ボルドーと言えば…“ワイン”博物館

フランスボルドーでカウチサーフィン(民泊)中。


朝はのんびりと
お世話になっているお宅のお庭でコーヒーをいただいてから、

ボルドー散策に出発
c0351060_23232637.jpg



昨日訪れた
大聖堂(Basilique St Michel)の前を通ると、

c0351060_23244469.jpg

まずは
蚤の市に遭遇。

c0351060_23270652.jpg

家具や食器をはじめ、
お洒落なアンティーク品があちこちに並び、

掘り出し物探しも楽しめそう♪

c0351060_23253561.jpg


更に足を進めて
子供たちが水遊びする広場(Place de la Bourse)を抜け、
c0351060_01380592.jpg

川沿いを歩いてやって来たのは、
c0351060_01025293.jpg


ワインの名産地、ボルドーの名所
 
ワイン博物館(La Cité du Vin

c0351060_23280677.jpg

ワインを入れる
デカンタをモチーフとしたお洒落な外観の博物館(入場料20ユーロ)は、

中もとってもお洒落!!

c0351060_01021125.jpg

日本語のオーディオガイドもあり、

そのオーディオガイドを各展示の指定の場所にかざすと、
説明が音声や映像で流れ、

世界のワインの産地や生産者のお話をはじめ、
ワインについて学ぶことができます。

こちらのコーナーでは、
ワインの味や香りを言葉で表現する際に用いられるものがたちが集められ、実際に匂いを嗅ぐことができたり、

c0351060_01050564.jpg

映画館さながらのスクリーンで映像を楽しめたり、
次々に美味しそうな食事が現れる夢のようなテーブルまで展示されていたり、

ワインを普段あまり飲まないような人でさえも
十二分に楽しめそうな充実ぶり。


ひととおり展示を見終えたら、

8階まで上がり、
お待ちかねのワインテイスティング

c0351060_01390675.jpg

好きなものをひとつ選んで
美味しいワインを味わえます(※入場料にグラス1杯分のワインテイスティング代込み)
c0351060_01072562.jpg


テイスティング用に世界随所のワインが揃ってますが、

せっかくボルドーに居るので
ボルドー産の白をチョイス。
c0351060_01101071.jpg

甘口の美味しいワインでした。



博物館内には
世界中のワインが揃うワインショップも併設され

お土産用にワインの購入も可能です。

c0351060_01091364.jpg






ワイン博物館を満喫した後は、

既に焦げそうに暑い
初夏のボルドーの街中をブラブラ。

c0351060_01121800.jpg


これぞ“フランス”というような
オシャレな雰囲気の通りを歩き、


小さな自由の女神を見つけたり、

c0351060_01360243.jpg

目にも美味しい
ケーキを頬張ったり、
c0351060_01452421.jpg


ボルドー随所にある
思わず写メらずにはいられない

ユニークな看板を探し歩いたりしていると、
c0351060_01592145.jpg

サンタンドレ教会の近くで
c0351060_01493328.jpg


美味しそうなアイス屋さんを発見!


こちらの
La Banquiseでは

c0351060_01303088.jpg

トッピング二種+
お好きな味のチョコレートソース
自分好みのソフトクリームを味わえます♪(4ユーロ)

c0351060_01331418.jpg

今回、見た目も可愛い
ピンクのチョコレートソースで全体をコーティングし、
c0351060_01163476.jpg

c0351060_01280804.jpg


マカロンピーカンナッツをトッピング。
c0351060_01210094.jpg


この暑さの中、ソフトクリームが溶けてきても
まわりのコーティングのお陰で垂れてこず、

食べやすいのも嬉しいアイスでした♪

c0351060_01411104.jpg





一旦家に戻り、一休みした後は

遅めの夕飯を求めて再び夜の街へ。

c0351060_01505855.jpg


既に食事の提供が終了してしまったお店が大半のなか、

ようやく見つけた開いているお店で
フランスらしくガレットを注文。

c0351060_01430724.jpg

一瞬、
その見た目からエチオピアのインジェラ
頭をよぎったガレット。



上にも中にも
クリームチーズとスモークサーモンたっぷりで美味しい一品を

ボルドーワイン(今度は店員さんオススメのロゼ)と
一緒にいただきました♪

c0351060_14081961.jpg


時刻は間もなく深夜1時。


日が落ちるのが遅いボルドーでは
まだまだたくさんの人たちが

外でおしゃべりやサイクリングを楽しんでる。




時間を忘れてしまいそうな真夜中のボルドーの街を
夕飯の後に少しお散歩して帰りました。

c0351060_01543335.jpg




その翌朝、

お世話になっているマリーンに

お家に滞在させてくれたお礼にと
日本のパンケーキこと、お好み焼きを調理。


昨日のうちに現地のスーパーで
小麦粉、マヨネーズ、卵、ベーコン(豚肉の細切れの代わり)、ズッキーニ(キャベツの代わり。レタスは何種類も売っているのに、キャベツは何軒スーパーに立ち寄っても見つからず)を購入し、

日本から持参していたミニサイズの中濃ソース、粉末だし、鰹節
作ったお好み焼き。

c0351060_23301072.jpg


本当は昨日の夕飯に作る約束をしていたものの、
マリーンの帰宅が遅くなり今朝に持ち越しに。


その結果、オシャレなお庭で
コーヒーとお好み焼きという不思議な組み合わせの朝ごはん。

…一応、
マリーンは日本のパンケーキを“美味しい”と言ってくれました。


こうしてお好み焼きを食べつつ
お世話になったマリーンに別れを告げたら、



いよいよスペイン巡礼のスタート地点、

サン・ジャン・ピエド・ポーへと向かいます!






by ice_oga | 2018-06-30 09:22 | アイスクリーム【ヨーロッパ】 | Comments(0) |