スペインとフランスに挟まれた小さな国、アンドラ公国

スペインバルセロナから
アンドラ公国に日帰りで行ってきます!

c0351060_00485090.jpg

フランスの大統領スペインの司教が治めているという
人口約8万人の小さな国、アンドラ公国。


そんなアンドラ公国へは
Barcelona Nordというバスターミナル発着のバスを利用(GPS:41.394567, 2.182754)。

c0351060_01012153.jpg



変更不可の条件付きながら
復路が格安になる復路チケットを購入し(ALSAのバス。往復35.2ユーロ ※保険込み)、

パスポートを提示してバスに乗リ込み、
c0351060_01075806.jpg

アンドラ公国へ向け出発!





このところ利用していたAlsaのバスは
可もなく不可もなくな設備でしたが、

今回のバスはスクリーン付き!コンセントの挿し口あり!シートの座り心地も満点!な超快適バス
c0351060_01155627.jpg



車窓の外に広がる景色を楽しみながら

c0351060_01262069.jpg

特に出国入国審査もないまま、

いつの間にやら
63ヶ国目、アンドラ公国に入国。




アンドラ公国入国後もバスは進み続け、

バルセロナを出発してから3時間ちょっとで
目的地のアンドラ・ラ・ベリャ(Andorra la Vella)のバスターミナルに到着。
c0351060_01304539.jpg


バスターミナル内には

スペインからアンドラ公国をちょっとだけ観光して
フランスに抜ける際に便利そうな

大きな荷物を入れられるコインロッカーもあり。

c0351060_01484113.jpg



そんなバスターミナルを後にし、

さっそく
アンドラの街を散策♪


山に囲まれたこの街の第一印象は、
(行ったことないけれど…)どこかスイスっぽい。



歩き始めてさっそく目の前に現れた信号のユニークさに

なんだか面白そうな街の予感♪

c0351060_00410290.jpg


予感的中!

といわんばかりに
早速面白いものを発見。

c0351060_02154774.jpg


不思議な位置に
がいっぱいいる!




そんな人がいっぱいいる建物のうしろに広がるのは、
石畳の可愛らしい旧市街。
c0351060_02120248.jpg

旧市街の中では
ステンドグラスが素敵な教会(Esglesia Sant Esteve)や
c0351060_02023100.jpg

c0351060_01531445.jpg

アンドラの国旗を見せてくれた
親切なお土産屋さんにお立ち寄り。

c0351060_01561137.jpg

c0351060_01584634.jpg

お土産屋さんの中では
アンドラで造っているという
お酒もテイスティングさせてもらえました。
c0351060_01574781.jpg

なかなか強め。


そんなお土産屋さんで
ポストカードを購入し、ポストに投函しようとしたら…

c0351060_01594651.jpg


フランス(左)とスペイン(右)
両国のポストが隣り合わせに並んでる

c0351060_02011262.jpg


フランスとスペインの両国が
アンドラの郵便制度を支えているらしい。

異なる2ヶ国のポストが横並びになっているなんて、
なんとも珍しい光景。




郵便は隣国任せでも
車のナンバープレートはアンドラ仕様
c0351060_02263542.jpg



街中の人たちも
スペイン語とフランス語、そしてカタルーニャ語も話す。




そんな
一風変わった国、アンドラ公国は

近隣諸国に比べて税金が安く、
ショッピング天国。
c0351060_02072695.jpg


街中にはお店がズラリと並び、
買い物袋を抱えたフランス人観光客もたくさん。



せっかくなので
私もデパートに立ち寄り、
c0351060_02043231.jpg

ちょうど買おうと思っていたSDカードを購入。

c0351060_02223946.jpg

64GBで32.1ユーロと、
近隣諸国とどの程度の差があるかはわかりませんが、

少なくとも日本で買うよりは断然安い♪





その後も街中をブラブラしていみると、


ユニークな形のがあったり、
c0351060_02295735.jpg

不思議な形の温泉施設があったり、
c0351060_02100292.jpg


かつてその奇想天外な作品が集う美術館も訪れた
サルバドール・ダリの作品があったり、
c0351060_02053886.jpg

またまたショッピングストリートがあったり。

c0351060_02063095.jpg


う〜〜
荷物が増える心配がなければ

ここで素敵なヨーロッパ土産などを思いっきり買い物したい!



そんな誘惑に駆られながら

所々に面白いものがあふれる街中を歩いていると、


あっという間に帰りのバスの時間(15︰00)。





ほんの僅かな時間ながらも

こうして
スペインともフランスとも一味違ったユニークな国、
アンドラ公国を楽しめました。


これから再びバルセロナに戻り、
ちょこっとだけ懐かしのバルセロナを駆け足で観光します!

[PR]

by ice_oga | 2018-06-27 18:08 | 街散策 | Comments(0) |