンス先の人たちの
更なるバカンスの地、ここハワイで


さっそくアイスクリーム♪


ピンク色の外観が特徴的なRoyal Hawaiian Hotel と

Outrigger Waikiki on the Beachの間の


ビーチへと続く路地にある


c0351060_10051467.jpg

ハワイ生まれのアイス屋さん、Banan

c0351060_10515261.jpg


Riss Moore(8ドル)

c0351060_10511994.jpg


一番小さいCupサイズでもこのボリューム!


ハワイ産のバナナで作る

乳製品不使用のアイス。


c0351060_10523800.jpg


私が選んだRiss Mooreのソフトクリームの味は

バナナ味アサイー味のミックスで、

c0351060_10573228.jpg


まさにバナナ!アサイー!と、

叫びたくなるような濃厚なお味。


上からかけられたハチミツもこれまた濃厚で
ソフトクリームに絡んで絶妙。



さらに食べ進めていくと
ソフトクリームとハチミツとあわせて、


パパイヤ、いちご、パイナップルといったフルーツと


キヌアパフ、グラノーラ、ココナッツスライスの

クリーミーでジューシーでパフパフで、サクサクでカリカリ…と、


いろんな食感も楽しめる大満足のアイスでした。


※Bananは横浜にも店舗があるそうです




これからのハワイ滞在中、
ハワイの見所はもちろん、いろんなアイスも食べ歩いてきます♪



by ice_oga | 2018-12-04 00:46 | アイスクリーム【ハワイ】 | Comments(0) |