大迫力のユニークな地形!Fiordland National ParkでMilford Soundのクルージング ~NZバスの旅 18日目~

ニュージーランドバスの旅 18日目
現在地︰Queenstown(南島)





ニュージーランドの南部に位置する
Fiordland National Parkの中でも美しい景勝地として名高い、Milford Sound
c0351060_02351045.jpg


今日はQueenstownから


Milford Soundをはじめ、
40ヶ所ものフィヨルド(氷河の影響などにより形成された、複雑な形の湾や入り江)があるという

Fiordland National Park
へ向かいます。








・AM 8:15
Queenstownを出発する前に

昨日、甘くて美味しいシェイクを購入した
Cookie Barで朝ゴハンがてらコーヒーを購入。

c0351060_17580319.jpg
ミニクッキーのおまけもついてくるコーヒーは
なんと、1ドル!!
c0351060_02224159.jpg

毎朝8:00〜9:00の一時間限定で、
ホットのコーヒーメニューが全て1ドルという嬉しいサービスがあると知り、

朝からCookie Barへ駆け込んできました。





お得なコーヒー片手に
バスに乗り込み、

Milford Soundに向けて出発!


c0351060_03021140.jpg


南島の基点となるQueenstownまでやって来たことを機に、


今日から
バスのドライバーさんもニューフェイス。




ドライバーさんも変わり、

バス車内の雰囲気も新たに
ニュージーランド南部の旅がスタート。







・10:45
到着したのは
ニュージーランドでよく見かける青い鳥、
Pukekoのモニュメントも佇む

Te Anauという街。
c0351060_02453043.jpg

Te Anauにある
Real Journeysのオフィスで


今日この後行う
Milford Soundでのクルージングのチケット(69ドル)を購入。
c0351060_02483435.jpg

私はMilford Soundのチケットのみを購入しましたが、
c0351060_23410329.jpg
この後に
北島、南島に続き“ニュージーランド第三の島”と言われるスチュワート島へ向かう人たちは
ここのオフィスで同時にスチュワート島行きのチケットも購入していました(Milford Soundのクルージングとセットでお得なチケットがあるそう)。




Te Anauに停車中には


クルージングのチケットの購入の他に

食材調達の為にスーパーに寄ったり、

c0351060_02460207.jpg
美しい湖、
Leke Te Anauの周りを散策したり。
c0351060_02494939.jpg







Te Anauを後にしたバスは、

しばらくして
Fiordland National Park突入!




窓の外には黄色いハリエニシダ(Gorse)
ピンクルピナス(Lupin )という満開。

c0351060_02485992.jpg

c0351060_00062211.jpg


思わず気持ちが高鳴る
カラフルな道をドライブ。


Milford Soundへの道のりで遭遇するのは、
色鮮やかに咲き誇る花たち以外にも、こんなにたくさん。







Eglinton Valley

まるで
映画“サウンド・オブ・ミュージック”にでも出てきそうな

ドレミの歌でも歌いながら
走りまわりたくなる

広大な原っぱ。
c0351060_02484553.jpg

※映画“サウンド・オブ・ミュージック”の舞台、オーストリアを訪れた時の記事はコチラ↓







Mirror Lakes
透き通った水の美しい湖が
まるで鏡のように周りにそびえる迫力の山々を水面に映し出すMirror Lake。
c0351060_01164998.jpg


この景色を楽しめる
5分程度の遊歩道が整備されていました。

c0351060_00162598.jpg

c0351060_01461701.jpg








Hommer Tunnel
人の手で掘られ始め、
20年近い月日をかけて完成させたという約1.2kmのトンネル。
c0351060_00200402.jpg

このトンネルの辺りには
歩き方が可愛らしいKea(ミヤマオウム)の姿も。
c0351060_01502550.jpg


人間が近づいても意外と逃げないこの鳥は
なかなかのいたずら者らしいです。







Monkey Creek
Hommer Tonnelを抜けて
少し走ったところを流れるMonkey Crek周辺の景色は

特に大迫力!!


c0351060_01240611.jpg

思わず圧倒されるほどの
大きな山々に囲まれている場所。
c0351060_01554412.jpg

c0351060_01494731.jpg


そんな山あいを流れるこの小川の
飲めるそう。



さっそく
空のペットボトルに少し汲んで飲んでみたところ、
c0351060_23382472.jpg

とっても冷たく、
美味しいお水でした。










・15:00
バスはその後も進み、
Milford Soundのクルーズの出発地に到着。

c0351060_02525533.jpg




バスを降りて
クルーズ船の乗り場に向かうと、

目の前に広がったのは
地震や氷河による浸食により削られ、

ユニークな形に変形した山々

c0351060_02141716.jpg



クルーズ船に乗りこみ、

c0351060_02075475.jpg

出航!!


c0351060_03132711.jpg




わー!!

っと、
その大きさに思わず声を上げてしまう程に

巨大な山々の間を進んで行く船。

c0351060_02255693.jpg

c0351060_02443841.jpg

デッキに出て
このフィヨルドの迫力の景色を身近に感じたり、


デッキで浴びる強風(この日はなかなかの風でした!)に疲れたら、
船内に戻って無料のコーヒーや紅茶を飲んで一息ついたり。
c0351060_01362462.jpg



そんな風に船上で過ごしながらも
私たちを乗せた船は進み、

c0351060_01514371.jpg


タスマン海まで出てきたところで

c0351060_23440400.jpg


くるっとUターン







帰り道はより見どころ満点。




岩場でくつろぐ
オットセイたちに近づいたり、
c0351060_02301917.jpg

デッキにいると
水しぶきを浴びるほどの勢いで流れ落ちる

高さ146mのStirling Fallsという滝に近づいたり。
c0351060_02505681.jpg

c0351060_02520649.jpg



周辺の見どころを
より近くで感じながら進み、


c0351060_00583614.jpg


一時間半ほどの
Milford Soundのクルージングを楽しんできました。









・17:30
クルージングを終えて
再びにバスに乗り、

次にバスが停車したのはThe Chasmという場所。

c0351060_02554061.jpg


ドライバーさんによると

“このトレッキングコースを歩いていくと、
ちょっとした滝みたいなものを見れるよ”


とのこと。
c0351060_02571615.jpg



“滝みたいなもの”ってなんだろう??


と、
不思議に思いながらも足を進めていくと、




流れる川の先に

c0351060_02580075.jpg


水が勢いよく流れ落ちる音が聞こえ、

立ち入れる橋の
下の方に美しい深い青色で流れる水の姿が!!
c0351060_02583530.jpg

ちょうど岩が邪魔になり
全体像が見えないのが残念ですが、


なかなか素敵な場所でした。





・18:45
本日の宿、
Hollyford ValleyにあるGunn’s Camp(28ドル/泊)に到着。
c0351060_03013081.jpg

何もないような山の中の
流れる川のほとりに造られた小さな宿。


c0351060_03161818.jpg






宿の周りには
Hollyford Valleyの開拓の歴史関する小さな博物館や(宿泊者は入場無料)、
c0351060_03090691.jpg

c0351060_02591309.jpg

大きな木も生息する
林の中を歩く軽めのトレッキングコースがあったり、
c0351060_03152651.jpg
可愛らしい木の椅子が並んでいたりする
Gunn’s Camp。
c0351060_03003857.jpg




インフラの整備が難しい場所にあり
限られたエネルギーを利用している為、

電気も22:00頃には完全消灯
(電子機器の充電も、その前までに!)


宿代の支払いも、
カード社会のニュージーランドにおいて珍しい
現金のみの受付(カード支払いのための機械が無い為)で、

シャワーも薪で沸かすタイプ。

c0351060_03095177.jpg


そして、
敷地内の随所に
ギャグ(ニュージーランドジョーク!?)的な要素が散りばめられた
c0351060_01140782.jpg

ユニークな場所





ドライブとクルージングでの迫力満点の景色を
たくさん満喫した後、


今宵はこんな場所で
静かな夜を過ごしました。




[PR]

by ice_oga | 2017-12-03 23:37 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |