ワインの名所"スワンバレー"をレンタカーやツアーに参加せずに楽しんでみる(Rocky Road,Chocolate Sorbet)

パース近郊の
ワイナリーが集まるエリア、スワンバレー

ワイナリーと言うと街から離れたところにあるイメージがありますが、

ここスワンバレーは
パースから車で30分程と
街からわりと近くに位置するワイナリーエリア。

c0351060_20593357.jpg



スワンバレーにはワイナリーの他、
ビールの醸造所チーズ工場チョコレート工場など見どころが点在しています。



文字通り
それらは点在している為、

徒歩や公共交通機関だけでそうした見どころを巡るのは難しく、

レンタカーを借りたり、
ワイナリー巡りのツアーに参加してスワンバレーを訪れるのが一般的。

※アルコールを飲まずに運転するに越した事はないですが、
オーストラリアでは一定の条件の下、血中アルコール濃度が0.05%未満であれば、飲酒運転でも違反にはなりません



今回、ロットネスト島で一緒に働いていた
マリちゃんと一緒にスワンバレーに行くことにしたのですが…


私たちは
レンタカーも使えず(運転免許がない!)
ツアーにも申し込めない(行くのを決めたのが直前過ぎ!)。 


でも、スワンバレー行きたい!!



とのことで、



パースに詳しい方々に知恵を借り、

【レンタカーがなく、ツアーを利用せずとも楽しめるプランを立てて
スワンバレーに行ってきました。


Perth駅 発
 ↓(電車)
Guildford駅
 ↓(Uber)
ワイナリー
 ↓(徒歩)
チョコレート工場
 ↓(徒歩)
コーヒーショップ
 ↓(Uber)
Guildford駅
 ↓(電車)
Perth駅 着



パース駅から電車に乗って、

まずはMidland線のGuildford駅へ向かいます。


尚、この日は土曜日だったのでFamily Riderという切符を利用。


Familyとはなってますが、Familyでなく友人同士でも使用可能

12.4ドルの切符一枚で大人2人、子供5人まで使用でき、


平日は利用可能区間や時間帯が決まっていますが、

土日限定で何時でも、何ゾーンでも一日乗り放題なお得な切符です。

詳細はTransperthのHP をご覧ください





Guilford駅の付近には

クラシカルな建物の郵便局と、

c0351060_20471051.jpg


スワンバレーのビジターセンターもあるので、

ちょっと駅付近をブラブラしてみるのもオススメ。


c0351060_20201597.jpg



ここのビジターセンターで

ワイナリーツアーを申し込む手もありますが、



私たちはここから

Uberでワイナリーへ向かいます。



もちろんタクシーでも

行けますが、


タクシーより安い&初回利用割引が使えたので、今回Uberを利用。


Uberとは、近くにいるドライバーとしてUberに登録している方をアプリで呼んで配車してもらい、

目的地まで乗せていってもらうという、

オーストラリアではよく利用されているサービス。



Uberのアプリ上には

ドライバーさんの顔写真や車の詳細も出てくるので安心な上、

クレジットカード決済で利用時に会計不要なので便利。


今回私たちのところにやってきたUberの運転手さんは


"ここスワンバレーが

西オーストラリアの始まりの場所なんだよー(ヨーロッパからの開拓者たちが最初に移住しはじめた場所)"


と、

スワンバレーの歴史も教えてくれた

アイルランド系の話好きのおじさん。


利用していた車もとってもキレイで快適でした。




【目的地1.ワイナリー】

Uberに乗って私達が向かったワイナリーはLancaster

(UberでGuildford駅⇄Lancaster付近は片道7〜15ドル程)

c0351060_20425537.jpg


c0351060_21130406.jpg


今回、スワンバレーの数あるワイナリーの中でここを選んだ理由は、


立地。



Lancaster付近には

チョコレート工場とコーヒーショップもあるので、

一度の移動でワイナリー以外もいろいろ楽しめるんです!



Lancasterには

ワインのテイスティングも出来る

屋外のバーがあり、

c0351060_17300375.jpg

c0351060_21053746.jpg


さっそく

ワインのテイスティング♪


c0351060_21080782.jpg


チーズも付いてきました(テイスティングは無料!)。


c0351060_20503894.jpg

これぞワイナリーの醍醐味といわんばかりに、


ワイン畑をバックに

青空の下でワインに舌鼓


c0351060_21000136.jpg



そんな調子で、

他のお客さんたちとおしゃべりしながら


白、赤、ロゼ、スパークリングからデザートワインまで、いろいろ試飲。


c0351060_21013066.jpg


もちろん、

このワイナリーではお土産用のワインも購入できます。

c0351060_21113437.jpg




【目的地2.チョコレート工場】

ワインも入って

すっかり上機嫌になったところで、


今度は道路の向かいにある

The Margaret River Chocolate Co.へ移動。


c0351060_21041495.jpg


こちらは、

パースから車で3時間ほどのところにある

同じくワイナリーエリアとしても有名なマーガレットリバーにある

チョコレート工場のスワンリバー支店。


スワンバレーのお店にも工場が併設されていて、


ガラス越しにチョコレートの製造を見学できます (一部ですが…)。

c0351060_21055639.jpg


店内には




一粒サイズのチョコから、

c0351060_21095146.jpg




お土産にピッタリなカンガルーやコアラ、

オーストラリア大陸型のチョコ、

c0351060_20153784.jpg


c0351060_20274375.jpg


懐かしの

クオッカチョコ(本物はもっと可愛かった…)などお土産にも良さそうなチョコレートたち。

c0351060_20255768.jpg


食べるチョコレート以外にも、

チョコリキュール(試飲できます♪)や、

c0351060_19261106.jpg


チョコレートのボディクリーム、チョコレートのマッサージソルトなど、

c0351060_17372899.jpg


チョコレートグッズがいっぱい!




ミルクチョコ、ダークチョコ、ホワイトチョコの試食もあり、

c0351060_20404355.jpg



チョコレート好きにはたまらない場所。



数あるチョコグッズの中には、

チョコレートのアイスも♪


c0351060_21142918.jpg


・ROCKY ROAD

・CHOCOLATE SORBET

(6ドル)



c0351060_21272635.jpg


ROCKY ROADは、

この"ROCKY ROAD"というチョコレート同様に

マシュマロや食べごたえたっぷりのチョコも入ったアイス。

c0351060_12320120.jpg


CHOCOLATE SORBET

チョコレートアイスにチョコレートソースが混じり合い、

チョコレートを堪能するにはピッタリなアイスでした。






チョコレート工場の敷地内には

PROVIDOREというマーガレットリバーのお店も併設されていて、

c0351060_17503978.jpg

ここで

COWARD&BLACKのワインのテイスティングも可能。

c0351060_20513786.jpg


c0351060_20381086.jpg




ワインの他、

オリーブオイルやソース、ジャムやシリアルなど、


キッチンにあったら

手料理がワンランク上の美味しさになりそうなものたちも売られています(これまた試食可能!)

c0351060_21174421.jpg


c0351060_19593115.jpg



【目的地3.コーヒーショップ】

ワインやチョコレートを存分に楽しんだら、


少し歩いて、

目指すはYahava Coffeeというコーヒーショップ。


c0351060_20530713.jpg


Yahava Coffeeの店内は

芳ばしいコーヒーのよい香りで包まれています。

c0351060_19432785.jpg

コーヒーだけでなく、紅茶も充実のラインナップ。

c0351060_21214956.jpg


もちろん、

店内で淹れたての美味しいコーヒーも味わえます。


c0351060_21202770.jpg



ちなみにこの当時、

オーストラリアでは日本より一足早くポケモンGo!がリリースされ、  

オーストラリアにもブームが到来。


ここにもポケモンがいました。

c0351060_21333517.jpg





ワインにチョコレートにコーヒー…と、

これで十分スワンバレーを満喫した気分


たくさんのワイナリーを巡りたいという方には

やっぱりレンタカーやツアーの利用がオススメですが、


そうした足が無くとも、

こんな風にスワンバレーを楽しめます。



 ※スワンバレーについては、

【旅いさら】にも書かせていただいたので、詳細はコチラ⬇をご覧ください。






[PR]

by ice_oga | 2016-07-17 21:22 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |