カテゴリ:アイスクリーム〜オセアニア〜( 63 )

|

エンチラーダの作り方〜オーストラリアで懐かしのメキシコ料理〜(Peanut Butter Pretzel Batter)

ひたすらレジュメ(履歴書)を配り歩いていた
パースでの求職活動中、

レジュメを渡したメキシコ料理屋さんの店員、
メキシコ人のホセと意気投合♪



すっかり仲良くなった
調理師学校に通うシェフ志望のホセに
メキシコの旅を思い出させてくれるような

メキシコ料理エンチラーダ(Enchilada)の作り方を教えてもらって来ました。

c0351060_17362371.jpg

せっかくなので、
教えてもらった ホセ特製エンチラーダの作り方をここで紹介しちゃいます。
c0351060_19020068.jpg

【材料】
・トマト
・玉ねぎ
・ニンニク
・鶏肉
・トルティーヤ(スーパーで売ってます)
・サワークリーム
・チーズ
c0351060_20070699.jpg


【作り方】

①.鶏むね肉を茹でやすい大きさにカットし、
 鍋にカットした鶏むね肉適量、皮を剥いたニンニク1カケ、スライスした玉ねぎ少々、塩適量を入れ、
 鶏むね肉に火が通るまで(鶏むね肉の中の色が白く変わるまで)茹でる

c0351060_17123554.jpg

②.トマト、①の残りのニンニク玉ねぎをミキサーにかけやすい大きさにカットする。


③.茹でた鶏むね肉(①)を鍋から取り出す茹で汁は捨てずにとっておく
c0351060_17145427.jpg

④.トマト、ニンニク、玉ねぎ、鶏の茹で汁ミキサーにかける。
c0351060_21471136.jpg

c0351060_21490589.jpg

⑤.ミキサーの中身が十分に液状になったら、中身をザルや茶こしで濾す
 これで、エンチラーダのソースは完成

c0351060_18161172.jpg


⑥.フライパンに多めに(フライパンの1/3程度の量)を入れ、
 油がぶくぶく泡だつくらいまで温まったら、トルティーヤを油の中に入れて軽く揚げる(数回、表、裏とひっくり返す)。
c0351060_19070860.jpg


⑦.揚げたトルティーヤ(熱いので注意!)をキッチンペーパーに挟み、油をきる
c0351060_19305074.jpg


⑧.鶏むね肉(③)を繊維に沿って裂く
c0351060_18440772.jpg


⑨.トルティーヤの半分に鶏むね肉(⑧)を載せ、トルティーヤを二つ折りにする。
c0351060_19053011.jpg



⑩.トルティーヤの上にソース(⑥)をかける。
c0351060_19093347.jpg


⑪.サワークリームチーズをお好みで上からかけたら…
c0351060_19135644.jpg



エンチラーダ完成♪
c0351060_19194279.jpg

難しい手法はなく、
簡単に美味しくできるエンチラーダ。

ソースと肉とトルティーヤの絡み具合が絶妙な、
とってもおいしい一品です。
c0351060_20024993.jpg

尚、辛いのものが好きな方には、
④の段階でミキサーに唐辛子を追加するのがオススメとのこと。




エンチラーダの後には
デザートという名目で美味しいフレンチトーストまでホセに作ってもらっちゃいました。

c0351060_20120469.jpg


こんな風に
美味しい料理を教えてくれたホセとは、

ロットネスト島行きのフェリーも就航しているヒラリーズにある
c0351060_21574685.jpg
BEN&JERRY´S
一緒にアイスを食べに出かけたりも。

c0351060_18392952.jpg
・Peanut Butter Pretzel Batter(5.5ドル)
c0351060_21530973.jpg



甘いピーナッツバターのアイスクリームに

しょっぱいプレッツェルと食べごたえのあるチョコも入った、クッキーのような味もする甘じょっぱいアイス。


思わずクセになってしまうような、

(ついつい手が止まらず、食べ過ぎてしまいそうな)後ひく美味しさアイスでした。






メキシコ料理といえば、

昨年メキシコでダビットさん一家から教えてもらったコチニータ


そして、

今回ホセから教えてもらったエンチラーダ



どちらも、

日本に帰国してからも作ってみたくなるような

美味しいメキシコ料理




ちなみに、

多国籍な国、オーストラリアの街中には


ファストフードタイプのメキシコ料理屋さんもたくさん。

※Zambrero、Mad Mex 、日本にも進出しているGuzman y Gomez 等




メキシコから遠く離れたここオーストラリアでも、

メキシコ料理の美味しさは健在です。








[PR]

by ice_oga | 2016-07-13 20:40 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

冬のパースで仕事探し(Birthday Cake,Ginger beer & Lime)

ワーホリ中、一番心苦しい時。

それは、仕事探し


これからどんな仕事にチャレンジしよう!
というワクワク感もありますが、


それ以上に、
この先仕事が見つからなかったらどうしようという不安が募り、


物価の高いオーストラリアで、
銀行口座の残高だけがものすごい勢いで減っていく

恐怖の時期。



早くそんな状況から脱出するため、

パースにやって来るなり、
さっそくインターネット上の求人に応募してみたり、

街中を歩いては、気になるお店にレジュメ(履歴書)を持ち込んでみたりと、


仕事探し開始


ところが、
日本と季節が逆のパースは只今真っ只中。


"今、冬だからねー。
見ての通りお客さんいないんだよ。
人は雇えないね"


と、決まり文句のように
レジュメの受取さえも拒まれることもしばしば。


雪が降るような寒さではないものの、
天気があまりよくないパースの街には人が少ない
=店にお客さんが少ない
=求人も少ない





そんな状況に負けじと
ところどころのお店にレジュメを配りつつ街を歩いていると、


旅好きの血
が騒ぎ、
ついついパースの街を観光




クラシカルな旧消防署、
デパートメント・オブ・ファイヤー・アンド・エマージェンシーサービシーズ・エデュケーション・アンド・ヘリテージセンター(DFES)を訪れたり、

c0351060_21391083.jpg

※DFESについては、旅いさらに詳しく書かせていただきました。
近年修復されたばかりだという
聖ジョージ教会を訪れたり、
c0351060_16433379.jpg

c0351060_16400622.jpg



パースの新名所、

エリザベスキーに立ち寄ったり。


c0351060_17075495.jpg

エリザベスキーにある、
ピンクダイヤモンドをイメージした建物、GUSTO GELATOというアイス屋さんにも寄り道。

c0351060_16592040.jpg


・Birthday Cake

・Ginger Beer & Lime 

※2スクープ、8ドル

c0351060_16573345.jpg

Birthday Cakeは、

スポンジケーキとお菓子のデコレーションに使われるカラフルな砂糖(スパークル)が練りこまれた、見た目も可愛らしい雰囲気のクリーミーなアイス。


Ginger beer&Limeは、

ライムピールも入っており、口に入れた瞬間は爽やかなライムの味。

でも後味は、オーストラリアで人気の飲み物でもあるジンジャービアのジンジャー(生姜)なアイス。




そんなアイスを食べながら、


"美味しいアイスクリーム屋さんで働けたら、

この上ない幸せ…"と思い、



ここの店員さんに近々求人の予定があるか尋ねてみるも、


"今は冬だから…"


と、返ってきたのはすっかりお馴染みの回答。




そんな風に不安な時間は長く感じましたが、
程なくして仕事は見つかりました。



しかも2つ。



・昼:日本人向けのフリーペーパーの編集

・夜:日本食レストランのウェイトレス



最初はローカルジョブを探していましたが、

やはりローカルのお店は手応えがなく。。。

日本食レストランに的を絞って探し始めたところ、割とすぐに決まりました。



尚、私が働いた日本食レストランではアルコールの提供を行っていたので、RSAも取得しました。



RSAとはResponsible Service of Alcoholの略で、

オーストラリアでアルコールを扱う仕事に従事する際、必須の資格。


その資格の有効範囲は、基本的にその州内だけなので、

たとえばNSW州にあるシドニーで既にRSAを取得していても、

WA州にあるパースでアルコールを扱う仕事に就く場合には、WA州で有効なRSAを別途取得する必要があります。



RSAは、専門のコースを開講している学校で1日授業を受講して取得する他、


インターネットのオンラインコースでも取得可能。



私はインターネットで

Hospitality Institute of Australiaの18ドルのオンラインコースを受講し、取得しました。





また、街中で配り歩いたレジュメは

オーストラリアの各所にあるOfficeworksという事務用品のお店で印刷していました。

※1枚あたり8セントで印刷でき、図書館などで印刷するより安価。



c0351060_16571865.jpg



無事仕事をゲットして安心したのも束の間。


正直、パースに居たうちの大半が仕事に時間をとられ、

忙しすぎてあまり記憶がない…。



日本に居た頃よりも、働いていた気がします。




仕事をしつつも、

これからちょこちょこパースを楽しんでいきます。






[PR]

by ice_oga | 2016-07-03 19:47 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

偶然の再会は旅には付き物!?パースのシェアルームで新生活開始(アイスケーキ)

ロットネスト島をあとにし、


フェリーを降りたフリーマントルから電車に乗って30分のところにある街、


パースにやってきました。


c0351060_21023363.jpg

久しぶりのビルや信号のある「街」

島と違って
車が行き交い、学生や会社帰りの人々が道を行き交う。



ロットネスト島に滞在中も

月に1度はパースやフリーマントルに買い出しがてらやって来ていたけれど、



この後は

「島に帰る」ということがないのかと思うと、


なんだか今日は

街がいつもと違うように見えるから不思議。




次の仕事のあては何もない状態で島を出たので、


"ひとまず、1週間程度パースで仕事を探してみて

見つからなかったらどこか他の街へ行こう!"という気持ちでパースにやって来た。



この先の予定は全くの未定なので、

パースではバックパッカーズ(ユースホステル)に滞在しようかとも思ったものの、



小さな中華街やアジア系のお店も揃う

パース駅の北側のエリア、North Bridgeにある


アパートのシェアルームの一室にしばらく滞在することにしました。


c0351060_21594815.jpg


通常、部屋を借りる場合は

ミニマムステイノーティスの問題が出てきますが、


今回、部屋のオーナーさんに

"無事パースで仕事が決まったらそのまま住み続け、

決まらなかったら1週間程度だけ住まわせて欲しい"と交渉し、了承をもらえました。

→オーストラリアでの住まい探しについて




島に滞在中に部屋探しをしていた為、

インスペクション(内覧)もできず、どんな部屋なのかドキドキしつつ

駅に迎えに来てくれたオーナーさんに連れられて向かった部屋。



案内された部屋は、

シティの中心部に位置する綺麗なアパート。



シェアメイトは、

同じくワーホリでオーストラリアにやって来た

香港人、台湾人、韓国人、フランス人、日本人。


私を含めて11人で共同生活




ロットネスト島では決して綺麗とは言えない二人部屋に

最初は中国人、次はフランス人のルームメイトと暮らしていたので、



ガラリと住むところの雰囲気が変わった。




先に言ってしまえば

私は結局このままパースで暮らすことになるのですが、



ここで出会ったシェアメイト達はみんなとってもいい人たちで

ちょこちょこメンバーの入れ替わりはあったものの、


とっても居心地のいい場所でした。


c0351060_21422995.jpg

c0351060_23353108.jpeg

みんなそれぞれ仕事で忙しいものの、

時間が合えば
夜な夜な美味しいごはんやお酒と共に楽しくおしゃべり♪


レストランやカフェで働いている人が多かったので、
誰かがもらってくる働くお店の残り物を分けてもらえたり

料理上手な人が多かったので、
美味しい手作りのゴハンを分けてもらったり。

シェアメイトが多いと、
そんな嬉しいメリットもあり。





初めてこの部屋にやって来た日、


これから暮らす部屋(4人部屋 ※二段ベッドが二台)に荷物を置き、



次々に仕事から家に帰って来る
これから一緒に暮らすこととなるシェアメイト達に


Nice to meet you!と挨拶しては、

自己紹介していると、



またひとり家に帰って来た。




私:Nice to meet you.


シェアメイト:Nice to meet you.



…(しばしの沈黙)



私:え!?シゲさん!?




なんと!


昨年スペインで一緒にトマト祭りを楽しんだシゲさん
偶然この家に住んでました笑。



確かに彼もオーストラリアにワーホリに来ているという話は聞いてはいたものの



スペインでトマトを投げあってから間もなく一年経とうとする頃に、

場所も異なるオーストラリアで

まさか同じ家に暮らす日がくるなるなんて…



お互いびっくり。




そんな風に偶然の再会を果たしたシゲさんは


私がこの部屋に暮らし始めて程なくして


旅を再開し、

ブラジルへ飛び立つことに。





シェアメイトみんなで

日本にも上陸しているアイスクリーム屋さん、

BEN&JERRY´Sアイスケーキ(Fluffy Clouds)送別会を開催。


c0351060_21203535.jpg


c0351060_21442303.jpg

アイスケーキには、
希望のメッセージもデコレーションしてもらえます。


c0351060_21233823.jpg
この時のケーキには、
旅に出発するシゲさんに向けて"Safe trip!!(安全な旅を!!)"




ご覧の通り大人数なので、
あっという間にケーキはこんな姿に。

c0351060_21272194.jpg

ケーキの中ももちろんアイスビッシリです。



そんな思いがけない

偶然の再会から始まったパースでの新生活。



ちなみに後日、

ボリビアのウユニで出会ったジュンペイくんとも、


パースにあるスーパーで、


これまた偶然の再会

c0351060_21303379.jpg



こんな風に、

世界の思いがけないところで偶然再会するのも、

"旅人あるある"のひとつ。




[PR]

by ice_oga | 2016-06-28 23:53 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

ロットネスト島のお洒落カフェ(Milk Shake)

ロットネスト島に来てからずっと気になってたお店がひとつ。


南半球にあるオーストラリアの6月は冬。


ロットネスト島は現在オフシーズン真っ只中なので、


お店が開いてるのは木〜日の週末のみという

レアなカフェ。



ついにやって来ました♪


Geordies Cafe.

