トラブルは突然やって来る…シェアハウスで問題発生〜ワーホリ中の住まいについて〜

朝から晩までイチゴを摘む生活も
すっかりローテション化して慣れてきた頃、


周りがざわつき始めた。





その原因は
シェアハウスの管理人とのトラブル。





【ワーキングホリデーでの滞在のように
オーストラリアで短期間部屋を借りる場合の一般的な流れ】

※今回のシェアハウスは、インターネットに掲載されていた
"シェアハウス付きのファームジョブ"の募集経由で見つけたため、
②はせずに入居しました。



①情報収集
インターネットや街中(スーパーや大学等)にある掲示板
等で空き部屋の情報を入手。物件によって居住形態、入居条件も様々です。


 部屋のタイプは?
 ・一軒家タイプのシェアハウス
 ・一般家庭の空き部屋を間借り
 ・アパート、またはアパート内の一室
 
 誰と住む?
 ・自由気ままにひとりで
 ・家では日本人とのんびり
 ・多国籍なルームメイト達と国際交流

 どこに住む?
 ・どこへ行くにも便利なシティ
 ・オーストラリア感溢れる、落ち着いた郊外

 見つけた物件の入居の条件は?
 ・最短居住期間の有無 (ミニマムステイ)
 ・退去の申請は○日前までに連絡が必要か(ノーティス) ※2週間前程度が一般的

②内覧(インスペクション)
見つけたお部屋のオーナーや管理人さんに連絡し、
実際にお部屋を見学

↓ (住みたいお部屋に出会えたら…)

③諸費用の支払い
入居の際は、様々な費用が発生

・ボンド(デポジット)※敷金のようなもの。2週間分の家賃相当額が一般的
・キーデポジット ※個人で鍵を持つ場合、要求されることも)
・最初の週の家賃(レント)※オーストラリアでは週払いが多いです
・光熱費(ビルズ、ユーティリティ)※家賃に既に含まれている場合もあります

④入居開始


入居時に支払うボンド

入居中に特に問題がなく、ノーティスをきちんと伝えれば
退去時に返してもらえます





ところが、
このシェアハウスから既に退去した人達が
未だボンドを返してもらえていない事が発覚


そんな状態にもかかわらず、
当の管理人は近々遠くの街へ引っ越すという。



(管理人は)ボンドを持ち逃げする気では!?



と、住人の間に一気に管理人に対する不信感が広がり、

短期間に
いろいろとバタバタな揉め事が発生。
※以前から住んでいる人たちの話によると、この管理人は前にも金銭トラブルを起こしたとのこと




私が住み始めた時には
20人以上の人が住んでいたものの、


2週間が過ぎた頃には
シェアハウスの住人の数は半分程に減ってしまった。





結局のところ、
ボンドの件については両者のコミュニケーション不足が原因で、
ボンドもきちんと返すという方向で決着。




…はしたものの、


このバタバタ劇の管理人の対応+
毎日のピッキング作業での足腰の痛み+働いてもマイナスになっていくお金



まだセカンドビザを取るかどうかも決めていないのに
(セカンドビザ申請の条件の1つに、88日以上、このファームジョブのような業務に従事する必要あり)

このままここに居てよいものなのか
悩み始めてきた。




そこで、
ひとまず誤解も解け、管理人の仕事自体は別の街へ行ってからもきちんと遂行しているという

管理人と話をしてみることに。






その結果、


(私の中では) やっぱりこの人は信用できない。

また問題が起きるのも、これでは時間の問題、と判断。



この瞬間、
家を出ること=仕事を辞めることを決意




"仕事を辞める"といっても


いきなり「明日から仕事行きません!」とはさすがに出来ないので、


あと10日程イチゴファームの仕事を続け(基本は、仕事を辞める時も2週間ノーティス)、

次の仕事を探します!





そんな事も起きたシェアハウス。


この関連のトラブル以外は特に問題もなく、楽しく生活。



共有のキッチンでは、
料理が得意なシェアメイトが、時折美味しい食事を恵んでくれたり♪



デザートにアイスまでいただいちゃったり♪


・Coconut Mango Ripple
c0351060_00294894.jpg
オーストラリアのスーパーでは、
1リットルや2リットル等、日本に比べて大容量なアイスもいろいろと種類豊富。

マンゴー風味が濃厚なこのアイスを
ワッフルの上にのせて食べても美味しい、ミルキーなアイスでした。
c0351060_00303631.jpg




今回は、金銭+管理人とのトラブルでしたが、
慣れない海外の土地で部屋を借りる場合、それなりのリスクも付きもの。


その反面、
日本では住めない様な海外の素敵なおうちに住めたり

ワーホリ生活を更に楽しくしてくれるようなルームメイトやシェアメイト達に出会えることも。



地球上のどこにいても、
快適な住み家は大切です。



[PR]

by ice_oga | 2016-03-24 19:34 | アイスクリーム〜オセアニア〜 | Comments(0) |