パース空港から、フリーマントル経由で噂のロットネスト島へ移動

夜も明けて、辺りも明るくなった頃


さっそくパース空港→シティ(パースの中心部)へ移動。


空港の前から

シティ行きの380番のバスに乗車(4.5ドル)。

※パースの公共交通機関情報はTransperthのHPをご確認ください


c0351060_15083581.jpg
c0351060_15223435.jpg

40分程で、パースシティに到着。



…したものの、

シティのどこでバスを降りればよいか迷っているうちに、


バスの終点のターミナルに到着。




すると、

ウロウロ迷っている私を見かねてか、


バスの運転手さんがターミナル内のインフォメーションまで案内してくれました。

c0351060_15343868.jpg

インフォメーションで

ひとまずパース駅に向かうバスを教えてもらい、乗車。



尚、このバスターミナルからパース駅まではフリーゾーン内の為、

無料でバスに乗れます。

(後から調べてみたところ、このバスターミナル→パース駅は徒歩圏内でした)




こうして無事、パース駅前に到着。

c0351060_11213214.jpg
c0351060_15301542.jpg

でも、

ここパースは私の最終目的地ではない。



目的地は、

パースのそばにあるという

ロットネスト島



駅前のインフォメーションキオスクで

ロットネスト島への行き方を聞いてみたところ…

c0351060_11261851.jpg

"パースシティの情報はわかるけど、

ロットネスト島への行き方はわからないから

(ここから徒歩5分程度のところにある)ビジターセンターで聞いてみて"


とのこと。



そんなインフォメーションキオスクの

ボランティアのおじさんと仲良くなり、


そのまましばらく立ち話。


c0351060_15245754.jpg

そんな頃に、
パースに到着した旨を伝えたこれから働く予定のホテルから


"フリーマントルのB-shedの
15:15発のフェリー予約したよ"

と、連絡がきた。




B-shedって何!?フリーマントルってどこ!?


ひとまずパース駅付近で使える
フリーwifiを繋いで調べてみると、

パースから電車で30分程のところにある
フリーマントルという街のB-shedという港から

ロットネスト島行きのフェリーが出ているらしい。

※ロットネスト島へのフェリーの
発着場所や時刻表は、Rottnest ExpressのHP
ご確認ください。





さっそく目の前にあるパース駅から電車に乗り、

フリーマントルへ。


c0351060_15454716.jpg

パースはメルボルンに比べて


電車のラインや車両内の雰囲気、

窓の外に広がる景色もゆったりしている印象。




窓の外に青い海が見えてから程なくして、


c0351060_22232898.jpg

フリーマントル線の終点でもある
フリーマントルに到着


c0351060_11482115.jpg



フリーマントルは、
まるで映画のセットのような街並みの

お洒落な港街
c0351060_16160021.jpg

c0351060_15532496.jpg

c0351060_15510694.jpg
ちょこっとフリーマントルの街中をブラブラしたら、

B-shedへ移動。
※B-shedは、
フリーマントル駅を出て、右に進んだ先にある駐車場の奥にあります(駅から徒歩5分程度)

c0351060_16260525.jpg

ホテルの方が言っていた通り、
フェリーのチケットもちゃんと予約されてました♪
c0351060_16215723.jpg

チケットを手に、
いよいよフェリーに乗船
c0351060_16282601.jpg

島に向かう船内に流れる

ロットネスト島のプロモーションビデオを見ていると、


"リゾート地" といった感じ。



c0351060_16295532.jpg

c0351060_16321026.jpg



わずか30分程で、
これから働くロットネスト島に到着。





ロットネスト島は

こんな綺麗な海に囲まれて、


c0351060_16480672.jpg

こんな美しい夕焼けが見れて
c0351060_16450237.jpg

こんな可愛い生き物が住む島


c0351060_21575861.jpg


私は海なし県の山育ちなので、

まさか海に囲まれた島で働く日がくるなんて、夢にも思っていなかったもの。



ワーホリ生活第一章、
メルボルンのイチゴファーム生活が終わり、

第二章、ロットネスト島での島暮らし生活がいよいよ始まります。


[PR]

by ice_oga | 2016-04-01 20:13 | 交通・移動 | Comments(0) |