Camino de Santiago番外編 。“二つの道の巡礼者”を目指し、熊野古道へ③

スペインのCamino de Santiagoに引き続き、
熊野古道(中辺路)を巡礼中。


《2日目:近露王子→滝尻王子》

AM8:45、
近露でお世話になった宿を後にし、出発。
c0351060_10381867.jpg


まずは、
昨日まだスタンプを捺していなかった
近露王子でスタンプをゲット。
c0351060_08580704.jpg


そこから緑の竹林
c0351060_10422769.jpg

赤い紅葉が美しい山の入口へと進み、
c0351060_10434419.jpg


少し歩いた先にあるのが、牛馬童子像

c0351060_10480929.jpg


牛馬童子像の写真を撮っていると、


“朝早くから来たね~!”と
地元の方がやって来て声を掛けてくれ、

“この辺りは昔から農耕が盛んだから
畑を耕すのに使ってた牛や馬がこの像になったんだよ”
と、教えてくれた。

明治時代に作られたこの像は
熊野古道のシンボル的存在で、
数年前に盗難被害にも遭ってしまったそう。
(後日、盗難に遭った頭部がバス停で発見されたらしい)

ちなみに
牛馬童子像の後ろにある像の方がはるかに古いもので、
700年ほど前に作られたものだそうです。
c0351060_11113858.jpg



牛馬童子像の先には道の駅 熊野古道 中辺路
c0351060_11150720.jpg


この地で生産されたものが集まるこの場所で、

アイスクリームを発見!
c0351060_11142304.jpg


・よもぎアイスクリーム(260円)
c0351060_11153930.jpg

キレイな黄緑色のアイス。

c0351060_11171489.jpg

そのお味は
まさによもぎを使った草餅の味!
※あんこ入り 
c0351060_11161751.jpg

食感はシャーベットよりの
よもぎの香りが日本人好みの美味しいアイスでした。




アイスで一息ついたら、
再びウォーキング開始!

c0351060_11184144.jpg

色づいた木の葉に秋を感じながら
山を上ってへ下り、上っては下り…

c0351060_21095507.jpg

c0351060_21111444.jpg

c0351060_21085631.jpg

しばらく進むと
彫り物の龍の待つ、展望台も兼ねた休憩所に到着。
c0351060_21143699.jpg

c0351060_21161740.jpg

その先には高原熊野神社
c0351060_11541769.jpg

お賽銭でひける
おみくじがあったので運試ししてみると…
c0351060_11550414.jpg


中吉

c0351060_21175652.jpg

…悪くはないかな??



神社を過ぎると、
大門王子からちょこちょこ道の途中で遭遇する
地元のおじさま二人組と再び遭遇。


これも何かの縁と、

ここから先は
お話しながら一緒に古道を進むことに。




可愛らしい夫婦地蔵や
c0351060_11533952.jpg

飯盛山を望む展望台を通り、
c0351060_21221522.jpg

一歩一歩、ゴールとなる滝尻王子へと
足を進めていく。


次第に急な下りとなり、

かつて藤原秀衡の夫人が子どもを出産し、熊野詣の間
置き去りにしていた場所とされる乳岩や、
c0351060_09040822.jpg

c0351060_09034141.jpg

安産祈願のいみあいをもつ
胎内くぐりの場所を通り過ぎ、
c0351060_09031484.jpg
c0351060_09025406.jpg

ついに、

巡礼のゴールとなる滝尻王子が見えてきた!
c0351060_09022855.jpg


15:25、熊野古道巡礼、完歩!
c0351060_09015934.jpg


2日目の今日は約29,000歩、歩きました。





ちょうど滝尻王子に到着したこの日は

熊野本宮大社創建2050年の記念イベントの一環で、

熊野古道をウォーキングしてきた方々に向けに
熊野本宮の巫女さんの舞や、和太鼓の演奏も。
c0351060_09001599.jpg

c0351060_08592911.jpg

本来、二つの道の巡礼を終え
熊野本宮大社側へとゴールすると

“共通巡礼達成大太鼓の儀”を執り行ってくれるのですが

今回私は熊野本宮大社→滝尻王子へと逆方向に歩いてきたので
そうした儀式もなく
ひとり寂しく巡礼達成を迎えると思っていたので、

思わぬ偶然に感謝。


さっそく
熊野古道巡礼のご利益!?





ちなみに滝尻王子には
滝尻茶屋なるものも併設されていて、
c0351060_09010932.jpg

漬物や豆腐のパティのビーガンバーガー(滝尻バーガー)も味わえます。
c0351060_09004868.jpg
c0351060_09012768.jpg


歩き終えた後の空腹に
染み渡る美味しさ。



こうして無事
熊野古道巡礼を終え、

念願の二つの道の巡礼者に登録してもらう為に

紀伊田辺駅の隣にある田辺市観光センターへ。
c0351060_11521675.jpg




滝尻王子→紀伊田辺駅へはバスで移動。

…の予定だったのですが、

一緒に歩いてきたおじさま方が
紀伊田辺方面に住んでいるとのことで、

ありがたいことに
彼らの車で滝尻王子→紀伊田辺駅まで送っていただけました。



そのまま一緒に夕御飯も♪

新鮮なお造りと、
c0351060_21491161.jpg
この辺りの名物だというウツボに舌鼓。
(ネギの下にウツボのたたきが入ってます)
c0351060_08582858.jpg



スペイン巡礼もそうでしたが、

こうした
同じく道を歩く人との出会い
巡礼路の魅力のひとつ。




肝心の
二つの道の巡礼者の登録ですが、

c0351060_08585684.jpg

観光センターで
“二つの道の巡礼者への登録をお願いします”と申し出て
熊野古道の巡礼手帳を提示すると、

巡礼証明書+記念バッチ+記念撮影。

c0351060_21541180.jpg
 
c0351060_21564856.jpg

スタッフの方々にも
“おめでとうございます”と祝福してもらえます♪


1ヶ月毎日歩いたスペイン巡礼に比べると
あっという間だった二日間の熊野古道巡礼。

こうして証明書をもらい
集めたスタンプを見返してみると
c0351060_21584286.jpg

達成感、満載♪



二つの道の巡礼者となった今夜は

紀伊田辺駅から徒歩10分未満のところにある
ゲストハウスTAKAO(¥2,300/泊 GPS:33°44′10.84″N 135°23′00.23″E)に滞在。
c0351060_11493307.jpg

もともとあった空き家をリノベーションして
最近オープンしたばかりだというゲストハウス。


キッチンや部屋もキレイで

c0351060_11495406.jpg

ポーランド人のスタッフの方もとっても親切な
快適な宿でした。
c0351060_11501955.jpg


束の間の熊野古道巡礼。

熊野古道は複数のルートがあるので、
いつか他のルートも歩いてみたいもの。



ここ紀伊田辺からは
バスで次なる目的地である大阪へ(明光バス・2880円)。


c0351060_22044211.jpg


少しだけ大阪観光を挟み、

関西国際空港から
美味しいアイスにいっぱい出会えそうな予感のする

常夏の島、ハワイへと旅立ちます。




第三回プラチナブロガーコンテストを開催!(旅行・お出かけ部門)


by ice_oga | 2018-12-02 22:06 | アイスクリーム【アジア】 | Comments(0) |