ワインの名産地、フランスのボルドーへ!

バルセロナの空港のベンチで夜を明かし、

いよいよお隣の国、
フランスボルドー行きの飛行機に搭乗。



これからフランスへ行く目的は
間もなく始めるスペイン巡礼の出発地となる
サン・ジャン・ピエド・ポーというフランス西部に位置する村を目指すこと。



バルセロナからサン・ジャン・ピエド・ポーへは

スペインパンプローナ
フランストゥールーズバイヨンヌを経由してバスや電車を使って行こうと思っていたのですが、

いろいろと調べてみたところ
サン・ジャン・ピエド・ポーにもアクセスしやすい
ボルドー行きの飛行機想定外に安かったので

思いきって
サン・ジャン・ピエド・ポーも飛び越えて
バルセロナ➞ボルドーへ飛行機移動することにしました。
※easyJetで28.52ユーロ (15kgの受託手荷物代、11.69ユーロを追加後の価格)





さすが飛行機!
と、言わんばかりに

バルセロナを出発してから
僅か一時間程でボルドーに到着
c0351060_17512173.jpg

飛行機を降りた際に
パスポートチェックはあるものの、

同じEU、そしてシェンゲン協定内の国の移動とのこともあり
何も聞かれず、出入国のスタンプも捺されないまま、


約3年ぶりにフランスに入国



3年前はスペイン→イタリアのミラノへバス移動の際に
通りすぎた程度だったフランス。
今回はここボルドーで2泊。
巡礼前にしっかりフランスを堪能していきます。



さて、

私が降り立ったのは
お店も何もなく、自販機がポツンとあるだけの
とっても小さなターミナル。

c0351060_17520396.jpg


想像していたよりも小規模なボルドーの空港に驚いたものの、

どうやらここは
easyJet専用のターミナルらしく、

少し離れたところに
もっと大きなターミナルビルがありました。

c0351060_17524780.jpg


“ボルドー”という街の名前を聞いて
頭に浮かんでくるのは何と言っても

ワイン


世界的に有名な
ボルドーワインの一大産地であるボルドー。



空港内にぶどう畑があったり、
c0351060_22512271.jpg

巨大なワインボトルのモニュメントがあったり、
c0351060_23174589.jpg



さっそくのワイン攻撃
※ワイナリー巡りをすることが目的かは定かではないものの、 
空港内にズラリと並ぶレンタカー会社の窓口には、
各社行列ができているほどの大盛況ぶり。




そんなボルドーの空港内のインフォメーションで
地図をゲットしたら
c0351060_23194177.jpg

さっそくボルドー市内へ移動



空港(ボルドー・メリニャック空港)ボルドー市内(Saint-Jean駅)へ向かうバスが昼間は10分に一本くらいの頻度で運行しており、

所要時間は約一時間


チケットも
乗り場に設置してある機械で簡単に買えました(1.6ユーロ)。
c0351060_22520092.jpg


バスに乗り込んで、
ボルドー市内に向け出発!
c0351060_22524213.jpg

※↑のバス以外にも
空港→市内(Saint-Jean駅)へ30分程度で行けるエアポートシャトル(8ユーロ)もあるそうです




窓の外に見える景色が
つい昨日までいたスペインと違う。


ふとした瞬間に
スペイン語でグラシアス!とついつい言ってしまったけれど、

“ありがとう”はメルシー。

当たり前だけど、
ここはもうスペインではなくフランスなんだ!



そんなことを考えながら
バスに揺られていると、


Saint-Jean駅に到着。

c0351060_23204631.jpg

c0351060_23210718.jpg



せっかく駅に来たので、

そのまま明後日発の
サン・ジャン・ピエド・ポー行き列車の切符も購入。

c0351060_23212699.jpg

こうして
巡礼のスタートに向けて準備も整ったところで、

ボルドーの街中へと繰り出します!

by ice_oga | 2018-06-28 10:55 | 交通・移動 | Comments(0) |