南米➡中米➡西欧➡中東➡東欧の旅。次なる目的地へ出発!

南米はブラジルから始まったアイスクリーム巡りの旅。


南米→中米→西欧→中東→東欧と巡ってきましたが、

いよいよ東欧での最後の地、
ルーマニアを旅立つ時がやって来た。

c0351060_15545286.jpg


宿の最寄りのPiata Unirii駅前
(ペプシの電飾看板が屋上に掲げられている付近)からも、
ブカレスト・オトペニ・アンリ・コアンダ空港行きのバスが発着。

c0351060_15524112.jpg

チケット売り場で
早速、空港行きのバスチケットを購入。

c0351060_15500431.jpg
空港行きのバスも、
ブカレストのメトロ同様に2回券のみの販売(8.6レウ)。


片道分、勿体ない…”と思いつつ

購入したチケットを手に
10:30発のバスに乗り、

c0351060_14283337.jpg

45分程で空港に到着。



これから、約2ヶ月ぶりの空の旅。


この1年で、今までの人生にないくらい
何度も空港に行っては、飛行機に乗ったけれど、

未だに空港に来るとワクワクする。

c0351060_15563315.jpg

とはいえ、
『国を越える』とういハードルは、
旅を始める前にに比べて、

圧倒的に低く感じるようになったのが、実際のところ。


この旅を始めるまでは、

他国と陸で繋がっていない
島国の日本で育ってきたからこそなのか

”別の国へ行く”というと、

どこか力んでしまうところがあったような気がするけれど、


今更ながら、

“やっぱり地球はひとつで、
国境なんてあとから人間が付け足したものに過ぎないんだなぁ”

と感じる、今日この頃。



今回利用するのは、Flydubaiの飛行機。
その為、最終目的地へ辿りつく前に、一旦ドバイで乗り換え

目的地までの航空券は、一ヶ月前にネットで購入し、
約4万円でした。


チェックインを済ませ、荷物を預け、

まずは13:35発の飛行機に乗り
ドバイへ向け出発

c0351060_16000687.jpg

お菓子とパスタの機内食や、
c0351060_16112405.jpg

映画や音楽は有料ではあるものの
シートごとにスクリーン付きの機内で、

c0351060_14295018.jpg

快適な空の旅♪
c0351060_16130098.jpg

現地時間20:00頃、

世界一高い高層ビル、ブルジュ ハリファを含む
ドバイの夜景が窓の外に広がって間もなく、
c0351060_16044671.jpg

ルーマニアから4時間半のフライトを経て、
ドバイに到着


飛行機を降りると、
モアッとした蒸し暑い空気。

c0351060_16172080.jpg

この温度と湿度で、

冬のヨーロッパから
違う土地にやって来たことを実感。


本当は、先程空の上から見た
夜のドバイの街に繰り出したかったけれど、

乗り継ぎ時間は約5時間。


市内まで行って戻って来るには
ちょっと時間が足りないので、

今回はおとなしく空港内で待つことに。



この旅の始めにも乗換で立ち寄ったUAE。

異国情緒たっぷりの内装がとっても素敵だったので、

ドバイの空港も楽しみ!


Connectionの矢印に従い、
チケットチェックと、荷物検査を経て、

どんな内装か、何があるのか楽しみで足を踏入れた
ドバイ国際空港のターミナル。


免税店と
ちょっとしたフードコートもあるものの、

c0351060_16214513.jpg

思ったよりも、だいぶこじんまり。

※ひょっとしたら、
ここはFlydubai専用ターミナルだったのかもしれません。



相変わらず全く解読できない
アラビア文字が躍る空港内。

c0351060_16284720.jpg

間もなくサウジアラビア行きの飛行機が
出る時間らしく、

白い服(トーブ)に身を包んだ人も多く、
思わずダハブやイスラエルが懐かしくなってしまう。


東欧でも
イスラム系の服装した人が街中に居なかった訳ではないけれど、

久しぶりに見る
多くのイスラム系の人々。


そして、
ターミナル内を行き交うのは
インド系の人々も多かったり、

空港の従業員には中国系の人々が多かったり、


さっきまでいたルーマニアとは、
全く違う、人種のるつぼ状態



そんなターミナルの中、
wifiでも繋げて次の飛行機を待とうとしたものの、

ターミナル内のフリーwifiは
一時間だけ利用可能な時間制限のあるもの。


接続状況もあまりよろしくなく、
あまり使えないまま一時間経過。。。


すると、
ヨーロッパでよく見かけるカフェ
COSTA Coffeeでwifiが使えるというので、

コーヒーで一息つきながら、
wifi
c0351060_02165106.jpg

…を利用したものの、
こちらも一時間の制限あり&接続状況もイマイチ。。。


諦めて、
ベンチでのんびり座って時が過ぎるのを待っていると、


深夜1:00、次の目的地へ向かう
飛行機の搭乗ゲートがオープン。

チケットチェック後、
バスに乗って飛行機のもとへ。
c0351060_16232168.jpg

今回のフライトでは、
はじめてテクニカルストップというものを初体験。


まずは、現地時間のAM6:50、
モルディブの首都マレに到着

大半の乗客は、ここで降りて行きました。
c0351060_16250395.jpg

このマレがテクニカルストップの地。

機内に清掃が入り、
約一時間後に飛行機は再び出発。

テクニカルストップは、


そして、
マレを出発して間もなく、

最終目的地
スリランカコロンボに到着。


もはや、
南米でも、中東でも、ヨーロッパでもない。

このブログのタイトルとズレますが…

これから暫しの間、
日本にぐんと距離の近づいた、

同じアジアに位置する
スリランカを旅します。

[PR]

by ice_oga | 2016-02-19 07:29 | 交通・移動 | Comments(0) |