大好きな島、ロットネスト島に再上陸!

やっぱりもう一度来ちゃいました。

ロットネスト島。



言葉にできない程に青く美しい海と、可愛いあのコに会いたくて。
c0351060_14420712.jpg



4ヶ月前まで住んでいたロットネスト島。


島に住んでいた頃は

フリーマントルB-Shed発のフェリーで本土と行き来していましたが、



今回は

パースBarrack Jetty発のフェリーを利用して

スワン川クルーズを楽しみながら、ロットネスト島へ向かいます。


c0351060_21065474.jpg


利用したのは
8:45発のフェリー。

船内ではアナウンスが流れ、
スワン川上から見える景色を解説してくれました。

c0351060_21443754.jpg


電車でパース→フリーマントルに向かう時とは

また違った風景を楽しめるフェリー。

c0351060_22060456.jpg

c0351060_22122415.jpg


フェリーはスワン川を下り、

10:00頃にフリーマントルに到着。




すると、

ここで一旦フェリーから降りることに。



どうやらパース発のフェリーは

フリーマントルのB-Shedで

お馴染みのフリーマントル⇔ロットネスト島のフェリーに乗り換えるらしい。


c0351060_22162736.jpg


懐かしのB-Shed→ロットネスト島へのフェリーに揺られ、



ついに

ロットネスト島に到着!!


c0351060_22210683.jpg

この島を去ってから4ヶ月も経ったのが信じられない程、


ずっとここに居たような

なんとも言えない不思議な気持ち。
c0351060_22181844.jpg

でも、夏のような日差しが

この4ヶ月の間に季節が変わったことを物語ってました。




この日、

ロットネスト島に着いたのは11:00頃




パース→フリーマントルを電車で行き、B-Shedからフェリーに乗れば

わずか1時間で着くところ、


パースからフェリーで来ると、

所要時間は倍の2時間




日帰りで島に行く場合は、

電車+フェリーを利用した方が効率が良さそうです。



もちろん、パースからフェリーを利用すれば

スワン川クルーズが楽しめるという利点もあります、


※ロットネスト島行きのフェリーの詳細はRottnest ExpressのHPをご覧ください。

※パースにあるHirally´s Ferry TerminalからもRottnest Fast Ferriesが運航するロットネスト島行きのフェリーが出ています。




今回は日帰り(しかも、夜から仕事)滞在なので、



時計まわりに島の中を走る巡回バス、

Island Explorer Bus(20ドル)を利用して


気軽にロットネスト島を一周。



一定方向にのみですが

乗り降り自由なこのバスのチケットは、


バスターミナルやインフォメーションセンターにある券売機で購入可能です。

c0351060_16590275.jpg

c0351060_15121865.jpg

さっそくバスに乗って出発!

c0351060_15105320.jpg



どこのバス停で降りようか迷った結果、


降り立った場所はParker Point




ここは楽園!?

c0351060_18164735.jpg

そう思ってしまうほど、

改めてロットネスト島の美しさを実感させてくれる


青い海白い砂浜



しばしParker Pointで海を眺めた後、


Jeannies Look Outを通りつつ

歩いて向かった先は、


c0351060_22270687.jpg

Little Salmon Bay

c0351060_22575852.jpg
c0351060_17304578.jpg



ここLittle Salmon Bayは


ロットネスト島の中で

一番お気に入りのこじんまりしたビーチ。


c0351060_22105434.jpg


ロットネスト島に住んでいた頃、

ケガをしてしまい海に入れず…


このお気に入りのビーチで海の中に入れずじまいだったことがずっと心残りに。




今日こそは

Little Salmon Bayの海の中に入ってみよう!と、



バッチリ、

シュノーケルマスクも買ってきて準備万端。


c0351060_22311374.jpg




海の中に入ると、

c0351060_18413240.jpg

さっそく魚を発見!!


c0351060_22410716.jpg


魚もさることながら、

念願のLittle Salmon Bayの海の透明度に感動!!




しばし海の中の世界を堪能してました。






陸に上がって

再びバスの乗り込み、



車窓からの景色を楽しみながら、島を一周

c0351060_15180305.jpg





もう一つ、

この機にしたかったこと。



島に住んでいた頃には行きそびれてしまっていた

ARISTOSという海の見えるレストラン

c0351060_14570995.jpg

島の人たちからも評判だった
シーフードクラムチャウダーに舌鼓。
c0351060_14502432.jpg
見た目以上に
ボリュームたっぷりの一品でした。




こうして
島に居た頃にやり残していたことをやり遂げた後は、


かつて働いていたホテルへ。


懐かしのメンバーと再会し、
思い出話に花を咲かせてきました。

当時一緒に働いていたメンバーの大半が
既に島を去ってしまい、


ちょっぴり時の流れを感じて切なくなった後は、





島を去ってからというもの


恋しくて恋しくて仕方のなかった



世界一幸せそうな生き物クオッカTIME

c0351060_21571917.jpg


相変わらず、

とってもキュートな仕草。


c0351060_21542932.jpg
ここロットネスト島以外にはほとんど生息していない

以前もこのブログで紹介した
クオッカことクアッカワラビー








相変わらず可愛いクオッカたちと
いつまでも戯れていたいところですが、

そろそろ本土へと戻るフェリーの時間


帰りはフリーマントルのB-shedまでフェリーで行き、
フリーマントルからは電車に乗ってパースに戻り、

そのまま仕事先へ行く予定。





フェリーの出発時間ギリギリまで
残惜しくクオッカに別れを告げてから
フェリー乗り場に行くと…



目の前で乗る予定のフェリーが行ってしまった!






キレイな海と可愛いクオッカが魅力的な
大好きな島、ロットネスト島。




まだ帰りたくない…


けれど、
このフェリーで帰らないと現実問題マズイ


幸い、次のフェリーに乗せてもらえたものの
c0351060_19060141.jpg

血相を変えて仕事場まで全力疾走したことは、
いうまでもありません。





そんなこともあった久しぶりのロットネスト島。

次にこの島を訪れるのは、いつの日になるのだろう。
c0351060_17201078.jpg














[PR]

by ice_oga | 2016-11-03 22:18 | 街散策 | Comments(0) |