人気ブログランキング |

ハワイの名所、ダイヤモンドヘッドに登ってみる

ハワイで有名な場所といえば、
ダイヤモンドヘッドもその一つ。
c0351060_21082784.jpg


ワイキキビーチからも姿が見える
ダイヤモンドヘッドは
c0351060_00522111.jpg

約30万年前に起きた
短期間の噴火によって形成されたといわれており、

20世紀初頭には
沿岸防衛の為の要塞としても使用されていた標高232mの火口丘



ハワイ語ではもともと
“マグロ(アヒ)の額(レ)”のような形をしていることから『レアヒ』と呼ばれ、

1700年代に西欧の探検家たちが
噴火口壁面の岩石の中に光る方解石(天然の炭酸カルシウム結晶)をダイヤモンドと見誤ったことからダイヤモンドヘッド』と呼ばれるようになったという、この山。





前回ご紹介したLea Leaトロリー
ダイヤモンドヘッドの登山口までは移動し、

入口で入場料1ドルを支払ったら、
c0351060_20412917.jpg

c0351060_19420727.jpg

さっそく
ダイヤモンドヘッド登山、スタート!
c0351060_20431862.jpg


 《ダイヤモンドヘッド登山に持参したもの》
・スニーカーなどの歩きやすい靴(滑りやすい場所もあり)
・水(入口付近以降、お店などはありません)
・サングラス&帽子(日射しが強い時間帯に登る際は特に必要)





このところ
急な雨が降ったり、止んだりの天気が続いていたものの、

青空広がる
ちょうどよい登山日和の今日。

c0351060_20440487.jpg


道が整備されているので、
迷子になる心配もなく順調に進んでいく。

c0351060_20453792.jpg


ふと振り返ってみれば
ここか火山だったことがよくわかる

クレーターの姿。

c0351060_20473365.jpg

時折振り返って景色を楽しみながら
更に上へと進んでいき、
c0351060_21003318.jpg


目の前に現れた階段を昇ると、
薄暗いトンネルの中へ突入。

c0351060_20490550.jpg

トンネルを抜けた先の壁に描かれていたのが、
両方向を示す矢印


c0351060_20520234.jpg

に進めば緩やかに登る迂回ルート
に進めばなかなか急な階段

c0351060_20494841.jpg

ここは
面白そうな匂いのする
急な階段を進むために右へ



廃墟感のある螺旋階段を昇り、

c0351060_20503926.jpg

かつては鉄よろい戸で塞がれていたという
こんな隙間から身体を這い出すと、
c0351060_16075941.jpg


視界いっぱいに広がる明るい、海!!
c0351060_20524093.jpg


下に目をやれば
ダイヤモンドヘッド灯台の姿も見える。

c0351060_20575953.jpg

そこから少し進んだ先にある
階段を駆け上がると、

c0351060_20542405.jpg

たくさんの観光客で賑わう
展望台(観察所)に到着。

c0351060_20545972.jpg


歩き始めてから30分ほどで、
ダイヤモンドヘッド、登頂成功♪





ここから見えるのは、

360°広がる爽快な景色!



どこまでも続きそうな太平洋、
c0351060_16024504.jpg


ワイキキビーチ&リゾートホテル群、

c0351060_20562404.jpg

そして、
クレーター。
c0351060_20571038.jpg



気持ちいい風(やや強め)を浴びながら
しばし頂上からの景色を堪能♪



帰りはまた違った景色を楽しめる、

先程の別れ道で
左に進んだ場合に通る

迂回路側を歩いて下山。

c0351060_20590669.jpg

巨大なクレーターに向かって
階段を下りて行くこちらの道も

なかなかの迫力でした



1時間半もあれば楽しめる
ダイヤモンドヘッド登山。


オアフ島にやって来たら、
ダイヤモンドヘッドに登って
ハワイの景色を楽しんでみるのもオススメです。







# by ice_oga | 2018-12-11 22:19 | 街散策 | Comments(0) |

トロリーに乗って、オアフ島観光

オアフ島での移動手段で

名前が挙がるものといえば、



ワイキキエリアを中心に

観光客を乗せて颯爽と走る、トロリー


c0351060_21455617.jpg



↑のトロリーの停留所のサイン

見ていただくとわかるように、


複数の会社が各々トロリーを運行しています。






【オアフ島を走る主なトロリー】

Waikiki Trolley

LeaLea トロリー(主にHISの利用者が対象)

・'Oli 'Oli ウォーカー&トロリー(主にJTBの利用者が対象)

レインボートロリー(主にJALの利用者が対象)


…等々たくさん。




オアフ島に滞在中、

これまで移動は主に公共バスのThe Busを使用してましたが、



家族と現地で合流する4日間だけ(私以外は3泊4日のハワイ旅行)、

私もLea Leaトロリーのチケット(プラチナパス)をゲット。

c0351060_19334510.jpg


プラチナパスの場合、

Lea Leaトロリーの全ライン(路線)乗り放題なので、


ここぞとばかりに

トロリーで行ける

オアフ島の観光名所巡りに出発!

※チケットの種類により利用可能なラインが異なります





尚、Lea Leaトロリーは主に


ワイキキの中心部にある

Royal Hawaiian Center

c0351060_01432342.jpg


またはTギャラリア by DFS(免税店)

始発場所になっており、


運行間隔や時間帯はラインによって様々です。
※詳細はLea Leaトロリーのwebsiteでご確認ください




【ダウンタウンライン】
トロリーに同乗している
ガイドさんの案内を聞きながら、
ホノルルのダウンタウン周辺の見所を巡るライン。
c0351060_01421294.jpg

先日のホノルルマラソンのコースの途中にも
遭遇したカメハメハ大王像や、

オリエンタルな雰囲気が漂うチャイナタウン
c0351060_01444083.jpg

ここは日本!?と錯覚してしまいそうな
ハワイ出雲大社などにも停留所があり、

c0351060_01404196.jpg

今回私は
カカアコ地区の停留所で下車して辺りを散策♪

その目的は
至るところに描かれている
インスタ映えもバッチリなカラフルなウォールアート


c0351060_18534671.jpg


c0351060_16562337.jpg



こんなところにも!
c0351060_18554904.jpg

毎年2月に世界中のアーティストが集まって
新しい作品を描くそう
(人気の作品は上書きせずに残し続けるらしい)。


ダウンタウンラインは、

カカアコ地区から程近い
巨大なショッピングモール、
アラモアナショッピングセンターにも停車。

ワイキキエリアから歩いても行けなくはないけれど
少し距離がある場所をトロリーで楽に巡れます。



【ワイケレ/モアナルア・ライン】

ショッピングを楽しめる

ワイケレプレミアムアウトレットへと続く

ワイケレ/モアナルア・ライン(本数少なめです)。

c0351060_21085740.jpg


トロリーに乗ってやって来たのは

モアナルア・ガーデン(入場料3ドル)。




♪この木なんの木、気になる木~♪の、


気になる木、こと日立の樹があるガーデン。

※長年、日立グループのCMで使用されてる木


c0351060_20493562.jpg

正式名称は
モンキーポッド(和名はアメリカムネノキ)という

c0351060_21093960.jpg

花の咲く豆科の木で、

c0351060_21055910.jpg


高さ約25m、枝の幅は約40mにも及ぶ、
大きなその姿は圧巻。

トロリーはガーデンに15分ほど停車するので、
停車中に急ぎ足で観光してきました。



【イースト・コースト・ライン】
観光ガイドさんも付いた、二階建てトロリーでイーストコースト側の見所を効率よく巡るライン。
c0351060_00390265.jpg

ハナウマ湾に、

c0351060_00381500.jpg

※トロリーで向かう場合、滞在時間は15分間。ビーチには降りれません 
※定休日の火曜日は代わりにサンディ・ビーチに停車します

勢いよく潮が吹き出す
ハロナ潮吹き穴(滞在時間10分間)、

c0351060_01471990.jpg


その姿がまるでウサギの顔ようにみえる島、
ラビットアイランド(車窓からの見学)なども巡り、
c0351060_01492340.jpg
※写真の左側の部分が耳、右側の膨らみが顔

主に海沿いを走るので
車窓からの景色のよさも抜群です。
c0351060_00405860.jpg




【ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン】
ワイキキビーチからもその姿が望める
ダイヤモンドヘッドの登山口へも向かうライン。
※ダイヤモンドヘッド登山の詳細は次回のブログ記事で書きます

カハラモール(ショッピングモール)や
Safeway(スーパーマーケット)などで
c0351060_16534485.jpg
ショッピングを楽しみたい方にも便利なライン。




…と、私が乗車したのはこれらのラインですが、

他にも複数のラインをトロリーが
走っています。



このトロリー、
大半が窓ガラスのないタイプの車体なので

ハワイの風を感じながら移動できるのも魅力のひとつ。

c0351060_17265676.jpg


オアフ島にやって来たら
トロリーで見所を巡ってみるのもオススメです。

# by ice_oga | 2018-12-11 20:36 | 街散策 | Comments(0) |

Happy Wedding♡ ハワイで結婚式に参列(抹茶アイス)

Happy Wedding♡

c0351060_16251652.jpg


今回ハワイにやって来た一番の目的は、

親族の結婚式に参列するため。





初めて参列した
ハワイでの結婚式は、

ワイキキビーチ沿いのホテルのお庭で
ガーデンウエディング。

c0351060_16520235.jpg


青空の下、
ウクレレの生演奏や
フラダンスが披露されながら行われた

ハワイらしい素敵な式でした。

c0351060_16532221.jpg





そんな式の前夜には
新郎新婦を交えての夕食。


Kuhio Ave.から少し入ったところにある
JIGUと言うお店へ。

c0351060_16364943.jpg

c0351060_16370776.jpg

オシャレな
創作和食を味わえるこの店の
c0351060_16495873.jpg

ZIGU という名前は
“地”を“喰”らうという意味からきており、


こだわりの
ハワイ産食材を料理に使用しているのだと、

店員さんが教えてくれました。
c0351060_16484387.jpg



こうした和食のお店をはじめ、
日本の飲食店(ハワイ支店)も多く出店しているホノルルエリア。



“海外の慣れない食事よりも
食べ慣れた和食を食べたい!"という方々も困ることはなさそう。


日本語を話せる店員さんのいるお店も多く、


この日に
現地で合流した私の家族を含め、

ホノルル海外旅行に慣れていない方々でも
快適に滞在できそうなオススメの場所。




ちなみに食事の最後には
デザートに抹茶アイスも注文。
c0351060_16505958.jpg

あっさりめの抹茶アイスでした♪









# by ice_oga | 2018-12-10 16:24 | アイスクリーム【ハワイ】 | Comments(0) |

ホノルルマラソン!を歩いて見学

ハワイに日本人観光客が多いのは
いつものことなのか、

それとも
今日このイベントがあるからなのか…


本日12月9日(2018年の開催日)、
ここオアフ島のホノルルで行われる
ホノルルマラソン

c0351060_14443629.jpg

異国の地での開催ながら、
一万人以上の日本人が参加するというマラソン大会。
→ホノルルマラソン公式Website



オアフ島に滞在中に遭遇することとなった
人気のマラソン大会





走るのが苦手な私にとって
42.195kmのフルマラソンなんて、夢のまた夢。



私は特に
出場の予定なし。



…ですが、

せっかくこのタイミングでホノルルにいるので
ホノルルマラソンの雰囲気を味わいに
会場へ行ってきました♪




滞在していた宿にも
数日前からホノルルマラソンに参加するランナーの方々が
続々と集まってきていたので


そんなランナーの皆さんの仲間に入れてもらい、

まだ辺りが真っ暗なAM3:30頃に集合して
マラソンのスタート地点へ移動


私たちの滞在していた宿は
ワイキキの中心部から離れていた為、私を含め5人でシェアしてタクシーを利用。

タクシーは前日のうちに

宿の方に予約をしていただきました。
※Hosteling International Honolulu→Ala Moana Park
タクシー代35ドル+チップ(チップは乗車人数分支払うのがマナー)

c0351060_21000161.jpg




スタート地点近くは
既に交通規制で車両が入れなくなっていたので

少し手前で降りて、そこから会場までは歩いて移動。


c0351060_23085636.jpg

マラソンのスタート時刻である
AM5:00までまだ1時間近くあるものの、

スタート地点であるAla Moana Park周辺には
既にたくさんの人!
c0351060_22562950.jpg

一緒にここまでやって来たランナーの方々とは
ここでお別れし、

会場の雰囲気を楽しもうと
ひとりでブラブラ。



フルマラソンを控え緊張気味の方々から、
ユニークな格好の集団、
集まってスタート前の気合の掛け声をかけるグループなどが大勢集まり

早朝とは思えない程に
辺り全体熱気がむんむん。



とにかく大勢の人たちであふれかえっているので、
仲間とはぐれてしまって探し回る人や、
スタート時間が近づく中、なかなか縮まらないトイレに並ぶ長蛇の列で焦る人々の姿も見受けられ、

既にランナー各々の
ドラマが始まっているもよう




スタート地点付近では
アメリカ合衆国の国歌斉唱が行われ、


AM5:00
花火と共にホノルルマラソンスタート!!
c0351060_14425286.jpg


約10分間も続いた盛大な花火と

出発するランナーたちを盛り上げる
大音量の音楽とナレーションの様は、

マラソン大会というより、

c0351060_23074938.jpg


とにかく参加者が多いので、
スタートラインを越えるまでにも時間が掛かる。


人の波が収まったのは
実にスタートから25分も経過した頃でした。
c0351060_21190798.jpg



時間制限がないことで、
初心者でも参加しやすいと言われるホノルルマラソン。

“速く”よりも“楽しく”走りたいという方も多く、

人が減った後にスタート地点で
記念撮影を楽しんでからスタートする方々の姿も。





さて、

スタートも見送ったので、
次はここからゴールとなるKapiolani Parkへ移動して

一番はじめにゴールするランナーの勇姿でも
見学しに行こうと思っていると…


先程まで
同じようにランナーたちを沿道で見送っていた
応援の人たちも

ちょこちょこ
コースを歩いたりしてる。



コースの地図を改めて見てみると、
Ala Moana Park(スタート)→Kapiolani Park(ゴール)まで10kmになるような
コースにもなっているらしい。
(フルマラソンだけでなく、“10kmラン&ウォーク”というイベントも同時に行われていました)



直接歩けば4.5km程の距離。

でも、
ホノルルマラソンのコースを歩くなんて面白そう!!


思いっきり足下はビーチサンダルだし、
長距離歩く準備はしていないけれど、


ホノルルマラソンランナー気分を味わいながら、
10km歩いちゃうことに♪


くれぐれも参加者の邪魔にならないように
のんびり早朝散歩スタート。

c0351060_22585746.jpg

ベビーカーを押しながらや
小さなお子さんたちを連れた家族みんなで歩いている人や、
仮装しながら歩いている人など、

参加者の方々も実に様々。




そんなマラソンコースの途中では、

早朝からランナーを応援する地元の方々に遭遇したり、

c0351060_22573422.jpg

クリスマスカラーにライトアップされた
アロハタワーの姿が見えたり、

c0351060_23002577.jpg


地元の学生の楽団がクリスマスソングを奏でていたり、
c0351060_23413247.jpg

早朝でも開いてるお店の前で
“Merry Christmas!”
と、
(常夏の島、ハワイらしく下は短パンの)サンタさんが待ち受けていたり。

c0351060_23051495.jpg



クリスマスの近づく12月ということもあり、
ムード満点




ハワイの象徴ともいえる
カメハメハ大王像のそばでも

c0351060_21030458.jpg

クリスマスのデコレーションたちが光り輝き、
ランナーたちの目を楽しませていました。

c0351060_23043183.jpg

c0351060_21073107.jpg


クリスマスの雰囲気を楽しみながら歩いていると、
次第に空が明るくなってきた。


c0351060_23141488.jpg
夜が明ける。
c0351060_00053330.jpg
こんな風にのんびりと楽しんで歩いているけれど、
スタート直後にこの周辺を颯爽と駆け抜けたであろう
先頭を走るランナーたちは、

今頃どの辺を走っているのだろう。



そんなことを考えながら

早朝の澄んだ空気の中を歩くのは
何とも言えぬ心地よさ




コースの途中ある
今何キロメートル地点、

c0351060_21133930.jpg

何マイル地点(アメリカは距離は“キロ”よりも“マイル”表示が一般的)の
表示が現れるのを楽しみながらひたすら歩き続け、

c0351060_21140051.jpg


スタート地点であった
Ala Moana Park付近を再び通り、

そこからホテルやお店が建ち並ぶワイキキ市内へ。



c0351060_21092710.jpg


“こんなビーチ沿いを走ったら気持ちいいのだろうなぁ

思わず感じてしまう

清々しいワイキキビーチ沿いの道を進み、


c0351060_23395014.jpg


c0351060_00081856.jpg



10km地点である
Kapiolani Parkに到着。


c0351060_00094428.jpg
c0351060_00104254.jpg



…私はエントリーしているわけではなく、
勝手に沿道を歩いていただけなので完全に自己満足の10kmウォーク笑。


ホノルルマラソンをちょこっとだけ疑似体験できた
所要時間2時間半の面白い朝の散歩となりました。





尚、フルマラソンの方々は
この先ダイヤモンドヘッド方面まで走り続け
HAWAI KAIで折り返し、

再びここKapiolani Parkに戻ってゴール



私がのんびり10km歩いている間に
既にフルマラソンのトップランナーたちはフィニッシュ済み。



フラダンスなども
行われていたゴール会場で

c0351060_00120344.jpg

その後は
次々にゴールに向かって走ってくるランナーたちを応援して

引続きホノルルマラソンの雰囲気を楽しみました。





スタート地点のお祭りのような楽しい雰囲気、
気持ちを盛り上げてくれる
コース途中のクリスマスのアトラクションやハワイの美しい海、


そして、
ゴール地点で完走メダルを首から掛け、
清々しい顔で完走を喜び合うランナーたちの姿をみていたら、


“いつかホノルルマラソンで
フルマラソンに挑戦してみたい!

思わずそんな気持ちが芽生えてきてしまった
楽しいホノルルマラソン当日のワイキキでした。









# by ice_oga | 2018-12-09 10:46 | イベント | Comments(0) |

土曜日の朝はKCCのマーケットで食べ歩き♪(Slush :Honey Dragonfruit Lemonade)

土曜日の朝。


ハワイで行ってみたい場所といえば、

KCC Farmars Market


c0351060_01283617.jpg



土曜日のAM7:30~AM11:00に
ダイヤモンドヘッドに程近い
Kapiolani Community College(GPS:21.269494, -157.800732で開催されるマーケットに足を運んでみました。


昨日に引き続き
今日も朝から雨が降ったり、止んだりの
気まぐれな空模様。

イマイチな天気だったので
お店が出ているのか不安でしたが、


お店もたくさん、お客さんもたくさん。

c0351060_01300516.jpg


さっそく
マーケットの中を覗いてみると…


野菜や果物、
c0351060_19511350.jpg

美味しそうな匂いを漂わせる
アジアンフードやハンバーガーやシーフード、
c0351060_17304726.jpg

ハチミツやコーヒーなど
お土産にもなりそうなものなど、色々勢揃い。

c0351060_19170295.jpg



何を購入しようか
頭を悩ませながらぐるぐるとマーケット内を歩きまわり、

まずは、
行列も出来ていて気になった
Fried Green Tomatoesを購入。
c0351060_19224380.jpg

その名のとおり、
緑のトマトのフライ。
c0351060_19401949.jpg


シャキッとまるでキュウリのような食感でありながら
口の中にはトマトの風味が広がり、不思議な味。

衣との相性がよく、
スナック感覚で美味しくいただけました。





続いては、アイス♪


Wicked Hi Slushというお店で
c0351060_17455349.jpg

かき氷とフローズンドリンクの
中間的な甘くて冷たいもの、

スラッシュを購入。
c0351060_23261178.jpg
Honey Dragonfruit Lemonade(5ドル)

c0351060_17231616.jpg

シャリシャリの食感、

そして、
上からかかったハチミツの風味が堪らなく美味しい
ドラゴンフルーツ&レモネード味のスラッシュ♪


ちなみに
追加料金を払えば
オプションでスラッシュに蜂の巣もトッピングしてもらえます

c0351060_01263669.jpg



先日のBananでも感じましたが、

ハワイのハチミツは濃厚で美味しい!





この土曜日の朝のマーケット以外にも

オアフ島ではマーケットが開かれているそう。

※詳細はマーケットを主催するHFBFのwebsite でご確認ください


美味しいものが集まるオアフ島のマーケット。

滞在中にマーケットの開催時間と合うならば、
ぜひ訪れていただきたい場所のひとつです。

# by ice_oga | 2018-12-08 12:15 | アイスクリーム【ハワイ】 | Comments(0) |