<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

|

真っ赤なポピーの花と共に平和を願う、ANZAC DAY

先週末はイースターで長めのお休みでしたが、

2017年はその翌週末も祝日が続いて三連休。



ニュージーランドでは

4月25日は
ANZAC DAYという祝日。

c0351060_23551699.jpg


昨年滞在していた
オーストラリアにもあったANZAC DAY。


ANZAC DAYとは
第一次世界大戦時に勇敢に戦った
オーストラリアとニュージーランドの兵士による軍隊、ANZAC
Australian and New Zealand Army Corpsを追悼する日。

オーストラリアやニュージーランドの各所で
夜明けの頃から式典が行れます
(日本でいうところの、8月の終戦記念日や原爆投下の日に行われる平和を願う式典のようなもの)。






ANZAC DAYの時期になると
街中にはANZAC POPPYと呼ばれる
真っ赤なポピーの花のモチーフが溢れ、

このANZAC POPPYのバッジを胸に挿している方とも多くすれ違うもの。
c0351060_23575325.jpg



第一次世界大戦の戦場となったベルギーのフランダース地方の戦場跡の地面に
一番初めに芽吹いたのがポピーの花だったそうで、



真っ赤なポピーの花
戦争の戦死者や、戦争に携わった人たちのことを忘れない為の象徴として
世界的に用いられているそう。







ANZAC DAY当日、

ここオークランドでは

ウインターガーデンという植物園もある

c0351060_16585725.jpg
c0351060_16562792.jpg

オークランドドメインに位置する



オークランド戦争記念博物館の前でANZAC DAYの式典が催されました。
c0351060_17142465.jpg











戦死者への追悼や
第一次世界大戦の戦場に赴き、無事祖国へと帰って来た方々へ向けた言葉や、

戦争はもちろんのこと
近年起こっているテロの問題も含めた世界平和を願うスピーチ、

c0351060_23565520.jpg


ちょっとした空のパフォーマンス
献花が行われた式典。
c0351060_16525024.jpg

c0351060_23584675.jpg









ブラジルからスタートしたこのアイスクリーム旅。

現在滞在中のニュージーランドに至るまで42ヶ国を巡って感じたのは


世界は思っているよりも平和だということ。




もちろん、
危険と言われている地域を避け来たということもあるし、

旅の途中に全く危険な目に遭ってないというわけではないし、


連日のように報道されているテロをはじめとする事件が
いつ我が身に降りかかって来るかはわからない。




それでも、
旅に出る前に想像していたよりも
ちょっぴり危険なイメージのある南米や中東も

日本に居た頃に想像していたよりも遥かに平和





でも旅の途中で


世界中には
この"平和を築までのたくさんの傷跡"が残っていることも同時に気づかされています。









ボスニア・ヘルツェゴビナセルビアといった旧ユーゴスラビア圏で




そして今日、
ここニュージーランドでも。

c0351060_23595927.jpg




美しい絶景だけでなく、
いわゆる負の遺産にも出会う旅先。




旅をしていると、

キレイごと抜きで
世界平和を願わずにはいられなくなります。







そんなことも頭をよぎったANDAC DAY。





この日は
戦争記念博物館も無料開放

c0351060_18294782.jpg


戦争の記憶を伝えるのはもちろんのこと(日本の戦闘機も展示されてます)、
ニュージーランドの自然や文化に関する展示が盛りだくさんの博物館でした。



[PR]

by ice_oga | 2017-04-25 18:15 | イベント | Comments(0) |

日曜日の朝、タカプナマーケットへお出掛け

毎週日曜日の朝は 
オークランドの各所でマーケットが開かれます。


今日はオークランドのシティから
バスで20分程のところにある

タカプナサンデー・マーケットにお出掛け。

c0351060_21391518.jpg


なかなかの規模を誇るタカプナのマーケット。



ニュージーランドの特産品でもある
キウイフルーツやはじめ
新鮮な果物や野菜を扱う陽気な八百屋さんや、

c0351060_21010924.jpg

c0351060_21125996.jpg


スーパーよりもオトクな価格で売られている
アボカドファームの直売店

c0351060_20542522.jpg

ニュージーランドの南島で育てた豚から作ったという
ジューシーなベーコンを扱うお肉屋さん

c0351060_22161866.jpg



キッチンに飾っておきたくなるようなオシャレな瓶に入った
スパイスやオイルをはじめとする調味料のお店など、

c0351060_22020908.jpg

料理をしたい気分を盛り上げてくれる
美味しそうな食材を扱うお店がたくさん。




その他、

東欧を旅していた頃によく食べていた
甘い香りがたまらない焼き菓子、トルデルニークのお店や

c0351060_18564988.jpg


お土産にもぴったりな
可愛いケーキ屋さん、

c0351060_18404834.jpg




食べ物以外にも

ニュージーランド産のウールを使った
クッションカバーやぬいぐるみを扱う雑貨屋さんや、

c0351060_21290031.jpg

掘り出し物が見つかりそうな
アンティーク品のお店もあったり

c0351060_22110016.jpg

c0351060_21495466.jpg


…と、

一軒たりとも見逃せないお店が
大集結。







タカプナのマーケットでは
買い物の合間にマーケットに集まる

パフォーマーたちのパフォーマンスにも足をとめてみたいもの。



マーケットの雰囲気を盛り上げてくれるかのように
ギターやバイオリンの音色を奏でている方々の演奏に聴き入ってみたり、



リズム感抜群でキュートに踊る小さなダンサー、
ルイスくんのダンスを楽しんでみたり。

c0351060_19324777.jpg

近くで見守っていた
ルイスくんのママ曰く、

誰が教えたわけでもなく、彼は2歳の頃からダンスを踊り始めたのだとか♪




買い物も、
そんなパフォーマンスも楽しんだあとは、




マーケットのそばにある

タカプナビーチで海を眺めたり、

c0351060_22364037.jpg


ピクニックにも良さげな

ププケ湖(オーストラリアを懐かしませてくれるブラックスワンもたくさん!)の周辺を散歩してみるのも

c0351060_22023523.jpg

c0351060_21572764.jpg


なかなかよい
オークランドでの日曜日の過ごし方です。




※タカプナ・サンデー・マーケットの詳細については
【旅いさら】に書かせていただいたので、コチラ⬇をご覧ください

[PR]

by ice_oga | 2017-04-16 18:12 | 街散策 | Comments(0) |

イースターのお休みは、ROYAL EASTER SHOW(Orange Chocolate、Rainbow)

Happy Easter!!



クリスマスと並んでキリスト教にとって重要な日とされる

復活祭こと、イースター





ニュージーランドでは
グッドフライデー(祝日)+土日+イースターマンデー(祝日)
4連休となるイースターの週末


ここオークランドでは
ROYAL EASTER SHOWが行われていました。

c0351060_09210868.jpg





オーストラリアのパースでも訪れた
あのROYAL SHOWニュージーランド版





嬉しいことに入場無料
オークランドのROYAL SHOWを訪れてみると、


c0351060_08475836.jpg



オーストラリア同様に
移動式の遊園地が出現し、
c0351060_20495798.jpg


"ニュージーランドと言えば…"の
ヒツジはもちろんのこと、
c0351060_14143638.jpg

実はニュージーランドにもいっぱいいる
南米を旅した頃によく出会ってアルパカたちをはじめ、
c0351060_14131519.jpg
c0351060_13293840.jpg


豚や牛やひよこや犬など、

たくさんの動物たちが大集合






動物たちとの
触れ合いコーナーもあった他、

c0351060_08352555.jpg


c0351060_20001772.jpg



スケートリンクがあったり、

c0351060_19555802.jpg

絵画をはじめとするアートの展示会が行われていたり、

メディテーションや占い(と、いうよりは現在の自分の姿を知るものらしい)や
お菓子や玩具を売るお店の集まるマーケットがあったり、
c0351060_09561625.jpg


中国雑技団的なサーカスが行われていたり、
c0351060_14165952.jpg

c0351060_14181120.jpg

子どもから大人まで
一日がかりで楽しめるアトラクションが盛りだくさん!






中には
イースターらしくエッグハントをテーマにした迷路も登場。


c0351060_21583135.jpg


いわゆる"エッグハント"は

予め大人たちが隠しておいたエッグ("茹で卵"や"卵の形のチョコレート"など)を子供たちが探し出す
宝探し的なイースターの恒例行事ですが、



このエッグハントでは、
迷路の中(意外と迷う!)でイースターに関係のあるアイテムの描かれたTシャツを着た
スタッフのお姉さんを探し出し、
c0351060_12381870.jpg
彼女たちに捺してもらう
スタンプを集めていくというもの。
c0351060_08385509.jpg


私もスタンプを全部集めることが出来たので、


景品として
イースターエッグ(チョコレート)をもらえました♪


c0351060_08405756.jpg




迷路の他にも

ゲームの屋台
c0351060_20273206.jpg
c0351060_18370632.jpg




ヨーロッパの旅を思い出すような

"ベルリン"や"ブダベスト"といった各都市の名前が付けられたメニューの並ぶ
ヨーロップ・セントラル・キッチンというお店をはじめとする

食べ物の屋台も揃っているので、

c0351060_13141668.jpg

c0351060_13060729.jpg


いっぱい遊んでお腹が空いても問題なし。


※ヨーロップ・セントラル・キッチンについては『旅いさら』に
詳しく書かせていただきました

   




美味しそうな食べ物の屋台が並ぶ中には、
アイスの屋台も。

c0351060_09365316.jpg


こちらの屋台で販売されていたのは
ニュージーランドで人気のアイスクリームメーカー、Tip Topのアイス(3ドル)。


Orange Chocolate
Rainbow
c0351060_08373486.jpg



ありそうで意外と出会わなかった
チョコチップの入ったオレンジのアイスクリーム、Orange Chocolate味

ブロッドオレンジのような強めのオレンジの味に
カリっとしたチョコレートが練りこまれたアイス。



一方のRainbow味は、
可愛らしい淡い色の見た目通り

クリーミーな優しい甘さのアイスでした。








昼はもちろんのこと
日が暮れてからもまだまだ賑わってるROYAL EASTER SHOW。

c0351060_14160805.jpg
締めくくりには花火も打ち上がり、

c0351060_13243184.jpg

イースターの週末のお出掛けに
ちょうど良いイベントでした。


[PR]

by ice_oga | 2017-04-15 22:00 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

続・ドキドキの体験!ニュージーランドで髪を切ってみる

またまたやって来た

を切りたい時期。


旅をしている間も
変わらずに髪の毛は伸び続けてます。




これまで
チリ、エクアドル、メキシコ、コソボ、オーストラリア
いろんな国でヘアカットしてもらってきましたが、




今回ヘアカットを体験する場所は
ここニュージーランド




旅先でのヘアカットについては
『地球の歩き方ストア アラサー女の南米バックパッカー旅』にも書かせていただいたので、そちら↓もご覧ください。







物価の高いニュージーランドでは

案の定、
ヘアサロンの料金もやや高め。




そんな事情から今回私は、


日本でもお馴染みのクーポンサイト、Grouponを利用して

ちょっとお得な価格でヘアカットを体験してみました。







まずは、
Grouponのサイト(https://www.grouponnz.co.nz/から

クーポンを発行している
現在滞在中のAuckland近郊の【ヘアサロンを検索】



候補として出てきたヘアサロンの中から、
内容や価格を検討し、【お店を選ぶ】




今回私が選んだのは

シティ内のお洒落な一角、
Chancery Squareの中にある

c0351060_07391365.jpg

PERFEKT hair studioというお店。


c0351060_14531955.jpg


お店や施術希望のメニューを決めたら、
インターネット上で【Grouponを購入】




購入が完了したら、

該当のお店に【電話でヘアカットの予約】

カットの希望日時と、Grouponから発行された番号を伝えます。




あとは、
予約した日時に【お店に向かう】だけ。







なかなか広めのPerfekt Hair Syudio。
c0351060_14541889.jpg

受付で
Groupon購入時に指定したメールアドレス宛に送られてくる
QRコードを表示したスマホの画面を提示したら、


さっそく席に案内され、施術開始





今回私がオーダーしたのは
【Style Cut and Blow-Dry】というメニューで、

通常価格:65ドル→Groupon価格:35ドルでした。
※Grouponを事前購入しているので、来店当日は支払い不要






まずはシャンプー台へ行き、洗髪

日本の美容室でよくあるように
顔に水が掛からないように紙やタオルを掛けるようなことはないものの、


とりたてて
日本の美容室と変わらない様子。






続いては、カット
c0351060_14565543.jpg

タオル+クロス
更には首周りにマジックテープで装着する布!?も装着して

カットの準備は万端。
c0351060_14573190.jpg



カットの合間には
お水も出してくれました♪

c0351060_15050823.jpg

今回髪をカットしてくれたのは
5年前からニュージーランドで暮らしているというマレーシア人のお姉さん


私がこの旅の途中にマレーシアに行った話
彼女が日本に旅行へ行った際の話などをしつつカットは進み、

c0351060_15042493.jpg


ブローをして、
細かい部分も整えてもらったら、


ヘアカット完了

c0351060_15001724.jpg

髪の毛も、
気分もサッパリ♪

これで所要時間は50分くらい。





今回体験した、
ニュージーランドでのヘアカット





店内の雰囲気やサービスも、
もはや日本のヘアサロンでカットしてる感覚に近い感じでした。




[PR]

by ice_oga | 2017-04-12 14:44 | 街散策 | Comments(0) |