カテゴリ:街散策( 114 )

|

リオデジャネイロのビーチでのんびり♪

「コパカバーナ」って言葉、
なんとなく聞いたことある人も多いと思います。


そう、ここリオデジャネイロにある
ビーチの名前。


リゾート地でもあるリオにはたくさんのビーチがあります。

その中で、私が訪れたのはこの3ヶ所。


コパカバーナ ビーチ
リオを代表するビーチ。
海の中で遊ぶ人、体を小麦色にやく人、ビーチボールで遊ぶ人で賑わってます。

c0351060_14044870.jpg

c0351060_13560486.jpg
※彼女たちはノルウェーから来たとのこと。

・イパネマ ビーチ
コパカバーナに隣接するビーチ。

c0351060_13574058.jpg

・ウルカビーチ
ポン・ジ・アスカールのロープウェイ乗り場近くにあるこじんまりとしたビー
(ここの砂は、他のビーチに比べて粗い気がする)

c0351060_13531362.jpg

夕暮れ時のコパカバーナ ビーチで
カイピリーニャ(ブラジルのカクテル)。

c0351060_13490727.jpg
なんだかとっても贅沢な気分♪

c0351060_13510748.jpg
※ビーチにいると、お兄さんが売りにきます。
c0351060_13522320.jpg
※謎の漢字のタトゥー(シール?)を販売している方々も。
ビーチにはいろんな人がいます。


日本にいる時は
そんなに海に行く人間ではなかったけど、リオにいると毎日行きたくなる。

お散歩したり、ぼーっと海を眺めたり。

c0351060_13174107.jpg


ぜひ、リオにお越しの際は
ビーチでのんびりした時間を過ごしてみてください♪


[PR]

by ice_oga | 2015-02-24 20:47 | 街散策 | Comments(0) |

リオの街を散策-Carioca駅周辺

リオデジャネイロのセントロエリアにある
Carioca駅周辺を散策♪

まずは、駅のすぐそばにある国立美術館
ブラジルの画家さんの絵をはじめ、
世界各国の絵画や彫刻が展示してあります。(入場無料!)
c0351060_10333671.jpg

道を挟んだ隣には国立図書館
※中に入るにはIDチェックの上、入館証が必要
c0351060_10510352.jpg
正面階段もとっても絵になる、素敵な図書館でした。
c0351060_10464331.jpg
図書館といえばもうひとつ。
「幻想図書館」と呼ばれるポルトガル王室図書館
c0351060_11053465.jpg
この空間の雰囲気を そのままみんなに伝えたい!って
思わずにはいられないほど素敵な、クラシカルな図書館。
※本へは触れてはいけないそうです。


国立博物館も近くにあります。
通常は8レアルの入場料がかかるところ、日曜日は無料!
ブラジルの歴史、民族、近代の生活についての展示の数々。
c0351060_10220870.jpg

チラチンデス宮殿
ちょうど閉館日らしい。。。
なので、外観だけ。
c0351060_11085050.jpg
チラチンデス宮殿の近くをブラブラしてると、
郵便局の文化会館(CENTRO CULTURAL CORREIOS)のようなものがあったので、入ってみました。
c0351060_11120765.jpg

展示を行っていた、ラスカルさん。
c0351060_10345281.jpg
色鮮やかな絵の数々。
日本にも絵を出しているそうです。

その他にも、
この建物内では写真、セラミック等の作品の展示が行われていました。


駅に隣接されたビルでも、ギャラリーがあり、展示がいろいろ。


そして、
まるでプリンのような形のカテドラルメトロポリターナ
c0351060_10412658.jpg
四方にステンドグラスがあり、
中は幻想的な雰囲気の聖堂になってます。
c0351060_11192629.jpg
次は、この階段、エスカダリア・セラロン

上からみると、普通の階段ですが、
c0351060_11314805.jpg
下から見上げると、こんなにカラフルなタイル張り。

c0351060_11382886.jpg
オリジナルのタイルもお金(20レアル程)を出せば張れるそう。

階段の麓には、こんな陽気なおじさん達も。
c0351060_11580753.jpg

c0351060_11431909.jpg



また、Rua Senhor dos Passosという通りの周辺は人で賑わっており、
日用品のお店の他、お土産屋さんなどもありました。
c0351060_12050883.jpg
この通りの近くには
シンプルな教会や、
ゴシック調の豪華な教会もあったり(名前はわからずじまい。。。)。
c0351060_12085408.jpg
c0351060_12115821.jpg

こんな感じで、
Carioca駅の周辺は、見所いっぱいでした!

