寝台列車に乗って~ルーマニアからモルドバへの旅~

沈む夕日を窓の外に臨みながら走る
ブラショフ→ブカレスト行きの普通列車は、

c0351060_01090541.jpg

c0351060_01004115.jpg

予定通り
18:24にブカレスト北駅に到着。

c0351060_01061532.jpg


次の目的地は、
お隣の国、モルドバの首都、キシナウ


先日ブルショフ行きのチケットを購入した場所の、
少し手前の左側に
国際列車のチケット売場があります。

c0351060_02092120.jpg


ブカレスト北駅発のキシナウ行きの列車は
19:15発の一日一本のみ。

チケットは132.72レウでチケットでした。
※チケットは二枚渡され、乗車券(2週間有効:105.48レウ) +座席の予約(27.24レウ)

c0351060_02351841.jpg

乗り過ごすと厄介なので早めに出発ホームに行き、

乗務員さん(だとは思われるけれど、
私服※他の方々は制服を着てる;)に言われるがまま、

教えられた車両に乗車。

c0351060_02143650.jpg


なんだか雰囲気のある車内。
c0351060_02200987.jpg

c0351060_02532647.jpg


列車の旅が始まるワクワク感が高まる♪



そんな中、
チケットに記された座席番号にたどり着いてみると…

!!!

c0351060_02223818.jpg


寝台列車!?



思いっきり座席(座ったままの姿勢の席)で行くつもりで
全く頭になかったけれど、

そういえばチケット買う際に
「セカンドクラス」としか言わず、
席の種類まで言わなかったなぁ。。。


ひょっとして自由席とか、
予約料不要のチケットとか
もっと安いチケットが他にあったのかも(不確定情報です;)


…と、弱冠後悔したものの、


せっかくなので、
何気にこの旅で初の寝台列車を楽しむことに。
※夜行列車はボリビアエジプトでも乗りましたが、
座席でベッドにはならないタイプの車両でした。


寝台列車なんて、
数年前に友人とインドを旅行した時ぶり。

その時は、
近くの席のインド人一家と仲良くなって、
そのままその方達のおうちでお世話になったなぁ。



なんて、
思い出を振り替えっていると

いつの間にやら走り出した列車。



列車はガラガラで、
4人用の部屋を独り占め。


扉も閉まるようになっているのですが…
c0351060_02272842.jpg

試しに閉めてみたら、

扉が開かない。。。


私は高確率で扉や鍵が開けられなくなるタイプの人間の為、

この旅の途中でも、
3ヵ国に一回以上のペースでトイレやら部屋やらの扉が開かずに
ヒヤリとする経験をしてますが…



"まだ列車は走り出したばかりなのに、
これから朝まで閉じ込められたまま!?"

そんな恐怖を覚えながら、

しばらくガチャガチャして、
ようやく開いた!!



すると、
その一部始終を通路にいたオジサンが見ていたらしく、

そのオジサンが、
丁寧にドアの開け方を説明してくれました。
(コツさえつかめば簡単です)




リネン一式も完備された横長の座席は、
もちろんベッド型に変形可能。

c0351060_02245111.jpg

c0351060_02490303.jpg
c0351060_02512163.jpg
c0351060_02562132.jpg


180°横になってグッスリ眠れます。


車両には、
便座がで出来ているトイレも完備。

c0351060_02144277.jpg


あいにく夜の為、
窓の外の景色はほぼ真っ暗なままですが、

快適な列車の旅。




そして早朝4:20、
乗り込んできた係員さんに口頭で

・Q.税申告の有無➡A.無し
・Q.ドラッグの所持の有無➡A.もちろん無し

等の質問を寝ぼけ眼の状態で受けて、
パスポートを預ける。

しばらくして
一旦パスポートを返してくれます。



そして5:20頃、
またまた係員さんから

・Q.滞在予定日数➡A.2日間
・Q.滞在先の予約の確認➡A.昨夜のうちにネットで予約した予約確認書(携帯電話のスクリーン上で)を提示

といった質問をされ、
ようやくパスポートにスタンプを捺してもらえました。
(最初の係員さんと、次の係員さんがやって来る間の時間は
熟睡していたので、列車が動いたかどうかは不明;)



こうして、
37ヶ国目、モルドバに入国。


正直、数日前まで

モルドバ!? モルディブ!?っていう程、

国の名前さえもまともに知らなかった国、モルドバ。


モルドバは、
かつてのソビエト連邦の一部であった国。

10年くらい前に流行った「恋のマイアヒ」(のまのまイェイ♪ マイアヒー!マイアフー!マイアホー!っていう歌)を歌う
O-ZONEの出身国というのが、

一番日本人にはピンとくる説明かもしれません。



気づけば、
空も明るくなり
c0351060_03014872.jpg

9:15、キシナウ駅に到着。

c0351060_02215703.jpg
c0351060_02275228.jpg

駅のホームには、
機関車トーマスを思い起こさせるような

カラフルな青い汽車が展示されていたり、
c0351060_02303916.jpg


駅のそばでは
フリーマーケット的なものが催されていたり。
c0351060_02381887.jpg

…洗濯物を干してるわけでは、ないですよね!?

c0351060_02503634.jpg



東欧の旅もいよいよラストスパート!

モルドバは、いったいどんな国なんだろう。


[PR]

by ice_oga | 2016-02-15 12:34 | 交通・移動 | Comments(0) |