Camino de Santiago番外編 。“二つの道の巡礼者”を目指し、熊野古道へ②

スペインのCamino de Santiagoの巡礼に引き続き、

“Camino de Kumano”こと熊野古道中辺路と呼ばれる道(全長38km)を歩いて巡礼。

c0351060_23162599.jpg

※熊野古道の中辺路の巡礼は
本来、滝尻王子→熊野本宮大社を目指すものですが、
今回私は熊野本宮大社→滝尻王子へと逆方向に歩きます



熊野古道の巡礼も
スペイン巡礼同様に各所でスタンプを集めながら進む、
スタンプラリーのようなもの。

道の途中に設置された
祠型のスタンプ収納ボックスの中からスタンプを取り出し、
巡礼手帳に捺して進みます。

c0351060_23141592.jpg

※熊野古道の詳しいルートやスタンプの設置場所などは




《1日目》熊野本宮大社→近露王子

秋晴れの絶好の巡礼日和。
c0351060_23552631.jpg

熊野本宮大社をAM9:40に出発前し、
巡礼スタート
c0351060_00050228.jpg


熊野本宮大社から約7km先にある
発心門王子間での間には、

熊野古道らしさ満点の
杉山の中に築かれた道や
c0351060_00040962.jpg

ちょこちょこいるお地蔵さま、
c0351060_00312265.jpg

2001年に放映された
NHKの朝の連続テレビ小説“ほんまもん”のロケ地、
c0351060_22571263.jpg

c0351060_23323822.jpg

珈琲が味わえるちょっとしたカフェや
c0351060_23291010.jpg

無人の販売所もいくつかあり、
(おやつ用に干し芋を購入♪(200円))
c0351060_23301129.jpg

c0351060_23305034.jpg



所要時間2時間程度で
気軽に熊野古道ウォークを楽しみたい方にもぴったりな区間。

c0351060_23363602.jpg




そんな楽しい区間を歩き終え、
発心門王子から先へ進もうとすると…

c0351060_23380692.jpg

目に飛び込んできたのは

熊野古道、通行止めのお知らせ。



9月の台風の影響で
通れなくなってしまったらしい。



ちょうどそこで
岩場に座って休憩中だった欧米系の旅人がいたので、
しばしお話してみると、


“今日は早起きして
近露王子からここ(発心門王子)まで歩いてきたけど
なかなか遠かったよ。迂回も所々しなきゃいけないし”


…と、彼の言葉通り
通行止めの区間には迂回路が整備されていました。

c0351060_23415022.jpg

ここからは
しばし迂回路を進む。
c0351060_23474187.jpg



その先で
本来の熊野古道に合流するものの、

蛇形地蔵のところで再び迂回路へ。
c0351060_23503999.jpg

蛇形地蔵のところの迂回路は
どこが迂回路上の入口なのかわかりにくく、思わず右往左往。
※滝尻王子→熊野本宮大社へ向かう側からは
随所に迂回路の案内が記されていますが、
私のように逆から歩く場合は、注意深く道を探すことになりそうです。

どうにか道を見つけては進むも、

発心門王子以降は
ほとんどの区間が山道を上って下りての繰り返し。

c0351060_00013094.jpg

Camino de Santiagoより距離は短いものの、
いくつもの峠を越える熊野古道もなかなかのもの。



発心門王子手前の自動販売機を最後に
近露王子まではお店も何もなく、
(近露王子の手前の継桜王子には民宿が数件あり)

あるのは時折姿を現すトイレのみ。


ただひたすら
風の音
樹木や土といった自然の醸し出す香りを感じとりながら

凛とした佇まいの山道を歩いて進んでいく。




今の私の歩くペースだと、
宿のある近露王子にたどり着くのは順調にいってPM6:00頃。

ところが、今日の日没はPM5:00。
c0351060_23581086.jpg
発心門王子の少し手前に掲げられていた日没時間のお知らせ


この山道を
日没後の真っ暗な中で歩くのはさすがに危ない。
(足下が悪く、鹿や野生の猿も道すがら見つけたので)


とにかく日が出てるうちに
少しでも距離を稼ごうと早足で進む。
c0351060_00171503.jpg

c0351060_00190104.jpg


幸い、小広王子辺りからは
アスファルトの道が大半を占めていたので、

c0351060_00212523.jpg

段々と下がってくる太陽とにらめっこしながら
更に急ぎ足。
c0351060_00222065.jpg


日没頃に
どうにか継桜王子までたどり着いた。
c0351060_00504617.jpg

継桜王子から近露王子までは、
徒歩一時間も掛からない距離。


でも、太陽が沈むと
あっという間に辺りは真っ暗に。

この先にあった山道は、
安全面を考えて敢えて遠回りしてアスファルトの道を進み、
c0351060_00394784.jpg


ちょうどPM6:00頃、
近露王子の宿に到着。


熊野古道初日は、
約40,000歩、8時間半に渡り歩き続けました。


近露王子で滞在したのは
民宿なかの(素泊まり¥4,500/泊。GPS:33°48′25.57″N 135°36′30.38″E)。
c0351060_00425162.jpg
温かいお風呂も沸いた、快適な宿でした(この日は貸し切り♪)。
※自炊可能なキッチンあり。近所のスーパーはPM6:00には閉店




上がって下りての山道で足はパンパンになったものの、
紀伊の自然の良さを存分に味わえる熊野古道


明日も滝尻王子を目指し、歩き続けます!











第三回プラチナブロガーコンテストを開催!(旅行・お出かけ部門)


by ice_oga | 2018-12-01 00:05 | 街散策 | Comments(0) |