c0351060_12243424.jpg


Geordies Cafeが位置するのは、

その名の通りGeordie Bayの近く。


c0351060_13033454.jpg


ロットネスト島とオーストラリアの本土を結ぶフィリーが行き来するThomson Bayからはやや距離のあるGeordie Bayですが、


Thomson Bay ⇔ Geordie Bay間は無料のシャトルバスが運行しているので、

アクセスもよし。

c0351060_12344511.jpg

c0351060_12543783.jpg



Geordies Cafeのお店の中に飾られているのは、

c0351060_13000549.jpg

ロットネスト島をモチーフとした
アート作品の数々(購入もできるそう)。

c0351060_12364083.jpg

このカフェは
アートギャラリーも兼ねているそうです。


そうしたアート作品だけでなく、
食べ物にも注目。


美味しそうなクッキーや

c0351060_12585163.jpg
マフィン、

c0351060_13061635.jpg
チーズケーキ
c0351060_12474729.jpg

といったスイーツの他、

フィッシュ&チップスを始めとした
お食事メニューもあります。



そんな中で私が注文したのは、
もちろんアイス系のこちら。

・Milk Shake
c0351060_12380427.jpg

店員さんオススメのChocolate味


アイスの味がしっかり残った
美味しいミルクシェイクでした。




島では貴重なカフェで過ごすひと時。

お洒落な店内で
ミルクシェイクを片手にのんびり。


ちなみにこのカフェは、
ロットネスト島ではまだまだ貴重なwifiも使えるありがたい場所でもありました。


Geordie Bay側も
カフェもあり、スーパーもあり、

のんびり過ごしたくなる島の素敵なエリアです。





[PR]

by ice_oga | 2016-06-15 19:38 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

ついに出会えた日本人美容師さん。オーストラリアでヘアカット

ある日もらえた2連休。


久しぶりにロットネスト島を飛び出し、

本土の街、パースへお出かけ。



島ではなかなか入手しにくいものたちを買いに、

やって来たショッピングモール。



まずは、

アイスクリームに舌鼓♪

(島のアイスはなかなかよいお値段がするので、毎日は買えず…泣)

c0351060_12000854.jpg


Morlery Bus Stationの正面にある

Galleriaというショッピングモール内の

c0351060_22064494.jpg


Wendy'sというお店で、

上の写真のアイス(3スクープ:6ドル)を購入。


c0351060_11582904.jpg


・Lemon `n' Lime Sorbet

・Honeycomb Smash

・Mint Madness


Lemon…は、シャーベットの中にほんのりジェリー状のものが入っていて、面白い食感!


Honeycomb…は、クッキー風味のベースでクリーミーでふわふわな食感。


Mint…は、

しっかりとしたミント味(まさにミントガム!)のアイスにチョコブラウニーとチョコチップがゴロゴロ。



“これぞ海外のアイス”という味で、


甘いものが食べたい!!という気分の時にも

十分満足させてくれるボリューミーなアイスたちでした。






ちなみに、


ここMorleryのショッピングモールをはじめ

オーストラリアの大きめのショッピングモールには、


・woolworth(スーパーマーケット)

・coles(スーパーマーケット)

・Target(ホームセンター)

・Kmart(ホームセンター)


という、

オーストラリア国内にチェーン展開している

おなじみの4店舗が入っている場合が大半。


オーストラリア滞在中、

大概のものはこの4店舗で揃えてました。



日本のショッピングモールでは

この種の同業チェーンは一店舗だけ入っているイメージがあるので、


ライバル同士が同じショッピングモール内に複数店舗入っていることに軽くカルチャーショック





ショッピング以外にも、

今回のパース滞在にはとある目的が。



それは

ヘアカット



これまで、

チリ、エクアドル、メキシコ、コソボ、

そしてオーストラリアのメルボルンでと、

世界各地の現地のヘアサロンに飛び込んでヘアカットを体験してきましたが…



ついにここオーストラリアのパースで

ずっと出会いたかった


日本人の美容師さんに出会えました!





前回パースを訪れた時に滞在していた宿で出会った

美容師のエミリちゃん。



ワーホリでオーストラリアにやって来たという彼女は、

現在はパースに滞在中。



彼女のご自宅(シェアハウス)にお邪魔して

ヘアカットしてもらいました。


c0351060_21585334.jpg


c0351060_22014814.jpg


インテリアもとっても素敵なお宅。



彼女の手作りゴハンまでごちそうになった後、


カット開始。

c0351060_21474348.jpg


彼女の手によって、


リビングルームが

いきなりヘアサロンに大変身!


c0351060_21510468.jpg

やはり、

日本人の美容師さんの安心感は絶大。


おしゃべりを楽しみながら、

チョキチョキっとプロの技で仕上げていただきました。


c0351060_21550933.jpg


彼女にお願いした場合、

ヘアカット代は20ドル(女性の場合。男性は15ドル)で承っているとのこと。



あいにくエミリちゃんは既に日本に帰国済みですが、


世界各地にはワーホリや旅をしている

日本人美容師さんがいらっしゃいます。


(個人的な統計では、

旅やワーホリをしているのは、看護師、教師、美容師といった

帰国後にも再就職に強い方が多い!




髪を切りたい!


でも、

言葉の通じないヘアサロンで

とんでもない髪型にされてしまうかも…


という不安が拭い去れない方、



旅の途中に出会った日本人美容師さん

ヘアカットをお願いしてみるのも


一つの方法です♪



※旅の最中のヘアカットについては、

地球の歩き方ストア"アラサー女の南米バックパッカー旅"にも書かせていただきました



美味しいアイスを食べたり、

髪を切ってさっぱりしたりして


暫しの本土での休日を満喫し、



再びロットネスト島へと戻っていきました。





[PR]

by ice_oga | 2016-06-10 22:03 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

ロットネスト島で映画を観に行ってみよう♪(Choc Bombs)

ここロットネスト島にも

映画館があります。


c0351060_22412481.jpg


Thomson Bayからもほど近い

Rottnest Island Picture Hall。



ここで

不定期に映画が上映されています。


c0351060_22381535.jpg





いつ、どの映画が上映されるか、

上映スケジュールはロットネスト島のビジターセンターで入手可能。



今夜、

映画の上映があるそうなので、


久しぶりに大きなスクリーンで映画鑑賞をしに

Picture Hallへお出かけ。

※映画自体は、旅の途中も飛行機やバスなど移動中に見ることがしばしば。


c0351060_22150386.jpg



映画のお供といえば

ここの売店でも売られているポップコーン


c0351060_22363178.jpg


‥ですが、


売店でアイスを発見!


c0351060_22301487.jpg


売店のお姉さん曰く、
"Best ice in the world!"とのことなので、

ポップコーンはさておき、
アイスを購入♪


CHOC BOMBS

スマホサイズの可愛らしいサイズのアイス。


c0351060_22271931.jpg


ブラジルのフォス・ド・イグアスを思い出させる、

ビニール袋に入ったアイス。


c0351060_22331689.jpg


周りをコーティングしているチョコはパリパリ。


やや粉ミルクのような、ミルク感たっぷり。

コーンは柔らかめのアイスでした。



そんなアイスを頬張っていると、

館内の明かりが消え、いよいよ上映開始。



この映画館のイスは

大半がビーチにありそうなリゾートチックなイス


c0351060_22225907.jpg


こんなところにも島らしさが垣間見える映画館で


私がこの日観たのは、

"ズートピア"というとっても可愛らしい映画。

(オーストラリアは英語圏なので、

もちろん全編英語、字幕なし。。。



たまの夜に


映画鑑賞というロットネスト島の娯楽を

楽しんでみるのも、


なかなか良いものでした。









[PR]

by ice_oga | 2016-06-04 20:48 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

大人の本気を見た、ロットネスト島殺人事件~仕事の傍らにゲーム開催♪

5月のとある週末。


ここロットネスト島に台風がやって来た。


その為、

本土と島を結ぶフェリーは休航し、島は完全に孤立



誰も島から出ることも入ることも出来ない




"島に閉じ込められるなんて、

金田一少年とかコナン(人気の推理漫画)の世界だったら、


いつの間にやら外部への連絡手段を切断されて、

次々に殺人事件が起きるはずだよね"



…なんて、

この時は冗談まじりで仕事仲間たちと話してました。



まさかその2日後に

本当にこんなことが起きるなんて夢にも思わずに。。。





"Murder in Rottnest~ロットネスト島殺人事件"


そう呼ばれたこの出来事。



その後一週間に渡り、


ホテルの従業員達は皆、

正体を隠して紛れ込んでいるすぐそばに潜む殺人鬼


いつ殺されるかわからないという恐怖に怯えながら過ごすことになりました。






…といっても、

もちろん本当に殺人事件が起きたわけではありません。


働いているホテル全体で
突如 "Murder in Rottnest(ロットネスト島殺人事件)"という

ゲーム大会が開催されたのです。




【ゲームの概要】

・ゲームの期間は1週間


・仕事真っ最中の時以外は常にゲームは進行中

(仕事の合間の敷地内の移動や食事中、ちょっとした仕事の休憩時間もゲームの真っただ中)


・ゲーム開始前までに一人一人に封筒が配られます。

封筒の中身はこのゲームのルールが記された紙+2枚の紙切れ


紙切れの1枚目にはあなたが殺すべきターゲット、2枚目には使用する凶器が記されています。

c0351060_20494615.jpg


・指定された凶器を手に入れたら(私の凶器は"ビール瓶の蓋"でした)、

ホテルのどこかで働いているターゲットを探します。


尚、参加者(従業員全員)ひとりひとりに

それぞれ某有名キャラクターが振り分けられています。

c0351060_20455691.jpg



・ターゲットを見つけたら、指定の凶器ターゲット触れ、
"○○(ターゲットに割り振られたキャラクター)、○○(ターゲットの名前)、dead!!"叫ぶと

ターゲットは殺されたことになります


殺されてしまったらゲームオーバー


殺されてしまった場合は、

自分を殺した相手(B)に自分(A)が殺すはずだったターゲット(C)を託します。


すると、

続いては自分を殺した人(B)にとって、もともとは自分(A)のターゲットだった相手(C)がターゲットになります。

※その場合、自分(A)はゲームオーバー。



・こうして徐々に生存者が減っていき、

 最終的に生き残った人がこのゲームの勝者(勝者には賞品あり!)。




その為、このゲームの期間中は


"もう誰か殺した!?" "まだ殺されてない!?" など、


何も知らない人が通りすがりに聞いたら

耳を疑うような会話が島の中では繰り広げていました。



仕事しながらゲーム大会を開催しちゃうなんて、

なんともオーストラリアらしい




さて、

ルールも説明された翌日の5/24の18:00、


ゲーム開始



この日は何事もなく、無事生存。



2日目

徐々に被害者が出始めたものの(ゲームオーバーになるとキャラクターに×)

c0351060_20523531.jpg

まだ生存。



3日目、

その時は突然やって来た。


仕事を終えて家路に着く途中、

あと数メートルで家のに辿り着こうとしていたところ、


巨体の男の人

ものすごい形相私の名前を叫びながら走って近づいてきた!!



人間、そうした危機感には敏感らしく、


私はとっさに走り出し、

門の扉を開けて中に入り


門の扉を閉め…



ようとしたものの、


彼の腕は思ったより長く、


"You are dead!!"と名前などを叫ばれながら触れられてしまいました。



5/26 12:40死亡。



私たちのこの一連の逃走劇を見ていた

家の中に居た人たちは大爆笑。




私を殺したのは、

ホテルのレストランのシェフ、キャメロン。


本当に殺されるんじゃないかと思うくらいの勢いで私のもとにやって来た

キャメロンの腕には包帯




聞いてみたところ、

このゲームで自分を殺そうとする相手から逃げようとフェンスを乗り越え、


腕を負傷したとのこと。



いい大人なのに、

みんな本気出しすぎ!!




そう。

たかがゲームと思いつつも、


思ったより

自分自身も殺されたショックが大きい。



こういうときは気分を上げるためにも

美味しいアイスが必要!!



…が、

オフシーズンの為、

毎日は開いていない島のアイス屋さん。



すると、

近くのカフェ、DOMEでアイスドリンクを発見!


ESPRESKI Chai Chiller

c0351060_20535419.jpg

チャイのスパイスが効いてる!

c0351060_20543411.jpg


とってもクリーミーな

冷たく美味しいドリンクで


落ち込んでいた気分もようやく回復♪




尚、このロットネスト島殺人事件は

従業員同士の名前を覚える為

半年に1度このホテルで実施している恒例行事らしい。


確かに、名前を知らないとターゲットがわからないし、

子供たちの夏休みのキャンプや会社の新人研修の一環などで実施しても面白そうなゲームです。



ただ、

もうちょっと違う呼び名の方が良いような。。。



[PR]

by ice_oga | 2016-05-26 15:05 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

自転車で島一周!〜ロットネスト島サイクリングのススメ①(Boysen berry Sorbeet,Coffee Crunch)

小さな島、ロットネスト島。



先日、徒歩で楽しめるロットネスト島の見どころを紹介しましたが、



一般の自動車の乗り入れが禁止されているロットネスト島内を巡るには

例えば他にこんな方法があります。



・巡回バス(島を時計回りに一周するIsland Explorer Bus)

・バスツアー(バスで島内を巡るDiscovery Bus Tourに参加)

・シャトルバス(Thomson Bay近くのバス乗り場⇔Geordie Bay間 ※無料)

・列車(Settlement⇔Oliver Hill間の約5.5kmを走るCaptain Hussey)

・セグウェイSegway Toursのツアーに参加。Kingstown発)




それらを差し置いて、

個人的に一番オススメの方法が、自転車でサイクリング



c0351060_22505621.jpg




自分の好きな場所に

好きなタイミングで立ち寄ることができ、



クオッカや鳥、

植物たちとの道端での出会いも楽しめる自転車は、


ロットネスト島を満喫するのに

最適な手段!




