スリランカでボラれたり、アーユル・ヴェーダを受けたりした話

ここまで好印象続きのスリランカ。

…ですが、
やっぱり旅の最中は油断大敵。

久々にガッツリとボラれました。





満月の夜の寺院巡りの余韻が残る朝。

本当は、これからもう一度遺跡地区に出向き、
昨夜まだ訪れていないアヌラー・ダブラの見所を巡ろうと思ってたのですが…


満月の夜のお参りで、
気持ちが満たされてしまったので、


次の街、ダンブッラへと先を急ぐことに。



アヌラー・ダブラ→ダンブッラへは、
Columbo Bus Terminal(昨日コロンボから辿り着いたOld Bus Terminalの斜め向かいから
9:45発のバスに乗車。


今回利用したのは、
いわゆるインターシティーバス(小さなバス停には停まらない、特急のような直通バス。昨日コロンボから利用した各停のバスに比べると値段は高め)。
c0351060_03070590.jpg

スリランカのバスは、
大きい荷物を持っていると二人分の運賃をとられるとの噂(二座席分占領してしまうので)。


その為、330ルピー×二座席分で660ルピーをお支払い。

…と、私は二座席分とられましたが、
バスの前の方に座ってる人たちは、運転席の後ろに荷物を置いてもらえて
一座席分しか払わずに済んでる様子。

ここら辺の匙加減は時と場合によりけりらしい。。。


※“ボラれた”のは、
このバスのことでは、ありません。
物理的に二座席占有してるので、理にかなってます。



エアコン付きで快適な温度のバスの車内でウトウトしていると、
僅か1時間程(あっという間!)でダンブッラに到着

c0351060_19460529.jpg


ダンブッラの予約した宿の地図を見てみると、
バスを降りた場所からなかなかの距離がありそうなので、


トゥクトゥクに乗って、宿へ。


ところが、
バスを降りた場所からほんの少し先の時計塔(Clock Tower)の
そばの小道を入ったところにある建物の前で、
トゥクトゥクをで降ろされた。
c0351060_12142450.jpg

c0351060_02445982.jpg
???

ここならバスを降りた場所から歩いて5分程度で来れそうな距離。


本当にココが予約した宿!?

と、違う場所に連れてこられたのではないかと
疑心暗鬼になっているも


宿の名前や電話番号を見る限り、
予約したGamagedara Resort (US10ドル/泊。住所:Silva Mawatha, 21100 Dambulla)で間違いない様子。


どうやらネットに載っていた地図が間違っていたもよう。
※2016年10月現在は、↓の正しい場所に修正されてました。
c0351060_16135045.jpg
がGamagedara Resortの場所(Google Map 引用)。
アヌラーダブラからのバスが停まるのは、
縦にはしる黄色い道の(サンパス・ロードと交わる地点よりも)もう少し上辺り。


今回も、シングルルーム。
c0351060_02391204.jpg

+450ルピーでディナーも付けられます。



”美味しいよ”
という宿のオーナーさんの言葉を信じて
ディナーも頼むと、


出てきたのは、
スリランカでカレーに負けず劣らず見かける、チャーハン
c0351060_02532069.jpg


ディナー自体は悪くはなかったのですが、

一番安い部屋に一人で泊まる私は
どんどん他のお客さんの後回しにされ、

19:30と言われていたディナーを食べさせてもらえたのは空腹の限界を過ぎ去った21:00過ぎ。。。



そんなこともあった宿に荷物を置き、


これから向かうのは、
スリランカにやって来た一番の目的といっても過言ではない、

“アジアのマチュピチュ”ことシーギリヤ
c0351060_15171047.jpg

ダンブッラの街から少し距離のあるシーギリヤへの行き方を

宿にあった
↓のようなダンブッラ近辺の簡易地図を見ながら考えていると、

c0351060_19570488.jpg

この宿まで乗せてきてくれた
トゥクトゥクの運転手さんが声をかけてきた。


運転手:“シーギリヤまではバスも少ないし、
バスで行っても最寄りのバス停から10㎞以上歩かなきゃいけないから、
みんなそのバス停からシーギリヤまでトゥクトゥクに乗るんだ”


運転手:“ここ(宿)からシーギリヤまで
トゥクトゥクで2,000ルピーで乗せてくよ”


日本人も今までいっぱい案内したよと、

いろんな国のことばでこの運転手さんのトゥクトゥクに
乗った人の感想が書かれたノートを見せられる。



ノートの中を見てみると、
キレイな日本語で“一日5,000ルピーでトゥクトゥクでいろんな場所を案内してもらいました”的な内容がビッチリ。


ここからシーギリヤまでのトゥクトゥクの相場が
どの程度かイマイチよくわからないものの、


ひとまず1,500ルピーには下げてもらえたので、
トゥクトゥクでダンブッラの街から直接シーギリヤへ向かうことに。




こうして、
この運転手さんのトゥクトゥクでシーギリヤへ出発!



…が、
お察しの通り、

騙された!!



シーギリヤまでトゥクトゥクで直接行っても
そんな高額かかりません!!
※実際4~600ルピー程度。


それどころか、
バスもシーギリヤのすぐ近くまで通ってるそうです。
※バスだとダンブッラの街からわずか50ルピーもかからないとのこと。



ですが、
この時はそんな事とはつゆ知らず
念願のシーギリヤに向け、ワクワク気分。



シーギリヤへ向かう途中も
運転手:“他の遺跡も○○ルピーで案内するよ”

と、やたら勧誘してくる運転手。


適当にそうした勧誘をかわしていると、

運転手:“アーユル・ヴェーダとか興味ある??”

と、思わず気になる一言が聞こえてきた。


近年、日本でもその名を聞く
アーユル・ヴェーダとは、インドやスリランカ周辺発祥の伝統医学。心身の健康を保つことを目的としたもので、このアーユル・ヴェーダに基づいたマッサージは、観光客にも人気のひとつ。

c0351060_20170220.jpg

スリランカ滞在中に
一度は体験してみたいと思ってたもの。



この先も、
スリランカの旅は行きたいところが多くて
予定は詰め込み気味。

アヌラー・ダブラを予定外に早く出た分
今日は時間に余裕もあるし、

急遽、シーギリヤに行く途中にあるという
アーユル・ヴェータのお店に立ち寄っていくことに。
c0351060_20011455.jpg

紹介されたのは、
オイルを用いた全身マッサージ&スチーム風呂
一時間で3,000ルピーのコース。


早速マッサージを受け、
c0351060_20074603.jpg
葉っぱの敷かれたスチーム風呂で蒸され、
c0351060_20040135.jpg
c0351060_20112050.jpg

シャワーを浴びて、終了。


マッサージ自体は気持ちよかったものの、

時計を見てみると、
まだ50分も経ってないのに終了!?


と、
やや割高感が残るアーユル・ヴェーダを経て、


再びトゥクトゥクで走り、
ようやくシーギリヤの姿が見えてきた!

c0351060_18075803.jpg


トゥクトゥクを下りると、

運転手:“二時間ぐらい待ってるから
往復で3000ルピーで帰りも宿まで送ってくよ”とのこと。


シーギリヤは時間を気にせずゆっくり見たいので、
その提案は断ると


急に不機嫌になった運転手。


彼は1,500ルピーを受けとると
ソソクサと去っていきました。



確かにトゥクトゥクを降りた周りには
あまり人もいないし、

運転手の言ってた通り、
帰りにバス停に向かうトゥクトゥク探すの大変なのかなぁ

と、思いつつゲートに向かうも、

ここは入口ではないとのこと。


ゲートにいた警備員さんに教えてもらった
チケット売り場方面へと歩いていると、
c0351060_18100067.jpg

後ろから
親子を乗せた別のトゥクトゥクがやって来た。


“なんでこんなところを歩いてるの??”と、
運転手さんに声を掛けられ、


乗ってきたトゥクトゥクにこの近くで降ろされた旨を
説明すると、


“変なトゥクトゥクだね。観光客はみんなむこう(チケット売り場の近く)でトゥクトゥクを降りるよ“



降ろされた場所と言い、
アーユル・ヴェータのお店といい

やっぱりさっきのトゥクトゥク
何かだ!

ひょっとして、ボラれた!?



…と、ようやくここで
騙されたことに気付き始める。



今後シーギリヤへ向かわれる方、

くれぐれも、
悪質なぼったくりトゥクトゥクには
ご注意を!!




騙されたことに気付き、
一気に嫌~な気分に陥れられるも、

やっぱりスリランカは基本いい人が多い。


この声をかけてくれたトゥクトゥクの運転手さんが、

わさわざチケット売り場の近くまで
(無料で)トゥクトゥクで乗せていってくれました。
※トゥクトゥクに乗ってた親子は、運転手さんの家族でした♪
c0351060_16244575.jpg

この優しい方々に
騙されて落ち込んだ気持ちを少し救われたところで、


気を取り直して、
いよいよ念願のシーギリヤ見学へ!!



[PR]

by ice_oga | 2016-02-23 14:11 | 交通・移動 | Comments(0) |