全長5000km!西オーストラリア縦断ロードトリップ~DAY5:トム・プライス、カリジニ国立公園

西オーストラリア、ロードトリップ5日目。


c0351060_23163719.jpg




気持ちよく晴れた

トム・プライスで迎えた朝。



c0351060_20470108.jpg



すぐにでも出かけたいところですが、


パースから1000km以上走ってきた

キャンピングバンに


段々と不具合が生じ始めた為、




朝イチで向かった先は、

トム・プライスの街にある

車の修理屋さん


c0351060_21310058.jpg




キャンピングバンの修理が必要と判明した昨日の時点

私達の考えた本日のプランは、


朝、車を修理に出し



昼間は

②ツアーまたは

別途4WD仕様の③レンタカーをトム・プライスの街で借りて


④カリジニ国立公園を散策し、


⑤夕方には修理を終えた車を受け取り、⑥トム・プライスの街を出発するというもの。








昨日タイヤの交換に来てくれた

メンテナンスのお兄さん曰く



"朝8:30からお店はやってるよ"とのことで


少しでも早く直してもらおうと

早起きして向かったものの、


まぁ、そこはオーストラリアらしくしばらくお店で待たされ…



まずは(朝、車を修理に出し)遅れ気味に。





しばらくして

ようやく見てもらえた私達のキャンピングバン。


c0351060_21254765.jpg




その結果…


修理が必要

 ⇓

でも、修理に必要なパーツがここには無い

 ⇓

パーツが届くのは早くとも明日

 ⇓

あと1晩

パーツが届くのが遅くなれば2晩、ここで足止めをくらい

トム・プライスの街での滞在を余儀なくされる



こうして、

(夕方には修理を終えた車を受け取り)、(トム・プライスの街を出発)絶望的な状態に。





とはいえ、

さすがに2日間もレンタカーを使えないと困るので、


このキャンピングバンを借りた

パースレンタカーショップに連絡をし



代わりのレンタカーを手配してもらうこと、


もしくは

何らかの対処法がないものか問い合わせしてはみたものの、


修理屋さんに行ってから

"40時間以上"経っても問題が解決しない場合を除き、

何の対応もしてくれないらしい。







結局、パーツが届かないことには何もできないからと

修理屋さんから帰されてしまった私たちが



ガタガタと奇妙な音が鳴り、

否応なしに不具合を実感するキャンピングバンに乗って向かった先は(かろうじて、短距離は走れるそう)




トム・プライスビジターセンター


c0351060_22350377.jpg




何はともあれ、

今日は気を取り直してカリジニ国立公園を楽しもうと

ツアーレンタカーの情報を求めてやってきた。



ところが、

ここで得られた情報といえば、



"今の時期は暑すぎるから

カリジニ国立公園のツアーは催行していない" 



更には、


"ここから一番近いレンタカーショップがあるのは、80km先"



というもの。






とてもじゃないけれど、


このキャンピングバンで、あの未舗装の道をそんなに走るのは危険過ぎる



節約旅行の私たちにとって、

ここからタクシーで80㎞先に行き、また返しに行くには懐にも厳し過ぎる


そもそも、

今からそのレンタカーショップまで行き、再び戻って来てから出かけるには、時間もかかり過ぎる


トムプライスの空港にもレンタカーショップがあるにはあるらしいのですが、

街から空港へ行くバスが運行されるのは、飛行機が運航される日のみらしく、飛行機も頻繁に出ているわけではないそう。




こうして、

 

②(ツアー)も、③(レンタカー)も、④(カリジニ国立公園を散策

計画倒れで八方塞がり状態




せっかくここまで来たのに、

2日間何も出来ず


本来の目的、

ブルームで月の階段が現れる満月の夜までに辿りつけない可能性が高くなってきた。。。



そんな絶望に打ちひしがれている中、

せめてトム・プライスで楽しめることがないか尋ねてみると、



6人以上希望者が集まれば、

明日、トム・プライスの見所のひとつである"鉱山見学ツアー"を催行してもらえるらしい。



私たち4人だけでは2人足りず、

それすらも出来ない…




と思っていたところ、


ちょうど私たち同様に車が壊れてしまい、

足止めをくらってしまったカップルが隣でスタッフさんから鉱山見学の話を聞いていたところだったので、




そのカップルを誘い、

明日トム・プライスの鉱山ツアーに参加することになりました。




ひとまず、

2日間まるまる何もせずに無駄にしてしまうことは避けられたものの



トム・プライスにやって来た目的、

カリジニ国立公園に行けないのは悔しすぎる




高額になるのは覚悟の上、


タクシーをチャーターしてカリジニ国立公園内を散策できないものかと


ビジターセンターで見つけた広告の

タクシー会社に連絡してみたところ…




なんと、

私たちの事情を知ったタクシー会社の方が、

車を貸してくれるとのこと!!



自分たちで運転するので、

チャーターするより安くしてくれるとのこと(220ドル+ガソリン代でokとのこと♪)。






こうして、

一時は絶望的になったカリジニ国立公園


4WDの車を奇跡的に手に入れ、

当初の計画どおり行けることになりました。


c0351060_21563132.jpg


借りた車はマニュアル車だった為、
運転はマニュアルの免許も持ってる男性陣にお任せ。



13:00頃にトム・プライスの街を出発した車は、
14:15頃、国立公園の入口(料金所)に到着。

c0351060_20430245.jpg

個人の車(12人未満)の入場料12ドルを、

c0351060_21222410.jpg


料金所に設置されているこの封筒に入れて封をし、
必要事項を記入し、控え切り取って

c0351060_22313985.jpg
こちらの箱に投入します。

c0351060_22375935.jpg


トム・プライスの街からしばらくは
コンクリートで舗装された道が続いていたものの、


気づけばまた未舗装の赤土色の道。
c0351060_22423795.jpg

周りの景色を眺めながら
ガタガタ道を走り続け、
c0351060_22325294.jpg




15:00頃、
最初の目的地、Oxer Lookoutに到着。

c0351060_23131969.jpg



100mの高さがあるという
このLook Outから見えるのは、


自然が作り上げた、迫力満点の景色。

c0351060_20532673.jpg

c0351060_00385098.jpg




この景色を見て、
カリジニに無事来れた嬉しさを実感した後、


トレッキングコースになっている
この岩々の下へと行ってみることに。


c0351060_21211453.jpg



c0351060_21312116.jpg


とにかく暑いので、
は必需品!!
c0351060_21454256.jpg


足場もよいとは言えないので、
歩きやすい靴も必需品です。

c0351060_22171869.jpg



下から見上げてみると、
更に迫力満点の岩々の間をどんどん進み、

c0351060_22171319.jpg

15分程歩いた先で出会ったのは、

c0351060_22265761.jpg


まるで
宙に浮かんでいるかのような素敵な場所

c0351060_22135147.jpg





ここは
Handrail Poolという場所で、

c0351060_22285201.jpg

こんな岩の間にある泉。
c0351060_22445713.jpg

その水面に青空が綺麗に反射して、
天地がひっくり返ったかのようなユニークな写真が撮れました♪

c0351060_22082640.jpg



Handrail Poolから
再び通って来た道を戻り、車に乗り込んで、



続いて向かったのが
Joffre Falls

c0351060_21374225.jpg

Fall(滝)があるのかと思いきや、
滝どころか、水のある気配もない。。。


この暑さで干上がってしまったのかもしれません。
(かつて滝が流れていたかのような白い跡は岩の斜面にあり)





その先の
Knox Lookoutに着いた頃には、

c0351060_21590438.jpg
c0351060_22083231.jpg


すっかり夕暮れ時。
c0351060_21552605.jpg

大きな月が段々と顔を出し、
白から黄色、そして黄金色に輝く高さまで昇っていく姿を眺めたら、

c0351060_22223466.jpg

動物たちが目の前に飛び出してこないか、
気を付けながら夜道を走り、


トム・プライスのキャランバンパークへと戻っていきました。




一度は諦めかけたカリジニ国立公園行き。


実現させてくれた
親切なタクシー会社(TOM PRICE TAXI)の方にお礼を言って車を返却。

c0351060_22025445.jpg

彼らの存在が無ければ、
今日一日途方に暮れていたところでした。



こうして無事、
目的のカリジニ国立公園で迫力の景色を楽しんだ5日目



(ルートの目安です。実際に走行したルートとは異なります)



さっき眺めた今宵の月は、
普段よりも大きく見えるスーパームーン
c0351060_22122294.jpg

キャラバンパークでもその月を眺めながら、
明日にはキャンピングバンの修理が完了することを祈るばかり。。。


[PR]

by ice_oga | 2016-11-14 22:12 | 街散策 | Comments(0) |