赤い列車の辿り着く場所。ロットネスト島の歴史を感じるOliver Hill

ロットネスト島は
今となってはリゾートアイランドですが、


かつては罪を犯したアボリジニーたちの刑務所としての役割を担い、


世界大戦時は、
本土のフリーマントル港を守る軍事的な役割も担っていた島でした。




その面影を見ることができるのが、

Oliver Hill。

c0351060_23050087.jpg

c0351060_22575947.jpg


大きな砲台が残る丘。

この丘には地下トンネルも通っています。

※Oliver Hillの中を通るトンネルは、ガイドツアーで見学できるそうです




第二次世界大戦時、
オーストラリア国内にはここロットネスト島のOliver Hill同様の
9.2インチの砲台が7ヶ所あったそう。


c0351060_12183927.jpg



Oliver Hillへは、
フェリー乗り場のあるThomson Bayから
自転車で30分程度



フェリー乗り場の近くにある
Settlement(Thomson Bayから徒歩5分程度) ⇔ Oliver Hillへは

Captain Hussey という
レトロな雰囲気のある赤い列車も走っています。
c0351060_23154659.jpg

c0351060_11570125.jpg


Oliver Hillから
一両編成の赤い列車が島を走り抜ける景色も
なかなか味があります。


c0351060_17574772.jpg



海へと続いていきそうな
線路もいい感じ♪

c0351060_11512302.jpg


Oliver Hillの丘の上から、

c0351060_11492688.jpg

海に沈む夕日や、
c0351060_18475540.jpg

海の向こうの
フリーマントルやパースの街の明かりを眺めたり。
c0351060_18163229.jpg


のんびりと
島の景色を眺めるにも最適な場所。





島の歴史の名残と、
赤い列車、

島を一望できるOliver Hill。


ロットネスト島を訪れた際はぜひ
Oliver Hillに足を延ばしてみるのもおススメです。



[PR]

by ice_oga | 2016-05-29 22:29 | 街散策 | Comments(0) |