難波船を探検!Henrietta Rocks 〜ロットネスト島サイクリングのススメ③

"難波船探検"という言葉の響き、

なんだかワクワクしませんか!?




ロットネスト島でのサイクリング



不思議な光景を楽しめる

Kingstownを過ぎると、



それまではチラホラあった家がなくなり、

道の周りは自然のみ。



上り坂や下り坂を越えて

先へとペダルを漕ぎ進めていくと進んいくと、


突然目の前が開け、

左側に青い海が姿を現します。




まもなく次の目的地

Henrietta Rocks


ビーチへと続く階段も

キレイに整備されているこの場所。


c0351060_10140860.jpg


こじんまりとした、

ここのビーチも美しい。

c0351060_09083617.jpg


ビーチに下りてくると、


ふと水面から何かが頭を出していることに気づくはず。




その正体は、難波船!

c0351060_08195792.jpg



なんと、


ロットネスト島のすぐそばに

難波船が姿を残しているんです!




この難波船は、

SHARKと呼ばれた船。



1939年に海の向こうにある街、フリーマントルで壊れた後、

ここHenrietta Rocksに流れ着き、


80年近くの月日が流れた今尚

この場所にその姿を留めているそう。


c0351060_09223292.jpg






はじめてこの場所を訪れて

難波船の姿を見つけた時から


ずっとこの難波船が水面下でどうなっているのか

"探検してみたい衝動"に駆られていた。






シュノーケリングのポイントでもある

Henrietta Rocks。



この付近では、

ウミガメアザラシ出会えることもあるそう。





"今日こそはここでシュノーケリングをしよう!"


と、意気込んで


泳げない私は

自転車も借りられる例のPedal&Flipper


ライフジャケットをレンタル(ライフジャケットレンタル 10ドル/日。デポジット 25ドル※返却時に返金)。

c0351060_22240510.jpg



ライフジャケットを着て、

シュノーケルを装着したら



いざ、

難波船めざして海の中へ。




何度か書いているように

この日はあいにくの曇り空。

※青空の写真は、別の日に撮影したもの


c0351060_10312919.jpg


南半球のオーストラリアの5月後半=

北半球の日本の11月後半のようなもの。



寒い!



海のの中に入るには

既に季節外れ。



寒さに負けず

海の中を覗いてみると、


目の前にはたくさんの魚たち。


c0351060_10181404.jpg





そして、

念願の難波船のそばへ。

(ビーチから近い距離といえど、足は着かない深さです)

c0351060_08363528.jpg



てっきりこの水面に出てる部分だけが

残っているのかと思いきや、


思ったよりも広範囲に


月日の流れを感じさせる
船の破片たちの姿が。


c0351060_08540987.jpg



海に沈む船の姿なんて

ダイビングしないと見ることが出来ないものかと思っていたのに、


まさかシュノーケリングで気軽に

船の周りを探検できるなんて!



生まれて初めて見る

海の中に沈む船の姿に思わずテンションが上がる!

(残念ながら船の形が丸々沈んでいるわけではありませんが…)




…ただ、


一人で難波船を探検するのは


ちょっぴり不気味。



曇り空と、やや荒れ気味の海の雰囲気も相まってか、


いきなり海賊の服を着たガイコツや亡霊(イメージはパイレーツ・オブ・カリビアンのキャラクター)が現れて


足や手を引っ張られて溺れたらどうしよう。。。



と、非現実的な恐怖が頭を過る。



怖くなってきたので、
難波船とビーチを2往復程楽しんで


今日の難波船探検はこの辺で終了。




魚はたくさん見れたものの、


あいにく今日は

ウミガメやアザラシには会えずじまい。

(島に滞在中に幾度かこの場所を訪れましたが、

私は一度アザラシに会えたのみでした。。。)




再び自転車に乗り、

島一周サイクリングの続き。


もっとへと進んでいきます。





難波船探検という言葉に興味を惹かれた方、

気軽にシュノーケリングで、

Henrietta Rocksの難波船探検にチャレンジしてみるのも
ロットネスト島のオススメの楽しみ方です♪





[PR]

by ice_oga | 2016-05-18 14:40 | 街散策 | Comments(0) |