ヨーグルトの国、ブルガリア・ソフィアの美味しいフリーウォーキングツアー

ブルガリアの首都、ソフィアにある公園
Park Crystalで見つけた
インパクトのあり過ぎる

c0351060_02054145.jpg

思わずその姿に引き寄せられた
ブルガリアの政治家、Stefan Stambolovの顔面像の前に、

なにやら人が集まってる


気になって尋ねてみると、

ソフィアの街の中を歩き
点在するお店に立ち寄っては試食をし、
ブルガリアの食文化への知識を深められる
これから始まるところだそう。
c0351060_01225746.jpg
※Balkan BitesのHPより

時間は午後二時。
お昼を食べ逃してお腹ペコペコな今、

願ってもない内容。


即決で参加させてもらうことに。



まず訪れたのは、
150種あるスープの中から日替わりで数種類のスープを提供しているという
お洒落なスープ屋さん、Supa Star。

c0351060_01404856.jpg

c0351060_21130879.jpg

こちらのお店で味わうのは、タラトール

c0351060_21090162.jpg
タラトールは、キュウリや香草も入った冷製ヨーグルトスープ

“昔々、
朝飲み残した残した牛乳
馬の背に背負わせて歩いていたら、

歩く振動馬の体温で牛乳がどろっとした状態へと変化していた”


そんな
ヨーグルト誕生秘話を聞きながら味わったタラトールは、

甘いデザートといったヨーグルトではなく、
食前に飲みたくなるような酸味のあるスープでした。



そう、

ブルガリアといえば、
なんといってもヨーグルト


ブルガリアのスーパーには
様々な種類のヨーグルトが並んでいます。
c0351060_02112066.jpg


ヨーロッパの中で100歳以上の人口が一番多い長寿国

長年の研究の結果、
ヨーグルトを頻繁に食べている事が
ブルガリア人の長生きの秘訣なのではと言われているそう。



続いてやって来たのは、
地下にあるお店。
c0351060_21153856.jpg

こちらで出てきたのは、
塩味の効いたブルガリア産チーズが中に入った
バニツァというサクっとしたパイ。
c0351060_02123914.jpg

チーズ以外にも、カボチャやオリーブ等
中身は種類豊富。
c0351060_21183764.jpg

クリスマスにの定番の一品でもあり、

クリスマスには、
中に「」を入れて焼き上げ、
その紙が食べた箇所に入っていた人に幸運が訪れると言う言い伝えがあるそう。



再び地上の戻り、
EUの国々をテーマにした絵や
c0351060_21215518.jpg
教会を眺めつつ、
c0351060_21255425.jpg

やって来たのは、
100年前に作られた「キルピッチ」という藁が中に入った壁で出来ている家屋を利用したベジタリアンレストラン

c0351060_21414000.jpg

ルーテニッツァという赤いトマトペーストや、
キョポオルという茄子やガーリックのペーストを、

昔ながらの製法で作っているという
お店こだわりのパンに塗っていただきます。
c0351060_21313966.jpg

パーティー等のフィンガーフードにもぴったりな
見た目も味も美味しい一品。


再び歩き始め、

二人組の像(こうみえて、親子らしい)のそばにある
c0351060_22083194.jpg
古本市の間を通り過ぎ、
c0351060_21534545.jpg

やって来た次のお店。
c0351060_22321084.jpg

こちらで出てきたのは、
マスタードの効いたハンバーガーと、
c0351060_22353153.jpg
酸味の効いたヨーグルトドリンク、アリラン
c0351060_23395906.jpg

共産主義時代が終わりを迎えた後、
急激に広まったファストフードに対し、

近年ブルガリアでは、
スローフードの動きが強まっているという。


こちらのお店では、
20km圏内でとれた新鮮な食材を使用するというこだわりを持ち

ファストフードのイメージが強いハンバーガーも
スローフードのスタイルで提供するようにしているそう。



最後にやって来たのは、
ワインセラーが特徴的なレストラン。
c0351060_23043431.jpg
c0351060_00260838.jpg

消化を助けるという甘めのブルガリアのワイン(ペリーニ!?)に合わせて、

c0351060_22551810.jpg

シャレナ(恐らく、シーレネと呼ばれているもの?)という白チーズや
カタック(サワークリーム)といった乳製品をいただきました。

c0351060_22381664.jpg

豊富な乳製品なしでは語れない
ブルガリアの食文化。

頭もお腹も満たされる、
無料とは思えない大充実のフリーフードツアーはこうして終了。



食といえば…
ブルガリアに来たからには、
ヨーグルトのアイスが食べたい!!



ツアーの解散場所からすぐの
ソフィアのメイン通りVltosha blvd で、
c0351060_01345885.jpg

AFREDDOというアイス屋さんを発見!
c0351060_02083246.jpg


ナッツやジャム、チョコ等、
無料でできるトッピングもあるこちらのお店で

唯一あったビルベリー(ブルーベリーより小さめのベリーの一種)のヨーグルト味のアイスを注文。

・yogurt e mirtillo(1.99レフ≒120円)
c0351060_00223545.jpg

とってもクリーミーなヨーグルト味!!
潰したビルベリーの果実も混ぜ込まれた、果実の味もしっかりする美味しいジェラートでした。



宿に戻り、

日系三世で作家としても活動しているという
アメリカ人のスティーブをはじめとする宿泊者の方々と、
c0351060_01412591.jpg
日本では珍しいペットボトル入りのビール
c0351060_02073864.jpg

その可愛らしいラベルで思わずジャケ買いしてしまった
ワイン(TCHERGAという名のまろやかな味の赤ワイン)を飲みながら
c0351060_01474430.jpg

今日のフリーフードツアーや
ブルガリアの食事についておしゃべり。


こうして乳製品大国、
ブルガリアでの1日目は過ぎてゆきました。

[PR]

by ice_oga | 2016-02-09 23:29 | アイスクリーム | Comments(0) |