カテゴリ:イベント( 18 )

|

オーケストラを聴きに♪オークランドでフリーコンサート

"音楽っていいなぁ"


そんな風に感じた昨日。




ニュージーランドでは
Labor Dayの祝日で久々の三連休(6月のQueen's Birthdayぶりの祝日!)となるこの週末、



オークランドで40年以上の歴史を持つ交響楽団、
Auckland Symphony Orchestra(ASO)無料コンサートを聴きに行ってきました♪

c0351060_22543766.jpg




当日は
あいにくの空模様で
雨もちょこっとチラついているにも関わらず、


開場前から会場となるタウンホール前には
コンサートを聴きにやってきた方々で長蛇の列
c0351060_22561492.jpg

隣にスクリーンビューイングの部屋まで用意されるくらい
たくさんの人で埋まった会場で、



無事、2階の正面の席を確保♪




オーケストラの生演奏を聴くのは
オーストリア、ウィーンのオペラ座ぶり。



ワクワクしながら待つこと30分、

いよいよ開演






今回は
ファミリー向けのコンサートとのことで、



"FILM FAVOURITES"というテーマのもと

映画音楽を中心に
誰もがどこかで耳にしたことがあるであろうお馴染みの曲が並び


子どもから大人まで、
私のようにそこまでクラシックに詳しくない人間でも楽しめそうなプログラム。





まずは"映画"らしく、
20th Century Fox Fanfare(映画の始まる前にライトに照らされ"20th Century Fox"のロゴと共に流れる音)で
幕開けしたコンサート。




スパイダーマンジュラシックパークといった
映画のテーマ曲の他、


ビデオゲーム(テレビゲーム)のテーマ曲のメドレーでは
キングダム・ハーツのテーマ曲も含まれていたので、

宇多田ヒカルさん"Simple and Clean"(日本でも"光"として発売された曲に
個人的に一番好きな彼女の曲、"嘘みたいな I love you"のサビがミックスされた英語バージョンの曲)"も

オーケストラの迫力の音で聴けて思わずテンションが上がってしまったり。







また途中には、

ハリーポッターのテーマ曲に合わせて
全員参加型のハリーポッタークイズが行われたり、


昨日までオークランドで公演が行われていたミュージカル、
Matildaの劇中歌をオークランドの学校の合唱団の歌声と共に奏でたり、


様々な映画で用いられてきた
ベートーベンの交響曲第7番 イ長調 Allegrettoといったクラシック曲も織り交ぜられたりと、





"音楽って本当に人を幸せな気分にしてくれる"



そう感じさせてくれた

終始楽しいコンサートでした。
(最後の最後のアンコールも、シリーズ化されている某有名映画のお馴染みの曲が演奏されました)

c0351060_23001475.jpg




時折行われる
無料で素敵な音楽を楽しめるASOのフリーコンサート




次の週末(10/29)は
オークランドの北側、North ShoreにあるBruce Mason Centreで同プログラムのコンサートが、


12月にはクリスマスコンサート(12/8 PM7:30~ @タウンホール)も行われるそうです。
※詳細はAUCKLAND SYMPHONY ORCHESTRAのHPをご覧ください


[PR]

by ice_oga | 2017-10-23 10:30 | イベント | Comments(0) |

ニュージーランドで台湾フェス

オークランドのシティ内の中心広場である
Aotea Squareの前を通りかかってみると
何やら多くの人で賑わってる。


気になってウズウズし
近づいて行ってみると

2日間に渡って開催される台湾Dayという
c0351060_13384867.jpg

台湾のお祭りとのこと。
(日本の代々木公園などで催されるタイフェスティバルのようなもの)
c0351060_21064364.jpg

特設ステージでは
台湾らしいダンスの他、

ニュージーランドの先住民、マオリや近隣の島々の伝統ダンスが披露されていたり。

c0351060_21055764.jpg



"台湾といえば"的な


お茶や
c0351060_13354929.jpg

パッションフルーツドリンクをはじめ、

c0351060_13423630.jpg

美味しそう食べ物の屋台がズラリ。
c0351060_21074929.jpg

c0351060_21165017.jpg

随所から漂ういい匂いに負け

お腹いっぱいの状態だったにもかかわらず
モチモチのお餅をついつい購入♪

c0351060_13315524.jpg

その他、
"小学生の頃に国語の教科書で見たなぁ"といった
漢字の成り立ちが示されたブースでは
c0351060_13405138.jpg


日本人にも馴染みの深い
筆と墨を使って書道の体験もできたり。
c0351060_13291303.jpg


ニュージーランドにいながら
台湾の雰囲気を感じる


第三国の日本人の身としては
不思議な感覚も味わえた

c0351060_13441140.jpg

美味しく楽しいイベントでした。



[PR]

by ice_oga | 2017-09-09 13:24 | イベント | Comments(0) |

モツイヘ島で植林ボランティア

良く晴れた6月はじめの日曜日。


友人に誘われて、
モツイへ島植林ボランティアへ行ってきました。

c0351060_06361446.jpg



モツイへ島は
ニュージーランド最大の都市、オークランドの北東に位置する小さな島。




二週間に一度程度しかオークランドからフェリーが出ていないという

タイミングが合わないとなかなか辿り着けない場所
※フェリー代は通常往復35ドルですが、ボランティア参加者向けの割引料金が適用され21.5ドルでした


c0351060_19250028.jpg

フェリーに揺られること
一時間弱で目的のモツイへ島に到着

c0351060_06553930.jpg


モツイヘ島は
離れ小島だけあって

とにかくがきれい!

c0351060_19375986.jpg




島に上陸するや否や、

まずは植林ボランティアを主催されているMotuihe Trustの方々から
モツイヘ島のこれまで歴史や本日の作業についての説明タイム。


c0351060_23262056.jpg



いわゆる外来種の動物たちの増加により
島の生態系や自然が壊され

かつてこの島に生息していた
鳥の数も減少してしまったというモツイヘ島。





そんなモツイヘ島の危機を救うため、

害を与える動物の駆除を行い、
かつての緑を取り戻すために行われているこの植林作業


現時点で
予定の3分の2の植林作業は完了しており、

徐々に鳥たちもこの島に戻り始めてきているそう。







説明を聞き終えたら、

植林作業の中心場所となる
ナーサリー(種苗場)と呼ばれる場所を目指して歩いて移動。



ここナーサリーで

モツイヘ島の中で拾ってきた種を土に蒔き、

c0351060_12331224.jpg
植林に適した大きさまで木の苗木を育てるそう。
    




ここナーサリーに荷物を置き、
作業に向けて長靴に履き替えたら、




今度は
プランティングする場所まで



ニュージーランド土産の定番、
マヌカハニーでその名も知れ渡るマヌカの花が咲いていたり、
c0351060_23031733.jpg
無人島らしく
生き生きと育った植物たちを眺めながら、
c0351060_23095466.jpg

その間に開かれた道を歩き進めてく。
c0351060_20122777.jpg







本日の植林場所に到着したら、

いよいよ植林作業開始!!
c0351060_19475224.jpg





ナーサリーで大切に育てられた
苗木(種類によるものの、植林できる大きさに育つまで1~3年程度要するそう)を植える為の一連の作業は、

c0351060_07073199.jpg



1.地面にシャベルで穴を掘る

c0351060_12252024.jpg
※木が大きく育った時のことを考慮し、植える苗木同士は2〜5mくらい間隔を開けます

c0351060_20223182.jpg


2.堀った穴の中に固形の肥料を投入
c0351060_13340025.jpg


c0351060_20195640.jpg


3.苗木を穴の中へ入れる
c0351060_20150136.jpg


4.苗木の周りに土をかぶせ、苗木が抜けない程度まで土を踏み固める

c0351060_20005628.jpg





最後に
雨ニモマケズ、風ニモマケズに
元気にすくすく育って欲しいと願いを込めたら、


植林完了♪
c0351060_19570426.jpg




一見簡単そうに見える一連の作業ですが、


草が地面に張っている為に穴を掘るのが大変だったり、
うまい具合に周りの土が固まらなかったりと、


なかなかの労力を要する作業。




汗をかきつつも

周りの海や、青々とした緑を眺めながら

c0351060_06361446.jpg


今日のボランティア参加者たちで
数百本分の苗木モツイへ島の大地に植えてきました










植林作業が終わったら
お待ちかねのランチタイム
c0351060_12165541.jpg


ボランティア参加者向けには

ホットドッグが振る舞われました♪

c0351060_06275746.jpg



力作業の後は
より美味しく感じるホットドッグのランチを食べ終えたら、




帰りのフェリーが島に迎えに来るまで間、自由時間






個人で島内を散策してもよいのですが

ガイドウォークも行われるとの事で、



私たちは
ボランティア団体の方々の案内によるガイドウォークに参加。





トラクターの荷台に載せてもらい
c0351060_13452666.jpg



ガダガタ揺られながら
木々の生い茂る森までやって来たら

トラクターを降りて森の中を散策!!
c0351060_19501802.jpg




木の根元近くに落ちている紫色の木の実を集めながら
森の奥へと進んで行き、

c0351060_06314072.jpg



大きな
虫たちのコンドミニアム(ガイドさん命名)や
c0351060_20064657.jpg


夜になると
ブルーペンギンもやって来るという場所なども見学(あいにく昼間にペンギンの姿は見れず。。。)。


c0351060_19194947.jpg






最後にナーサリーに戻り、
森の中で拾ってきた種を蒔いたりしていたら、

c0351060_20183687.jpg





あっという間に
帰りのフェリーのやって来る時間。







うっかりこのフェリーに乗り遅れてしまうと
次のフェリーがやって来るのは約二週間後なので、くれぐれも乗り遅れ注意です。 
c0351060_20260617.jpg





ランギトト島オークランドのシティから
そこまで遠くない、モツイへ島。


c0351060_06183360.jpg





"今日植えた木が大きく育った頃に
またこの島を訪れてみたい"という気持ちを残しつつ、

再びオークランドの街へと戻っていきました。






※モツイへ島の植林ボランティアについては
【旅いさら】に詳細を書かせていただいたので、コチラ↓をご覧ください




[PR]

by ice_oga | 2017-06-05 19:28 | イベント | Comments(0) |

お口ヒリヒリ。ニュージーランドの激辛ソース祭り

ニュージーランドで
何やら気になるイベントを発見。





その名も
NZ Hot Sauce Festival


そう、激辛ソース祭り

c0351060_09022205.jpg


どんなお祭りなのか気になり、


雨の降りしきる中、

会場となったオークランドのシティにある
SWEAT SHOPへ赴いてみました。

c0351060_09221413.jpg

NZ Hot Sauce Festivalの入場チケットは20ドル

ちょっとお高めの気がしたものの、
このお店で使える20ドル分のバウチャー&ミニサイズのホットソースをもらえたので、実質プラス♪

c0351060_13593840.jpg
既に多くの人で溢れている
会場の中に足を踏み入れてみると、


c0351060_16290528.jpg

バンドの生演奏も行われ
楽しげな雰囲気。

c0351060_17025386.jpg



このHot Sauce Festival、

具体的にどんなお祭りかというと



ニュージーランド国内はもちろんのこと、

世界中から
激辛ソースが大集合





約15ブース、100種類もの激辛製品がお目見えしてました。
c0351060_21464855.jpg
c0351060_16153542.jpg


各ブース試食も用意されていたので、

その一部をご紹介♪

c0351060_16192303.jpg

まずは、
アメリカからやって来た、Tapatio
お酢の効いた、いろんな料理に使えそうなHot Sauce。

c0351060_16521063.jpg
続いては、
メキシコからやって来た
Mex U Crazyというアボカドやココナッツなども用いられた
7年物というHot Sauce。
c0351060_16554590.jpg
アボカドのHot Sauceを試食してみると、
アボカドによるマイルドさはあるものの、辛い!
c0351060_16505361.jpg

Mex U Crazyのブースの方曰く、

辛さを和らげるためにはを舐めるとよいとの事で、ブースには塩も準備されてました。




辛い料理のある国と言えば、
タイも有名。

こちらのThai Chilli Sauceは辛い中にもトマトと砂糖の甘さを感じるソース。
c0351060_16414074.jpg

ブースの方に尋ねてみたところ、

タイの香りを感じられるこのソースは
ニュージーランドで生産しているとの事。
c0351060_18244260.jpg


他にも
開催地、ニュージーランド産の
パイナップルを使用した甘辛SUN WALKERのHot Sauceなど、
c0351060_16534958.jpg
一口にHot Sauceといっても
バラエティ豊か。



