タグ:ボスニア・ヘルツェゴビナ ( 4 ) タグの人気記事

|

続・サラエボ散策(Sunsko Voce,Coko lada,Keks)

午後も引き続き
サラエボの街を散策。


昨夜も訪れたラテン橋

c0351060_21243818.jpg

その近くにある
Sultan Faith Emperor's Mosque

c0351060_21271901.jpg

そのモスクを目の前に

ふと、
スカーフを持ってくることを
忘れていた事に気付いた。

※イスラム教の寺院に入る際、
女性はスカーフで髪の毛を隠すのがマナー。


すると、
入口で出会った方がスカーフを貸してくれ

無事
モスクの中へ入れました。

c0351060_21194108.jpg
厳かな雰囲気の
こちらのモスク。
c0351060_16274332.jpg

c0351060_16284060.jpg
ちょうど
お祈りの時間らしく、

続々と人がやって来て
礼拝が始まったので、

そのまま見学させてもらうことに。


一日5回行われるという
このイスラム教の礼拝。

c0351060_21260104.jpg

数年前、
トルコのイスタンブールを旅した際に
モスクで見たお祈りに似てる。

やはり
ここサラエボは、
トルコの影響も色濃い街。


"お祈りをすると、
嫌なことや、悪いことを天のアラーが吸いとってくれて、
心が晴れ晴れする"


お祈りを終えた後
そんな風に声をかけてれたのは、

ここのモスクで
お祈りを先導する方(イマーム)。

c0351060_21214704.jpg
彼のとてもにこやかな顔を見てると、

彼らにとって礼拝とは、
本当にそういうものなんだなぁと染々思う。


そんな
心に残るイマームや、

気さくに声をかけてくれる信者の方々と
暫しお話した後は、


再びラテン橋を渡り、


黄色と赤のボーダー柄の建物、
サラエボ市庁舎(入場料:5マルク)へ。
c0351060_21341610.jpg
c0351060_21240944.jpg

もともとオーストリア・ハンガリー帝国時代に
市庁舎として建てられたこの建物は、
後に国立図書館となるも、

紛争の際の砲撃で建物は崩壊

200万もの蔵書が消失してしまったそう。


近年ようやく修復が完了したこの建物。

見所は、
美しいステンドグラスの天井

c0351060_16054625.jpg
二階へと続く
階段ホールも素敵です。
c0351060_20072410.jpg

c0351060_16065313.jpg

市庁舎らしく、
会議室もあります。
c0351060_21313336.jpg

地下では
”SARAJEVO 1914-2014”という、
サラエボの歴史や文化、

この建物の修復に関する展示が行われていました。
c0351060_21295884.jpg

c0351060_21275199.jpg

モスクや市庁舎を訪れた後は、

旧市街(バシチャルシア)の中にある
Gazi-Husrev Beg's Bezistan という
お土産屋さんの並ぶマーケットを覗いたり、

c0351060_20022044.jpg
c0351060_19583868.jpg


新宿…

ではなく、
サラエボのアルタや、

c0351060_20155943.jpg
大きな液晶ビジョンが遠くからでも目を引く
SCCことSarajevo City Centerなどの

c0351060_21423210.jpg
巨大なショッピングセンターが集まる一角へ
足を運んでみたり。


すると、
SOCの中にある
c0351060_21403982.jpg

Vatraというカフェの店頭で

アイスを発見

c0351060_21452975.jpg


1スクープ1マルク(約60円)とのことで、
欲張って3つの味を注文♪


Sunsko Voce(ブルーベリー&イチゴ味)
Cokolada(チョコレート味)
Keks(ビスケット味)
c0351060_21391549.jpg


Sunsko Voceは、
ブルーベリーの割合がやや強めのブルーベリーとイチゴのアイス。
適度に濃厚なベリー感の中、イチゴのつぶつぶがいい感じ。
c0351060_16091306.jpg

Cokoladaは、
濃厚なチョコレートアイス。
柔らかめのチョコチップが入ってました。
c0351060_21534139.jpg

Keksは、
卵の風味が効いていて、ほんのりシャリっとした食感
(オハヨー乳業さんの、”昔なつかしアイスクリン”というカップアイスに似た味わい)のアイス。
c0351060_21555381.jpg


アイスと一緒に売っていた
フローズンフルーツも美味しそうだったので

ついでに購入♪
c0351060_21482207.jpg

ラズベリー、クランベリー、ブラックベリー
3種のベリーが入って1マルク。


アイスの後は、

街中で見かけて気になっていた
Pite Ispod Saca(1.5マルク)という
ぐるぐる巻きのパイや、
c0351060_21362748.jpg
※中身はチキンの煮込みが入ってました


旧市街にたくさんあるケバブ屋さんで
ケバブサンドを購入して
お腹を満たし、
c0351060_20120449.jpg

江戸とトルコがミックスしたような
サラエボの街を後に。
c0351060_20305537.jpg


次の目的地は、
セルビアの首都、ベオグラード


サラエボ⇔ベオグラード間のバスは、

先日サラエボに到着した際に利用した
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦側の
バスターミナルではなく

スルプスカ共和国側のバスターミナル発着。


宿のある旧市街から
スルプスカ共和国側のターミナルへは距離があるので、

今回、宿のスタッフの方に
車での送迎をお願いしました(12ユーロ)。

c0351060_21493270.jpg

宿から
20分強でバスターミナルに到着。

c0351060_21522835.jpg
サラエボ→ベオグラードへは
40マルク+荷物代 2マルク/個。

c0351060_20330498.jpg

バス乗り場に入場する際、
チケット購入時にもらった
白いチケット(恐らくターミナルの使用料:5マルク※バスチケット代に含まれる)を

ゲートで待ち構えてるおじさんに渡します。
(ペルー辺りでよくあった 懐かしのシステム!!)


22:00発のバスに乗り、
ベオグラードに向け、出発!!
c0351060_20344548.jpg

[PR]

by ice_oga | 2016-01-26 23:00 | アイスクリーム | Comments(0) |

江戸とトルコがミックスした街、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボ

日本から遠く離れた場所で



が闊歩するような


時代劇のセットの中にいる気分

味わえるなんて…。





ここ

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、


サラエボの旧市街は



モスタルにも増して、


まるで
江戸時代の日本の街並み!!

c0351060_21111710.jpg








サラエボの街の

バスターミナルから





モスクがあったり、

c0351060_21552567.jpg


モニュメント

建ち並ぶ公園や、

c0351060_21542338.jpg

c0351060_21193327.jpg


大きなショッピングセンター

建ち並ぶ一角がある道を進み、


c0351060_21292268.jpg



最初の写真の

江戸の街のような旧市街の中心、


バシュチャルシア広場にも程近い


c0351060_21264690.jpg


今夜の宿、

アコモデーション マガザに到着。


c0351060_21215456.jpg


(1部屋11ユーロ/泊。これを二人でシェア。

住所:Tahcica sokak7.71 000 Sarajevo. 一階はシーシャ(水タバコ)カフェでした)





宿に荷物を置いて、


さっそく


江戸…


サラエボの街を散策。


c0351060_20175900.jpg


ここ旧市街は

オスマン朝時代の影響も色濃く残っており、


オスマン帝国、


すなわち

トルコらしさも満点


c0351060_20372299.jpg

トルコ名物の

ケバブや、トルコ風チャイ(紅茶)も

街中でよく見かけ、




サラエボは、

まるで江戸時代の街並み

トルコの雰囲気ミックスされたような




日本人にとっては

なんとも興味深い街。


c0351060_20532089.jpg



そんな街並みの旧市街を抜けると



やはりここはヨーロッパ



西洋風の建物や

カトリック系の大聖堂が

建ち並ぶ。


c0351060_21395610.jpg



c0351060_21032582.jpg




そんなサラエボの街を流れる

ミリャツカ川に架かるのは、


ラテン橋


c0351060_21500396.jpg


カラフルにライトアップされた


市民が往き来する

一見、ごく普通の橋。




実はこの橋



あの

第一次世界大戦勃発の引き金となった事件が

起きた場所。




『サラエボ』という名を聞いて

連想する方も多いと思われる


サラエボ事件




1914年に

オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻が

暗殺されたのは、



他でもない


この場所。




ラテン橋はかつて、

サラエボ事件の実行犯の名にちなみ

プリンツィプ橋とも呼ばれていたそう。






世界の歴史を動かしたとも言える

事件現場に


実際に足で立ってみた後は、




街中で売られている

石榴の生搾りジュースで喉を潤したり、

c0351060_20561011.jpg
c0351060_21015513.jpg


焼き栗をつまんだりしつつ

c0351060_20192535.jpg
c0351060_21524776.jpg


スーパーに立ち寄り

アイスを購入。



・Kesten Pire CLASSIC (2マルク≒140円)

c0351060_20425935.jpg
c0351060_20465911.jpg


焼き栗に引き続き、

これまたのアイス。


アイスの上に、

絞った生クリームとサクッとしたチョコチップがかかっていました。

栗のリキュールのような味(実際にアルコールは入ってないとは思いますが…)のアイスで、


コース料理のデザートに

出てきても良さそうなアイスでした。






そんな

アイスを食べた翌朝



イマイチな天気の中

再び街へ繰り出し、



旧市街のお店や

モスクに立ち寄りつつ、ブラブラ。



c0351060_20464422.jpg

c0351060_20445174.jpg



途中で見つけた

市場を覗いていると、

c0351060_20483437.jpg

ミカンをお店の方のご好意で

いただきました♪


c0351060_20430065.jpg


クロアチアもそうでしたが、


この辺は

柑橘系の果物が美味しい。





ミカンを手にし、


この市場の近くの階段を昇った先にある、


1984年に開催された
サラエボオリンピックの博物館

目指して行くも…


c0351060_21091661.jpg

c0351060_20550443.jpg


博物館、

閉まってる。。。

(地図を頼りに来ましたが、

そもそも、この建物であっているのかも

怪しい…)





気を取り直し、

同じオリンピック関連

とのことで、




サラエボオリンピック会場跡地

目指して歩く。





衣服や野菜の売られる

市場の先にあるのが、



c0351060_20580042.jpg
c0351060_21000734.jpg

かつてのサラエボオリンピックの

補助グラウンド。



現在は、

見渡す限りたくさんの墓石が並ぶ


ゼトラ公園墓地。





目の前に現れたのは、
おびただしい数のキリスト教徒のお墓。



墓地沿いの道をしばらく進むと


今度は

見渡す限りのイスラム教徒のお墓




この墓地に眠るのは

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で

犠牲になった人々。



紛争中、

亡くなった人々を埋葬する場所がなく、




皮肉にも、

平和の祭典とも呼ばれる

オリンピックの為の施設が、


埋葬場所になったそう。




しばらく続く墓地の先には、


本来のオリンピックの跡地らしい、



スポーツ施設も並んでいました。


c0351060_21192329.jpg





20年も前に起きた出来事。


わずか20年前に起こった出来事。




きれいに整備された墓地は


今となっては
紛争が起きていたなんて信じられないほど


平和な雰囲気のサラエボの街に

すっかり溶け込んでいる。




けれども、

なんとも言えない重い空気が漂うこの場所。





そんな墓地の周辺には


桜の木が立ち並んでいます。



c0351060_21131061.jpg


まだ見頃の時期は先ですが、


この桜の木は

”三民族の共同墓地であるこの場所で

民族という壁を越えて

共に花を愛でる日が来ること”を祈り


日本のNGO団体が植えたもの。






サラエボは

第一次世界大戦、

そして紛争の足跡を辿ることのできる街。



そんな街では、

民族、そして国を越えた

平和を願わずにはいられない。




そんなことを想いながら


再び来た道を戻り、





旧市街の中のお店でランチ

c0351060_20502237.jpg


お店のイチオシの三品が味わえるという

メニューを注文。



出てきたのは、

茄子やミニ玉ねぎの肉詰めの煮込み料理に

ワークリームが載ったもの。


c0351060_20405215.jpg


柔らかく煮込まれたそれらは

スープの味が染み込み、

美味しい!


付け合わせのパンもモチモチ♪



そんなボスニア・ヘルツェゴビナ料理

お腹を満たした後には、



ちょっと食休みして、


引き続き
サラエボの街を散策します。






※ちなみに、

旧市街から少し離れたところでは、


”日本にもこんな家ある!”

と、思わず写真を撮ってしまった



庭に松の木の生えた、

瓦屋根のおうちもありました。


c0351060_20204214.jpg

やっぱりサラエボは、

日本人にとって興味をそそられる街です。


[PR]

by ice_oga | 2016-01-26 14:12 | アイスクリーム | Comments(0) |

Don't Forget '93~橋が歴史を物語る街、モスタル~

ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタル

街の中心を流れる
ネレトヴァ川に架かる橋が印象的なこの街。


中でも、
モスタルの象徴ともいえるのが

スターリモストという橋。
c0351060_20281712.jpg
旧市街の中に位置するこの橋は、
オスマン朝時代の1566年に造られた歴史ある橋。


ところが、
1993年、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の際に
この橋は破壊されてしまいました。



ボスニア・ヘルツェゴビナは
ボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人といった
異なる民族が暮らす多民族国家

宗教も
イスラム教、カトリック(キリスト教)、セルビア正教会(キリスト教)と様々。


そんな
ボスニア・ヘルツェゴビナ

第二次世界対戦後、
ユーゴスラビア(バルカン半島に位置する国々で構成された連邦共和国)の一部となるも、

ユーゴスラビア解体の動きが進むにつれ、

1992年に独立を宣言。


その独立に際し

民族間で意見の対立が生じ、
国内紛争が勃発。

世界大戦以降に起きた
ヨーロッパ最悪の紛争と呼ばれる程に
激しい争いが

1995年に和平合意(デイトン合意)に至るまで
繰り返されました。


和平合意後は、

ボシュニャク人・クロアチア人の国家、
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦

セルビア人の国家、
スルプスカ共和国(別名:セルビア共和国
※お隣の国、"セルビア共和国"とは別物)

ボスニア・ヘルツェゴビナという一つの国の中に並立し、
国を構成しています。



紛争の最中に破壊されてしまった
スターリモストも
2004年、ユネスコの協力により再建

2005年には「モスタル旧市街の古い橋の地区」として世界遺産にも登録されました。



Don't Forget '93

橋が再建されて尚、
93年に起きた出来事を忘れ去らぬように、
紛争といった大惨事を繰り返さないように…


モスタルの街中には
そんな言葉が刻まれています。
c0351060_20414188.jpg

c0351060_20420791.jpg

c0351060_20452775.jpg


そんな歴史を持つ橋、スターリモスト。

橋の周りには
お土産屋さんがズラリ。
c0351060_20172987.jpg

昨夜訪れた時には既に閉まっていた
お土産屋さんを覗いてみると、


ボスニア・ヘルツェゴビナ名物、
薬莢ボールペンを発見!
c0351060_13491599.jpg
かつては本物の薬莢を使用していたそうですが、
現在は、お土産用に作られた薬莢を使用しているそう。

なかなか味があり、
お洒落♪
(私は1本しか購入しなかったのですが、
"もっと買えば良かった…"と後悔したお土産です!)


続いて目についたのは、

バカルと呼ばれる銅製品のお店。
c0351060_21022504.jpg
100年続いているという
こちらのバジャックというお店では
製作現場も見学させてもらえました。
c0351060_13551368.jpg
c0351060_13512468.jpg
c0351060_15120458.jpg
現在の店主さんで三代目。
四代目を受け継ぐ息子さんは
主に銅を使ったアクセサリーを製作しているそうです。
c0351060_21322983.jpg

とっても気さくな
店主のおじさんとお話しつつ
店内を見てまわった後は、


意外と足元が滑りやすい
スターリモスト
c0351060_14011438.jpg

下を流れるネレトヴァ川を眺めながら渡り、
c0351060_14040281.jpg

川の対岸へ。


スターリモストだけでなく、
その先に架かる橋も

この街の雰囲気にマッチして素敵です。
c0351060_14114834.jpg

c0351060_21230609.jpg

猫もいっぱいいる
こちら側にも
c0351060_14200000.jpg

お土産屋さんがズラリ。

c0351060_14225488.jpg
c0351060_15011386.jpg
ここで見つけたのが、
オーガニックショップ。

この地方のもので作られた
オーガニック製品のお店。
c0351060_21325197.jpg
見た目も可愛い
バスソルトやボディースクラブをはじめとする
バスグッズや
c0351060_14255892.jpg
キャンドル、
c0351060_14540730.jpg
ジャム等も売られていました。


小江戸風な街に並ぶ
お土産屋さん巡りが楽しいモスタルの旧市街。


※モスタルについては、
「旅いさら」へも書かせていただきました。
ぜひ、そちらもご覧ください。



朝から歩きまわり、

そろそろ
お腹も空いてきた頃。


スターリモストを渡ったすぐそばにある、
Hindin Hanというレストランで

c0351060_14083872.jpg

"バルカン風ハンバーグ"こと
プリェスカビツァに初挑戦(7マルク)。
c0351060_11582125.jpg
ハンバーガーが何個も出来そうなくらい、
ボリュームたっぷりのハンバーグ♪

上に載ったパンも柔らかくて美味しい!

モスタルの地ビール
モスタルスコ(飲みやすい味!)と合わせて
c0351060_11574801.jpg
美味しくいただきました。



お腹も満たした後にやって来たのは、

1628年に造られたイスラム教のモスク
コスキ・メフメットパシナ・ジャミーヤ(6マルク)。
c0351060_20485430.jpg


一般的にイスラム教のモスクの中に入る際

靴を脱ぎ

女性はスカーフで
髪の毛や首元を隠さなければなりませんが、


ここは土足のまま
そしてスカーフなしでも見学可能

観光客に開放されたモスク
c0351060_15080064.jpg

とは言え、
神聖な宗教施設なので、
マナーは守りましょう
c0351060_11571514.jpg

相変わらず
その美しさに心震わされるイスラム建築。

小さいながらも
素敵なモスクでした。
c0351060_14443096.jpg
そして、
このモスクに来たら

庭に出て、
ネレトヴァ川の方へ進むことを忘れずに。
c0351060_15055582.jpg

ここは
スターリモストを眺める
絶好のポイント!


c0351060_11563061.jpg

最後にスターリ・モストの姿を
目に焼き付けて、



簡素ながらも

wifiもサクサクな


モスタルのバスターミナルへ。



c0351060_20561314.jpg
c0351060_20493715.jpg

15:00発のバスに乗って、


次の目的地、

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都

サラエボに向かいます(20マルク+ 荷物1マルク/個)。

c0351060_17585611.jpg
※2016年1月時点のモスタル発のバスの時刻表

サラエボ行きのバスは自由席。


人気の路線なのか、

ほぼ満席

c0351060_21004727.jpg

ちょこちょこ停車しつつ


山の中をぐるぐる進み、



車窓から雪景色を楽しんでいると、

c0351060_21062453.jpg



17:30、

サラエボに到着。




私たちが着いたのは、


アヴァズ・ツイストタワー(新聞社やレストランが入ったビル)が近くにそびえる


ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦側の

バスターミナル。


c0351060_21134615.jpg
サラエボは
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦
スルプスカ共和国(セルビア共和国)共存する街


小雨もちらつく中
たどり着いたサラエボ。

一体どんな街なんだろう。




[PR]

by ice_oga | 2016-01-25 20:54 | 街散策 | Comments(0) |

東欧で見つけた小江戸。ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルへ (SL BUMM)


”ボスニア・ヘルツェゴビナの街並み”って

みなさん、想像つきますか??



美しいアドリア海を臨み、
城壁に囲まれたオレンジ屋根の家々が建ち並ぶ
クロアチアドブロブニクから


次に目指すは

ボスニア・ヘルツェゴビナ

世界遺産にも登録されている街、モスタル
c0351060_18173144.jpg

ドブロブニクのバスターミナルから
16:00発のバスに乗って出発。
(ドブロブニク⇒モスタル:125.3クーナ+荷物 8クーナ or 1ユーロ/個)
c0351060_18153144.jpg

16:50頃、
国境にたどり着き、パスポートチェック
(係員の方がバスの中に乗り込んできて、その場でチェック)


こうして、
先日ちょこっとだけ入国した
ボスニア・ヘルツェゴビナに再び入国。


スプリット→ドブロブニクへの移動の時と
同じホテルに立ち寄り休憩を挟みつつ

バスは進み、


17:30頃に
再びパスポートチェック。

ここでクロアチアに再入国。



どうやら
ドブロブニク⇒モスタルへの移動は、

クロアチアボスニア・ヘルツェゴビナクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナへと

国境を幾度も通過するルートらしい。



18:00頃、
またまたバスに係員の方が乗り込んできて、
今度はパスポートを回収


5分程して、
ドライバーさんが

ボスニア・ヘルツェゴビナの
入国スタンプの捺されたパスポートを返してくれました。


こうして、
今度こそ
ボスニア・ヘルツェゴビナに入国




東欧を旅していて疑問に思うのは、
パスポートの出入国スタンプの有無



南米を旅していた頃は、

"イミグレーションで
うっかり出入国スタンプを捺し忘れられて
不法滞在を疑われる事がある"

との話を耳にしていたので、



毎回パスポートの出入国スタンプが
きちんと捺されているのか
確認するようにはしていましたが…


ヨーロッパはシェンゲン協定内の移動では
出入国の際にパスポートチェックもなく、


シェンゲン協定外の地域に来てからも、

EU圏内の為か
簡単なパスポートチェックだけだったり、

出入国のどちらかのスタンプしか捺されなかったり…


謎が深まるばかり。
(最初は”スタンプないけど大丈夫??”
…と、不安でしたが、特に問題ありませんでした)




国境越えを繰り返したバスは、

19:00頃、
目的地のモスタルのバスターミナルに到着。



予約した宿、
ゲストハウス・エイラがあると思われる方向に
向かって歩いていると、


途中で出くわしたおばさんに

”あなた達、エイラに泊まるの?”
声をかけられた。


頷くと、

そのおばさんが宿のオーナーさんに電話してくれ、

オーナーさんが建物の外に
出迎えに来てくれました。
(バスターミナルを出て左に真っ直ぐ行くと、宿に辿り着きます)
c0351060_13440245.jpg

建物の三階にある宿泊スペースは、
まるで新築のアパートのようにキレイ!
(オーナーさん一家が二階に住んでます)
共用のキッチンもちゃんとしていて、これでこの価格は嬉しい♪
c0351060_21194559.jpg

c0351060_21360010.jpg

ゲストハウス エイラ:1部屋30マルク/泊(これを2人でシェア)住所:Kazazica 2a, 88000 Mostar


荷物を置いて、
さっそく夜のモスタルの街を散策。
c0351060_22055197.jpg


ここで、
最初の質問をもう一度。

”ボスニア・ヘルツェゴビナの街並み”
どのようなものか??



私は正直、
「ボスニア・ヘルツェゴビナ」という名前を聞いても

ここモスタルにある
スターリモスト橋が象徴するように
c0351060_22202426.jpg

かつて紛争が起こった国”

という程度の乏しいイメージしかなく、
スターリモストについては、改めて書かせていただきます)


地理的に「東欧」との事で、
よくあるヨーロッパ風の街並みを想像していたのですが…



目の前に現れたのは、

まるで
日本の江戸の街

c0351060_22335686.jpg
瓦屋根の平屋と、
丸い石の敷き詰められた道。

そんなモスタルの旧市街

まさに
小江戸といった雰囲気。


イスラム教徒も多い
ボスニア・ヘルツェゴビナ。

街中にあるイスラム教のモスクにそびえる塔、
ミナレットさえも

瓦屋根の影響か、
どことなく銭湯の煙突に見えてきてしまう程。
c0351060_22221885.jpg



日本への哀愁を感じてしまいそうな
モスタルの街並みを

興味深く眺めながら歩いた後は、


スーパーでアイスを購入して
宿でアイスタイム♪

・SL BUMM (0.635マルク≒40円)
c0351060_13401762.jpg
c0351060_13332099.jpg
c0351060_13370987.jpg
カップのフタを開けてみると、
中身はイチゴジャムのかかったバニラアイス。

水分多めのイチゴジャム(ソースに近い)と
軽めのバニラアイスの組み合わせは、
小学校の給食にデザートとして出てきそうな味でした。



明日は
昼間の明るい時間帯に

東欧で見つけた小江戸こと、モスタルの街

改めて散策してみます。

[PR]

by ice_oga | 2016-01-24 23:51 | アイスクリーム | Comments(0) |