インドに似てる!?スリランカのコロンボの街を散策(Vanilla Double)

スリランカ、コロンボ。

この街の印象は、
人がフレンドリー&優しい。

c0351060_22015471.jpg
そして、

インドに似てる!!



地理的にも近いし、
c0351060_02251697.jpg
暑いし、カレーも多いし。


三輪タクシーのトゥクトゥクが走り、
道端に露店も並ぶ雑踏感は、

数年前に訪れたインドを彷彿とさせる。
c0351060_19083893.jpg
※三輪タクシーは、「トゥクトゥク(タイの三輪タクシー呼び名)」でもスリランカでは、通じました。
スリランカでは「スリーウィール」、インドでは「オート・リクーシャ」と呼ばれるのが一般的だそうです。



そんなコロンボの中心は、
昨日もやって来たFort駅をほぼ中間地点として
高層ビルや、政府関係の建物も建ち並ぶフォート地区
”庶民の街”といった雰囲気のペター地区の周辺エリア。


宿のそばからバスに乗ってFort駅までやって来て、

街中の人たちとお話ししながら
ペター地区側をあてもなく歩いていると、
c0351060_19122504.jpg

バナナがいっぱい積まれたトゥクトゥクや

c0351060_19522089.jpg

グァバ売りの屋台に遭遇。
c0351060_19291129.jpg


カレーをはじめとする
辛いものやスパイスを使う料理の国らしく、

グァバを購入してみたら、真っ赤なチリをかけてくれました。
c0351060_19361219.jpg


ここでは
メキシコのチリマンゴーを思い出させる、組み合わせ。



そんなグァバを片手に歩いていると
目の前に現れたのは、

ジャミ・ウル・アルファー・モスク。
c0351060_19335081.jpg

ウォーリーの服のような、
一時期話題になった漫画家の楳図さんの家のような

のストライプ柄のモスク。

観光客が入れるのは入口まででしたが、
内部から見てもインパクト大なストライプ柄!
c0351060_19254425.jpg


そんなモスクを後にし
更に進んでいくと、


インドで良く見かけた
ヒンドゥー教の寺院を発見!
c0351060_12094202.jpg
c0351060_20060103.jpg
寺院の近くにも、
お供え用の色鮮やかな花も並んでいたり。
c0351060_21173768.jpg

ここの寺院は扉が閉まっていましたが、

少し先にあった寺院は扉が開いていたので、
中を覗いてみると…
c0351060_20075074.jpg
ちょうどお祈りをしている方々が。
c0351060_20150765.jpg

彼らに
“二階もあるよ!”と、勧められたので


階段を昇って
Karmariya ammaという名らしい
この寺院の二階へ。



二階には、
ところ狭しと並ぶ神様たちと、
c0351060_02502969.jpg
列を成す信者の方々。
c0351060_02354094.jpg

この列の先にあるカーテンの奥に居たのは、


信者の方々曰く
彼はどんな事でも教えてくれる”という、

寺院の主らしきこちらのお方。

c0351060_20453816.jpg

とっても優しい声で、

“あなたが来てくれて私たちはハッピーだよ” 
出迎えてくれたので、


”こちらこそ、
いきなりやって来たのに、歓迎してくれてハッピーです”と挨拶を交わすと、


のようなものを私の額につけて、
何らかの施しをしてくれました。


"これで、
スリランカの旅で何か良いことでも起きるかなー"
思っていると、


近くに居た方々が次々と話しかけてくれ

"ランチまだ!?ゴハン食べていきなさい” と、
c0351060_21010811.jpg

早速のご利益なのか、

見た目もローカル感たっぷりの、
葉っぱのお皿に盛られたカレーをご馳走になっちゃいました♪

c0351060_05190268.jpg

郷に入っては郷に従えとのことで、

周りのみなさんと同じように、
スプーンなんて使わずに、でカレーをいただきます。
c0351060_20383377.jpg

c0351060_20340404.jpg

指で汁物のカレーを指で食べるのって

至難の技!!

(苦戦している私を見かねてか、
最終的にはスプーンもわざわざ準備してくれました;)



カレーを食べていると、

今度は
ウパチャリさんという方が
よかったらうちにお茶でも飲みにおいで”と、
誘ってくださったので、


スリランカでは初のトゥクトゥクに乗って

彼女のお姉さんも一緒に、ウパチャリさんのお宅へ移動。

c0351060_05171592.jpg


10分くらい(?)街中を走り抜けた先にある
Northshore collegeの近くの彼女のお宅に到着すると、


ママそっくりな
可愛い子供たちが出迎えてくれました。

c0351060_21420992.jpg



"この家の近所にも美しいお寺があるよ"と、

彼女たちが教えてくれたので

ウバチャリさん&近所のお友達たちと一緒に、
近所のお寺へお出かけ。
c0351060_11554133.jpg

c0351060_03034429.jpg

わざわざ扉も開けて
室内の仏像たちも見せてくれたり、
c0351060_21511326.jpg
c0351060_03051135.jpg
c0351060_22162636.jpg

僧の方とお話したり。
c0351060_22090203.jpg


尚、
スリランカのお寺(仏教寺院)を訪問する際には、
気を付けたいマナー2点ほど。

1つ目は、
寺院の境内では靴を脱ぐこと。
c0351060_12502671.jpg

靴を脱ぐ境目は、
その場にいる地元の方々の様子を伺って判断するのが最適です。


2つ目は、背を仏に向けないこと。

しいては、
仏を背にした状態で、正面を向いて写真を撮ることはNG。

そんなスリランカの寺院で写真を撮る際に
オススメされたのは、"お参りポーズ"。
c0351060_19371974.jpg
このポーズであれば、
仏に背は向けずに旅の記念写真も残せます♪


寺院を見たあとは、
ウパチャリさんのご両親や子供たちに
すっかりもてなしてもらい、

c0351060_21270358.jpg

“ボゴベ ストゥーティー(ありがとう)”

と、教えてもらったスリランカ語でお礼を言って、
お宅をあとに…。



そういえば、
数年前にインドを旅した時も、
ガンジス川の流れるバラナシに向かう列車で出会った家族に
お世話になったなぁ。

~インドの旅を回想中~  
c0351060_05050601.jpg
c0351060_05041818.jpg

やっぱりどことなくインドを彷彿させる


でも、
インドほどはゴチャゴチャしていない

(世界第二位の人口を誇るインド。
インド独特のゴチャゴチャ感は、言葉だけでは説明しきれない何かがあります。。。)


それが今日のところの、
スリランカの印象。



そんなことを思いながら、
Dehiwaraにある宿に戻り、

宿のそばを走る線路を越えて、
目の前のビーチでのんびりしたり、
c0351060_03234384.jpg

c0351060_19170856.jpg

c0351060_11175959.jpg
宿の近所の寺院を散策して、
c0351060_22242374.jpg
c0351060_22322410.jpg
c0351060_22423497.jpg
         ※寺院には、随所に象のモチーフも。
       

暑さに負けて、
近所のスーパーで購入したアイスを手に、
宿で夕日を見ながら一休み。

c0351060_22502063.jpg
・Vanilla Double

c0351060_17092169.jpg

c0351060_17122711.jpg

カップに入ったこちらのアイス。

だいぶ溶け気味でしたが…
甘いミルキーなバニラアイスでした。



そんな今夜は、
毎年2月の満月の時期に開催されるという

ペラヘラ祭の開催日。


祭に向かう為、
これから再び、コロンボの街へと出くわします!

[PR]

by ice_oga | 2016-02-20 17:30 | アイスクリーム | Comments(0) |