辛いけれど
クセになるそんなHot Sauceたちを

次々と試食していった中で、




一番強烈だったのが、
こちらのVENOMというソース(というより、エキス)。
c0351060_17001937.jpg


"激辛"と言われたので、


スプーンに
ほんの2、3滴たらしたものを心して口にしてみると
c0351060_21240514.jpg
苦い


そして、
言うほど辛くない



と、
油断していたのも束の間、


口の中に徐々に辛さが広がり、

唇もヒリヒリし過ぎて震えてくる程の、




これまでの人生で
味わったことのないくらい

"強烈すぎる辛さ"に襲われることに。






だいぶ水を飲んだものの、
その後10分間くらい、完全に口周辺の感覚がおかしくなってました。




なんでも、このVENOMは
唐辛子30個分ギュッと濃縮したものなんだとか。




唐辛子、恐るべし。。。




そんな
強烈なソースにも出会えたこのフェスティバルには、


Hot Sauceの主な原料となる唐辛子グッズの姿も。

c0351060_14191129.jpg


肌の保湿にも良いという
唐辛子の軟膏や、
c0351060_16445090.jpg


唐辛子入りカクテルも販売。
c0351060_21111021.jpg




唐辛子の新たな可能性にも
出会える場所でした。





このNZ Hot Sauce Festivalの
メインイベントは

"NZ Chili Eating Champs"という

いわゆる
激辛王選手権
c0351060_10210679.jpg



辛さなんてものともしない強者たちがステージに集まり、


次々に出される激辛唐辛子を、
何食わぬ顔で次々に頬張っていく勇姿を観て


会場内は大盛り上がり

ここで
今年度のニュージーランドの激辛王が決定するそうです。







辛いもの&唐辛子好きなら

一度は足を運んでみたくなるイベントが行われたお店、SWEAT SHOP


本来、ビール醸造所&バー

c0351060_22040314.jpg


美味しいビールが味わえるのはもちろんのこと、
c0351060_21314855.jpg
店内には理髪店まで入っている(フェスティバル当日も営業中)、
c0351060_21252262.jpg
美味しく飲んで、
更には髪を整えてカッコよくなれちゃうという一石二鳥な場所。





NZ Hot Sauce Festival

そんな
ユニークな場所で行われた

年に一度のユニークなイベントでした。

※NZ Hot Sauce Festivalの詳細については
『旅いさら』に書かせていただいたので、↓こちらをご覧ください。











[PR]

by ice_oga | 2017-05-20 20:25 | イベント | Comments(0) |

真っ赤なポピーの花と共に平和を願う、ANZAC DAY

先週末はイースターで長めのお休みでしたが、

2017年はその翌週末も祝日が続いて三連休。



ニュージーランドでは

4月25日は
ANZAC DAYという祝日。

c0351060_23551699.jpg


昨年滞在していた
オーストラリアにもあったANZAC DAY。


ANZAC DAYとは
第一次世界大戦時に勇敢に戦った
オーストラリアとニュージーランドの兵士による軍隊、ANZAC
Australian and New Zealand Army Corpsを追悼する日。

オーストラリアやニュージーランドの各所で
夜明けの頃から式典が行れます
(日本でいうところの、8月の終戦記念日や原爆投下の日に行われる平和を願う式典のようなもの)。






ANZAC DAYの時期になると
街中にはANZAC POPPYと呼ばれる
真っ赤なポピーの花のモチーフが溢れ、

このANZAC POPPYのバッジを胸に挿している方とも多くすれ違うもの。
c0351060_23575325.jpg



第一次世界大戦の戦場となったベルギーのフランダース地方の戦場跡の地面に
一番初めに芽吹いたのがポピーの花だったそうで、



真っ赤なポピーの花
戦争の戦死者や、戦争に携わった人たちのことを忘れない為の象徴として
世界的に用いられているそう。







ANZAC DAY当日、

ここオークランドでは

ウインターガーデンという植物園もある

c0351060_16585725.jpg
c0351060_16562792.jpg

オークランドドメインに位置する



オークランド戦争記念博物館の前でANZAC DAYの式典が催されました。
c0351060_17142465.jpg











戦死者への追悼や
第一次世界大戦の戦場に赴き、無事祖国へと帰って来た方々へ向けた言葉や、

戦争はもちろんのこと
近年起こっているテロの問題も含めた世界平和を願うスピーチ、

c0351060_23565520.jpg


ちょっとした空のパフォーマンス
献花が行われた式典。
c0351060_16525024.jpg

c0351060_23584675.jpg









ブラジルからスタートしたこのアイスクリーム旅。

現在滞在中のニュージーランドに至るまで42ヶ国を巡って感じたのは


世界は思っているよりも平和だということ。




もちろん、
危険と言われている地域を避け来たということもあるし、

旅の途中に全く危険な目に遭ってないというわけではないし、


連日のように報道されているテロをはじめとする事件が
いつ我が身に降りかかって来るかはわからない。




それでも、
旅に出る前に想像していたよりも
ちょっぴり危険なイメージのある南米や中東も

日本に居た頃に想像していたよりも遥かに平和





でも旅の途中で


世界中には
この"平和を築までのたくさんの傷跡"が残っていることも同時に気づかされています。









ボスニア・ヘルツェゴビナセルビアといった旧ユーゴスラビア圏で




そして今日、
ここニュージーランドでも。

c0351060_23595927.jpg




美しい絶景だけでなく、
いわゆる負の遺産にも出会う旅先。




旅をしていると、

キレイごと抜きで
世界平和を願わずにはいられなくなります。







そんなことも頭をよぎったANDAC DAY。





この日は
戦争記念博物館も無料開放

c0351060_18294782.jpg


戦争の記憶を伝えるのはもちろんのこと(日本の戦闘機も展示されてます)、
ニュージーランドの自然や文化に関する展示が盛りだくさんの博物館でした。



[PR]

