自然の作り出した極彩色の景観、Rotorua ~NZバスの旅 5日目(前半)~

ニュージーランドバスの旅 5日目(前半)
現在地︰Rotorua(北島)





ここRotoruaではオプショナルツアーに参加し、


Wai-O-Tapuという


地熱活動地帯ならではの
こんな独特の色をした景色に出会える場所へ行ってきます。

c0351060_21422819.jpg

※オプショナルツアーはWai-O-Tapu Thermal Wonderlandの入場料+ロトルアの街からの片道分の交通費が含まれて69ドル(帰りはStray BusがWai-O-Tapuまで迎えに来てくれる)








・AM8︰50
滞在していた宿(YHA Rotorua)に
ツアーバスが私たちツアー参加者を迎えに



…来てくれたのですが、
手違いでこのツアーの参加者の数がバスの定員超えの状態になり、

私(+他6名)の席がない






土壇場でツアー参加不可になるのでは!?



と、ヒヤリとしましたが

後からやってきた
急遽手配された別のバスに乗り込み

30分程遅れながらも
無事Wai-O-Tapuツアースタート。








このツアーでは
Wai-O-Tapuへ向かう道すがら
Rotoruaの見どころにも立ち寄ってくれました。





Rotowhero

"グリーンレイク"とも呼ばれるキレイな緑色の湖。

c0351060_21430899.jpg

辺りには硫黄の匂いが漂い、
遠くに湯気が立ち上っているほど。

ちょびっと湖の水に触れてみたところ"ぬるま湯"といった水温でした。





Mud Pool

グツグツと音を立てて煮立ち、
あちらこちらで突然ボンっ!と音を立てる灰色の沼。
c0351060_21434239.jpg


凄まじい勢いで煮え立つ姿は

まるで
落ちたら二度と生きては帰れない
地獄絵図に出てくる沼のような雰囲気。

c0351060_21441061.jpg




Lady Knox GeyserLady Knox Geyser

毎朝10:15が近づくと
たくさんの人たちが集まるこの場所。
c0351060_07154676.jpg

私達が訪れた時には
既に大勢の人の姿。

c0351060_07163260.jpg

ここに集まる皆の目的は、
勢いよく噴き出す間欠泉




ここの間欠泉は
自然に噴き出すのを待つのではなく、


ショーとしてきちんと構成されている人工的なもの。




ショーの始まる10:15になると

このショーのホストである陽気なおじさん現れては
いろんな国の挨拶をしつつ観客たちを盛り上げ、



間欠泉が噴き出す為の魔法の粉、


洗剤(環境に優しいものを使用しているそう)を
間欠泉の穴の中へ投入





すると、
徐々に穴の中からブクブク泡が出始め…
c0351060_21451315.jpg

プシューっと勢いよく
空に向かって噴き出します。
c0351060_21444706.jpg






Wai-O-Tapu Thermal Wonderland

ツアーバスとはここでお別れ。
入場券を受け取ったら、Thermal Wonderland内を自由散策。
c0351060_21183685.jpg


森や川や湖も途中にある
約3km程のコースを道なりに沿って歩いてみると、
c0351060_21430137.jpg
c0351060_07541136.jpg
c0351060_21481989.jpg





随所で目に入ってくるのは
見慣れない独特な色をした沼や岩


c0351060_21454220.jpg

c0351060_21461807.jpg
c0351060_21474930.jpg

c0351060_21464756.jpg

まるで絵の具でも混ぜて作ったようなこうした色は
全て天然もの




マグマの影響で最高300℃にも達するほどまでに熱され、
岩からのミネラル(硫黄や炭素などの化学物質)を吸収した水がこうした色に染まるそう。



それだけ高温になりうる可能性のある水なので
くれぐれもうっかり沼などに落ちないように要注意(ちゃんと歩道は確保されてます)。

c0351060_07175356.jpg


敷地内の見どころのそれぞれには
"Artist's Palette"、"Devil's Ink Pots"などユニークな名前が付けられているので

名前と目の前の景色を照らし合わせながら
見学するのもここの楽しみ方の一つ。




例えば、
Wai-O-Tapuと聞いて一番よく見るこのオレンジと緑の沼は
c0351060_22150412.jpg
シャンパンのような細やかな泡が立っている為か
シャンパン プール(Champagne Pool)という名前でした。
c0351060_07184710.jpg







火山の影響を大いに受けている土地、
Rotoruaならではの景色を満喫できるWai-O-Tapu周辺は


見逃せない場所のひとつです。





・13:30
Wai-O-Tapuの見学を終えた私たちの元に
Stray Busが迎えに来た。
c0351060_07530749.jpg




ところが、
ここでまたまた問題が発生。


私(+7名)の乗る席がない!!




どうやらバスの予約がきちんと完了していなかったにも拘らず、
バスに乗ってしまった人たちがいたらしい。


Stray Busは自分の好きなタイミングで
Hop off、Hop on出来るシステムのバスですが、

もちろんバスが満席の場合は乗車不可。



次の街への移動を決めたら
早めのバスの予約(これからの夏のハイシーズンは特に!)が無難です。
※私は予めツアー会社に予約を代行してもらいましたが、ネットやアプリで簡単にできるそう




最終的に
予約がうまく出来ていなかったオランダ人のグループがこの場でバスを降りることに。


この場に残される方も、
残していく方も何とも言えない複雑な気分のまま

Stray BusはRotoruaの街を後に。





そんなトラブルもありましたが、
まだまだ今日もバスの旅は続きます。










[PR]

by ice_oga | 2017-11-20 14:11 | 街散策 | Comments(0) |