道も整備されていて、

バス(クラクションは鳥の鳴き声!)以外の車は基本的には走っていないので

安全です。




自転車はレンタルが便利。



レンタサイクル付きのフェリーチケット

本土からレンタサイクル付のツアーも催行されています。



もちろん、

島の中にあるレンタルショップで

借りることも可能。



"Bike Hire"の道標の先にある



c0351060_22210418.jpg



こちらのPedal&Flipperというお店。

(レンタサイクル:30ドル/日 ※レンタル時、別途デポジット要)。



c0351060_22450066.jpg


c0351060_09133469.jpg



店員さんたちも

皆親切なこちらのお店では


自転車以外にも


島をアクティブに楽しむ為の

様々な用具が揃っています。


c0351060_22082339.jpg






島のオススメサイクリングコース

ロットネスト島のEssential Guideにも掲載されており、



一周(22km)、半周(10km)、北東部の見どころ巡り(4km)など


滞在時間体力に合わせて

好きなエリアをサイクリングを楽しみましょう。







5月も半ばになり、

ロットネスト島に来てはや一ヶ月半。


ちょこちょこ近場は散策しているものの、



未だに島を一周出来ていない現状。




そんな時にもらえた2連休。


これは自転車で島一周するしかない!






その前に、

島のアイスクリーム屋さんSiMMO´Sのアイスでエネルギーを摂取。



・Boysen berry Sorbet

・Coffee Crunch

c0351060_08323753.jpg

Boysen berry(ヨーロッパキイチゴ、ブラックベリー、ローガンベリーの交配種のベリー)は、

とっても濃厚でベリー感たっぷりのシャーベットアイス。粒々なベリーの食感も楽しい。


Coffee Crunchはミルクコーヒーのアイスにチョコクリームやナッツも入った

コーヒー好きにもチョコ好きにも好まれそうなアイスでした。





アイスも食べ終えたところで、


冒頭の写真の自転車(家にあった壊れかけの共有自転車)にまたがって、

※レンタサイクルでは、もっときちんとした自転車を貸してくれます



こんな品々を持って、


・水(必須です!)

・食料(お店はThomson BayとGeordie Bay にしかありません!)

・水着&シュノーケルセット(島にはたくさんのビーチがあります!)






あいにくこの日は曇りでしたが、
c0351060_22393455.jpg



島一周を目指し、

サイクリングに出発!





[PR]

by ice_oga | 2016-05-18 12:06 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

可愛い過ぎるロットネスト島のアイドル!世界一幸せそうな生き物、クオッカ (OLAF)

"世界一幸せそうな生き物"



そんなキャッチフレーズをつけられた動物が、

ここオーストラリアロットネスト島にいます。




愛嬌満点の丸っこい姿。

c0351060_00290307.jpg



とにかく

いつも何かを食べてる。

c0351060_09095491.jpg


背伸びする姿もキュート♡

c0351060_00280016.jpg



丸まって眠ります。

c0351060_10174156.jpg




カンガルーみたいに

お母さんのお腹のポケットに赤ちゃんがいます。

(お腹のポケットからひょっこり出ている赤ちゃんの顔、見えますか!?)

c0351060_09233068.jpg



お腹のポケットの外に出ても

親子は仲良し。

c0351060_09195701.jpg


あの黄色いポケモン

モデルだという噂(真偽の程は不明…)。

c0351060_09134537.jpg





既にこのブログでも何度か登場している


クアッカワラビーこと、クオッカ



カンガルーやワラビーの仲間の有袋類で、

体長40㎝前後でちょうど猫くらいの大きさの生き物。



彼らこそが、世界一幸せそうな生き物と呼ばれる、

ロットネスト島のアイドル






上の写真だけでも

納得いただけるかと思いますが、



とにかく

毎日みても飽きない可愛さ!!




クオッカに会う目的で

ここロットネスト島にやって来る観光客も多いです。






ロットネスト島にやって来たら、

クオッカと一緒にセルフィーを撮るのが定番

c0351060_00304909.jpg





バッチリ

カメラ目線で笑顔。



常に笑っているように見えるクオッカの表情

"世界一幸せそう"と言われるようになった理由だとか。





実はここ

ロットネスト島の由来もクオッカ。



1600年頃、

ここロットネスト島を視察しにやって来たオランダ人が

クオッカを巨大なネズミだと勘違いし、


ネズミがたくさんいる島ネズミの巣Rotte Nest)のと呼んだことが、


ロットネスト島という名の起源だと言われています。




確かに、

ネズミに見えなくもないかも!?

c0351060_00301949.jpg





現在ロットネスト島に生息している

クオッカの数は約一万匹。

c0351060_08522330.jpg

島では至る所で出会えるクオッカですが、


ロットネスト島以外では

西オーストラリア州の南部にしか生息していない絶滅が危惧されている動物




フレンドリーに近づいてくる彼らですが、


その命を守る為、

クオッカに餌をあげたり、触れることは禁止されています。

→詳細はロットネスト島ホームページ "Protect Our Local Wildlife"を参照ください







可愛いクオッカにちなんで、

島のスーパーで見つけた可愛いアイスを紹介。


・OLAF THE SNOWMAN

c0351060_10454633.jpg

ディズニー映画、"アナと雪の女王(英名はFROZEN)"に出てくる

雪だるまのキャラクター、オラフがモチーフのアイス。



あの可愛…!?

c0351060_10052235.jpg


言われてみれば、オラフ!?な

雪だるまの顔型のアイス。


優しいミルク味のアイスのベースに、

目と口はチョコ味、鼻はバニラ味でした。





ちなみに

この島のアイドルクオッカも、


あいにくスーパーには入れてもらえません。

c0351060_21494722.jpg

※島のスーパーの入口には、クオッカ侵入禁止のマークが貼られています





動きも表情も

とにかく全てが可愛くて、


見ているこちらまで幸せな気持ちにしてくれるクオッカ。

c0351060_10251023.jpg



オーストラリアにやって来たら、

ぜひ会って欲しい生き物です。




c0351060_08283891.jpg

※島には、クオッカになれるこんなパネルも設置されてます。




[PR]

by ice_oga | 2016-05-03 20:37 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

BBQも楽しめる、ロットネスト島生活2ヶ月目の変化(Choc Trio、Apple Pie)

リゾート地であるロットネスト島の

シーズンオフシーズンは実に極端。




スクールホリデー(オーストラリアの2週間の秋休み)の相まって
昨日までたくさんに人で賑わっていた島が

急に閑散とした雰囲気に。



日本と季節が逆のオーストラリアでは、
4月末ともなればすっかり夏も終わりに近づき、秋の気配が漂う頃。


海に入るには肌寒い時期になってきました。

c0351060_21264538.jpg


そんな中、
パースにワーホリ中の旅友達(日本からの知り合い)であるべコちゃんが

お友達と一緒に
ロットネスト島に遊びに来てくれ、

みんなでバーベキュー
c0351060_07591854.jpg
c0351060_08005611.jpg

ステレオタイプですが、
オーストラリア人はバーベキューが大好き


ロットネスト島にも、
誰でも気軽に使用できる公共のバーベキュースポットがあります。

c0351060_22253905.jpg
炭も火も不要。

ボタンをポチッと押すだけでバーベキュー台の鉄板が熱くなる手軽さも魅力!

※島にもスーパーマーケットはありますが、
値段は高めなので、本土(フリーマントル駅前のColesというスーパーがおススメ)で
具材を調達して来た方がよいです。



バーベキューの他にも、
先日も紹介したSiMMO´Sでアイスを一緒に食べたり。

・Choc Trio

・Apple Pie


c0351060_20594914.jpg

Choc Trioは、
濃厚なチョコに更にチョコチップ入りのチョコ好きには堪らないアイス。


Apple Pieは、

シナモンの風味が効き、煮詰めたりんごも入った

アップルパイ好きなら好きにならずにはいられないアイスでした。




嬉しい彼女たちの訪問があった前後には


季節や島の雰囲気だけでなく、仕事環境にも変化がありました。




まずは、
一緒に働いていたハウスキーパーの
中国人+フランス人メンバーが1人残して全員退職することに。



…と、もともと退職が決まっていたのですが、

そのうち一人がとある問題を起こして

退職予定の3日前に突然クビに!




ワーキングホリデービザで仕事に就く場合、
大概がいわゆるカジュアルジョブという括り。

日本でいうところのアルバイトのような形態で、


割と気軽に雇ってもらえますが、
突如解雇されることも珍しくありません。
(今回の場合は、問題を起こした本人の自業自得としか言いようがありませんが…)



そんなざわついた一件もありつつ、
9人居た仕事仲間は、一気に3人に減少


いくらオフシーズンとはいえ、
この人数で仕事がまわるのか不安…。





でも、その不安は長くは続かず。

そのわずか2日後には、
新たに日本人+台湾人のカップルハウスキーパーに加入



更には、
ちょうど新たな仕事を探していたという

メルボルンのイチゴファームで一緒だったサトミちゃん&マリちゃんの二人にも
この仕事を紹介できることになり、

メルボルンからロットネスト島にやって来てくれることに。




結果として、
8割フランス人だったハウスキーパーのメンバーが、

一気にアジア人多勢のチームに変化
(オーストラリア1人+フランス1人+台湾1人+日本4人)。






季節と共に
一気にガラリと変わった職場の雰囲気

島生活2ヶ月目に突入します!



[PR]

by ice_oga | 2016-04-30 23:02 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |