全長5000Km !西オーストラリア縦断ロードトリップ~DAY2:ノーザンプトン→カナ―ボン→コーラルベイ~

西オーストラリア、ロードトリップ2日目。

c0351060_18152104.jpg
ノーザンプトンで迎えた朝。




まずは朝ごはん。
c0351060_20251291.jpg

朝ごはんのついでに、
ランチ用にサンドイッチも準備し
c0351060_20264571.jpg


8:45、いよいよ出発


本日最初のドライバーは、
ウン年振りの車の運転となる




恐る恐る運転席に座り、
周りのみんなに


"これどうするの!?"
"次どうすればいいの!?"

と、聞いては教えてもらいながら

どうにか発進。





ハンドルをぎゅーっと無駄に力強く握りながら

恐る恐る進んでく。





もちろん、
海外での運転するのは初めて

こんな大きな車を運転するのも初めて。






更には

この辺り道の

制限速度は110㎞/h

(高速道路ではなく、一般道路が)



そんな高速で運転するのも

もちろん初めて。






とはいえ、

事前に話に聞いていた通り

ひたすら続く一本道。



車もほとんど来ないので、

私のような完全なるペーパードライバーでも安心して運転可能


c0351060_21234799.jpg






青空の下、

赤土色の荒野の中、

延々と続きそうな一本道が目の前に広がる。



まさに

映画さながらの大迫力!!




運転、チャレンジしてみてよかった♪

と、思えるそんな景色を見ながらのドライブ。


※あいにく、運転していたので写真は撮れず。。。








2時間程走ったところにあった

Billabongでガソリン休憩。


c0351060_18310458.jpg



こんなマスクが売ってる売店もある
こちらのガソリンスタンド。

c0351060_18210045.jpg

このように、
街と街の間にポツンとあるガソリンスタンドはどうしてもお値段は高め。

c0351060_15110047.jpg


とはいえ、
荒野のど真ん中でガス欠になったら洒落にならないので、

ロードトリップ中は余裕をもっての給油が絶対。
(後日、それを実感することとなりました。。。)






ひとまずここでは20ドル分のみ給油。


c0351060_20313747.jpg




再び北へ向かって走り続けていくと、



通りすがりに

Lookout(展望台) との表示を発見。





せっかくなので、

その展望台へ寄り道。




そこから見えるのは


見渡す限り

どこまでも続きそうな荒野、そして地平線

c0351060_20353191.jpg

c0351060_20324725.jpg



そんな荒野の中に

今まで私たちが走り、
これからも走り続けていく一本道だけがある。
c0351060_18474362.jpg



広大な景色に出会ったら、



旅の定番、
みんなでジャンプして記念撮影♪

c0351060_15172324.jpg


この写真は
同じく展望台にやって来た
スイス人夫婦に撮ってもらいました。

c0351060_20303778.jpg


なんでも、
一年かけて世界を旅していて、

現在はオーストラリアをロードトリップしているそう。






一時間に
ほんの数台も車に出会わない様なこの道の途中、


スレ違う車は私たち同様にロードトリップをする
キャンピングバンやキャンピングバンがほとんどでした。





Lookoutを後にし

再び北へと進み、




14:30、

本日最初の目的地、カナ―ボンに到着

c0351060_20374097.jpg



カナ―ボンは、
バナナ
c0351060_21330804.jpg

※バナナファームがところどころにありました




カナ―ボンの
ビジターインフォメーションセンター

この街の見どころとしてオススメしてもらった


c0351060_20413581.jpg


One Mile Jettyへ。

c0351060_21423692.jpg


1897年に造られた長い波止場。

c0351060_20465667.jpg


その名の通り、

1マイル(約1.5㎞)にも渡り海に上を散歩出来ちゃう場所。




この日は見かけなかったものの、
電車も走っているというこのJetty。

c0351060_21531033.jpg

歩くにも入場料5ドルを↓の赤い箱に投入する必要があります。
※無料ではないので、要注意!!

c0351060_20425040.jpg

c0351060_20440555.jpg





さっそく、
1マイルの海の上の散歩に出発。

c0351060_21073759.jpg

周りが砂浜から海へと変わり始めてからも

しばらくず~っとまっすぐ歩く。

c0351060_20534655.jpg



年季の入った足元に続く線路も

味があっていい感じ。



c0351060_21440929.jpg


風が強く吹き乱れる中
歩き続け、


c0351060_21295874.jpg


ようやく
一番端に到着。


あいにく
Jettyの最後の最後は入場禁止で入れず。。。
c0351060_21113673.jpg



振り返ってみれば、
だ~いぶ遠くまでやって来たことがわかります。

c0351060_20554949.jpg



ふと海を覗いてみれば、


カメ!!


c0351060_21281542.jpg





マチュピチュ行きを彷彿させてくれるような

線路の上を歩く体験を、


キレイなインド洋の上ででき、



更にカメまで見れちゃう

One Mile Jettyでした。


c0351060_20571149.jpg





再び1マイル歩いて
車を停めた場所まで戻ったら、






今夜の宿探し


このロードトリップ中、


街以外のところは

ネットはおろか電波も入らず電話もつながらない



まだネットがつながってる今のうちに見つけたキャンプサイト、

Bayview Coral Bayへ電話。





無事予約は出来たものの

"受付の閉まる19時までに到着してほしい"とのこと。




予約したBayview Coral Bayのある

コーラルベイはここから240㎞先



ドライバーを運転上手なチヒロちゃんにバトンタッチし、

急いでコーラルベイへ向かう。




窓の外に

地平線に沈む夕日も眺めつつ、

c0351060_21123660.jpg

ギリギリ19:00にコーラルベイに到着




…したものの、


ここでひとつトラブルが発生




運転席のドアが開かない。





…Why!?





外側から見てみたところ、

どうやら運転席のドアの下のパーツを固定するネジが紛失し、


歪んで開かないもよう。

c0351060_21143691.jpg



レンタカーの保険に入って来たので、

ひとまず修理してもらえるものなのか


レンタカーを借りた際にもらった書類に記載された

問い合わせ先に電話。





…してみるも、

電話越しの英語が見事に何を言っているのか理解できない。




どうにか状況を伝えた結果

返ってきた答えは、




"事故ではないので対応できません"。




仕方なく、

運転席の乗り降りは不便にはなるものの、


一旦この件は現状維持で諦めることに。。。





そんなバタバタの中

ギリギリで駆け込んだのが、

ビーチにも程近いところに位置するBayview Coral Bay

c0351060_21410561.jpg

c0351060_21360271.jpg

ちなみに、

予め19:00過ぎに到着することを予めに伝えておくと、



こうしてレセプションのところに

"キャンプサイトの利用に関するお知らせ"を封筒に入れて置いていってくれます。


c0351060_21364228.jpg


※他国では一般的な24時間対応のレセプションがレアなオーストラリアでは、
チェックイン&チェックアウトの時間は忘れずに確認しましょう。






さっそくこちらの共同キッチンで

今夜の夕食の準備開始。




鍋でご飯を炊いて、

c0351060_21402055.jpg

これまた

キャンプの恒例、カレーライス

c0351060_21491684.jpg



車のドアの不安が残るものの、

久々の運転を体験し、
カナ―ボンを楽しみ、コーラルベイまでやって来た2日目


 (ルートの目安です。実際に走行したルートとは異なります





明日はまず、
ここコーラルベイを楽しんでいく予定です。











[PR]

by ice_oga | 2016-11-11 20:32 | 街散策 | Comments(0) |