ブルガリアからルーマニアへの道

ブルガリアの首都、ソフィアを満喫し、
c0351060_01401757.jpg
今夜はこれから
お隣の国、ルーマニアへ移動。


ブルガリアのソフィア→ルーマニアの首都、ブカレストへは、
夜行列車が走っているとの情報を聞いたので、


先日真夜中にやって来た際、
扉の閉まっていたに夜行列車の切符を買いに行くと…


次のブカレスト行きの列車は、
明朝8:00発。



夜行列車なし!?



時刻はもうすぐ19:00。

列車がないのなら、バス!!

夜行バスがあることを願って、
近くにあるバスターミナルへ。


ターミナル内に並ぶたくさんのバス会社やツアー会社。

トルコ行きのバスのは看板はたくさん見かけるのに、
ブカレスト行きのバスの情報が全然見当たらない。

そもそも、
ブルガリア語で行き先が書いてあるので、
どれがブカレスト行きなのか
文字が読めず判断できない。。。


開いてたツアー会社に入り、
今夜発のブカレスト行きの夜行バスがあるか聞いてみると…


0:00発の夜行バス、
ありました!!


ブカレスト行きのバスは、

オフリドから到着した際に仮眠をとっていた
ツェントラルナ・アフトガーラというバスターミナルから
出ているらしい(ソフィア→ブカレスト:42レフ)。


0:00発と言われていたものの、
実際には0:30に走り出したバス。
c0351060_02165173.jpg


真夜中の3:30頃に一旦休憩をはさみ、

早朝6:00頃に国境に到着。

バスに乗り込んできた係員にパスポートを見せては、預け、
10分程で、国境越えは完了。


こうして、
36ヶ国目、ルーマニアに入国。


バスはその後も走り続け、
まわりも明るくなってきた7:45頃、

ブカレストのバスターミナルに到着
c0351060_22511021.jpg

同じバスに乗っていた
カナダ人のジュリアンに起こされるまで、

すっかりバスの中で熟睡していた私。


今日はこのまま、
ブルショフという街に行く予定。

起こしてくれたジュリアンも
これからブルショフへ向かうところだというので、

一緒に移動することに。


ブカレスト→ブルショフへは
ブカレストノルド(北)駅から列車が走っているそうなのですが、

どうやらこのバスターミナルから駅までは
少し距離があるらしい。



ジュリアンとタクシーをシェアして駅へ。
(タクシーの料金は、1kmあたり1.39レイ/kmとのこと)


こうしてやって来た
ブカレストノルド駅

c0351060_22574552.jpg

時間によって
料金にバラツキがあるブラショフ行きの列車。

私たちは、
10:00発の列車に乗ることに(48.9レフ)。

c0351060_23020102.jpg
c0351060_00471234.jpg


フランスに3ヶ月間、
カナダ名物のメープルシロップ販売の仕事で
やって来たというジュリアン。


仕事を終え、国へ帰る前にヨーロッパを旅している最中とのこと。

“いつか絵本を出版したい”
という彼女のアイデアノートを見せてもらったり、

c0351060_23241400.jpg

c0351060_23361123.jpg
窓の外に広がる
景色を楽しみたりしながら列車に揺られること3時間、

c0351060_23501948.jpg


列車はブラショフに到着。

c0351060_00164004.jpg

c0351060_00331630.jpg

ブラショフに来た目的。

それは、
ルーマニアの名所のひとつ
ドラキュラ城の異名を持つ、ブラン城へ行く為。


さっそくこれから、
ドラキュラ城へ行ってきます!!






[PR]

by ice_oga | 2016-02-12 14:00 | 交通・移動 | Comments(0) |