鎖国されていた国、ヨーロッパの秘境 アルバニアへ

「さこく【鎖国】
国が、外国との通商・交流を禁止あるいは極端に制限すること。」※「広辞苑」より


歴史の授業でも習った「鎖国」

日本では、
かの江戸幕府が実施し、
ペリーが黒船に乗ってやって来るまで200年余り続いた

諸外国との交易を禁止した政策。




遠い昔の歴史上の話だと感じるこの鎖国政策
つい20年程前まで実施していた国が、

バルカン半島に位置する
アルバニア。
c0351060_00400205.jpg

そうした歴史上の背景から謎も多く、
”ヨーロッパの秘境”とも呼ばれる国。



次の目的地は、
そんなアルバニアの首都、ティラナ。


今居る
コソボの首都、プリシュティナから

朝の6:30発のミニバスに乗って、出発(11ユーロ)。
※この時間帯のバスを逃すと、次のティラナ行きのバスは13:00発らしい。
c0351060_13045938.jpg


プリシュティナのバスターミナルから
20分くらい進んだところにあるガソリンスタンドで、
c0351060_13074480.jpg
ミニバスから大きめのバスに乗り換え


乗り換えたバスの中で
バスの乗務員さんに、パスポートを提示

何やら名簿らしきものに
名前とパスポートNo.を記入していました。


8:10頃、
国境に到着し、パスポートチェック。


バスの中に乗り込んできた係員にパスポートを預け、


8:30頃には、
パスポートを受け取り、再びバスは出発。


こうして、
34ヶ国目、アルバニアに入国!



ティラナに窓の外に向けて引き続き走り続ける
バスの車窓から見えるのは、

迫力の山や湖
c0351060_13083326.jpg
c0351060_13115825.jpg

9:00頃、一旦休憩をはさみ、


c0351060_13132516.jpg

再び走り出したバスの中では、

キャンディーや、
c0351060_01291019.jpg
この周辺の国でよく見かける
バナナのお菓子(食感もバナナみたいで、面白い駄菓子)と、
コーラが配られました♪
c0351060_01302858.jpg


11:00時頃、
バスは目的地のティラナに到着


ティラナのバスターミナルは、
中心部から北西に3kmのところにあるらしいのですが、


プリシュティナからやって来たバスが停まったのは、

多くの人で賑わう街の中心部にある

UFO…
c0351060_13161567.jpg

未確認飛行物体!?
(Unidentified Flying Object)

と、
思わず目がいってしまう3文字が壁に掲げられた
Albanian Universityの前(BulevardiとRruga Ded Gjo Luliが交わる辺り)でした。



ここティラナは、真冬の2月にも関わらず、
ポカポカ陽気で温かい。


12月に日本を再出発して以降、
ずっと寒い冬のヨーロッパを旅してきましたが、

この街は、
再出発以降、初めてサングラスを使用した程、
c0351060_01321939.jpg

太陽も眩しい!




があり、
c0351060_13143290.jpg
があり、
c0351060_13213618.jpg
ピラミッドもある
c0351060_13171570.jpg

ティラナの中を歩いて
まずは、予約した宿へ。


ところが、
宿のあるはずの住所に、

肝心の宿の姿が見当たらない。


その近くにあるお店や、通りすがりの人たちや、

近くにあった別のホステル等で聞いてみるも、


誰もその宿のことを知らず、
全然たどり着けない。



とはいえ、

道を尋ねた通りすがりの人々が
一緒に歩いて親身になって宿を一緒に探してくれたり、


別のホステルの方も、
私は宿泊しないのにも関わらず、
wifi貸してくれたり、一緒に探しに行ってくれたり、


ティラナの街の人、優しい!!



実は、
東欧旅している間に
「アルバニアは治安が良くない」という話を幾度か耳にし、

少し不安もあったところ。


ポカポカ暖か陽気+優しい街の人々のお陰で、

アルバニアの第一印象は、とっても良い感じ。




肝心の宿の場所ですが、

最終的に
何度もその周辺を行ったり来たりしてる私の姿を見た方が、
電話を貸してくれ、

ようやく宿に電話。


すると、
宿の方が迎えに来てくれました。




宿の場所は、
私が最初にたどり着いた住所(1階に郵便局の入ったアパート)で正解


但し、
その宿があるのは、

看板も何も出ていない
そのアパートの最上階の1室
c0351060_01305912.jpg
通りで、
いくら探しても見つけられないハズ。。。
(バスを降りた場所から15分もかからない場所あるにも拘らず、
1時間以上さまよってました;)


今回、
ティラナで滞在したのは、Cozy Hostel

エノン(兄)とアルブリー(弟)の兄弟が、
つい一ヶ月前にオープンさせたばかりの新しいホステル

それ故、
まだ看板を作っていないそう。

c0351060_13194047.jpg
この宿は、
東欧のホステルでは珍しい、朝食つき!!
c0351060_02104772.jpg

小さいながらも
アットホームで快適なこのホステルは、

この旅の中でも、
お気に入りの宿のひとつになりました。



他に本職のある宿のオーナーのお二人ですが、

時間が合えば、
無料でティラナの市内を案内してくれるそう。



つい20年前の1990年頃まで鎖国政策をとっていた
謎めいた国、アルバニアの首都ティラナ。



荷物を置き、

エノン(兄)の案内で、
早速、ティラナの街を散策しに行ってきます!



[PR]

by ice_oga | 2016-02-02 13:06 | 交通・移動 | Comments(0) |