カテゴリ:アイスクリーム〜オセアニア〜( 58 )

|

クセになる!夏のシドニーで味わうビール(Montana Mountain Mint with Cookies)

オーストラリア、
特に夏のシドニーに来てから好きになったもの。


それは、ビール

c0351060_19082944.jpg


シドニーの街中にはたくさんのバーがあり

平日も週末も
昼間も夜も

美味しそうにビールを味わう人たちがいっぱい。


そんなシドニーのビール党の人たちの楽しそうな雰囲気に飲まれてしまったかのように、


この歳にしてビールの美味しさ、
とりわけタップから直接グラスに注がれる
タップビア(Tap Beer)の美味しさに目覚めてしまった今日この頃。

BAVARIAN BIER CAFE(一枚目の写真のビールが飲めるお店。ドイツビールも豊富)や、
c0351060_19261024.jpg

c0351060_19152792.jpg

ビールと相性抜群の
美味しいピザをも味わえるRED OAKをはじめ、

c0351060_18410860.jpg

c0351060_18292255.jpg


フラリとバーに入っては、
ビールを1杯






今夜は
早めに仕事が終わったので、

ずっと行ってみたかった
The Lord Nelson Breweryへ行ってみることに。

c0351060_16111604.jpg

ここは1840年代に創業した
現存するシドニー最古のホテルのバー

c0351060_16082104.jpg



到着した際、
時刻は既に22:30で扉も閉まってる。


ひょっとして、もう閉店!?

c0351060_16152255.jpg
と、
恐る恐るドアを開けてみると…



まだやってました。

c0351060_00035955.jpg


メニューには
カクテルやワインも色々あるものの、

すぐ後ろにBrewery(ビール醸造所)があるとの話を聞いてしまった以上、

ここはビールを飲みたいところ。


ビールもいろいろ種類があり
どれにしようか迷いどころ。


店員さんのオススメを聞き、
Three SheetsというAustralian Pale Ale(Small size: 5.2ドル)を注文。

c0351060_21440243.jpg


とってもフルーティで飲みやすい♪


夏の夜に味わうには
最高の1杯!!




その美味しさを噛み締めながらも
ひとりで静かに飲んでいると、


"どのビールを飲んでるの!?"

と、
隣のテーブルの方が私に話しかけてきた。



とっても楽しそうに盛り上がっていたので
てっきりお友達の集まりかと思いきや、


ニュージーランドから来た親子
ドイツから旅行できたカップル
シドニーから100キロ程離れたところにあるセントラルコーストからやって来たご夫婦…と、

今日ここで
出会ったばかりのグループだという。



同じく今日出会ったばかりの私も

気づけば隣の席に移動して、そこに参加♪

c0351060_21425636.jpg


閉店時間の23時を過ぎるまで、
陽気なこのテーブルの仲間たちとビール片手におしゃべり。



こうした
楽しい出会いがあるのもシドニーのバーのいいところ。





シドニーで過ごす夏、

こうして美味しいビールを味わいつつも

忘れずに
美味しいアイスも食べてます。 



スーパーでも買えるアイス、CONNOISSEUR

c0351060_15551925.jpg

以前はCONNOISSEURの
カップタイプのものを紹介しましたが、

一つ一つ高級感あるパッケージで個装された
スティックタイプのものもあります。

c0351060_15493936.jpg

・Montana Mountain Mint with Cookies味。

c0351060_15571297.jpg

濃厚なミント味のアイスを
これまた濃厚でパリパリのチョコでコーティング。

c0351060_16004406.jpg

アイスの中にはオレオのようなクッキーも
混ぜ込まれた

しっかりとした味わいのアイスでした。



 

シドニー最古のバー、
The Lord Nelson Breweryがあるのは

The Rocksと呼ばれる
オーストラリア(白人社会としての)発祥の地とされる場所。


石造りの建物も多く、
オシャレなバーやレストランもところどころにあり、
c0351060_15355229.jpg

c0351060_16242649.jpg


週末にはマーケットも開かれる
お洒落エリア

c0351060_20184404.jpg

The Rocks散策の合間に
美味しい一杯で喉を潤すのも良いかもしれません。



[PR]

by ice_oga | 2017-01-12 23:40 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

念願の注射器アイスを食べにNewtownへ(Macha Tiramisu)

ついに念願の
注射アイスを食べてきました♪

c0351060_07573920.jpg

ずっと気になっていた
注射器の刺さったインパクトあるアイスクリーム





このアイスクリームを食べに行ってきたのは、
シドニーのCentral駅から電車で3駅、歩いても40分程のところにあるNewtown

c0351060_16575384.jpg


エスニック雑貨のお店やカフェが並び、
c0351060_17244790.jpg

c0351060_17383691.jpg

東欧を旅していた頃を思い出させてくれる
正教会系の教会があったり、
c0351060_17214735.jpg

c0351060_17054023.jpg
c0351060_17025873.jpg

シドニーのシティとは
一味違った雰囲気のエリア。






そんなNewtownある
N2 Extreme Gelatoというお店でこの注射器アイスが食べれます。
※後日、シティ内(Chaina townの近く)にもお店があることが発覚。。。





c0351060_16443939.jpg


N₂と店名にも付けられているように

こちらのお店では液体窒素(窒素の化学記号:N₂)を使用し、
瞬時に冷却してアイスを作ってくれます。

c0351060_08041523.jpg





シューっと音を立てながら白いスモークがもくもくと立ちこめる店内では、

アイスが出来上がるまでの時間もワクワク。




そんな気持ちを盛り上げてくれる
ちょっぴり実験室や倉庫を彷彿させる店内のインテリアには

c0351060_19294273.jpg
イスが脚立という遊び心も。
c0351060_16513522.jpg

いろんな味やトッピングのチョイスもある
メニューの中から選んだのは
c0351060_15315473.jpg

・Macha Tiramisu (9ドル)
※本来はここにホイップクリームが入りますが、個人的に苦手なので抜いてもらっています

c0351060_17330946.jpg


濃厚で滑らかな抹茶アイス。
そこに抹茶パウダーがかかっているので抹茶の風味を存分に楽しめます。



しばしアイスを味わったら、
いよいよ注射器の中に入ったソースをアイスに注入!!

c0351060_17135705.jpg


アイスに注射を打つという、

なんとも面白い感覚




これによりソースのとろりという食感も加わって、
更に美味しくアイスをいただけちゃいます。





面白いアイスを味わえるNewtown。

アイス片手に面白いお店探しも楽しいエリアです。

[PR]

by ice_oga | 2017-01-07 13:08 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

2017年もアイスクリーム旅(キャラメル&マカダミアナッツ)

2017年1月1日、
オーストラリアのシドニー。


昨夜の大迫力の花火の後に迎えた朝は…

正月らしさゼロ





あまりにも呆気ないので、

正月感を感じる
お節料理やお雑煮が恋しくなる今日この頃。



とはいえ、
オーストラリアも元日は一応祝日



私は夕方からは仕事なものの、
ルームメイト達は今日はお休みらしいので、


一緒にCrown Streetにある
ケーキの量り売りを行っているカフェにお出掛け。
※元旦から開いてるお店もそれなりにありました(祝日の為サービス料が加算されてチャージされる場合あり)


色々気になる味のケーキを
ちょっとずつ選んで、ケーキの食べ初め。

c0351060_06395670.jpg

このカフェもある
Crown Street沿いにはお洒落なカフェやレストランも多く、

c0351060_06420647.jpg


先日紹介したアイス屋さんもRIVARENO
この通り沿いにあります。



また、
Crwon Streetと交わるOxford Streetには
c0351060_08380246.jpg
こんなカラフルな建物が建っていたり、
c0351060_07571969.jpg

ブラブラ歩いて散策するのも楽しいエリア。




カフェで美味しいケーキを食べるのも良いですが、

2017年も引き続き
美味しいアイスクリームを食べつつする予定



さっそく
オーストラリアのスーパーで見つけた美味しい
家庭用のアイスクリームを紹介します。



オーストラリアのスーパーには
たくさんのアイスが売られていますが、


個人的に最近のお気に入りは
キャラメル&マカダミアナッツのアイスクリーム
(スプーンがなかなか止まらない美味しさ♪)。



3社のキャラメル&マカダミアナッツアイスクリーム(各社微妙に味の名前は違う)を食べ比べてみました。



・【CONNOISSEUR】Caramel Honey Macadamia
以前も紹介したCONNOISSEUR。これまた濃厚なキャラメル味のアイスとそこに混ぜ込まれたマカダミアナッツの食感がたまらない一品。
c0351060_13481790.jpg




オーストラリアの二大スーパーといえば、colesとwoolworth。両社ともPB商品も多く展開しており、もちろんアイスクリームも各社オリジナルの商品があります!
※CONNOISSEURはどちらのスーパーでも購入可能



・【coles】Caramel & Macadamia

シロップのような甘さのキャラメルソースの入ったアイス。

マカダミアナッツがまるまる入っていて、食感のの楽しさも抜群。


c0351060_13484836.jpg

c0351060_08443830.jpg

c0351060_08461020.jpg



・【Woolworth】Honey Caramel Macadamia

マカダミアナッツは細かめサイズながらキャラメリゼされて混ぜ込まれていて、

この3つのアイスの中では一番キャラメル感が強め。


c0351060_08353836.jpg


c0351060_08365877.jpg





美味しいキャラメル&マカダミアナッツのこれらのアイスは

どれも1リットルサイズ。


スーパーで売られている家庭用のアイスのサイズが

日本より大きい傾向にあるのは


アイス好きとしては嬉しいところ。




2017年はどんなアイスに出会える年になるのか

楽しみです。




[PR]

by ice_oga | 2017-01-01 23:53 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

波乗り○○○を求めて。真夏のオーストラリアからMerry Christmas!

Merry Christmas!!



オーストラリアで迎えた
人生初の夏のクリスマス🎄


ここ、南半球にあるオーストラリア
日本とは季節が逆





真夏にクリスマスを過ごすならば
私にはどうしても会いたい人がいる。


その人とは
波乗りサンタクロース



そう。

サーフボードを華麗に操り
波に乗を乗りこなす

真っ赤な服に身を包み
白いお髭はやしたサンタクロース
(イメージは、クリスマスの日の夕方のテレビのニュースの世界のクリスマスを伝えるコーナーに流れてくる映像)に会いたい!




とのことで、

やって来たのは
シドニーで一番有名なビーチと言える
Bondi Beach

c0351060_18060772.jpg


ビーチにはたくさんの人!人!人!



 
噂によると、
クリスマスはビーチに出掛けたり、バーベキューを楽しむのが
オージー(オーストラリア人)流のクリスマスの過ごし方だとか。


日本のお正月休みの代わりに
クリスマスホリデーのあるオーストラリアでは、

クリスマス当日ともなれば
街中のあらゆるお店はお休み


でも、人の集まるBondi beachのまわりは
営業しているお店も結構ありました。




早速ビーチへと歩いていくと
水着にサンタ帽を被った人たちの姿もいっぱい。

c0351060_23455591.jpg

ライフセーバーの方も
今日はサンタ帽。

c0351060_21261235.jpg

これは波乗りサンタに会える期待が高まる。


このBondi Beachには
子どもたちも安心して遊べるような

浅瀬の水遊び場があったり、
c0351060_17330526.jpg

海が似合うグラフィティが
描かれていたり。

c0351060_18132960.jpg

中には
こんなアイスクリームがモチーフの作品も。

c0351060_17442297.jpg


こんなものを見てしまったら、
ホンモノを食べずにはいられない。



周りを歩いてみると、
すっかりお馴染みとなったGelattisimoを発見!

c0351060_13185109.jpg

早速ダブルを注文(7.5ドル)。

Raspberry
Budgie Smuggler

c0351060_17494200.jpg


Raspberryは果実のつぶつぶ感たっぷり、
Budgie Smugglerはマンゴー、ココナツ、ホワイトチョコレート
のミルキーなアイスでした。


アイスで一息ついたところで
波乗りサンタクロース探しを再開。


サンタ帽を被っている人はたくさんいるものの、
なかなかそれ以上に出会えない。


サーフィンをしている人たちに至っては
サンタ帽すら被っていない。


想像以上に難航した
波乗りサンタクロース探し。



諦めかけたその時、


目の前に現れたのは

赤い服を身に纏い、白い髭をはやしたサンタクロース

c0351060_23444009.jpg


波には乗っていないものの、

真夏の太陽の下、
青い海をバックにビーチに佇むその出で立ちは

真夏のクリスマスを実感させてくれました。



サンタクロースに会えたことで満足したので、

バスに乗り、
Clovelly Beachへと移動。
c0351060_19060580.jpg


Bondai Beachに比べると
小さなビーチなものの、

ここにもたくさんの人たち。

c0351060_19074291.jpg

迫力ある波が
ザッバーンっと打ち寄せる岩場があったり、
c0351060_19103548.jpg

ちょっと潜ると魚たちがいるので、
シュノーケリングも楽しめる場所。




こうして
初めて過ごす真夏のクリスマスは、
夏らしくビーチを満喫。




ちなみによりクリスマス気分の方には、
教会を訪れてみるのもオススメ。


クリスマス前夜の12⁄24(クリスマスイブ)の真夜中には
各所の教会で礼拝が行われており、

プロジェクションマッピングが行われていた
St Mary's Cathedralでも
深夜まで多くの人で賑わっていました。
c0351060_19183475.jpg

c0351060_21010824.jpg



冬のクリスマスも良いですが、
夏のクリスマスもなかなかユニーク


この先また真夏のクリスマスを過ごせる機会があるならば、

次こそは
正真正銘の波乗りサンタクロースに会ってみたいものです。


[PR]

by ice_oga | 2016-12-25 23:36 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

シドニーで夜のお散歩②〜クリスマスシーズンのCBD〜

12月も半ばを過ぎれば、
ここオーストラリアのシドニー

c0351060_19080390.jpg


12月オーストラリアでは

日本や、
昨年クリスマスを過ごしたドイツに比べると、

クリスマス感はやや控えめな印象





それでも尚、
辺りも暗くなった夜にシドニーの街中を歩くと、 


こんなクリスマスらしい景色に出会えました。








St.Mary’s Cathedral
クリスマスソングが奏でられたり、
花火が打ち上がり、プロジェクションマッピングが行われたり、

シドニーで最もクリスマスらしさを感じさせてくれる場所のひとつ。

c0351060_20331800.jpg

c0351060_19152616.jpg

c0351060_19182485.jpg


・Town Hall
普段から夜にはライトアップされているTown Hall。
クリスマスが近づくとツリーも飾られ、更に華やかさ度アップ。

c0351060_22402707.jpg


Town HallのそばにあるQueen Victoria Buildingには
高さ24mのスワロフスキーやライトがキラキラと輝くツリーも
この時期になると出現します。

c0351060_19120473.jpg

c0351060_19002682.jpg


・Pitt Street周辺
シドニーのショッピングストリート、Pitt Streetも
クリスマスが近づくとイルミネーションが煌きを放っています。

ちょっと離れたところから、
Pitt Streetにそびえ立つSydney Tower Eyeを見上げてみるのも面白いです。

c0351060_22333972.jpg

c0351060_22382823.jpg


・Martin Place
シドニーの中心広場といえるMartin Place。
ツリーのそばでは、Legoブロックのモニュメントの写真スポットが設置されたり、時折コーラス隊がクリスマスソングを歌ったりもしていました。
c0351060_22345736.jpg

c0351060_21470457.jpg


クリスマスとは関係ないものの、
Martin Placeの一本隣の道、Angel Placeにある

鳥のさえずりさえも聴こえてくる素敵なアート作品
夜には幻想的な雰囲気を醸し出す、見逃せないポイントです。

c0351060_19575658.jpg



Darling Harber周辺
オシャレなお店も軒を連ねるDarling Harber。
時折花火も打ち上げられ、素敵な夜を演出してくれます。
c0351060_18581405.jpg

c0351060_19064821.jpg



クリスマスが近づくと
こんな景色たちが味わえるシドニーのCBD(シティ)を
仕事帰りに歩いているとついつい手を出してしまうのが、


セブンイレブンで買えるお手軽なフローズンドリンク、

Slurpee。

c0351060_22334786.jpg

物価の高いオーストラリアで、
ここフローズンドリンクだけは日本よりもお財布に優しい価格(小さいサイズは80セント〜)。


コーラ味、ラズベリー味、LLB(レモン・ライム・ビター)味など
販売される味がちょこちょこ変わるものの嬉しいポイント



クリスマスツリーを
冷たいフローズンドリンク片手に眺めるのも、

12月が夏のオーストラリアだからこそ!?




こんな風に
夜のお散歩を楽しみつつ、

間もなくやって来る夏のクリスマスを心待ちにしていました。





[PR]

by ice_oga | 2016-12-17 21:28 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

シドニーで夜のお散歩①~ハーバーブリッジ周辺~(Choc Mint)

シドニー滞在中、
お気に入りの場所となったのがコチラ。



オペラハウスと並んでシドニーを象徴するポイントとして名前の挙がる、
シドニーハーバーブリッジ

c0351060_21191029.jpg


私はシティ(ハーバーブリッジより南側)に住みながら、
ノースシドニー側(ハーバーブリッジより北側)に位置するお店で働いていたので、



仕事に行くために
毎日のようにこの橋を渡っていました。




全長1149mに渡るこのハーバーブリッジは


c0351060_20480643.jpg

幅が49mもあり、

8車線+電車2車線が通り、
更に、自転車用レーン+歩行者レーンまであり

歩いて渡ることが出来るんです。

c0351060_20465357.jpg

行きはその後の仕事のことを考えて
バスで通勤していましたが、

帰りはこのハーバーブリッジを渡りたいが為に

仕事の後に
二時間かけて歩いて家まで帰ったり





この橋の上から見えるのは、
仕事の疲れも吹っ飛ばしてくれるほどにキラキラと輝く、シドニーの夜景
c0351060_20512081.jpg

c0351060_21064969.jpg


上を見上げてみれば
オーストラリアの国旗もたなびいているハーバーブリッジから

c0351060_22440912.jpg
※写真だとわかりにくいですが…


海風にあたりながら

バスや電車で渡るよりも
ゆっくりシドニーの夜景を楽しめるのは、歩いて渡る特権



ハーバーブリッジの所々には

昼夜問わず
セキュリティの方が立っているので


夜、真っ暗な時間に
逃げ場のない1本の歩道を一人で歩いても意外と安心。




通常、
ハーバーブリッジ上で通行歩行者が通行を許されているのは
オペラハウス側(歩道)のみですが、


とある1日だけ、
歩行者レーンが封鎖されていて

代わりに自転車レーンを歩行できた日がありました。

c0351060_21134840.jpg

自転車レーン側で橋を渡った際に眼下に見えた
景色の中に、
c0351060_21520480.jpg

ピカピカ光を放つ気になる存在を発見。

c0351060_21011813.jpg
※もちろん、自転車レーン側の景色は、
自転車に乗ってサイクリングすればいつでも見れます



その正体は、
インパクト大の入場ゲートが待ち構えているルナパークという遊園地。

c0351060_22044332.jpg




ノースシドニー側の少し離れた位置から
ハーバーブリッジの全景を眺めた後に

c0351060_19160447.jpg

ルナパーク前まで行き、
c0351060_21404367.jpg


そこからハーバーブリッジの下をくぐって
歩いてみるのも

c0351060_18441140.jpg


対岸にシティの夜景を眺めることが出来て、
なかなか良い散策コースです。
c0351060_18461774.jpg



夜のハーバーブリッジ周辺お散歩時でも
見逃せないのは、アイスクリーム




ノースシドニー側の
ハーバーブリッジに一番近い駅、Milsons Point駅の目の前には

先日アデレードでも訪れたアイス屋さん、
gelatissimoがあります。

c0351060_22381119.jpg

c0351060_22321899.jpg

この日選んだのは
こちら。

・Choc Mint(5ドル)
c0351060_22311731.jpg

細かめのチョコチップが練りこまれた
後味爽やかなミントアイスが美味しい、滑らかなアイス。



アイス+シドニーの夜景で
贅沢なひととき♪

c0351060_07231383.jpg

もちろん、
ハーバーブリッジは明るい時間に渡っても
シドニーの素敵な景色が楽しめます♪

c0351060_18524243.jpg

ハーバーブリッジの(アーチ状になっているところ)を歩いて渡って空中散歩を楽しめるBridge Climbというアトラクションも
気になるところ(結局、チャレンジせずじまいでしたが…)。




こんな風にハーバーブリッジ周辺を歩いては、
シドニーらしさ満点の景色を日々楽しんでいました。

[PR]

by ice_oga | 2016-12-14 21:37 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

ドキドキの体験…ではもはやない!?オーストラリアで髪を切ってみる(Cocco、Cremino Rivareno、Newyork Newyork)

またまたこの時期がやって来ました。


髪を切りたい!!


そんな話をしていたら、
ルームメイトが知り合いの日本人の美容師さんを紹介してくれました。



今回カットをお願いしたのは、

シドニーのシティ内で
日月曜日のみ限定でオープンしているヘアサロン

SHINGO STARR HAIRシンゴさん

c0351060_22282779.jpg

c0351060_22003014.jpg

オーストラリアに来て5年になるというシンゴさんは
他の曜日は別のヘアサロンに勤務しており、

日月のみ、このお店を開いているとのこと。



実はこのお店、

火〜土曜日は他の方が別のヘアサロンとして営業しているという、
シェアオフィスならぬ、"シェアヘアサロン"というユニークな営業スタイル。

c0351060_22275339.jpg


予約した時間にお店を訪れ、
早速ヘアカット開始。


まずは希望の髪型について説明して
日本語で説明できるのは、ありがたい)、

カット前のシャンプー。


洗髪後には、
日本のヘアサロンを彷彿させてくれるような
首、肩周りのマッサージ付き。

カットも日本人美容師さんならではの
繊細なカットをしていただけ、


設備もサービスも
オーストラリアにいながら
日本のヘアサロンに来ているような充実ぶりでした。 

c0351060_22102206.jpg



価格は
初回割引適用で48ドル。
一時間もかからないくらいで、カット完了



これまで、
チリ、エクアドル、メキシコ、コソボ、
オーストラリア国内でもメルボルン、パースといろんな場所でヘアカットを体験してきましたが、

やはり、
日本人美容師さんのカットは
安心感が全然違います。



※旅先でのヘアカットについては
"地球の歩き方ストア『アラサー女の南米バックパッカー旅』"に書かせていただきました




今回髪を切っていただいたシンゴさんに
アイスクリームが好きだと言う話をすると、



オススメのアイス屋さんを教えてくれました





オシャレなカフェやレストランも位置する
Crown street沿いにある

RIVARENO GELATOというイタリアンジェラートのお店。

c0351060_21304721.jpg


可愛らしいアイスケーキ
バータイプのアイスも販売しているこちらのお店。

c0351060_21393000.jpg

c0351060_21371501.jpg

ジェラートも色んな種類があリ過ぎて

何味にするべきかなかなか決められない!

c0351060_21574743.jpg


…なので、
店員さんオススメのこの3つの味を注文(3flavors︰7.9ドル)。

Cocco
Cremino Rivareno
Newyork Newyork

c0351060_21463036.jpg



Coccoは、食感が楽しいドライココナツも練り込ませた
スリランカ産のココナツミルクのアイス。

味選びを手伝ってくれた店員さんの一番のオススメだという
Cremino Rivarenoは、濃厚でクリーミーなホワイトチョコのアイスにヘーゼルナッツの入ったチョコペースト(gianduia)
が混ぜ込まれた甘い一品。

Newyork Newyorkは、
メープルシロップのアイスに、食べ応えのあるカラメリゼされたピーカンナッツが入ったアイス。 



全てオーガニックだというRivarenoのアイスは
どの味も凝っていて、お洒落な印象。

どことなく似た雰囲気のアイスが取り揃ってました。






海外で
現地の方が営むヘアサロンで
一体どんな髪型にされてしまうのだろう!?
と、ドキドキしながらヘアカットしてもらうのも旅の楽しみの一つですが、


時にはこうした安心感のある
日本人の方が営むヘアサロンで、

まるで日本に居るかのような安心感の中
ヘアカットしてもらうのも、良い体験でした。






[PR]

by ice_oga | 2016-12-12 20:41 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

シドニーは日曜日がお得♪ 2.6ドルで世界遺産のブルーマウンテンズへお出かけ(Rum Raisin、Rainbow)

日曜日にオーストラリアのシドニーに居るならば、
いつもより遠くまでお出掛けしたくなるはず


その理由は…
交通費がとってもお得だから。



毎週日曜日
Opal card(NSW州の公共交通機関で使用されるSuicaのようなカード)を使うと

シドニーの位置するNSW州の管轄内であれば
バス電車フェリー
どこまで行ってもの、何回乗っても2.6ドル格安!!


このお得なサービスを利用しない手はないので、
シドニー滞在中、日曜日は時間があればなるべく遠出するようにしていました。





季節もだいぶ夏らしくなってきた12月の日曜日に訪れたのは

世界遺産にも登録されている、
ブルーマウンテンズ国立公園



シドニーの約70㎞西に位置する
約4000㎞に渡る山脈の一部であるブルーマウンテンズ。



シドニーのCentral駅から
ブルーマウンテンズの観光の基点となるKatoomba駅まで電車(Blue Mountains Line)で約2時間

もちろん、往復2.6ドルでやって来ました。


c0351060_21134484.jpg



Katoombaの駅に着いて電車を降りると、


"どこから来たの!?日本!?
私は毎週ブルーマウンテンに来てるんだ!よかったらオススメのコースを案内するよ!"

と、突然おじいさんに声を掛けられた。


海外でのこの手の誘い文句は
後々ガイド料を請求され、トラブルとなるパターンですが(某国での苦い思い出が…)


平均的にみな豊かなオーストラリアでは
あんまりその手はの心配する必要もなさそうなので、


ひとまず声を掛けてくれたロブ(…名前は曖昧です)のお言葉に甘えて案内してもらうことに。

c0351060_21301012.jpg

注:もちろんオーストラリアでも
例の如くガイド料を請求されたり、危険な目に遭う可能性がない訳ではないので、こうした判断はくれぐれも慎重に!



ロブに案内されるがままに
Street ArtもあるKatoombaの街中を進んでく。

c0351060_21191740.jpg
※おやつやランチを準備したい方は、
この辺にあるcolesやwoolworthといったスーパーを利用するのが便利です。

c0351060_21121944.jpg

c0351060_21553634.jpg

c0351060_21164571.jpg



どうやらロブの"オススメルート"とは、
一般的なKatoombaからの散策ルートと逆方向から進んで行くのものらしい。


ロブ曰く、
"その方が、ハイキングでたくさん歩くから
帰りが駅に近くて楽だよ"とのこと。



その為、
Katoombaから徒歩で15分程度(バスも出てます)のところにある
ブルーマウンテンズのみどころのひとつ、エコーポイントスリーシスターズは後回し。
c0351060_21203065.jpg




ハイキングコースに入る前には、
ロブのオススメの絶景ポイントにもお立ち寄り。

c0351060_21212814.jpg


ロブの言うことには、

"この辺の山々は、木から出る蒸気(※後日調べてみたところ、ユーカリの木の油分らしい)の影響で大気が青く見えるからブルーマウンテンズって呼ばれてるんだよ"

とのこと。



確かに
ここから見ると、眼下に見える森は<に見える!



そんなお話もしつつ、
ハイキング開始


シドニーから日帰りでやってこれる人気の観光地だけあって、
ちゃんとハイキングコースも整備されてるブルーマウンテンズ。

c0351060_21233670.jpg

目が覚めるような活き活きした緑の木々の間を

c0351060_21243143.jpg


マイナスイオンがたっぷり発生してそうな滝の姿もところどころに見ながら

しばらく歩いていくと、

c0351060_21254333.jpg

c0351060_21264647.jpg


壮大な景色目の前に広がります!

c0351060_21282149.jpg


眼下にはどこまでも続きそうなと、
すぐ真下にはこれまた絵になる

c0351060_21292130.jpg

そんな景色を
時折現れるLook Out(展望台)に立ち寄りつつ眺めては、
楽しんできました。

c0351060_21303079.jpg




このコースの一つの区切り地点にたどり着い頃、

そろそろ自分のペースで見てまわりたいので、
ここまで案内してくれたロブにお礼を言いお別れし、
 

先程立ち寄らずに来た
スリーシスターズ&エコーポイントを目指して

先へ先へと進んでいくと、

c0351060_21331762.jpg

道の途中で
こんなカラフルな赤と緑の鳥のにも遭遇。
c0351060_21342881.jpg

人間慣れしてるのか、
こんなに近づいても気にせず葉っぱを食べ続けるほど
落ち着いている鳥でした。

c0351060_21352388.jpg


ず〜っと道なりに歩いて来たら、

"魔物から身を守るために父親が三姉妹を岩に隠した"という
オーストラリアの先住民、アボリジニーの伝説も語り継がれる場所、スリーシスターズに到着。

c0351060_21370186.jpg

この角度からだとイマイチよくわかりませんが、


少し歩いた先にあるエコーポイントからスリーシスターズを眺めてみると

c0351060_06552488.jpg

3つの岩山が並んでいることがわかり、
このネーミングにも納得。




スリーシスターズの
一番手前の岩山に通じるを渡ってみたところ、

c0351060_21405076.jpg


その手前に
スリーシスターズの麓へと続く階段を発見!


せっかくなので
下へと降りてみることに。



が、この階段、


下から上へと昇ってこようとスレ違う人たちの顔が
とにかくシンドそう


ひょっとしてコレは、
気軽な気持ちで降りちゃいけないような大変なルートなのかな!?



そんな不安もよぎりつつ
スリーシスターズを横目に階段を降り続けること30分、

c0351060_14155424.jpg


ようやくに到着

c0351060_14194467.jpg


階段を降りきった地点に立っていた看板によると、
ここから右に続く道を進んでいくと

ブルーマウンテンズの迫力の景色を楽しめると評判の
Scenic Railway(ケーブルカーのようなもの)の駅があるらしい。




ひとまずその方向に歩き進めてみるも

駅は思ったより遠いらしく
他にめぼしいものを見つけられなかったので、


今来た道を引き返し、

さっき30分掛けて降りてきたスリーシスターズの階段を
今度は昇ることに。



この階段、
下りてきた際にスレ違った人たちが
どうしてあんなにシンドそうな顔をしていたのか

気持ちがよーくわかるくらいの、
なかなかキツイ階段です





ようやく先程のスリーシスターズに架かる橋のとこまで辿り着き、

所々に一瞬、本物!?と見間違えそうな
セミトカゲ(の作品)がある平坦な道を進んで行くと、

c0351060_21534520.jpg

c0351060_21543633.jpg


⬆の写真のようにスリーシスターズの全景も見渡せる
エコーポイントに到着。
c0351060_14115285.jpg

この先にも
滝を見れるハイキングコースがあるそうなのですが…



ずっと歩きっぱなし+さっきの階段でだいぶ体力を奪われたので、
今日はこの辺で切り上げることに。




Katoombaの駅に向かう途中、
歩き疲れを吹き飛ばす為に、アイスクリームを購入。



Blue Mountains Chocolate Companyというチョコレート屋さんで売られていた
c0351060_19132348.jpg
c0351060_19170496.jpg

こちらのアイス。


Rum Raisin
Rainbow

c0351060_21514545.jpg
 
手作りだというコチラのアイスクリーム(この店内で作っているわけではないそうです)。

Rum Raisinはねっとりとした食感で食べ応えあり。 

カラフルな見た目が華やかなRainbowは、パイナップルみたいな味がしました。



甘くて美味しいアイスで体力を回復し、
歩いて向かったKatoomba駅。
 

ところが、
ちょうどシドニー方面行きの電車は出てしまったばかりで
次の電車まで1時間近くある




せっかくなので、

ひとつ隣の駅、Leuraまで
長〜い下り坂と上り坂を辿りながら40分ほどかけて歩いて、
c0351060_19152935.jpg
Leuraから電車に乗ってシドニーへと帰っていきました。
※Leura駅付近にも何軒かお店はありましたが、私が歩いた時間帯には既に閉まってました。。。
c0351060_21564416.jpg


都会の喧騒から離れ
大自然の中でのハイキングを楽しむのにピッタリの場所、ブルーマウンテンズ


日曜日なら
僅か2.6ドルでお出かけできちゃう、オススメスポットです。


[PR]

by ice_oga | 2016-12-11 21:09 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

ワーホリ生活も終盤戦!オーストラリア最大の都市、シドニーへ移動 ※空港→シティへの移動について(Coffee Toffee Shake)

僅かな間ながら
南オーストラリア州のアデレードを観光し、

次の目的地は、
オーストラリア最大の都市、シドニー


アデレードのシティ内に位置する宿のそばのバス停から

バスに乗って20分程で、空港に到着(シティ→空港:3.4ドル)。




アデレード→シドニーへの飛行機はJetstarを利用。


チケットは2日前に約165ドル(25㎏分の受託手荷物のオプション追加後の価格)でインターネットで購入しました。




さっそくチェックインしようとチェックインカウンターへ行き、

E-ticketの内容を確認しようと携帯電話を取り出すと、



何やらJetstarからメールが届いている。


メールを開いてみると…




"エンジントラブルによる、

シドニー行きの便、キャンセルのお知らせ"




えーー!? 欠航!?



目を疑ってもう一度見てみるも、
やはりそこにはYour Flight Has Been Canceledとの文字が。




今回利用するのはJetstar、いわゆるLCC。


LCCって便が欠航になった場合って

何も補償してもらえないっていう風の噂を耳にしたことがあったような…



せっかくの航空券代全て無駄になるのでは!?…と

血の気が冷める思いをしながらも、


目の前にあったJetstarのサービスカウンターへ。




周りにいた方々も私と同じような状況らしく、

Jetstarのカウンターの人々も対応に慣れた様子で


サクッと他の便を手配してくれました。


c0351060_19501623.jpg

もともと11:50発の便に乗る予定だったものが

14:45発のカンタス航空の便へと変更になったので


3時間程空港内で待ちぼうけをくらうことにはなったものの、


代わりに

待ち時間に空港内で使える8ドル分のバウチャーもも入手♪






とりたてて急ぎではないこの旅路。



空港内で

アーミーの方々が仲間たちを出迎えている場面を

そこはかとなく見学したり、

c0351060_21004471.jpg

余裕をもって荷物検査を通過しては、



ゲートのそばにあるHudsons Coffeeで、

こんなアイスドリンク(ミルクシェイク)を飲んだり。

c0351060_21094301.jpg

Coffee Toffee Shake(6ドル)

c0351060_21014151.jpg
※本来は、ここにホイップクリームもついてます



一般的なミルクシェイクに比べてアイス感は少なかったものの、
甘~いトフィーとほろ苦なコーヒーの美味しいシェイク。

もちろん、
いただいたバウチャーを使って購入♪





そうこうしているうちに、気づけば飛行機の時間。


今回、代替でカンタス航空の便を利用させてもらえたため、
本来Jetstarの便のままだったら別途追加料金が掛かるはずの

スクリーンで映画を見たり、
お菓子やドリンクも追加料金なしで楽しめました。


c0351060_21030725.jpg


快適な空の旅を経て、


17:00頃、シドニー到着




アデレードとシドニー間にも、またまた30分の時差が発生。



さっそく

空港→シティへ移動



シティーへは電車で僅か15分。

c0351060_18370714.jpg


…ですが、片道約18ドルとやや高め。



時間はある&できれば節約したい私のような方は、

こんな方法で空港→シティへたったの約3.5ドルで移動できます。




その方法とは、

【Opal Cardを利用し、バス+電車を乗り継いでいく】こと。




まずは、空港に併設している電車の駅に行き、

シドニーでの移動には欠かせないOpal Card(SuicaやPasmoのようなもの)を購入



Opal Card自体は無料ですが、

希望の金額をチャージ(英語では"チャージする"ことは"Top up"と言います)しないと使えません。

c0351060_19082927.jpg

目の前に
15分でシティに辿り着ける電車の発着するホームへと続く改札がありますが、

そちらへは行かず、
c0351060_19121390.jpg


一旦外に出て、

Bondai Juntion行きの400番のバスに乗り

終点のBondai Junction駅まで行き、



電車に乗り換えてシティへ内の希望の場所まで向かえば、
格安で移動可能。
c0351060_19180731.jpg
c0351060_19312646.jpg

但し、
この方法だとシティに辿り着くまでには1時間以上掛かるので
お金>時間の方向けにオススメの方法です。
※シドニー市内の公共交通機関についてはNSW州のTransportのHPでご確認ください







こうして辿り着いたシドニーの街。


そこには、
西オーストラリアで生活していた間には見られなかったこんな光景が…




暗くなった時間
外に人がたくさんいる!!

c0351060_20032099.jpg



さすが、
オーストラリア最大の都市!


パースなんて、
街の中心部でさえ夜の6時を過ぎればほとんどの店のシャッターは下り、
人の姿はほとんどない、実に寂しい街並みだったので…。





より"シドニーにやって来た感"を感じたくて
シドニーに着くなり向かった先は、




世界遺産にも登録されているペラハウス
c0351060_20081160.jpg



オーストラリア大陸の西海岸に位置するパースから、
とうとう東海岸に位置するシドニーにやって来たんだ!!


この景色を見て、そんなことを改めて実感。





オーストラリアでのワーキングホリデー生活もいよいよ終盤。

ついに
シドニー生活、スタート

[PR]

by ice_oga | 2016-12-01 23:57 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |

マーケットのある街、アデレードで久々の再会(Tim Tum Chiller,Macho Man)

11月も終わりに近づいた今日この頃。

アデレードの街中には、
大きなサンタクロースが出現!!

c0351060_18222277.jpg



このサンタクロースに会える場所が
アデレード市民の台所、アデレード・セントラル・マーケット

c0351060_19250632.jpg

c0351060_19374545.jpg


c0351060_21115053.jpg
1869年に始まったこちらのマーケットには、
スーパーよりややお得な価格で野菜や果物、チーズにお菓子といろんなものが売られています。

c0351060_18515547.jpg

マーケット内にはイートインコーナーもあるので、

朝食がてら
いろんな味のヨーグルトを味わえるThe Yoghurt Shop
購入したヨーグルトを頬張ってきました。
c0351060_21132921.jpg
c0351060_18370425.jpg
c0351060_18325148.jpg


マーケットはとっても広く、
奥には中華系のスーパーまでも併設されているほど。





マーケットを散策し終えた後は、

ノーステラスに行き、
先日見終えられなかった展示をを見にミュージアムを行ったり来たり、


同じくノーステラス沿いに建つ
SCOTS UNITING CHURCHに立ち寄ったり。
c0351060_19484150.jpg

シンプルながらも美しい教会でした。

c0351060_20221852.jpg




午前中はこうしてシティ内を散策し、


今日の午後は
ちょうどオーストラリアに旅行に来ていた
日本の友人一家と合流♪



Gloria Jean's Coffeesというカフェに入って
久々の再会を喜びつつ、のんびりおしゃべり。



おしゃべりのお供は、
こんなアイスクリームチックなドリンク。



・Tim Tum Chiller

c0351060_20540346.jpg
オーストラリアの定番チョコレート菓子、
Tim Tum味のドリンク(スタバのフラペチーノのようなアイスドリンク)。

まさにTim Tum!!と言わんばかりの、
クッキーとクリームが織り成す美味しいアイスドリンクでした。






お茶の後は、
一緒にシティ内をブラブラし、

c0351060_20500091.jpg
中華街からも程近いところにある

c0351060_19195422.jpg


日本風のラーメン屋さんで
久しぶりにラーメンを食べて、彼女たちとはお別れ。

c0351060_19044828.jpg
※オーストラリア各地にも、日本の寿司屋やラーメン屋さんはあります





その後は、
Gelatissimoというアイス屋さんでアイスタイム♪

c0351060_20102102.jpg
 
こちらのお店には、ワッフルコーンが2色。
c0351060_18594043.jpg
店員さんにこのコーンについて尋ねてみたところ
味は同じとのこと。
c0351060_18545110.jpg

せっかくなので、
赤いコーンで今月のオススメフレーバーのアイスを注文(4.9ドル)。

・Macho Man
c0351060_20523296.jpg

c0351060_19104322.jpg


濃厚なモカ味のアイス。
そこにトロッとしたピスタチオクリームとピスタチオチップが練りこまれた
食べごたえのある一品でした。


ちなみにこのGelatissimoはチェーン店ですが、
人工甘味料や着色料不使用のアイス各店舗で作っているというこだわりがあるお店です。






アデレードで過ごすのも今夜が最後。



いよいよ明日は、
オーストラリアで過ごす最後(になる予定)の街、

シドニーへ移動します!


More
[PR]

by ice_oga | 2016-11-30 18:45 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |