明治時代の街並み!?マザー・テレサの生まれた街、スコピエ

イギリスロンドンのような
真っ赤な二階建てバスが走り、
c0351060_20165591.jpg
フランスパリのような
夜の街並みと、
c0351060_20532331.jpg

古きよき時代の
日本のような街並みが残り、
c0351060_20434817.jpg


巨大な銅像がたくさん建つ街、

c0351060_20365528.jpg
c0351060_20351874.jpg

それが
マケドニアの首都、スコピエ


巨大な像だけでなく、
こんな等身大の像もところどころにあるスコピエで、

c0351060_20232565.jpg

宿に荷物を置き、
まずは、朝ごはんも兼ねて早めのランチ♪


Old City Houseというレストランで注文したのは
c0351060_20262311.jpg
ピリ辛チーズのぎっしり詰まった
トマトの前菜や、
c0351060_20193890.jpg

寒い冬にぴったりの
チキンとたっぷりの野菜が入った煮込み料理。
c0351060_20222328.jpg

どちらも
ボリュームたっぷりで美味しい♪

そんなマケドニア料理で
お腹を満たし、

像だけでなく、
橋の彫刻も素敵な

スコピエの街を散策開始。
c0351060_20304060.jpg
c0351060_20315904.jpg



この街の有名人といえば、

ノーベル平和賞も受賞した
マザー・テレサ
c0351060_20384221.jpg
彼女の銅像のうしろにそびえるのが、

平和の象徴である「鳩」をモチーフにした建物
マザー・テレサハウス(Memorial House Of Mother Teresa)。
c0351060_20405701.jpg
2009年に完成し、
入場無料のこの博物館が建つのは、

マザー・テレサが生まれた翌日に洗礼を施された教会(Sacred Heart of Jnsus)の跡地。

c0351060_20434526.jpg
彼女の生涯に関する品々や写真の展示や、
c0351060_23395673.jpg

c0351060_20465984.jpg

c0351060_23361301.jpg

※日本語のマザー・テレサに関する本も飾られてました。

モダンな礼拝堂も併設。
c0351060_20534612.jpg


一階のお土産屋さんには、
彼女の言葉を刻んだグッズも並んでいました。
c0351060_19220253.jpg

その中には
日本語版のタペストリーもあったり。
c0351060_19224160.jpg
※一つ上の英文のタペストリーとは違う内容です



続いて訪れたのは、
玉ねぎみたいな外観が印象的な クリメント大聖堂。
c0351060_20553458.jpg

中に入ると、
巨大なシャンデリアとイコンの並ぶ祭壇、
c0351060_19232879.jpg

そして、

天井に描かれた
巨大なキリストのフレスコ画が

目に飛び込んできます。
c0351060_11315636.jpg



その後も

国会議事堂の前を通り過ぎ、
c0351060_20245827.jpg

一方はリアルな凛々しい姿の
c0351060_23423933.jpg
もう一方は
カクカクしたアーティスティックな
c0351060_11231418.jpg
ライオン像の待ち構える橋を渡り、


スコピエの街を見渡せるという丘の上に立つ
城壁を目指して歩く。



途中で仲良し家族に出会ったり、
c0351060_21222093.jpg



久々に出会った日本人、
同じ宿に滞在中のエリナさんに遭遇して合流したり、


マケドニアを旅行中という
トルコ人の方々と写真を撮ったりしつつ、
c0351060_21030039.jpg
到着した
城壁周辺を散策。

c0351060_20181865.jpg
c0351060_20264183.jpg

ここスコピエは、
セルビアより夕暮れの時刻が早いらしく、

まだ空は明るいものの、
16:00には太陽は既に沈んでました。

c0351060_20205977.jpg


オレンジ色に染まる街を
見下ろすことのできる城壁のそばにある

Mustafa Pasha Mosqueという

c0351060_20324030.jpg

なかなか素朴なモスクに立ち寄り、
c0351060_20342562.jpg

17:00に閉まるという
聖スパス教会へ急ぎ足で行ってみることに。


閉館10分前に
ギリギリ到着した聖スパス教会で見つけたのは、

火の見櫓!?
c0351060_20590432.jpg

ボスニア・ヘルツェゴビナに引き続き、
またまた日本の江戸時代を彷彿させる一コマ。


そんな火の見櫓(タワービル)のある教会は、

既に閉館時間に向け
教会の方が扉に鍵を掛け始めていたところ

c0351060_20413931.jpg

“教会の中をどうしても見たい”とお願いしたところ、


再度鍵を開けてもらえ
教会内を案内してもらえました。
c0351060_21180047.jpg

↓の写真の手前側にある教会。

平屋のように見えて、実は半地下構造になっています。

c0351060_20363158.jpg

この教会の建造時、
モスクより高い位置に教会を造ることが許されず(イスラム教が優勢の風潮だった為)、

半地下に造ったそう。


あいにく撮影禁止の教会内。

階段を下りた先に現れたのは、

神々しいイコンの数々、
聖書を表現したという
一本の木で作られたという細やかな彫刻。

”これを観ずにこの場を去っていたら
絶対後悔した!”

そんな風に思える立派な教会。



教会の余韻に浸りながら、
オールドバザールを散策。


先日訪れたボスニア・ヘルツェゴビナが
江戸時代風の街並みなら、


スコピエのオールドバザールは、

街灯も加わり

まるで
明治時代の日本の街並み
c0351060_20392171.jpg

c0351060_20521554.jpg

明治…
スコピエのオールドバザールの中で
美味しそうに焼かれているお肉に目を奪われていると、

お店のおじさんが私たちを店内に招き入れ、
お肉の試食をさせてくれました!
c0351060_20430385.jpg


美味しい❤

ちなみに、
ボスニア・ヘルツェゴビナやセルビアをはじめとする
バルカン半島では

この短いソーセージ(ソーセージというよりハンバーグに近い味)を
数本挟んだサンドイッチが人気らしいです。

優しいソーセージ屋さんの先にある
主に野菜が売られている市場をぐるりとし
c0351060_21081275.jpg

c0351060_11335008.jpg
旧共産主義を物語るような
巨大な建物と銅像達が並ぶ一角へ。
c0351060_21275769.jpg

(写真だとイマイチ分かりにくいですが)外務省は
黄色のマケドニアカラーにライトアップ。
c0351060_20292908.jpg


マケドニアの国旗は、
c0351060_02254215.png
なんだか
日本の旭日旗を思い起こさせるデザイン。

c0351060_20470622.jpg

c0351060_20500650.jpg


ライトアップされたマケドニア門周辺は、

冒頭に書いた通り、どことなくパリの雰囲気。

c0351060_20411820.jpg
味のある本屋さんもある
そんなマケドニアのパリの近くで

c0351060_21263453.jpg

美味しそうなドーナツ屋さんの屋台を発見!

たっぷりの粉砂糖と
チョコソースがかかったこのドーナツを
c0351060_21185821.jpg

マケドニア国旗の楊枝で美味しくパクリ♪

c0351060_20504147.jpg

ドーナツの後は、
スーパーに立ち寄って、アイスを購入。

Box (6個入り ※131マケドニアンディナール)
c0351060_20443528.jpg



銀色の包み紙でくるまれたコーン形のアイス。

味はバニラチョコイチゴの三種類。
c0351060_20464423.jpg

宿の方々とシェアしつつ、
私が食べたのはチョコ味とイチゴ味。

内側にチョコがコーティングされたコーンに
チョコ味、イチゴ味それぞれの味のアイスが入り、

チョコ味にはチョコのスライスが
イチゴ味にはイチゴソースがかかってました。
c0351060_23335065.jpg

c0351060_10563194.jpg


ロンドンもパリも日本の要素もあり、
巨大な銅像がたくさんある街、スコピエ。

いろんな要素が混じり合い、
他にはない独特の雰囲気を持つ

ユニークな街でした。



[PR]

by ice_oga | 2016-01-29 22:56 | アイスクリーム | Comments(0) |