by ice_oga | 2017-04-25 18:15 | イベント | Comments(0) |

ニュージーランドで日本を体感。ジャパンデイ

ニュージーランドにやって来た翌日、


偶然にも
オークランドでJapan Dayという日本のイベントが行われてました。

c0351060_20224201.jpg

イベントの会場となる
海に隣接するQueen Wharfには
c0351060_11360722.jpg

人がいっぱい。

c0351060_07142417.jpg



c0351060_21240427.jpg

二人でジャパンフェスへ。日本人いっぱい

餅つきが行われていたり、
c0351060_20515640.jpg

神輿や雛人形が飾られていたり、
c0351060_18485585.jpg

c0351060_12014116.jpg



合気道や空手の実演、書道体験も行われていたりと、


日本から遠く離れたニュージーランドに
日本文化を感じるものが大集合。








JAPANといえば

今となっては"アニメや漫画の国"という印象が海外では強いらしく


こんな車や
c0351060_12383503.jpg
コスプレをした方々の姿も。
c0351060_11391219.jpg




旅の途中で出会った海外の方に
"日本から来た"という話をすると、

上の世代の方は電化製品の話が出るものの、
若い世代は決まってアニメや漫画の話題になるもの。







このイベントには美味しい日本食品もいろいろ集合。


オーストラリアやニュージーランドではメジャーな
グルテンフリーに対応した

小麦不使用の醤油や稲荷が売られていたり、

c0351060_13242831.jpg
試飲もできる
"SAKE"こと日本酒の紹介コーナーも。

c0351060_12225656.jpg

c0351060_18524523.jpg


飲みやすいサワー系の商品から、
本格的な日本酒まで勢揃い。
c0351060_11334018.jpg



こちらの"射手座造船所"という日本酒を紹介していた酒蔵の方は

今日のJAPAN DAYに向けて
わざわざ日本からやって来たそうですが

酒自体はオークランド内だけでも数店舗あるJAPAN MARTというお店で随時購入可能との事。





オークランドにはこうした日本食品や日本酒を購入できるお店
100円ショップのDaiso(ニュージーランドでは1商品3.5ドル)もあり、


日本人が暮らすには便利そうな街





日本の教科書も会場内には売られており、

c0351060_18412109.jpg


留学生や私のようなワーキングホリデーでの滞在者以外にも
小さいお子さんのいる日本人一家も多く暮らしているもよう。
(昨日今日の2日間だけでも、オークランドの街中を歩いているとたくさんの日本人とすれ違いました)






思いがけず
ニュージーランドに居ながら
日本を感じることが出来たJAPAN DAY



"日本という国"の文化
外から改めて見ることのできた、興味深いイベントでした。

[PR]

by ice_oga | 2017-02-26 17:52 | イベント | Comments(0) |

一夜限りのスペシャルイベント、メルボルンが眠らないWhite Night sanpo

White Nightの今宵は、

まるで
メルボルン街全体美術館

c0351060_13112401.jpg


White Night

今では世界中で開催されるようになった
パリ発祥のアートイベントで、


ここメルボルンでは
2013年から毎年開催されている

夕方から翌朝にかけての夜通し12時間

街中に光のアートや
ストリートパフォーマンスが溢れる、一夜限りのスペシャルイベント
※2018年は2月17日開催予定→White Night公式HP






この夜だけは、

メルボルンのCBD(シティ)内の道路には
車やトラムの姿が消え、

c0351060_19425120.jpg

街全体が歩行者天国。

c0351060_13021007.jpg


メルボルンのランドマークとなっている建物たちも

プロジェクションマッピング
いろんな姿に大変身してました。

c0351060_09144388.jpg
中でも
この王立博覧会ビルのプロジェクションマッピングは大迫力!

c0351060_12464414.jpg

c0351060_12541480.jpg

c0351060_12493828.jpg
映像も音もとっても素敵で、
何回も繰り返しそのショーを観てしまいました。







ヴィクトリア州立図書館のプロジェクションマッピングも
負けじと大迫力!!

c0351060_08172288.jpg

館内までも
まるで海の中にいるような気分を味わえる
プロジェクションマッピングが行われていました(館内に入るまで、大行列!)。

c0351060_12580756.jpg






プロジェクションマッピングのみならず、


メルボルンの街の随所で

映像パフォーマーによる
パフォーマンスが行われ、


c0351060_21274649.jpg

c0351060_20451320.jpg


光のオブジェや、

c0351060_18491570.jpg
c0351060_21324823.jpg

c0351060_08201086.jpg




3Dアート作品を使って
こんなユニークな写真撮影も出来ちゃうスポットをはじめとする

c0351060_18574673.jpg

c0351060_21094345.jpg

体験型のイベントスペースたくさん出現
c0351060_08120363.jpg

多くの人が集まり盛り上がっている場所には、

Kissing Boothなるユニークなもの(ブースの中に男性が入り、その男性にキスしてくれる女性が現れるのを待つ)もありました。

c0351060_20313974.jpg




今夜限りは
普段は夜になると鍵のかけられている教会も開放されていて、
c0351060_21233173.jpg
教会によっては
ライブパフォーマンスも行われていたり。




