オフリド(マケドニア)→ソフィア(ブルガリア)への行き方

その湖の美しさに感動した
オフリド湖を有する街、


マケドニアオフリドともお別れ。


次の目的地は、
ブルガリアの首都ソフィア



2016/2月現在、
オフリド→ソフィア行きのバスの運行は、2日に1便のみ


万が一満席で
2日間足止めされると困るので、

昼間のうちに、
バスターミナルでチケットを購入済み(1,550ディナール※クレジットカード不可)。



19:00発のミニバス(スコピエ経由)に乗り、

ソフィアへ向け、出発。

c0351060_22324292.jpg

※バスは「wifiあり」となっていますが、使用可能になるのはブルガリアの領域に入ってからとのこと。

20:30頃、
一旦 ガソリンスタンドで休憩(トイレ無料!)を挟み、

22:00頃、スコピエに到着。



その後もバスは走り続け、

深夜0:20、
まずはマケドニア側の国境に到着。


バスに乗り込んできた係員にパスポートを預けると、
5分程で手元に返ってきました。

再びバスが走り出し、
わずか10秒程度で、今度はブルガリア側の国境に到し、

マケドニア側と同じような一連の手続きを経て、


35ヶ国目、ブルガリアに入国。
※国境越えの所要時間は、2ヶ国併せて15分程


すっかり熟睡していた午前3:40、

ソフィアのバスターミナル(トラフィック・マーケット)に到着

c0351060_22595206.jpg
眠気眼のまま荷物を受け取り終えると、

気づけば
バスに乗ってた人たちはいつの間にか去り、

バスも去り、


人の気配がない。。。



屋根もない、
吹きっさらしの真っ暗なバスターミナルに、

ひとりでポツリ。


冷たい風の吹く
真っ暗な外での長時間待機は、

さすがに心身応えそう。。。



地図を見てみると、
このターミナルのすぐ向かいに、列車の駅があるらしい。



期待して向かった駅。

屋根もあり、
明かりもついていたものの、

扉に鍵が掛かっており、
警備員さんにも”No!”と、追い返されてしまう始末。



ベンチはあったバスターミナルで、
明るくなるまで待機するしかないかな…

と、思っていると、


すぐ近くに
ツェントラルナ・アフトガーラという、

別のバスターミナルを発見!
c0351060_23093372.jpg
※明るくなってから撮影した一枚


無事、扉も開いていた
ツェントラルナ・アフトガーラの中に入ってみると、



コンビニ的なお店も開いてるし、
温かいし、ATMもあるし、wifi使えるし、

二階には、仕切りのないベンチ(仮眠できる♪)までも ある!!
c0351060_23064175.jpg

こうして無事見つけた
快適なバスターミナルで仮眠し、



明るくなった頃、
このバスターミナルか約2km先にある

予約した宿へ歩いて移動。



バスターミナルから歩き始めて程なくして、

こんなチーズたっぷり
ボリュームたっぷりのピザが、

わずか1レフ(70円)で店頭に並んでいるのを発見!
c0351060_01121021.jpg
焼きたての大きなピザで、朝ごはん♪
c0351060_23111402.jpg

美味しい!!



東欧を旅していて思うのは、
乳製品がどれも美味しく、その種類も豊富。


ピザでお腹が満たされた後も
ひたすら歩き続け、
c0351060_23125467.jpg
ソフィアでお世話になる宿、HOSTEL MOSTELに到着。
(7ユーロ/泊。住所:2a, Makedonia blvd, 1606, Sofia。通りに面する入口は小さめなので、通り過ごし注意)
c0351060_00571434.jpg

ちなみにHOSTEL MOSTELでは、

夕食(メイン+サラダ+ビール※やや量は少なめ)
c0351060_01080952.jpg

朝食(ビュッフェ形式)+3ユーロで追加可能。
c0351060_01054059.jpg
2食でこの価格は、なかなかお得♪


スタッフの方々も感じがよく、快適な宿でした。

c0351060_00594640.jpg


ソフィアの街中を巡るフリーウォーキングツアー
もうすぐ始まる時間だと、

スタッフの方から情報をもらったので、

早速、参加してきます♪

[PR]

by ice_oga | 2016-02-09 10:00 | 交通・移動 | Comments(0) |