コソボ版ドブロブニク!遠回りしてプリズレンの街へ

様々な事情から、
コソボ周辺では

アッチコッチに行ったり来たり



次の目的地は、
コソボプリズレンという街。

c0351060_22253386.jpg
今居るマケドニアのスコピエプリズレンへのバスは
1日1本、16:00発のみ(2016年1月時点)。


距離としては遠くなってしまうけれど、

コソボの首都であるプリシュティナ経由して
プリズレンへ向かった方が早く到着するらしい。

c0351060_23162498.jpg

スコピエプリシュティナへは1時間に1本程度、
プリシュティナプリズレンへは20分に1本程度と、

バスが頻発しているそうなので


先日のセルビア→マケドニア→コソボ行きを決めたように、
スコピエプリシュティナプリズレンへと、

またまた
敢えて遠回り


そんな事情から、
8:00発のスコピエ→プリシュティナ行きのバスに乗車。
c0351060_10352562.jpg

やや小さめのバス。

昨夜の宿で一緒だったエリナさん&韓国人のスージョンも一緒にプリシュティナへ。

バスの中では、
頻繁にコソボとマケドニアを行き来しているという

仲良し一族と一緒。
c0351060_11142825.jpg
c0351060_11073996.jpg
彼らのマケドニアのパスポートを見せてもらったり、
c0351060_11170442.jpg
日本のパスポートを興味深く眺められたり。
c0351060_11174945.jpg
各国々、デザインが異なるパスポート

旅の途中で仲良くなった方々と
見比べてみるのもなかなか興味深いです♪



バスの中では、
前の席から順々に廻ってきた用紙に
名前とパスポートNo.を国境に到着する前に予め記入。


8:30頃、パスポートチェック

バスに乗り込んできた係員にパスポートを預ける。

後々戻ってきたパスポートにスタンプは捺されていない様子。



ここでバス代もお支払い

通常バスターミナルの窓口で購入しますが、
バスに直接乗り込んで車内で精算すると

予約手数料(?)がかからないらしく、300マケドニアディナールでした。
※窓口で購入すると320マケドニアディナール。


少しバスが進み、

再びパスポートチェック

ここで返してもらったパスポートにはスタンプが捺されていました。
この2つのパスポートチェックの所要時間は20分くらい。


心配していたコソボへの入国も、
マケドニア側から入国した事もあってか、

あっさり通過。


こうして
33ヶ国目、コソボに入国!!



10:10頃、
バスはプリシュティナに到着
c0351060_11203787.jpg
今夜はプリズレンを訪れた後、
再びバスに乗り、ここプリシュティナの街に宿泊予定。


コソボだけど、
アメリカのクリントン元大統領の銅像も立つ
その名もビルクリントン通りを通り、
c0351060_01410053.jpg
バスターミナルから徒歩で15分のところにあるホステル
The White Tree(9ユーロ/泊。住所:Mujo Ulqinaku,Nr.59,Pejton,10000 Prishtina)に荷物を預け、
c0351060_12593241.jpg

日帰りでこの街を観光し、夜にはスコピエに戻るという
スージョンとお別れし、


再びバスターミナルに戻り、
ミアちゃん、エリナさんと共に「5番ホーム」から出ている
プリズレン行きのバスに乗車。

c0351060_11300894.jpg

久々のテレビモニター付き(B級感たっぷりのコントや、歌番組が流れてました)&
が配られたりする(黒蜜のような…ミントのような…中心にソフトキャンディ入り)、
c0351060_22461183.jpg
ちょっとしたサービスが嬉しいバス。


バスの運賃は、
途中でバスに乗り込んできた乗務員さんにお支払(4ユーロ)。


13:00頃、
本日の目的地、
川に架かる石橋が美しいと評判の街、プリズレンに到着。
c0351060_22491689.jpg
c0351060_23001998.jpg
プリズレンの街を流れる
ルンバルディ川沿いを

丘の上に見える城塞を目指して進む。
c0351060_22561291.jpg

先へ進むに連れ
街は徐々に賑わいを見せ始め、

ウラグリと呼ばれる
この石橋の近辺は
c0351060_23001194.jpg
c0351060_23083769.jpg

週末の午後ということもあってか、
たくさんの人たちで大賑わい。

c0351060_23185701.jpg

c0351060_23264097.jpg
※馬車も走っていたり

そのそばには建つのは
The Sinan Pasha Mosque
c0351060_23400521.jpg

白い壁に極彩色で紋様が施された窓や、
c0351060_23370767.jpg

天井が美しいモスク。
c0351060_23322674.jpg

c0351060_23341739.jpg
このモスクの裏側には
お土産屋さんも並んでいます。
c0351060_22182331.jpg
店頭に並ぶお土産から察するに、
コソボは"反セルビアLoveアルバニア"な風潮が
あるらしい。

c0351060_22304284.jpg
そんな一角を通り過ぎ、
壁や看板に描かれた「KALAJA→」の矢印に従って、
c0351060_23435216.jpg
c0351060_23461053.jpg

なかなかの急斜面の坂道を
丘の上の城塞を目指して上っていく。
c0351060_23542598.jpg

気づけば、
ベオグラード、ノヴィ・サド、スコピエに引き続き、
今日はプリズレンと、

マニアの如く連日城塞を訪れる日々


そんな事をみんなで話しつつ上り、
ようやく到着。
c0351060_00112547.jpg
ここ、
城塞から見下ろすプリズレンの街並みは
c0351060_00435471.jpg


圧巻!!の一言。

c0351060_00405276.jpg
雪を抱いた山をバックに
真ん中にはルンバルディ川が流れ、
c0351060_23592499.jpg

コソボ版、ドブロブニク!

と言いたくなる程
見渡す限り赤茶色の屋根の家々が並び、

その中に、
ポツン ポツンとモスクがある。




そして、
城塞の中は、
中国の"万里の長城"みたいな雰囲気。
(行ったことないので、あくまでイメージですが…)
c0351060_00163320.jpg
180°反対側にも同じく赤茶色の屋根の家々と、
c0351060_10265938.jpg
遠くには雪山の姿も。

c0351060_00592630.jpg

もしもこの街に住んでいたら、

この場所に幾度と足を運んでは
この眺めを楽しみに来てしまうだろうなぁ
c0351060_00563634.jpg

そんな風に思ってしまう
素敵な場所。


プリズレンの街を
上から堪能した後は、

滑って転ばないよう注意しながら
先程の急な坂道を

c0351060_22145666.jpg
地元の方々とお話したりしつつ
c0351060_01064754.jpg
c0351060_22024140.jpg
下って街の中へ。

街中では
下駄を売ってるおじさんや、
c0351060_22551531.jpg
c0351060_22425650.jpg

明らかに日本のものより巨大な
綿菓子屋さん
c0351060_22392281.jpg
意外と世界各地で見かける
体重測定屋さんや、
c0351060_22470109.jpg
世界各地で見かける
あのお店に似たケバブ屋さんを通り過ぎて

c0351060_22573427.jpg

バスターミナルへ戻り、
再びプリシュティナの街へと戻っていきました。
※プリズレン→プリシュティナへのバスも
20分に一本出てるそう(最終バスは19:00発)。



[PR]

by ice_oga | 2016-01-30 20:21 | 街散策 | Comments(0) |