街を見守る偉人たちの像さえも
今宵ばかりはドレスアップし、
c0351060_13252754.jpg




警官たち
馬に乗って深夜までパトロール

c0351060_20425415.jpg



真夜中過ぎになっても
眠気時間忘れて


街の中を歩き回ってしまう楽しい一夜でした。



c0351060_22185260.jpg





明け方6時まで続くWhite Nightを
最後まで満喫したいものの、


私は早朝の飛行機でメルボルンを離れる予定。





深夜3時になろうともまだまだ賑わうメルボルンの街を
名残惜しみながら後にし、


次の目的地、
タスマニアへと向かいます。



[PR]

by ice_oga | 2017-02-19 04:30 | イベント | Comments(0) |

真夏のシドニーで2016➝2017 カウントダウン(後編)

大迫力の花火と共に
オーストラリアシドニーで迎えた2017年

c0351060_21224529.jpg


私たちはこの花火を観る為に
昼間から待機



日中は日差しが強く、何をせずとも体力を奪われる中、
みんなでトランプで遊んだり、昼寝をしたりして

まだかまだかと
ひたすら時が過ぎるのを待っていたものの、


辺りも涼しくなリ始めた18時頃からは、
まるで倍速のように時の流れが早く感じてきた。

c0351060_20582766.jpg


と、同時に
ちょっとずつ来たるべき2017年へのカウントダウンイベントも開始。




航空ショー
オペラハウスの上空を飛行機が飛びまわったり、
c0351060_20460789.jpg


海上では
船による噴水ショー(…ややイマイチ)が行われたり、

船上でカウントダウンを行う人たちの
クルーズ船がたくさん姿を現したり。

c0351060_21251933.jpg


イベントとは無関係に
近くで
火事(!?)のような煙が舞い上がったりも。

c0351060_20552730.jpg




そして、
夜9時も過ぎた頃には

ダーリンハーバー方面に打上げ花火!!

c0351060_21031447.jpg



この時間帯ともなると
後ろに席を確保していた人たちも
私達のいるすぐ後ろまで押し寄せてきた。


そうなるだろうと予測して、
予め地面に敷いていたシートを半分の広さに折りたたんで
少面積にしていたものの、

後ろの人たちは、
お構いなしに私達のシートの上に土足で踏み込み
ギュウギュウ状態。。。


そんな身動きがとれない状態で
午前0時まで待つことに。




間もなく2016年も終わる。



PM11:58、
ハーバーブリッジに数字が浮かび上がり
80秒前からカウントダウン開始。

c0351060_21273068.jpg



…3.2.1



Happy New Year!!

c0351060_21071385.jpg




前後左右、
アッチからもコッチからも
いろんなところから一気に打ち上がる花火

c0351060_21195307.jpg

c0351060_21295378.jpg



とにかく、すごい迫力!!



そんな花火が約10分に渡り打ち上げられ、
最後はハーバーブリッジからのナイアガラ花火と

c0351060_21210897.jpg


ものすごい数の花火が一気に打ち上げられ、


新年の始まりを祝う花火は終了。





こうして12時間待った末に
花火を満喫して

みんなで新しい年、2017年を迎えました。

c0351060_21090079.jpg





花火が終わったら
皆そそくさと退散




真夜中に
多くの人たちが車道の真ん中を歩き
(カウントダウン近くの時間帯、ハーバーブリッジ周辺は車両通行止になります)、


同じ方向へ流れ込むように歩いていくさまは

まるで映画のワンシーンでも観てるような非日常的な風景

c0351060_21140482.jpg


そんな人混みにまぎれながら
“2017年も素敵な旅ができる年にしたいなぁ”と思いました。



寒い冬に
除夜の鐘を聞きながら迎える新年も良いですが、

真夏のオーストラリアで
花火と共に迎える新年もオススメです。



[PR]

by ice_oga | 2017-01-01 02:00 | イベント | Comments(0) |

真夏のシドニーで2016➝2017 カウントダウン(前編)

2016年も残すところあと一日。

東欧を旅し、スリランカマレーシアに立ち寄ってやって来たオーストラリア



2016年➝2017年へのカウントダウンの場所は、

ここ
オーストラリアシドニー




もとを辿れば、
シドニーでカウントダウンをしたくて

ワーホリ最後の地にシドニーを選んだようなもの。




盛大に花火が打ち上げられることで有名な
シドニーのカウントダウン。

c0351060_23474204.jpg


大晦日には街の所々に
カウントダウンに関するインフォメーションも設置されるほど、

c0351060_23462001.jpg

私同様に世界中からたくさんの人たちが
この地に集まってきます。




その為、
花火鑑賞の場所とり合戦も勃発!


花火鑑賞のベストスポットには
入場制限が設けられ、

夕方頃には入場不可になってしまうそう。



今回私は、
オーストラリアにやって来て最初に働いた
現在シドニー在住組+彼女たちの友人たちと一緒にカウントダウン。


その中の数人が
前日の夜からよい場所を確保する為に
頑張ってくれました。


2016年の大晦日の場合、
場所取りスタートが解禁されたのは
当日の朝8時


それにも関わらず、
前日の夜から場所取りの為の列に並んでくれたそう。



私はそんなところに
当日の午前11時過ぎにのこのこ合流させてもらったので、

感謝の一言に尽きます。



私達が鑑賞場所に選んだのは、
オペラハウスの横、ハーバーブリッジの真ん前!!

c0351060_20321725.jpg

c0351060_20422885.jpg

ベストポイント♪
※ハーバーブリッジとオペラハウスどちらも見える位置が希望の場合は、もっと東側がオススメです



人が多く集まるイベントだけあって

ここにたどり着くまでに、
サーキュラーキー駅前から2度ゲートがあり、
厳しめのセキュリティチェックが行われてます。


基本的に
屋外の公共の場所での飲酒は厳禁のオーストラリア。


私達の居た場所も、
ゲート内で購入したもののみ飲酒可能で、アルコール類の持ち込みは不可。
※エリアによっては飲酒自体禁止の場所もあり。
詳しいエリア情報や混雑状況は公式HP上で確認可能



多くの人がペットボトルや水筒にアルコールを入れ替えて
こっそり持ち込もうとしていましたが、

ここのセキュリティチェックはそうしたボトルの匂いを嗅がれてチェックをされるので、

多くの人がゲート前で諦めて捨てていました。




そんな中、
私はアルコールではなくピザをホールでお持込。

"(ピザ)僕の分はないの?"と、

セキュリティの方にジョークを言われつつ
受けたチェック。


ここで
没収されてしまったものがひとつ。




それは、
ポーチに入れっぱなしだった爪切り


爪切りでは何も悪いことをしようもない気がするけど…
地味に取り上げられて困った一品。

刃物類(爪切りを含む)持ち込み禁止です。



セキュリティチェックを通過したら、

既に多くの人で賑わう中を歩いて

c0351060_20370364.jpg

c0351060_20505188.jpg


みんなと合流。



この総勢15人で
約12時間後の2017年に向けて
ひたすら待機。
c0351060_20562963.jpg

メルボルンぶりに会うメンバーもいたので
懐かしい♪




この鑑賞エリア内には
売店仮設トイレ(毎度ながらオーストラリアの簡易トイレの清潔さには驚かされます!)もバッチリ完備されてました。

c0351060_20522327.jpg

c0351060_20534193.jpg


12月は夏真っ只中のオーストラリア。



長時間屋外で待機するにあたり
こんなものを準備するのがオススメです。

(飲料水飲み場もありますが、夕方以降には使えなくなってしまいました)
食料(売店にも売ってますが、イベント価格なので…)
シート
クッション(長時間座っているので、あると便利)
日傘(雨や強い日射しからガード!)
ゴミ袋(あると便利)
トランプ類(待ち時間が長いので、暇つぶしに♪)
カメラ(花火の写真を撮るならミニ三脚も。人混みの中、大きいものは邪魔になります)




2016年もあと僅か。

いよいよ2017年へのカウントダウン開始!!

c0351060_20482746.jpg
※"2017"の被りものは、街中の至るところで5ドルで売ってました



[PR]

by ice_oga | 2016-12-31 21:36 | イベント | Comments(0) |

全身〇〇まみれ!オーストラリアでカラーラン

スペインでトマトや泡まみれになってから早一年以上の月日が過ぎ去った今、




今度はオーストラリアで

再びまみれになってきました。


c0351060_20312522.jpg


c0351060_13112518.jpg


日本でも開催されたことのある"カラーラン"ことThe Color Run



(のついた粉)にまみれながら5㎞走り抜けるイベント






ここオーストラリアのパースでもThe Color Runが催されました。




…と、言っても

私はランナーとして参加したわけではなく、

イベントのお手伝いをするボランティアとして参加。



ランナーとしての参加は有料ですが(なかなかいいお値段。。。)、

ボランティアとしての参加はもちろん無料



ランナーでしか味わえない楽しさももちろんあると思いますが、


↑の写真の通り、

ボランティアでも十分色まみれになって楽しめました。

※ランナーとしての参加はもちろん、ボランティアも大人気なので
早めの申し込み(The Color RunのHPから申し込み)がおススメ。





The Color Runの当日、

私たちボランティアの集合時間は朝6:45。


一緒にボランティアとして参加する
シェアメイト&友人と会場のLangley Parkへ(…一部メンバーは遅刻して参上してましたが、無事参加できてました)。
c0351060_21073646.jpg


受付には

早朝集合の身には嬉しい
朝食用にクッキー、リンゴ、水が用意されており、

さらにはボランティア用Tシャツまで参加記念にもらえました♪

c0351060_13260480.jpg



肝心の私たちのボランティアとしての役割は、
MAGIC MAKER。

c0351060_21163966.jpg

その名前だけでは
一体どんなことをするのか謎のポジション



ひとまず
スタッフの方の指示に従ってマスコットの隣で待機。
c0351060_16074421.jpg



しばらくすると、
何やら遠くの方が騒がしい。

c0351060_20575561.jpg

どうやら
カラーパウダーをランナーにかけるチームが
本番の練習をしているもよう。




私たちMAGIC MAKERチームはまだ出番がないようなので



そちらに混じって、
ランナーたちより足先に色まみれに。

c0351060_21365402.jpg
足先まで紫色
c0351060_15543188.jpg


カラーパウダーを浴びて、

私たちボランティア側もテンションが上がってきたところで、


AM9:30、いよいよThe Color Run、スタート!

c0351060_21410755.jpg


私たちMAGIC MAKERも始動!


謎に包まれていたMAGIC MAKERの役割は…


スワン川沿いを走り抜けていくランナーたちハイタッチ
c0351060_21455492.jpg
ハイタッチをして
ランナーたちを盛り上げる任務、MAGIC MAKER。




このイベントは
速さよりも楽しさが優先。



参加者も
小さな子供たちから
お年を召した方まで多岐に渡り、


全力疾走していく方もいましたが、
のんびり歩きながら
仲間たちと楽しんでいる人たちがたくさん。



そんな彼らをハイタッチしながら応援するのはとっても楽しく、
あっという間に1時間半経過




人生で人とハイタッチするのなんて、
せいぜいボーリングでストライク出した時くらいな中、


確実にこの時間だけで
一生分のハイタッチをした気がします 笑。






最後尾のランナーとハイタッチを終えたら…




私たちも色まみれになりに
いざ出陣!!


c0351060_15241351.jpg


c0351060_13211399.jpg

ガッツリ紫色にまみれてきました。





すっかり色まみれになり、

カラーランの醍醐味を味わってから


他のポジションで同じくボランティアに参加していた

シェアメイトの元へ行ってみると、

c0351060_16151630.jpg

目の前上空に
ピンクの泡が舞ってる!


c0351060_15365759.jpg

みんな泡にまみれているので
c0351060_22334363.jpg
もちろん私たちも一緒にまみれてきました♪

c0351060_15393547.jpg

イビザ島に引き続き、
まさかオーストラリアでも泡まみれになるなんて。


今回は命の危険は感じない程度の泡でした笑。

※ある意味、この旅で一番に命の危険を感じた
イビサ島での泡まみれ体験の詳細はコチラ↓





このThe Color Runでは、
ゴール地点でもらうカラーパウダーで

自ら更に色まみれになるのが、恒例。 






私たちも
このカラーパウダーを入手したので、

c0351060_15511722.jpg


せ~の
c0351060_21073473.png
…で、

c0351060_21080505.png



c0351060_21083552.png
  


ちなみにこのカラーパウダーは
コーンスターチが主原料のインド産

c0351060_22564400.jpg

インドといえば
同じく色まみれになるお祭り、ホーリーも有名。


The Color Runは
ホーリーの気分も味わえちゃいます♪






色、泡…


そして最後は

ステージで奏でられる音楽まみれ。


c0351060_15434955.jpg

会場に造られた
特設ステージも音楽を楽しむ人たちで大盛り上がりでした。







早朝からいろんなものにまみれたThe Color Run。


全身泥だらけになって泥遊びした子供のような気分を味わえる

とっても楽しいイベント



全身を染めてくれたカラーパウダーは


時間と共にいろんな色が混じって



気が付けばグレーのような色に変化



全身紫とグレーの色をまとったその姿は

まるでゾンビのよう。




この日パースの街中には


全身ゾンビ色した人たちが至る所で闊歩していたことは言うまでもありません。


[PR]

by ice_oga | 2016-11-06 22:32 | イベント | Comments(0) |