人気ブログランキング |

クスコの街でプチ贅沢。インカマッサージ&オーダーメイドシューズ作り(フラペチーノ Algarrobo味)

無事マチュピチュへ往復共に線路を歩き、
戻ってきたクスコの街。
多少節約した(気分!?な)ので、プチ贅沢しちゃいました



1:インカマッサージ
クスコの街中にはちょこちょこマッサージ店があり、
歩いていると、よく客引きされます(マチュピチュ村にもたくさんマッサージ店あり)。

マチュピチュへの3日間で歩き疲れた体を癒したい!

と、この辺りで伝統的なマッサージだと勧められた
「ホットストーンマッサージ」の1時間コースを体験♪
※客引きしてる大概のお店で、
この1時間のコースは、交渉すれば20~25ソル程度まで値引いてくれました。

店内に入り(大概、建物の奥の方に店があるので、店内に入るまではどんな店なのかドキドキ)、
c0351060_15034869.jpg
まずは、オイルを使って丁寧に全身マッサージ。

途中でホットストーン(温めた石)を使い、肩から背中にかけてマッサージ。

肌に触れた瞬間、石の温度は結構アツアツ!
でも、コロコロと体の上を転がされてる間に、心地よいじんわりとした温かさに変わります。

気持ちよくうとうとしていると、
あっという間に一時間終了。


アルマス広場から1本入ったProcuradという通りにあるNueva Vidaというお店。
声をかけてくれたお姉さんが、最後まで対応してくれました。

c0351060_14595760.jpg

c0351060_15171717.jpg

ついつい、別の日にもう一回、
別のお店(Solar Massage※アルマス広場に面する建物の二階)でも、
同じ内容のマッサージを受けちゃいました。

こちらも熟練のおばさんが対応してくれて気持ちよかったです*


2:オーダーメイドシューズ作り
クスコでは、アンデス地方のカラフルな布「マンタ」を施した
オーダーメイドの靴を作ってくれるお店も何軒かあります。


興味はあるものの、
靴は荷物になるので、今回はあきらめようとしていたのですが、


マチュピチュへ行く前にオーダーしていた、トモヨさんの完成品の靴が可愛くて…

c0351060_14154571.jpg

c0351060_14455888.jpg

私も結局、
作っちゃいました!

靴職人のおじさんに相談しながら、
c0351060_14091471.jpg

・靴のタイプ&ベースの色を選ぶ。
ブーツやハイカットの方が可愛かったのですが、
今後の持ち運び&日本で普段着ている服との相性を考えた結果、スニーカー(70ソレス≒2,800円)をチョイス。
c0351060_14223959.jpg

c0351060_01454322.jpg

・靴に使用したい生地(マンタ)を選ぶ
柄や色はもちろん、
同じマンタでも、どの部分を使用するかで靴の印象が変わるので、
ものすご~く悩みました 笑。
c0351060_14300277.jpg
c0351060_14371622.jpg

・足のサイズ測定
ノートに上に足を置き、おじさんがサイズを計測&型どり。
c0351060_14330249.jpg

デポジット(私の選んだ型の場合は20ソレス)を支払い、オーダー完了!

待つこと2日。

完成!!


c0351060_14551943.jpg

靴ひもも何色かから選べます。


今回オーダーしたお店は、「Creaciones HUANCA」
住所:Miracalcetas No.484 (Tullumayo通りからSta.Monicaという細く短めの通りに入ったところ)
※製作に2日以上かかるので(靴の種類によりけり)、クスコからマチュピチュに行く前にオーダーし、
マチュピチュから戻ってきた後に完成品を受け取るのが効率的。

c0351060_14505100.jpg
既製品(35~50ソレス程度)のマンタを使ったスニーカーも
土産物屋で売ってはいますが(日本で履くにはマンタが主張しすぎてしまうものが多めかも・・・)、

世界でたった一つの靴を、
ここペルーの思い出の品として作ってみるのもおススメです。


3:スタバでフラペチーノ

そして、
やっぱり外せないのは、アイス!

クスコの景観に溶け込み、なかなか入口が見つけられなかった
アルマス広場に面するSTARBUCKSで、フラペチーノ。
(マクドナルドやケンタッキーもアルマス広場に溶け込むような外観)


c0351060_01411926.jpg

c0351060_01495074.jpg

・Algarrobo味(イナゴマメ)
14ソレス(≒560円)と、この辺の物価にしてはだいぶお高め。
c0351060_15253040.jpg

コーヒーフラペチーノのベースに、
チョコチップ(と思われるもの)と、蜂蜜と黒蜜の間のような味のソース。

あまり聞きなれない「イナゴマメ」とは、俗に「キャロブ」と呼ばれるものらしく、
粉末にしてコーヒーやココアの代用としても使われているものらしい。


こうして束の間の贅沢気分を味わい、
3日間いっぱい歩いた疲れを心身ともに癒していきました。

by ice_oga | 2015-05-20 23:22 | アイスクリーム | Comments(0) |