人気ブログランキング |

国立公園、Abel Tasmanの海でカヤッキング ~NZバスの旅 11日目~

ニュージーランドバスの旅 11日目
現在地︰Abel Tasman(南島)





西洋人として初めてニュージーランドを発見したAbel Janszoon Tasmanの名が付けられた

国立公園にも指定されている、自然豊かなAbel Tasman






旅の途中に出会った方々から

"Abel Tasmanのカヤッキングがオススメ!"という話を聞いていたので



100ドルというバックパッカー泣かせの価格ながら(高額で名高い、マチュピチュやペトラ遺跡よりの入場料よりも高い。。。)
今日はKayak&Walk Tour(ランチ付き)に参加。



c0351060_01263093.jpg





朝、宿に迎えに来たバンに乗り込み、
まずはTourを催行しているAbel Tasman Kayaksのオフィスへ。





ツアー代の支払いを終えると
スタッフの方からこんな言葉が…




"カヤッキングは12:30にObservation Beachでスタートするから
それまでに着くように歩いて行ってね"







…ツアーに含まれる"ウォーキング"ってそれ!?


100ドルもしたのだから、
てっきりガイドさんがついて、森の中の植物やら生き物やらを解説してくれたりとかするかと思っていたのに…。



相変わらず、
ニュージーランドの物価の高さには泣かされます。。。






何はともあれ、

一緒にカヤッキングに参加する
オランダ人のセバスチャン、イギリス人のジェニータ、オーストリア人のケイリン、オーストラリア人のナーディアと私の5人で


11km先にあるObservation Beachを目指して歩いて行くことに。




オフィスから、
私たちが滞在中の宿(The Barn)の近くにあるトレッキングコースの入口まで歩いて戻り、



Abel Tasman Coast Trackを進んで行く。

c0351060_23491723.jpg

c0351060_23580575.jpg
干潮のタイミングらしく、
水辺が遠くに見える道を通っていると、



c0351060_00125815.jpg

鳥の親子に遭遇。


c0351060_00543972.jpg
その後も、
小さな滝や時折現れる海の姿を見ながら
c0351060_10421607.jpg


3時間程森の中をひたすら歩き続け、



最後は足場の悪い坂道(滑りまくり)を下って

c0351060_10491994.jpg



カヤッキングのスタート地点である
Observation Beachに到着




c0351060_10403255.jpg




海水浴やピクニックを楽しむ人々も多い
Observation Beach。


指定の12:30まで
まだ1時間近くあるのでビーチに寝転んでいたら、



まさかの爆睡

(後にやって来たカヤッキングのスタッフの方に起こされた時の
紫外線を無防備に浴びまくってしまった事実への恐怖は、この歳の肌にははかり知れないものでした;)













目を覚ますと、
カヤッキングの準備は万端。
c0351060_10320305.jpg

でもその前に、まずはランチタイム




サンドイッチとフルーツ、
そしてコーヒーを美しい海を眺めながらビーチに座っていただく。



c0351060_23384342.jpg


お腹を満たしたら、
ライフジャケットや水が座席に侵入してくるのを防ぐためのカバーを装着し、


c0351060_01320619.jpg


カヤックの操縦方法についての説明。









今回私たちが利用するのは
二人乗りのタイプで、

後部席に設置されているペダルを踏んで進行方向へと舵を取るとのこと。

c0351060_01405594.jpg


荷物を濡れないように
カヤックの中央部にしまったら、


いよいよ
カヤッキングスタート!!








私はナーディアとのペア。
c0351060_01072281.jpg

転覆しないことを祈りつつ、

と漕いでビーチからどんどん離れて海の方へ。



c0351060_10341943.jpg

キレイなほんのり緑がかった海。




その上を自分の好きなように行ったり来たり出来るのは、
やっぱりカヤッキングの魅力のひとつ。







途中、スタッフさんの指差す岩場の方を見てみると

アザラシも発見♪

c0351060_01303494.jpg
しばらく海の上の散歩を楽しんだら、

Apple Tree Beachに上陸して一休み。


c0351060_00474927.jpg


穏やかな波の美しいビーチ。




なかなか動かず
ビーチで黄昏中の鳥(Shag)や、
c0351060_09555210.jpg
ギンカモメの集団を観察。




ちなみに、
波の揺れをもろに感じるカヤッキングでは
船酔いしてしまうこともあり(私も生まれて初めてカヤッキングを挑戦した際、酔いました。。。)、


カヤッキング参加者の一人が
船酔いでここでリタイア。


彼女はここから陸の上を歩いて、来た道を戻るそう。




船酔いしやすい方は、
カヤッキングの際にも酔い止めを服用しておいた方が良いかと思います。









Apple Tree Beachから
再びカヤッキングをスタートし、



目指すは
3時間かけて歩いてきた道のスタート地点近くのビーチ。







ずっと漕ぎ続けて
両腕は疲れでパンパン。





それでも、
キレイな海や時折頭上を飛び交う鳥たちの姿を楽しみつつ、

ゴール地点のビーチに到着


c0351060_10282826.jpg



カヤックを車の荷台に乗せて、
c0351060_10265875.jpg
再びオフィスへ向かい、
ライフジャケット等を洗って干して、



c0351060_10303975.jpg


ツアー終了。







たくさん歩いて、たくさん漕いでお腹もすいた夜は、








Stray Busのみんなと

THE FAT TUIという宿の近くのハンバーガートラックへ(Stray Busの車内でメニューを見て、プレオーダー出来ます)。

c0351060_10444895.jpg

c0351060_10362402.jpg

※THE FAT TUIのスタッフの方々



ボリュームたっぷりのハンバーガーやフィッシュ&チップスをシェア。


c0351060_10391092.jpg
c0351060_10421798.jpg

バーガーの種類もいろいろあり、
どれも美味しそうでした♪
c0351060_02340895.jpg








のんびりとした雰囲気が魅力の自然豊かな場所、Abel Tasman。




緑あふれる森の中を歩き、
美しい海の上を散歩できるカヤッキングは



(お値段はなかなかですが…)やって後悔はない、Abel Tasmanの魅力を味わえる

楽しいアクティビティでした。











by ice_oga | 2017-11-26 22:40 | 街散策 | Comments(0) |