スリランカの旅、スタート!(Tango Mango)

飛行機を降りた瞬間、

そこは!!


真冬のヨーロッパから、
ドバイで乗り継ぎを挟みつつ、

常夏のスリランカに到着。


そんなスリランカのコロンボ空港では、
仏陀がお出迎え。
c0351060_16310014.jpg

まさに、アジア!!


そんなスリランカに3日以上滞在する場合、
ETAと呼ばれるビザが必要。

今回私8日間スリランカ国内に滞在予定の私は、
このETAの取得が必要。

空港内の「VISA ON ARRIVAL」と書かれた
ビザカウンターで、アライバルビザの取得も可能らしいのですが、
c0351060_16403345.jpg

オンラインでの事前取得も簡単らしいので、
ルーマニア滞在中に、ネットで申請&取得済み。



今回利用したのは、
最初の入国日から30日間有効で、有効期限内に2度入国可能な観光用ETAで、
費用は、35USドルでした(2016年2月現在)。

※ETAのオンライン申請&最新情報は、

※ETA申請時、クレジットカードでの支払い画面で
何故かエラーになってしまい、申請が完了出来なかったのですが
翌々日に再チャレンジしたら、問題なく取得出来ました。



念の為プリントアウトしてきたETAと、
c0351060_19474407.jpg
※ETAヘッダー部分サンプル


スリランカに向かう飛行機の機内で配られた
スリランカの入国カード(機内で必要事項を記入済)と、
c0351060_02312761.jpg
有効期限が6ヶ月以上残っているパスポートを手に、

臨んだスリランカの入国審査。


ETAのことなど一切話題に上がらず、
もちろん紙を見せることもなく

さらりと入国スタンプゲット。


こうして、
38ヶ国目、スリランカに入国。





コロンボの空港は、

フリーwifiもあり、
ツーリストインフォメーションのお姉さんたちも優しく、
タクシーの客引きも一回断ればあっさりと去ってくれるという
なかなかの好印象



ひとまず、
出口を出たところにあった両替所で、
スリランカルピーを入手。

両替所は3店並んでましたが、
何処もレートは同じで10,000円=12,007スリランカルピーでした。




そして、
ヨーロッパを旅している間は手放せなかった
コート、セーター、ヒートテック、マフラーを脱ぎ、

薄手の上着に着替え、日焼け止めを塗って、

衣替えして空港の外へ。
c0351060_20221297.jpg


コロンボ空港→コロンボ市内へはバスで移動。


空港から外に出て左手側に駐車場があり、
その前にコロンボ市内行きのバスが停まっていたので、それに乗車。
(バス代:110ルピー+荷物代:90ルピー)
c0351060_16364231.jpg

冷房も効いた、快適な車内♪
c0351060_00472276.jpg

c0351060_16581795.jpg

※車内には扇風機も付いてましたが、これは使用せずクーラーが効いてました


11:20に空港を出発したバスは、
一時間ほどでコロンボ市内のバスターミナル、Pettah Private Bus Stationに到着。
c0351060_19413721.jpg
c0351060_17045727.jpg


予約した今夜の宿は、
コロンボ市内から少し離れたところにある
Dehiwalaという地区にある為、


このバスターミナルからから400m程歩いた先にある
c0351060_19360201.jpg
Fort駅から電車に乗ってDehiwalaへ向かおうとしたところ、
c0351060_02100395.jpg


次のDehiwala行きの電車は、
2時間近く先とのこと。


仕方ないので、
Dehiwala方面に向かうバスを探そうと
駅前に停まっていたバスの呼び込みのお兄さんに聞いてみたところ、

ちょうどそのバスも向かうらしいので、
そのまま乗って出発。


この時は、Fort駅から宿の近くのバス停まで
所要時間1時間で、50ルピーでした。

※滞在中、何度か宿⇔コロンボ中心部までのバスを利用しましたが、
所要時間は30分~60分だったり、
料金は20ルピー~50ルピーだったり…
(地元の方々も同じ額払っていたので、決してボラれているわけではなく…)
と、毎回異なり

コロンボのバスの仕組みやルートは滞在中、
結局最後までよく理解できずじまいでした。。。



宿の近くのバス停に着いたころには、
時刻は間もなく14:00.


朝から何も食べておらず、
空腹が限界



宿を目前にして
近くのレストランに駆け込み、
c0351060_02133435.jpg



本場のスリランカカレーにさっそく舌鼓♪。

c0351060_02520989.jpg
※ベジタブルカレー(180ルピー)

辛い!

でも美味しい!!


一皿で数種のカレーを一緒に楽しめるのも嬉しい
このカレーを皮切りに、

スリランカでは、毎日カレー三昧。

毎日美味しいカレーに出会えたので、
スリランカの美味しいもの(主にカレー)たちについては、
後々まとめて書かせていただきます。




カレーでお腹も満たし、
バスを降りたGalle Rd.からInitium Rd.という道に入り、


海の方向へと真っすぐ進んだ先にあるのが

今夜の宿、
Columbo Sea View Hostel(840ルピー/泊。住所*45/1,Initium Rd,Dehiwala)

c0351060_01022232.jpg
※この看板のあるところの奥にある建物
c0351060_01073723.jpg
※建物入口の管理人さん(?)が、宿の方に連絡してくれました


宿の方も優しく、
c0351060_00442979.jpg
朝食つきの居心地のよいこちらの宿では、
c0351060_00542493.jpg

c0351060_03162982.jpg

宿の名前通り、
目の前に広がるSea View(オーシャンビュー)が楽しめます。
c0351060_03184292.jpg


…が私が到着した当日は、

どんよりした雲が広がり、
海も空も灰色で
雨が降ったり止んだり。。。

c0351060_01583687.jpg

※上の青い海の写真は、
無事晴れた翌日に撮影したものです;




そんな残念な天気の中、
夏服探しを兼ねて(一時帰国後の再出発以降、ずっと真冬の国を旅していたので、夏服持ってない…)、

宿のあるDehiwalaを散策。



まず足を止めたのは、
ピンク色の外観のSt.Mary's Church。
c0351060_03452498.jpg

c0351060_16505055.jpg
昨日までいた東欧の正教会系の教会とは、
また雰囲気が全然異なるカトリック系の教会。
c0351060_16461723.jpg
海沿いの街の教会の為か、
どことなくメキシコの
プラヤ・デル・カルメンの街中にあった教会と通ずる雰囲気がありました。



そこから少し歩くと、
今度は仏教の寺院に遭遇。
c0351060_16575269.jpg

スリランカの仏教寺院を訪れるのも
もちろん初めてですが、


この寺院内では、
(菩提樹!?)を祀るように、
その周りにはたくさんの白亜の仏像が並んでいました。
c0351060_16484518.jpg


と、見学していると突然の土砂降りの雨



雨宿りがてら入ったスーパーで、
スリランカ初アイスを入手。

・Tango Mango (25ルピー≒20円)

c0351060_02165481.jpg

黄緑色の
グリーンマンゴーのアイス。
c0351060_02191134.jpg

グリーンマンゴー独特の、黄色の完熟マンゴーに比べて強めの
マンゴー独特の青みが後味が残る黄緑のシャーベットアイスですが、

中心部に入っている甘くクリーミーなバニラアイスによって
その青みが中和され、

両者の相性が抜群の美味しさ。




ただし、
暑いスリランカでは
あっという間にアイスが溶けるので、要注意です。




こうして始まったスリランカの旅。



この旅に出る前は、
このブログのタイトルの通り
アジア、すなわちスリランカにも立ち寄る予定がなかったため


スリランカの情報が手元に不十分な状態
この地にやって来てしまったのが現状。



そんな中、
今夜の宿で遭遇した日本人の旅人たちから

日本語のスリランカのガイドブックを貸してもらい、
今更ながら慌てて情報収集開始
(ガイドブックの情報量はスゴイ!と改めて実感)。


手にした情報をもとに、

明日はいよいよ
コロンボの街中を散策してみます。

[PR]

by ice_oga | 2016-02-19 22:26 | アイスクリーム |