アタカマ→サルタへ移動。ドミトリー宿泊について考えてみる

朝9時、

チリサンペドロ デ アタカマのバスターミナルから


次の目的地

アルゼンチンサルタ行きのバスに乗車。




一緒にアタカマまでやって来たダイチくんも


サルタ経由で

ビーニャ・デル・マルという街(魚介が美味しいらしい。私も後の目的地に急遽追加予定)へ向かうとのことで、


同じバスに乗って出発。

※Frontere de Norteのバスで 18,000チリペソ、朝食付き。

c0351060_12200995.jpg


c0351060_12205647.jpg


窓の外には

昨夜サイクリングしたアタカマ砂漠が広がる。


c0351060_12425300.jpg

暫く走ると、

チリとアルゼンチンの国境に到着。


ここは同じ建物内に

両国のイミグレーションがありました。


c0351060_12483996.jpg

約3時間待たされて

ようやく順番がやって来た出入国手続き荷物検査


c0351060_12395991.jpg


イミグレーションの係員たち、


全然荷物検査のモニターを見てない。

身体検査のゲートも

みんなピーピー音が鳴ってもお構いなしで通過。



なぜ、

こんな適当な検査に3時間も待たされたのか、



何はともあれ、


こうして

アルゼンチンに再入国(この旅が始まってから3度目)!



アルゼンチンに入った後、


再び雲より高い4,000m級の山々を越え、


c0351060_12472326.jpg


サリーナス・グランデ」という塩湖や

c0351060_12455048.jpg

先日訪れた

プルママルカ」や「フフイ」を経由し、



18時到着予定のバスは、

21時頃にサルタに到着。



毎回バスの到着予定時刻は過ぎるものなので、

3時間程の遅延には段々慣れてきた。



一時間後に出発する

次の目的地行きのバスに乗るダイチくんとは、


ここでお別れ。



学生時代にこんな南米の旅を出来るなんて、

うらやましいな (…とすっかりオバチャン目線でお見送り)。




一方で私は、

バスターミナルでおじさんが呼び込みをしていた


Backpacker's suite(100アルゼンチンペソ/泊、ロビーにwifiあり)」という宿にサルタでは滞在することに。



呼び込みのおじさんを見失った暫しの間、

ターミナル内にあったGRIDOのアイスで休憩。

・Dulce de L.con Brownie味

(10ペソ≒150円)

c0351060_12505090.jpg


ベースのアイスもキャラメルミルク味のような優しい甘さで、

練り込まれたブラウニーの大きさも食感もちょうどよい。


フフイ近辺でよく見かけた

GRIDOのアイスを食べると、


アルゼンチンに戻ってきたっていう感じ♪



呼び込みのおじさんに無事再会し、

タクシー(代金は宿持ち)で宿へ。



ここの宿自体は良いのだけど、


ここで旅を始めてから初めて

ドミトリー(相部屋)で嫌な思いをしました。



この日、

部屋に着いたのは夜の10時半頃。


宿のスタッフさんと今夜滞在する部屋の扉を開けた瞬間、

同室(正確にいうと、私が泊まるのはその部屋内にある扉の先の部屋)内に既に寝ていた男女がいたらしく、


何やら私たちに向かって

文句をブツブツ言ってくる(何語かは不明)。



一旦ロビーに行き、

再び部屋に戻り扉を開けると

また彼らは文句を言いはじめ、


私が扉を閉めた瞬間、

思いっきり怒鳴り散らしてきた。




なんだか怖い。。。



もちろん、彼らが既に寝床に入っているので

コチラは電気もつけず、


真っ暗な部屋をそそくさと通り抜け、

私は自分の部屋へ。



こうしたドミトリータイプの宿に泊まる以上、


宿泊客同士、

お互いに最低限の生活音が立つことは暗黙の了解済み。



同室に

深夜や早朝に

到着・出発する人がいるのも日常茶飯事。




もちろん、

みんなが寝ている時間帯に動く必要がある側も


なるべく大きな音を立てないようにする、

部屋全体の明かりはつけない(暗い中で荷造りする時は、ヘッドライトや携帯電話のライトで対応する)など、


できる限りの配慮は必要。



そうした音が気になることを

相手に伝えること自体は悪いことではないと思うけれど、


いきなり怒鳴り散らすあの二人には

賛同しかねる。

※幸い、翌朝遅めに起きたときには二人とも部屋にはおらず。




今回こんな風に嫌な思いをしてしまったドミトリー。



一方で、

ドミトリーで出会った人たちとの


よい思い出も、


今までにたくさんあります。






このような事があると、

他人の行動が気になるのであれば"個室に泊まる"など


きちんと自分達の希望を考慮した滞在スタイル

選んで欲しいと心底思う。




せっかくの旅を嫌な思い出にしない為にも、
自分の希望に合った滞在先選びは重要だと、


改めて考えさせられた出来事でした。


[PR]

by ice_oga | 2015-03-24 10:20 | アイスクリーム?中南米? | Comments(0) |