湖の美しい街、オフリドの旧市街を散策

アドリア海、オフリド湖…

東欧の水辺は本当に美しい。



中世には、
スラブ系のキリスト教の中心地として栄えた
その湖の名を冠した街、オフリド


美しいオフリド湖と、

今尚街に残る
かつての繁栄を物語る教会たちは、
「オフリド地域の自然・文化遺産」として、

世界遺産にも登録されているほど。



白鳥も遊びに来る
オフリド湖の湖畔は、

c0351060_00403980.jpg

天気のよい日に、

ボーッと湖を眺めたり、
お散歩するのにぴったり。
c0351060_01212522.jpg
c0351060_01502743.jpg

※オフリドの街については、
《旅いさら》にも書かせていただきました。



オフリド湖上に築かれた
この道を進んで行くと、

c0351060_01321744.jpg
その全景を見渡させる、家々が建ち並んだ

c0351060_01380854.jpg
この丘が、オフリドの旧市街



旧市街に建ち並ぶのは、
この地域の伝統的な造りの家々。
c0351060_01551330.jpg

そんな家屋を模した可愛らしい街灯も設置されている
旧市街の見どころを、
c0351060_02521827.jpg
オフリド湖を眺めつつ、散策
c0351060_02163164.jpg

c0351060_00415036.jpg

旧市街の中を歩きはじめて、
まず目に留まった場所が、コチラ。


・聖ソフィア大聖堂。
丘の麓にそびえる11世紀に建てられた教会。
庭も公園のようにきちんと整備されていました。
c0351060_02052870.jpg
c0351060_22265162.jpg
ここから少し丘を上がったところにある
屋外ステージのようなもの。

c0351060_02104007.jpg

この場所は、
大聖堂を眺めるイチオシポイント


旧市街を背にした聖ソフィア大聖堂の姿を
見下ろす事が出来ます。
c0351060_02025861.jpg

旧市街の中を
西へと進んでいくと、

まるで物語の挿し絵に出てきそうな
レンガ屋根のおうちと湖のある風景が広がり、

c0351060_02294039.jpg



気づけば、
黒いワンちゃん&モップのようにモサモサの白いワンちゃん

私を追い抜いたり、私に追い抜かれたりと、

ずっとついてくる。


そんな二匹と一緒にたどり着いたのが…

c0351060_22432258.jpg
・聖ヨハネ・カネヨ教会
旧市街の西に位置する岬に建つ、小さな教会。
c0351060_02444775.jpg

↓の写真ではあいにくの逆光ですが、
c0351060_02395404.jpg
青色に輝くオフリド湖を背に佇む
この教会の姿は、

そのまま額縁に入れて飾りたい程、
絵になる美しさ

c0351060_02484327.jpg

この教会の敷地内から眺める
オフリド湖の姿も、溜息もの。


c0351060_22174501.jpg

教会から
更に上へと続くか坂を上り、


森の中を通り抜けた先にあるのは、


c0351060_03064864.jpg


・初期キリスト教教会&聖パンテレモン教会
c0351060_03371482.jpg
教会というより、
教会跡という表現の方が正しいと思われる

初期キリスト教教会と、
c0351060_22023744.jpg

c0351060_02552333.jpg

同じ敷地内に、
横から見るとなかなか複雑な造りをしている聖パンテレモン教会。
c0351060_03170101.jpg

c0351060_03112916.jpg


ここから更に坂道を上り、
ようやくたどり着いたのが、


丘の頂上付近にある、

・サミュエル要塞
10世紀末頃にブルガリア帝国の皇帝によって建てられたという要塞。
c0351060_21003347.jpg
c0351060_20565886.jpg
この日(月曜)はあいにくお休みでしたが、
要塞の中に入れるそうです(有料)。


中には入れなかったものの、
要塞の周辺からは

旧市街の街並みを見下ろせます。

c0351060_21082836.jpg
まだまだ一緒に歩いてくれる2匹。


今度は丘を別の道から下ってく。
c0351060_21141935.jpg

c0351060_21114217.jpg

家々が並ぶ中、
突如現れたのは…


・古代劇場
ローマ時代のものと思われる
円形の劇場。
c0351060_21223635.jpg

劇場のすぐ上の民家に紛れて
こんな小さな教会も。
c0351060_21160186.jpg

ミニサイズの教会の中には、
びっしりとキリストなどのイコンが祀られていました。
c0351060_21195452.jpg

c0351060_21180259.jpg


再び少し坂を登ると、
またまた要塞の一部らしきものに遭遇。
※この辺からもオフリドの街が見渡せます
c0351060_21252611.jpg
最後に向かったのが、


・聖クリメント教会&イコン博物館

あいにく閉まっていたこちら。

オフリドで布教を行った
聖クリメントの遺骸が納められていることより、その名で呼ばれる聖クリメント教会

隣接するイコン博物館には、
11世紀~19世紀頃にかけてのイコンが所蔵されているそうです。
c0351060_21392252.jpg

c0351060_21300305.jpg

こうして、
教会などをみつつ歩きまわった旧市街。

※今回、教会は外観のみ見学。
各教会内部へ入場する場合、入場料がかかります。

c0351060_21530026.jpg

c0351060_21332221.jpg

旧市街ではありませんが、
滞在していた宿(Villa Ohrid Anastasia)の目の前にある正教会の教会、

聖ジョージ教会も、とっても素敵でした(入場無料)。

c0351060_00332537.jpg

c0351060_00421619.jpg

c0351060_00471638.jpg
c0351060_01091189.jpg
ここを訪れた際、
窓から太陽の光がキリストの描かれたイコンを
照らすかのように射しており、
c0351060_00492718.jpg
とっても神秘的な雰囲気。





旧市街散策を終えた後は、
オフリドのメイン通りに面するレストランで、
c0351060_03571116.jpg

c0351060_22063766.jpg


GULASという、
水分多めのビーフシチューとハヤシライスのような煮込み料理で、

早めの晩ごはん。

c0351060_22173935.jpg
※ハンガリー近辺でよく見かけたグラーシュの一種!?


量はやや少なめだったものの、

美味しい♪



いつの間にやら日も暮れて
真っ暗になったオフリドの街。
c0351060_22280896.jpg
ちなみに、
ここオフリドにも、

首都スコピエ同様に巨大な像がいくつも立っています。

c0351060_21352706.jpg

最後にもう一度、
湖の周り歩いて明かりの灯った旧市街を眺め、

c0351060_22530172.jpg

c0351060_22485005.jpg



今夜はこれからバスに乗り、

ヨーグルトでも有名な国、ブルガリアに向かいます!





[PR]

by ice_oga | 2016-02-08 20:05 | 街散策 | Comments(0) |