[PR]

by ice_oga | 2015-02-23 18:39 | 街散策 | Comments(0) |

サンパウロでアーティスティックな気分♪ーサンパウロ散策2日目

いろんなアートに触れた、サンパウロ散策2日目。


【サンパウロ散策2日目】
・Tiete駅(リオ行のバスのチケット購入)
・ラテンアメリカ記念公園
・バットマン地区
・オスカーフレイレ通り
・パウリスタ通り(友人の友人とゴハン)

まずはバスターミナルのあるTiete駅に行き、
次の目的地である
リオデジャネイロ行(今夜発)のバスチケットを購入。


その足で、ラテンアメリカ記念公園のある
Palmeiras・Barra Funda駅へ。

乗り換えで利用したLuz駅。
ドーム型の屋根とレンガの壁が、
いい雰囲気を醸しだしています。

c0351060_11225223.jpg

ラテンアメリカ記念公園」は、
首都ブラジリアの設計を行った
オスカーニーマイヤーの作品とのこと。

独特な形の建造物たち。
それらを見ていると、なんだかアーティスティック気分に。
c0351060_10275149.jpg
c0351060_10231723.jpg


ここには、
ラテンアメリカ諸国の展示物がある博物館
2016年にブラジルで開催される
パラリンピックに向けた展示を行っている政府の建物、
図書館などもあり、

のんびり公園内の施設を散策するのもおススメです。



次の目的地は
バットマン地区」という
ストリートアートで有名な場所。


地図で見る限り、
バットマン地区は、どのメトロの駅からも離れている様子。

図書館の方々に
"バットマン地区に一番近いメトロの駅"を、
聞いてみたところ、

わざわざ
目的地への行き方を調べてくれ
(どのメトロの駅からも遠いので、バスを利用すべきとのこと)、

近くのバス停まで一緒に歩いて
案内してくれました。

ホント、ブラジルの方々は親切!





図書館近くのバス停から「177Y」というバスに乗り、
バットマン地区近くの「サンパウロ墓地」前にて下車。

墓地の周りを半周し、
脇道に入っていくと…

発見!!

c0351060_11261638.jpg
道を曲がった瞬間に、
いきなり目の前が明るくなる。

色鮮やかな、
壁一面のグラフィティ(スプレーなどを使い壁に描く落書き)。

c0351060_11291168.jpg

壁だけでなく、地面まで!
c0351060_11320982.jpg

こんなに大きいものも。
c0351060_11272955.jpg


もはや、
落書きというより

屋外美術館!!


行きにくい場所にあり、
そこまで広い範囲でもないので、
アート系に興味のない方には物足りないかもですが、

私の場合は、
来てよかった! と、思える場所でした。



バットマン地区を訪れた後は、

歩いて
オスカーフレイレ通り」へ。

c0351060_11421623.jpg

c0351060_11434832.jpg

ここは
オシャレなカフェや、洋服店が軒を連ねる通り。


日々節約の長期旅行でなければ、
買いたくなるような品々がたくさん!


"買いたくても、なかなか買い物が出来ない(泣)"
私と同じような境遇の方に向け、

買い物せずとも楽しめた2店をご紹介。

1、「havaiana」
ビーチサンダルをメインに、
ビーチグッズを扱っているお店。

c0351060_11354250.jpg

このお店の入口には、郵便ポストがあり、

その隣には、
ビーチサンダル屋さんらしくディスプレイされた
ポストカードたち。

c0351060_11331972.jpg


なんと、
ここでポストカードを投函すると、
お店が費用負担し、郵送してくれる
とのこと。
※郵便物の収集は週1回のみ


せっかくなので、
世界各国から届くポストカードを集めている友人宛に
出してみました!
c0351060_11340792.jpg

無事日本へ届きますように…。


2、「melissa」

日本でも時折、
そのお洒落な商品を見かける、靴屋。

c0351060_11411363.jpg
入口からしてアートな雰囲気!

可愛い店員さんたちに言われるがまま
店の奥まで足を進めると…

c0351060_11370582.jpg


こんなものが!!
c0351060_11375305.jpg

「中に入って、写真を撮ってみて」とのことなので、
入ってみると…
c0351060_11394456.jpg

こんな感じになってました!
ぐるぐる&自分がいっぱい 笑。


サンパウロ散策2日目は
街中でいろんなアートに触れた一日でした。




オスカーフレイル通りの途中にある
長い坂を上って行って辿り着いたのが、

高層ビルが建ち並ぶ「パウリスタ通り」。


c0351060_11454617.jpg
一気に
大都市」という雰囲気の街並みに。 


ここで、
友人の友人である
レオナルドさんに会うことに!


私がブラジルに行くことを知った友人が
レオナルド(通称レオ)さんを紹介してくれて、
現地情報を得る為に、何度かメールのやりとりをしてました。


仕事終わりのレオさんと合流し、
メキシカンレストランへ。
c0351060_11475758.jpg
BRAHMA」という、
ブラジルでメジャーなビールも、
ブリトー(メキシコ料理)に合わせていただきました♪

ビールがあまり得意でない私でも飲みやすい
軽さのある味。


今日は金曜日。

ご飯を食べ終えてお店を出ると、

パウリスタ通り周辺は、
フライデーナイトを楽しむ方々でにぎわっていました。

c0351060_11500521.jpg


c0351060_11490417.jpg


あっという間に時は過ぎ、
もうすぐバスの時間。

預けていた荷物を引き取り、
お世話になったLuisとAdaにお別れの挨拶。
※結局荷物はTiete駅に預けず、滞在先にて夜まで預かってくれました!


c0351060_11522348.jpg
LuisとAda。

初体験のAirbnbで見つけたおうちは、
ホストの2人がとっても優しくて、家も素敵で…

またサンパウロに来れたら、滞在したいって思える場所でした。

現地の方々のお宅に滞在するって、
ホテルに滞在する感じともひと味違って、
イイ感じ♪


そして、
レオさんにTiete駅まで送ってもらい、お別れ。

初対面にも関わらず、すっかりお世話になりました。

c0351060_11512563.jpg

レオさん、
そして彼を紹介してくれた友人に感謝。


これから次の目的地、
リオデジャネイロへ夜行バスで移動します!






[PR]

by ice_oga | 2015-02-20 23:30 | 街散策 | Comments(2) |

ブラジル最大の都市・サンパウロ散策

フレッシュなパン、チーズ、ハム、
そして、手作りケーキ。

無いと思っていた朝食
Luisが用意してくれていました。

とってもいいお天気な外をみながら、
ゆっくり朝ごはん。
c0351060_14474888.jpg
すると、今日の予定を聞かれたので
「Se駅周辺に行ってみようと思う」と伝えたところ、

行き方やおススメの場所を
調べて教えてくれました!


【サンパウロ散策1日目(2/19)】
・サン・ベント聖堂
・アルティーノ・アランデスビル(展望デッキ)
・パドレ・アンシエタ博物館(外観のみ)
・セー大聖堂
・リベルタージ地区散策
・サンパウロ市立劇場(ガイドツアー)


1日目はSan Bento駅~Se駅~Liberdade駅周辺に
行ってみることに。

San Bento駅で降り、
駅のそばにある、「サン・ベント聖堂」へ。
c0351060_14485429.jpg


内部になかなかビビッドなカラーの
ステンドグラスのある聖堂。

ちょうどお祈りの時間で、
10人程の黒い礼服をまとった方々が、祈りをささげていました。


そして、
この聖堂の少し先には金融街があり
※ブラジルのコインの装飾付きの扉があるビルもあり↓
c0351060_14523548.jpg
その中にある白いビル、
アルティーノ・アランテスビル」へ。

c0351060_14535715.jpg

このビルの屋上は展望台になっていて、
ここからサンパウロ市内が一望できました!

c0351060_14531295.jpg


展望台は入場無料。
ただし、IDチェックと顔写真撮影があり、
展望台自体が狭いので、一度に6人程度しか上に行けない為、
ある程度、列に並ぶ覚悟が必要です。
私の時は40分くらい待って、のぼれました。


このビルからSe駅方面に向かう途中、
サンパウロ発祥の地という
パテオ・ド・コレド」へ寄り道。


c0351060_14563960.jpg
中は博物館になっているそうですが、

ここに来る道の途中にあった「サンパウロ市立劇場」の
17:00~の劇場内見学ツアーに申し込んでいた為、
時間もないので外観のみを見学。


そして、陽気なCD売りのおじさんもいる、
セー広場の隣にある「セー大聖堂」へ。


c0351060_14571316.jpg


c0351060_09251666.jpg

内部はサン・ベント聖堂に比べると、
落ち着いた感じのシンプルな装飾。
正面に向かって両側には、巨大な宗教画がありました。


セー広場を通り過ぎ、南に歩いていくと、
だんだんと漢字が目に入り、東洋風の建物が現れます。

Liberdade駅の周辺は東洋人街となっていて、
駅前にはラジオ体操の記念碑があり、
更に進むと、鳥居日本料理屋さんがありました。

c0351060_09265965.jpg

c0351060_09330522.jpg

ここまで来る途中の道のりでも、
日本でもおなじみのダイソー(100円ショップ)や、
ショッピングモール内にはすき家(牛丼屋)を見かけたり。


地球の反対側にまで来て
日本のお店を見かけると、何となく嬉しい♪


そして、慌ただしく
サンパウロ市立劇場」へUターン。
c0351060_09371921.jpg


約1時間の劇場内部ツアーに参加。

英語とポルトガル語のツアーを
毎日催行しているそうです。

100年以上の歴史のある、とっても立派な劇場。

ヨーロッパ風に仕上げ、
材料はほぼヨーロッパから運んできたそうですが、
1つブラジルらしさを持った場所が。

それが、ここ↓(写真中央部)。

c0351060_09350617.jpg

ブラジルと言えば、コーヒー
この、コーヒーの装飾がブラジルを象徴しているとのことです。


コーヒーと言えば、
お昼に立ち寄ったLuisおススメの
Centro Cultural Banco do Brasil」 のカフェにも、

オレンジがひと搾りしてある、
美味しいコーヒーがありました。
※一緒に写っているのは、「コシーニャ」という
ブラジルのコロッケで、中身はチキン。

c0351060_14560872.jpg


こんな感じで、
あっという間にサンパウロ一日目が過ぎていきました。




[PR]

by ice_oga | 2015-02-19 23:01 | 街散策 | Comments(0) |