風を切って海岸沿いを駆け抜ける、西側のルート〜ロットネスト島サイクリングのススメ⑨

サイクリングでの

ロットネスト島一周の後半は、


島の西の端であるWest Endから

東に向かってひたすら一本道を進み、



途中の分かれ道で、

West Endへ向かう時に通って来た

島の東側を通る道ではなく、


Geordie Bay方面へと続く島の西側を通る道へと進む。

※実際に島を一周した際は
既に夕暮れ時で暗かったので、後日撮影した青空の写真で紹介します♪





その大半が

海沿いの道を走るこのルート。


c0351060_13515360.jpg

青空の下、

風を切って
海を見ながら自転車で島を駆け抜けるのは、

爽快感 抜群!

c0351060_12315295.jpg

この道沿いには、

とにかく綺麗なビーチがたくさん。


c0351060_13174359.jpg


c0351060_12573781.jpg

c0351060_12354243.jpg

サイクリングの途中で

時折自転車を降りてはビーチへと向かい、
砂浜を散歩。



ロットネスト島の砂浜では、
こんなものたちを発見。


可愛らしい貝殻

c0351060_13143545.jpg

キレイな海にお似合いの
様々な形の貝やサンゴが落ちてます。砂浜でお気に入りの形のものを探してみるのも楽しいハズ。


青い物体

c0351060_13462633.jpg

ビニールのような
風船のような、ゴミのような…。

たくさん砂浜に打ち上げられているこの正体は

なんと、クラゲらしいです。
その為、むやみに手で直に触れない方が無難。


・白い物体

c0351060_14014184.jpg

ロットネスト島の砂浜でよく見かける
この白い物体。

一見ののようなのですが、
触り心地や割り心地がまるで発泡スチロール。

この正体は一体何なのか…


その答えは
島のMuseumにありました。

c0351060_13595769.jpg

この生き物の家らしい。

Museumの方が言うには家が体の一部だというこの生き物。

Museumに展示されている写真に写る
この家の主の奇妙な姿に、
一瞬言葉を失ってしまったのは言うまでもなく。。。


この生き物の正体は、なんとイカ(オーストラリアコウイカ)で、
家といわれた部分は彼らのらしいです。






そんなものたちを発見できる
この通り沿いのビーチの中でも


よく名前を聞くのが、

島の真ん中にある灯台が奥に見える
湖を過ぎた後に遭遇する

c0351060_13212952.jpg


Geordie Bay

c0351060_12262778.jpg
ここ
Geordie Bayの周りには

オーシャンビューを楽しめる
コテージタイプの宿泊施設が建ち並んでいます。


人の行き来も多い
島の東側にあるThomson Bayに比べると
こちらは落ち着いた雰囲気。

のんびり長期滞在するのであれば、
ここGeordie Bay側の宿泊施設もオススメ。


Geordie Bayには
スーパーとカフェもあり、
c0351060_13052516.jpg

本土と島を結ぶフェリーの発着する
Thomson Bayの近くにあるバス停から
無料のシャトルバスも走っている

ロットネスト島で2番目に栄えているエリアです。




ここまで来たら、
ロットネスト島一周のゴールは間近。


日帰りのサイクリングでは
本土へと帰る最終フェリーの時間の都合上
難しいですが、

島一周の締めくくりに

以前紹介したPinky BeachThe Basin辺りに立ち寄って、

ピンクやオレンジ色の夕焼けを見に
立ち止まってみるのもステキです。

c0351060_13562255.jpg

c0351060_14040706.jpg

そこから5分もかからずして、
島一周のスタート地点であるThomson Bayに到着。


ついに、

サイクリング
ロットネスト島一周、達成!



どの程度途中の見どころに立ち寄るかで
時間は変わりますが、

私の場合、
サイクリングでの島一周の所要時間は
5時間半強でした。



もちろん、
バスや電車を利用しても楽しめるロットネスト島。



ですが、

やはり私は風を切って海沿いを走り抜け、
島の隅々まで楽しめる

サイクリングでのロットネスト島巡り

オススメします!









[PR]

by ice_oga | 2016-05-27 20:04 | 街散策 | Comments(0) |