カディスでスペイン語留学&ホームステイ!

スペインのアンダルシア地方に位置する街、カディス(Cadiz)



c0351060_01111462.jpg



大半が海に囲まれた
ほぼ、(一部陸続きになっているので完全な島ではない)のような場所に





カテドラルをはじめとする
歴史ある建物が軒を連ねる旧市街

c0351060_07345967.jpg
c0351060_07352793.jpg


長~いビーチや
ショッピングセンターもある新市街から成る



c0351060_06252149.jpg
c0351060_07325160.jpg

全長約5㎞、幅約2㎞という小さな街。











この街でこれから4週間、

スペイン語留学をします。














この旅の途中では
これまでにも


ペルーで2日間スペイン語を学んでみたり



オーストラリアで
英語のフリークラスに参加してみたことはありましたが、






今回はもっとちゃんと"留学"




現地の一般家庭にホームステイしながら
語学学校にもしっかり通います。







・【ホームステイ】


語学学校から紹介されたホームステイ先は

マラガからのバスが到着したターミナルから
20分ほどの場所に位置するマンションの一室。






これから4週間お世話になるご家族がどんな方々なのか
緊張しながらも


教えられた住所にあった部屋の扉を開けると、





さっそく出迎えてくれたのが、
ホストマザーのダニエラ



そして、

現在は通う学校のそばで暮らしていて、
週末のみカディスに戻ってくる娘のデニスの二人家族。


c0351060_20191929.jpg



実際のところ

私が到着した日は
娘のデニスはテスト期間中で
カディスに帰省していなかったのですが(↑の3人での写真は後日撮影したもの)、




ダニエラ宅に
彼女のお友達のミゲルが遊びに来ており、







とっても陽気で優しい二人の熱烈な歓迎のおかげで


ホームステイに対する不安(どんな人たちと、どんなところで暮らすのだろう…)は


到着するなり
あっという間に消え去りました。

(近所に住むミゲル一家にも、カディス滞在中はいろいろお世話になってます)









緊張も解けたところで

さっそく案内された
私が滞在中使用する部屋(個室)




ベッドもソファーも勉強机もしっかり揃い、
ランプをはじめとするインテリアもとっても素敵。


c0351060_07052091.jpg


このホームステイには1日2回の食事も含まれているのですが、


ダニエラはとっても料理上手。





朝食にはフレッシュジュースと淹れたてのエスプレッソ、パンやクッキーと揃えてくれ、


昼食には

バラエティ豊かなメイン料理(肉、魚、ライス、パスタ等いろいろ!)+具沢山の美味しいサラダを日々用意してくれ、

c0351060_08363276.jpg



毎日何が出てくるのか
食事の時間がとっても楽しみに。





これらに加えて、
語学学校へも徒歩で行ける距離という

100点満点のホームステイ先です。









・【語学学校】


今回通うのは、clicという語学学校。


c0351060_00224823.jpg


外国人向けのスペイン語の授業や、
現地の方々向けに英語やフランス語の授業を行っている、

マラガやセビーリャにも展開している学校。








各種コースがありますが、


私は週5日、毎日2コマの授業を受けるコース。

c0351060_00212061.jpg




クラスは毎週変わるそうで、


第一週目のクラスメイトはというと



10代〜60代まで幅広い年代の
主にヨーロッパ勢(オランダ、ドイツ、イギリス、カナダ)の計10人。









この通り、
クラス内はもちろんのこと

学校全体を見てみても
日本人はおろか、アジア人の生徒がほぼいない(私以外には、他のクラスに韓国人らしき男性が1人居るくらい)。







ついつい甘えて
日本語でクラスメイトとコミュニケーションをとることが物理的に無理な

語学習得にはもってこいの環境








果たして
4週間後どの程度スペイン語が上達できるのか…






スペイン語はもちろんのこと、
4週間の間には

まだまだ日本人にはなじみの薄い
カディスの見どころもたくさん見つけていきたいと思います!




[PR]

by ice_oga | 2018-05-28 13:05 | ワーキングホリデー&留学 | Comments(0) |