人気ブログランキング |

氷河にトンネル。Franz Josefでトレッキング ~NZバスの旅 14日目(後半)~

ニュージーランド バスの旅 14日目(後半)
現在地:Franz Josef(南島)


スカイダイビングで上空から
ニュージーランドの景色を楽しんだ朝。


ひとつだけ心残りが。



せっかく氷河で有名なFranz Josefに来たものの、
氷河の写真が撮れていない。
※スカイダイビング会社が撮ってくれたビデオに写っていたのは
空を飛んでる私達の姿がメインで、景色はほとんど写っておらず。。。



とのことで、
一旦宿に戻った後、

同じく“氷河の写真を撮りに行きたい”と話をしていたドイツ人のクースティンと一緒に

氷河(Glacier)へお出掛け。

c0351060_18264778.jpg



今朝方に上空から見た氷河は
宿から少し離れたところにあるFox氷河でしたが、

今回私達が向かうのは
滞在中の宿から最寄りのFranz Josef 氷河



宿のあるFranz Josefの街から

氷河を見る為のトレッキングコースのスタート地点である駐車場まで

シャトルバスも運行されてますが(宿やi-siteでチケット購入可能で、往復12ドル程度のこと)、


街➝スタート地点の駐車場まで
徒歩でも一時間程度とのことなので、



私達は街から歩いて向かうことに。





街を抜けたら、
白濁色の水が流れる川に架かる橋を渡り、

c0351060_18313141.jpg

c0351060_18331475.jpg



川に沿って走る道路を歩き、

c0351060_18394840.jpg

途中から
氷河へのトレッキングコースのスタート地点の駐車場へと続く

森の中のトレッキングコースを進んでく

c0351060_18574291.jpg


道の途中には

クルクルとハンドルを回すと
このエリアに生息する鳥の声が流れてくる 

こんな機械が設置されていたり。

c0351060_18471341.jpg

c0351060_19114971.jpg


鳥たちの声にも耳を澄ませながら
歩くこと約1時間、


氷河へと続くトレッキングコースの
スタート地点である駐車場に到着

c0351060_19033665.jpg

※トレッキングコースの入口にある看板



コースに入って程なくすると、

ずっと木の間を歩いていたところ、
いきなり目の前の景色が開けた。



ガラリと変わった
その景色をバックに記念撮影♪

c0351060_19411915.jpg


この辺りから
遠くに氷河の姿も見えはじめ、



氷河を目指して
引き続き足を進めてく。


途中の景色も
しましま模様の石たちが
流れる川の周りにゴロゴロしていたり、

c0351060_19120584.jpg


滝が流れ落ちていたり、

c0351060_19134743.jpg

360°見渡しながら歩きたい
なかなかの迫力。

c0351060_19352607.jpg


駐車場から45分程
歩いた先で

トレッキングコースの入口にもいた
おじさん(看板)に再会。

c0351060_19245637.jpg



そして
おじさんの横に広がるのが

Franz Josef 氷河

c0351060_19401212.jpg




氷河に近づけるのは
トレッキングコースではこの距離まで。


環境の変化で
年々氷河の面積は減ってしまっているとのことですが、
c0351060_19343109.jpg


上の方に見える
青白い部分が氷河

c0351060_21204190.jpg


この氷河の上にヘリコプターで上陸し、
氷河の上を歩くヘリハイク


この地での
人気のアクティビティ。




私は以前パタゴニアで
氷河トレッキングを経験していたので
ここでは参加せずじまいでしたが、

ヘリハイクに参加した人たちに
写真を見せてもらったところ、

巨大な氷河の間を歩いたり、すり抜けたり、
氷河ならではの面白いハイキングが体験出来そうです。




氷河をしばし眺めたら、
来た道を再び引き返えし、宿へ。



歩き始めて程なくして、

同じStray Busの乗客ながら、
この地でHop-offしキャンピングカーに乗っていた方が偶然通りがかり、

私達を宿まで乗せてくてくれ、
帰り道は楽々宿に到着♪




したものの、



今度は別の方が

"近くに面白いトンネルがあるよ"

と教えてくれたので、



間髪入れず
今度はひとりでトンネル目指して出発!!




面白いトンネルこと
Tatare Tunnelsへと続くトレッキングコースの入口から

c0351060_21231203.jpg


45分ほど
川のに沿って森の中を歩き、

c0351060_20094807.jpg
c0351060_21241880.jpg



最後にクネクネの坂道を上り、


Tatare Tunnelsの入口に到着。

c0351060_21252408.jpg



このトンネル、

中は真っ暗
しかも、足元にはも流れてるという

c0351060_21301679.jpg


冒険感たっぷりの場所。



はじめのうちは
靴濡らさないように気をつけながら歩いてましたが、

濡らさないことは不可能だと気付き、


諦めて
靴をビショビショにしながら進んでく(濡れてもよい靴&ライト必須です!)。



このトンネル、
想像以上に長い!




ひたすら暗闇の中を進み、
ようやくこのトンネルが"面白い"という理由である

グローワームことツチボタルを発見!
(あいにく、写真にはうまく写らず。。。)



先日も見かけた
このトンネル内にも生息しています。



グローワームがたくさん現れ始めた場所を通り過ぎて程なくして、


ようやくトンネルの出口に到着。

c0351060_21381543.jpg

取り立てて
出口の先にめぼしいものは見つからなかったので、


再び
暗く長〜いトンネルの中を
すっかりビショビショになった靴で歩いて帰りました。





こうして
この日の午後はトレッキング三昧。 


氷河や面白いトンネルもあるFranz Josefは、
他にもちょこちょこトレッキングコースがあるので

トレッキング好きの方にも
オススメしたい場所でした。



by ice_oga | 2017-11-29 23:58 | 街散策 | Comments(0) |