オーストラリアで仕事探し

ワーホリの過ごし方は人それぞれ。


はじめのうちは語学学校に通って、
現地の家庭でホームステイして英語を学び、

現地の生活に慣れてきたら仕事を探して働き出すのが
ワーキングホリデーの王道パターンなのではないかと思います。
(実際、私も10年前にカナダにワーホリに行った際は
そういう手はずを整えてから渡航しました)



今回は
完全にオーストラリアを旅する&
だいぶ減ってきた旅の予算を補充するのが目的。



いろいろすっ飛ばして、仕事探しを開始。



【ワーキングホリデーでの一般的な仕事の探し方】

1、インターネットで探す
インターネットの求人サイトや
情報サイト内の求人掲示板から、求人情報を得ます。
または、各企業のホームページに求人情報が掲載されていることも(大手のチェーン店等)。

《英語の求人情報》
※情報量は最大級と思われる無料のクラシファイド。
求人情報だけでなく、家探しの際に役立つ住まいの情報や
引越しの際に役立つ物の売買の掲示板もあり。
オーストラリアにワーホリしに来たら、必ずというほど名前が挙がるウェブサイト。


《日本語の求人情報》
日豪プレスJAMS TVDengon net等(各エリアごとに秀でたサイトがあります)
※日本人向け=日本人を雇いたい方々が情報を載せているので、
仕事が見つかる可能性は、英語のサイトに比べると高い気がします。




2、履歴書(レジュメ、CV)を街中で配りまくる
英語の履歴書(履歴書は英語でResume、CV)を作成し、
実際に働きたいお店に出向き配り歩きます。

オーストラリアでは、
日本のように「履歴書」の用紙は決まっておらず、写真も添付不要。word等を利用し、自分で一から作成します。
(履歴書に氏名、連絡先、職歴、最終学歴等を記載。必要であれば「カバーレター」と呼ばれる履歴書用の表紙も作成)

店先に
"We are Hiring" と掲示があれば求人中なので、
店員さん(なるべく、マネージャーなど責任者の方)に、履歴書を手渡し。
c0351060_23072772.jpg

特に何の掲示もなくても
実は求人中の場合もあるので、

興味が湧いたお店には、ひとまず店員さんに声を掛け
履歴書を配っていきます。


一軒目で仕事が決まる場合もあれば、
(オフシーズン中などは)何十軒も履歴書を配っても
連絡すら来ないこともあったり…

こればかりはタイミングとしか言いようがないです。





3、バックパッカーズ(ユースホステル)やエージェント、知人に紹介してもらう
一番確実に仕事にありつけるのが、この方法。

とりわけファーム(農場や牧場)のある街には、
仕事を斡旋してくれるバックパッカーズが存在しています。
※オーストラリアではユースホステル(Youth Hostel)の事をバックパッカーズ(Back Packers)と呼ぶ方が一般的。

確実に希望の職種に就きたい場合などは、
仕事を斡旋してくれるエージェントに頼るのも、ありかもしれません(手数料が発生する可能性あり)。

はたまた、
働ける期間がさほど長くないワーホリが働く職場では
それなりに人の入れ替わりがあるもの。
知人が仕事の空きポジションを紹介してくれることもあります。





オーストラリアでのワーキングホリデーならでは
仕事探しの際に留意する事項がひとつ。


それは、
オーストラリアでもう一年間ワーホリが出来る
セカンドビザの取得を目指すか否か


オーストラリアでセカンドビザを申請する為の条件のひとつに
指定の地域有償指定の産業(マイニング、ファームジョブ等)88日間以上従事する必要があります。



その為、
セカンドビザ申請の為に仕事を探す際は、

・セカンドビザ申請の対象となる職種であること
・   〃  対象の地域であること
・ 〃   の必要書類を発行してもらえること

の確認もお忘れなく。


尚、88日間=約3ヶ月だからといって
ビザの期限が切れる3ヶ月前にセカンドビザ申請の対象となる仕事を始めるのは危険


休日は申請に必要な日数にカウントされなかったり、
不作を理由に仕事を入れてもらえなかったり、
シーズンが終わって仕事がなくなったり、
ある日突然クビになったり(結構あるらしい)…


あらゆる想定外の事態が起こり得るので、
セカンドビザの申請を考えている方は

余裕を持って仕事を始めることをオススメします。




ひとまず、
1のインターネットで仕事探しを始めてみたところ、

シェアハウス(お米付き)+ファームジョブの求人を発見。


募集要項によると、

偶然にもシェアハウスの場所は
今居るSpringvale

しかも、週に500ドル〜1000ドル程度稼げるらしい。
※オーストラリアは家賃も給与も週払いが多いそうです。

と、なかなか良さげな条件。



まだセカンドビザを申請するか否かは決めていないけれど…


現在ワーキングホリデーの年齢制限ギリギリ私の場合は、
セカンドビザの申請期限が31歳の誕生日を迎える前まで(2016年3月時点)。

若くしてワーホリにやって来た人たちに比べ、

申請の締切が早い。



"万が一、申請したくなった時の為に
ひとまず対象の仕事をしておいた方が良いのかな??"



そんな思いでこの求人の担当者に連絡してみたところ

セカンドビザの申請対象の仕事(Springvale自体は対象外の地域ですが、シェアハウスから離れたファームのある場所はセカンドビザ申請の対象地区らしい)で、


レジュメも不要、面接も無しのまま、

“明日からでも来てください”とのこと。


こうして早速
オーストラリアで最初の仕事、
ファームジョブをゲットしました。

c0351060_21102081.jpg

果たして、
この決断は吉と出るのか凶とでるのか…。

[PR]

by ice_oga | 2016-03-05 21:01 | ワーキングホリデー | Comments(0) |