巨大な公園、キングスパークで春の訪れを感じる~新感覚のヘルシーアイス発見!~(COCOwhip)

近頃感じるの気配♪
c0351060_18222367.jpg


北半球に位置する日本とは
季節がの南半球に位置するここオーストラリアでは、

日本が秋めいてくる9月頃になると
ワイルドフラワーと呼ばれる野生の花が咲き誇り

春の訪れを告げてくれます。

c0351060_18253252.jpg


パースでワイルドフラワーを鑑賞するのに最適な場所といえば、

キングス パーク




CATバス(パースシティの無料巡回バス)や
シティからならFree Transit Zone内なので無料でバスに乗って行けちゃうキングスパークは、

都市部に位置する公園としては世界最大規模の大きさ





毎年9月にはKings Park Festivalが開かれ、

ワイルドフラワーを模したキャラクター達に出会えたり、
c0351060_21095134.jpg
Mysterieuses Coiffures Hair Wizardryというブースで
こんな可愛いヘアアレンジをしてもらえたり
c0351060_18342653.jpg

c0351060_18201801.jpg

c0351060_18354617.jpg

期日限定で日本人ガイドさんによる
キングスパークの植物のガイドツアーが催行されたりと(英語のガイドツアーは通年開催中)


オーストラリアの春をより楽しめるイベントが盛りだくさん♪

c0351060_18454146.jpg


※Kings Park Festivalの詳細は"旅いさら"にも書かせていただいたので
そちらをご覧ください↓

キングスパークの見どころといえば…


c0351060_23023692.jpg


まずは、ボタニックガーデン
c0351060_18003668.jpg

c0351060_18530817.jpg


WA州の固有種をはじめ、
オーストラリアの各エリアに生息する珍しい草花や巨大な木など
約3000種もの植物がここに集まっています。


c0351060_20303412.jpg


このFestivalの時期
一年で最も多くの植物の姿をキングスパークで目にするこができるというボタニックガーデンでは、

西オーストラリア州の花でもある
カンガルーポーという変わった形の花や
c0351060_18551408.jpg

ブラシのような形のボトルブラシ
c0351060_16052885.jpg

星の王子様にも登場する
まるで天地が逆になったような姿の木、バオバブ

c0351060_18172292.jpg
c0351060_18514228.jpg

※このバオバブの木はオーストラリアの北部にある"キンバリー"という場所から遥々運ばれてきたものらしい。


アボリジニー(先住民)の生活と関わりの深い植物たちなどを
ところどころ説明付きで観賞♪
c0351060_18323535.jpg




その他、
可愛い鴨の親子もやってくるお昼寝にもピッタリな青々とした芝生
c0351060_22435702.jpg
c0351060_18393054.jpg


空中散歩気分を味わえるガラス張りの橋、
Federaion Walkway

c0351060_00260659.jpg
更にキングスパークの中へと進んでいくと
DNAの立体構造のその名もDNAタワー
c0351060_22513610.jpg

オージーが大好きなバービー(BBQ)を気軽に楽しめる
バーベキュースペースもキングスパークにはあります。
c0351060_20365580.jpg



一日ですべて周るのはひと苦労なほど
大きなキングスパークの

個人的な一番のオススメポイントはコレ。




キングスパークから見る
パースシティスワン川!

c0351060_00263943.jpg

キングスパークはパースのシティより高い位置にあるので、
パースの街の全景を眺めるにもピッタリの場所。

パースにやって来たら
ぜひここからの景色を眺めていただきたいです。




坂の上に位置するキングスパークの近くには
そこへと続く長い長~い階段も存在。
c0351060_21334814.jpg

昇降運動にも励んでいる人たちもたくさんいる
この階段の麓で発見したのが、

気になるメニューのあるカフェ、HEALTH FREAK CAFE。
c0351060_21363540.jpg

c0351060_21181837.jpg

気になるメニューとは、COCOWhip。

c0351060_21411263.jpg


ココナッツウォーターで作られた
ヘルシーなアイスらしい。


しかも、
グルテンフリーで、ビーガンで…と、

健康志向が強い方がこだわっていそうなテーマを全てクリアしているかのような一品。


そんなCOCOwhipを早速、実食♪


・COCOWHIP MATCHA GRANOLA AND STRAWBERRY (11.95ドル)
c0351060_21301348.jpg


見た目はソフトクリーム。

でも、この旅でたくさん味わってきた
一般的にイメージする甘〜いアイスとは、味は全く別物!

ソフトクリームならあるはずの、ミルク感がなく、ほんのりとしたサラリとした甘さ。

今回食べたものはオリジナル(プレーン)味ということもあってか、
ココナッツの後味もありました。


そんなアイスに、
トッピングされたカシューナッツの入ったグリーンティのグラノーラの風味と食感、イチゴの甘酸っぱさがほどよいアクセント♪


COCOwhipには
いつか違いを試してみたくなる
チョコレート味、抹茶味、ブルーベリー味といった味付きのものもあります。


※COCOwhipについても、“旅いさら”に詳しく書かせていただきました⬇



オーストラリアでは
カフェやレストランに行くと、

メニューの横に
ベジタリアン(V)、グルテンフリー(GF)、ビーガン(VGN)など記されていることが多く、

日本以上に食生活に制限を設けていたり、志向がある人たちに配慮しているなぁと感じることがしばしば。


アイスもまた
その傾向を追っていると感じさせてくれた一品。


日本にもこのCOCOwhipが広まる日が近々やって来たりするのかな!?

そんな事を考えた、とある春の一日でした。








[PR]

by ice_oga | 2016-09-30 22:37 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |