全長5000km!西オーストラリア縦断ロードトリップ~DAY3:コーラルベイ→エクスマウス~

西オーストラリア、ロードトリップ3日目。


c0351060_15194349.jpg


昨夜到着したコーラルベイ



さっそく

昨晩宿泊したBayview Coral Bay近くのビーチへお出かけ。







コーラルベイのビーチは…




私の人生の中で

"美しさ暫定No.1"のビーチでした。


c0351060_13073479.jpg




言葉では表現できない程に

美しい青い海白い砂浜






先日も訪れたオーストラリアのロットネスト島も、


南米のイースター島も、

ガラパゴス島も、


ヨーロッパのイビサ島も、

スプリット


エジプトのダハブの海もちろん素敵で、




この旅の途中には

そんなため息ものの美しい海ビーチに出会っては


都度つど感動してきた。




けれど、


コーラルベイのビーチは

それらをも越える美しさ


c0351060_14232139.jpg


あまりの美しい海に

ワンちゃんも、

c0351060_14124713.jpg


ペリカンも、

c0351060_22392313.jpg



もちろん私たちも

大はしゃぎ。


c0351060_22522153.jpg




コーラルベイは

世界遺産にも登録されているニンガルー・コーストの一部でもある

ニンガルーリーフの始まりの場所。




リーフとは『珊瑚礁』のことで、


ここコーラルベイを皮切りに

なんと250Km以上にも渡って

西オーストラリアの北西部にはサンゴ礁が広がっています。


c0351060_23082901.jpg

c0351060_22490708.jpg

ここのビーチでは、
砂浜からほんの1、2m海の中に入っただけで

ダイビングしないとみられない様な
巨大な珊瑚礁が目の前に広がっていて、


小さなものから大きなもの、
カラフルなものまで


いろんな魚たちが目の前を行ったり来たり。




リゾート地でもある
ここコーラルベイのビーチでは、
カヤックなどのレンタルなどもありましたが、
c0351060_23121776.jpg

私たちはこの海を眺めたり、

シュノーケルで浅瀬に潜りサンゴ礁や魚を見つけるだけでも


十分大満足。





次の移動もあるので、

本当は1時間ぐらいサクッとビーチで遊んで

次の目的地へと急ぐ予定でしたが、



このビーチが魅力的過ぎてなかなか離れられず、


気づけば3時間半以上

コーラルベイのビーチで過ごしていました。






海で遊び疲れてお腹も空いてきた頃、

ビーチのそばの駐車場で
ミーゴレン(インスタントのマレーシア風焼きそば)を作ってランチにし、




c0351060_13145310.jpg

c0351060_22534499.jpg



名残惜しみながら

コーラルベイを離れて、次の目的地へと出発。





ちなみに、

昨夜に起きた

運転席のドアが開かないトラブは、



Bayview Coral Bayのスタッフさんに相談してみたところ、


なんと!メンテナンスの方が来てくれて


ネジを絞めて直してくれました♪




c0351060_14053881.jpg


無事運転席の扉も開くようになった車で


蟻塚(アリが唾液を含ませた土を地表に盛って作り上げる「巣」らしい)が窓の外に多く見える道を通り、


c0351060_22480061.jpg



1時間半ほどで

次の目的地、エクスマウスに到着





巨大なエビのいる

エクスマウスのビジターセンターにやって来たものの、


あいにく本日は休業日。


c0351060_14341866.jpg



ここエクスマウスは


とにかく暑い!!


もはや暑いを通り過ぎて、焦げそう!!

(文字通り、肌がジリジリ焼ける感覚がします)




そんな状態なので、
ひとまず近くのガソリンスタンドへ給油のついでに避難し、

みんなでアイスクリーム♪


c0351060_12465890.jpg

Paddle popRAINBOW味
c0351060_15392002.jpg


c0351060_15311106.jpg


虹のように黄色、紫、ピンクがカラフルなマーブル模様のアイス。

卵の味が強めのバニラ味のアイスでした。



ガソリンも満タンにし、
私たちも冷たくて甘いアイスを食べてリフレッシュして、

いざ車に乗り込んだところ、






突如、目の前に

ダチョウに次いで"世界で2番目に大きい鳥"といわれる

エミューの親子が出現!


c0351060_13003777.jpg
c0351060_15510699.jpg



車に動じることもなく、

のんびり街路樹をムシャムシャ食べながら


通り過ぎていきました。




どうやら、

エクスマウスはエミューがよく現れることでも有名な街らしい。

c0351060_12522959.jpg

今回あいにく時季外れでしたが、

エクスマウスはジンベイザメを見れるスポットとしても人気です。






エクスマウスでは、
ビジターセンターの向かいにあったキャラバンパーク、



特に予約はしていなかったものの
無事、空きあり♪

スタッフの方たちに聞いてみたところ、
やはりこの時期は暑すぎるので、そこまで混んでいないそう。
c0351060_22544081.jpg

近くにはスーパー(IGA)のある小さなショッピングセンターもあり、便利な場所でした。





今夜の宿泊場所も決まったところで、

さっそく
エクスマウスの散策開始。




遠くから見たら

"世界の中心で愛を叫びたい人"の憧れ、
エアーズロックに見えなくもない岩(?)が見える道を通り

c0351060_16202236.jpg



Bundegi Beachへ。


c0351060_11212288.jpg
とっても穏やかな海だったので、

まるで温泉にでも浸っている気分で、
しばし海の中でのんびりプカプカ浮かんで楽しんでました。

c0351060_22511162.jpg



だいぶ陽も傾いてきた頃、

エクスマウスで評判の夕陽の鑑賞スポットがあるというので、

Bundegi Beachから、そちらへ移動。






やって来たのは、
Vlamingh Head Lighthouse

c0351060_12455353.jpg


評判通り、
と~っても素敵な場所でした。

c0351060_23014674.jpg



ここは、灯台も建つ
エクスマウスが360度見渡せる丘の上。


c0351060_13442505.jpg



夕陽が水平線の向こうに沈む時間帯になると


私たちと同じように
夕陽を見る為にやって来る車が

オレンジ色に染まる海をバックに
次々とこの丘へと続く坂を上ってやって来る。

c0351060_21592314.jpg

それはまるで
車のCMを見ているかのような美しい情景



太陽が沈むまでの間、
うっとりとその景色を眺めていた私達の頭の中には、
完全にBGMとしてWiz Khalifaの"See You Again"が流れてました。



この曲がピッタリなくらい、
雄大な夕焼け空の余韻に浸ったあとは、

c0351060_11281323.jpg




キャラバンパークに戻って晩ごはん。

c0351060_23002343.jpg

今夜のメニューは、BBQ+パスタ♪

c0351060_22350580.jpg

c0351060_22371657.jpg


こうして、
西オーストラリアのロードトリップの醍醐味といわんばかりの
美しいコーラルベイとエクスマウスの夕焼けを堪能した3日目




 (ルートの目安です。実際に走行したルートとは異なります)


c0351060_23052140.jpg


明日は、
"秘境"ともいわれるカリジニ国立公園を目指して走ります!



[PR]

by ice_oga | 2016-11-12 22:05 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |