乗り継ぎ時間で、懐かしのマレーシア観光

スリランカのコロンボから
飛行機に乗ってやって来たのは、

39ヶ国目、
マレーシアクアラルンプール。

c0351060_15082240.jpg


スリランカ➡オーストラリアへ向かう際、

トランジットの為に立ち寄り、
約17時間ある乗り継ぎ時間を利用して

サクッとクアラルンプール観光





空港内にある
荷物預かり所(LUGGAGE STORAGE:Sサイズ19リンキッド、Mサイズ30リンキッド)で余分な荷物を預け

c0351060_15311688.jpg

電車に乗って街へ。
c0351060_03503376.jpg

空港クアラルンプール中央駅(KL Sentral)まで直通の
特急列車もありますが(片道55リンキッド、往復100リンキッド)、


今回、各駅停車に乗って
空港➡クアラルンプール中央駅の途中にある
プトラジャヤへ寄り道(9.4リンキッド。所要時間約20分)。

c0351060_03532590.jpg


この旅を始める以前に


その時に時間が足りずに訪れることができず
心残りだった場所が、

マレーシアの新行政首都であるプトラジャヤ

c0351060_04290453.jpg



中も外も色鮮やかな
ピンクモスクや、

c0351060_03573753.jpg

c0351060_15225902.jpg
c0351060_04555838.jpg

※ピンクモスク内に入る際は、
女性は同じくピンクの布を入口で借りて体のラインを隠します。
c0351060_15205115.jpg



のドーム型の屋根が特徴的な
巨大な首相官邸もあるこの地区。
c0351060_15260656.jpg

首都はクアラルンプールであるものの、
行政機能はこの街に移動しているらしいです。


首相官邸に向けて気持ちいい程に
真っ直ぐな道が続いていたり、

c0351060_15133015.jpg

まさに
計画的に造られた新都市。



プトラジャヤ駅から
川を渡った先にある首相官邸等が集まるエリアまで
バスで行くこともできますが(バス代50センツ)、

形もユニークな橋を歩いて渡って
そんな街並を眺めてみるのも面白い街です。
c0351060_15374312.jpg

c0351060_15302830.jpg

c0351060_04270071.jpg




プトラジャヤ散策の後は、
バスに乗ってクアラルンプールの街中へ。

c0351060_15491772.jpg


プトラジャヤ駅前のバスターミナルから50分程で
クアラルンプールの街中にあるセントラルマーケットに到着(プラトジャヤ駅→セントラルマーケット:3.8リンキッド)。

c0351060_15185202.jpg

お土産屋さん(マレーシア名物のナマコ石鹸もここで買えます!)や
カフェ、マッサージ屋さんも入ったセントラルマーケット。


このセントラルマーケットを皮切りに、


この日は
自転車の国際レースが大規模に行われていた

クアラルンプールの街中をブラブラ。
c0351060_15541374.jpg

c0351060_15480639.jpg
※警備員の方々と♪


·スルタン アブドゥル サマド ビル
I♡ KLのモニュメントもあるムルデカ スクエア近くに建つ、旧連邦事務局ビル。

c0351060_15522627.jpg


・マスジットジャメ
駅のそばにたたずむ、イスラム教のモスク。

c0351060_15595969.jpg

女性はスカーフで髪の毛を隠して入場。

c0351060_15424554.jpg

中では皆さんくつろいだり、お祈りしたりと
のんびりした空気が流れてました。

c0351060_15502110.jpg


・中華街
ここは中国!?と思うくらい
中華系のお店が並ぶ中華街。
美味しそうな食べ物や、日用品の屋台がズラリ。
c0351060_16024786.jpg

中華街には仏教寺院の姿も。

c0351060_04490414.jpg


c0351060_16013400.jpg

•スリ マハ マリアハン寺院
中華街にあるヒンドゥー教の寺院。
インドやスリランカを彷彿とさせる場所。

c0351060_04474470.jpg


短時間でも十分にわかるほど、

クアラルンプールは
いろんな宗教、そしていろんな国の人々が混じりあった街。

街中を歩いていると、
こういうのを"多国籍な街"というんだなぁと、 
思わず感じてしまうところ。




そんなクアラルンプールで

前回訪れた際に見つけた

黄色い建物と
真っ赤なハートがお洒落で気に入った街角。

c0351060_14065867.jpg

またこの場所へ行きたくて
記憶を頼りに歩いていき、



”確かこの辺り…”

という場所にたどり着くも

c0351060_15410338.jpg

残念ながら
当時の風景はもう消えてしまってました。



二度目の訪問ならではの
時の流れの寂しさをちょっぴり感じつつ、



続いては、
クアラルンプールに来たら見逃せない

KLLC駅にある
ツインタワー(Petronas Twin Towers)へ。
c0351060_04501390.jpg

近代的な背の高いビルが並ぶKLLC近辺には

伊勢丹、イオン、ユニクロに無印良品…と、

旅を始めてからしばらく目にしていなかった
懐かしの日系企業のお店もチラホラ。


東欧、スリランカを旅した後だと、

マレーシアは地理的にだけではなく、
街の雰囲気も一気に日本に近づいた気分になる国。



巨大なショッピングモールでもある
KLLC内のお店で

辛い! けれど、
クセになるココナッツカレーと
麺の組み合わせが美味しい

イエローラクサでお腹を満たしたら、

c0351060_04505860.jpg

そろそろ空港に戻る時間。



KLLC→KL Sentralまで電車に乗り(2.4リンキッド)、

今度はKL Sentral から特急列車で空港へ(55リンキッド)。

c0351060_15591491.jpg


とにかく広い
Air Asia用のターミナル。


出国審査とセキュリティチェックを終えた後も、

お店もたくさんあったり、
映画上映をしているラウンジもあったり、

空港内散策だけでも楽しく過ごせそうな場所。
c0351060_15400882.jpg

 

空港内の電源付近で
携帯電話を充電している合間に仲良くなった

同じくオーストラリアに向かうという
フランス人のパトリシア&フィリピン人のリニュムと
お話しながらゲートが開く時刻まで待機しつつ、
c0351060_15365635.jpg


その合間に、
余った現金でアイスクリーム♪


マクドナルドで見つけた
• Pie a-la-mode

c0351060_15565851.jpg

c0351060_15552294.jpg

選べるパイやソースの中から、
ドラゴンフルーツのホットパイ&ストロベリーソースをチョイス。

果肉も入った熱々のドラゴンフルーツパイと
ストロベリーソース、 

そして冷たいアイスクリームの

熱くて冷たいデザート。
見た目以上にボリュームたっぷりの一品でした。



アイスも食べ終え、 

もう一度ゲート手前で
セキュリティーチェック+パスポートチェックを受けたら、

目的地、   
オーストラリアメルボルンに向けて、
出発!!



乗り継ぎ時間だけでも 
見どころ巡りやすい多国籍な街、クアラルンプール。  

ぜひトランジットで立ち寄る際は,
街中へ足をのばしてみるのもオススメです。


[PR]

by ice_oga | 2016-02-28 22:34 | アイスクリーム | Comments(0) |