続・サラエボ散策(Sunsko Voce,Coko lada,Keks)

午後も引き続き
サラエボの街を散策。


昨夜も訪れたラテン橋

c0351060_21243818.jpg

その近くにある
Sultan Faith Emperor's Mosque

c0351060_21271901.jpg

そのモスクを目の前に

ふと、
スカーフを持ってくることを
忘れていた事に気付いた。

※イスラム教の寺院に入る際、
女性はスカーフで髪の毛を隠すのがマナー。


すると、
入口で出会った方がスカーフを貸してくれ

無事
モスクの中へ入れました。

c0351060_21194108.jpg
厳かな雰囲気の
こちらのモスク。
c0351060_16274332.jpg

c0351060_16284060.jpg
ちょうど
お祈りの時間らしく、

続々と人がやって来て
礼拝が始まったので、

そのまま見学させてもらうことに。


一日5回行われるという
このイスラム教の礼拝。

c0351060_21260104.jpg

数年前、
トルコのイスタンブールを旅した際に
モスクで見たお祈りに似てる。

やはり
ここサラエボは、
トルコの影響も色濃い街。


"お祈りをすると、
嫌なことや、悪いことを天のアラーが吸いとってくれて、
心が晴れ晴れする"


お祈りを終えた後
そんな風に声をかけてれたのは、

ここのモスクで
お祈りを先導する方(イマーム)。

c0351060_21214704.jpg
彼のとてもにこやかな顔を見てると、

彼らにとって礼拝とは、
本当にそういうものなんだなぁと染々思う。


そんな
心に残るイマームや、

気さくに声をかけてくれる信者の方々と
暫しお話した後は、


再びラテン橋を渡り、


黄色と赤のボーダー柄の建物、
サラエボ市庁舎(入場料:5マルク)へ。
c0351060_21341610.jpg
c0351060_21240944.jpg

もともとオーストリア・ハンガリー帝国時代に
市庁舎として建てられたこの建物は、
後に国立図書館となるも、

紛争の際の砲撃で建物は崩壊

200万もの蔵書が消失してしまったそう。


近年ようやく修復が完了したこの建物。

見所は、
美しいステンドグラスの天井

c0351060_16054625.jpg
二階へと続く
階段ホールも素敵です。
c0351060_20072410.jpg

c0351060_16065313.jpg

市庁舎らしく、
会議室もあります。
c0351060_21313336.jpg

地下では
”SARAJEVO 1914-2014”という、
サラエボの歴史や文化、

この建物の修復に関する展示が行われていました。
c0351060_21295884.jpg

c0351060_21275199.jpg

モスクや市庁舎を訪れた後は、

旧市街(バシチャルシア)の中にある
Gazi-Husrev Beg's Bezistan という
お土産屋さんの並ぶマーケットを覗いたり、

c0351060_20022044.jpg
c0351060_19583868.jpg


新宿…

ではなく、
サラエボのアルタや、

c0351060_20155943.jpg
大きな液晶ビジョンが遠くからでも目を引く
SCCことSarajevo City Centerなどの

c0351060_21423210.jpg
巨大なショッピングセンターが集まる一角へ
足を運んでみたり。


すると、
SOCの中にある
c0351060_21403982.jpg

Vatraというカフェの店頭で

アイスを発見

c0351060_21452975.jpg


1スクープ1マルク(約60円)とのことで、
欲張って3つの味を注文♪


Sunsko Voce(ブルーベリー&イチゴ味)
Cokolada(チョコレート味)
Keks(ビスケット味)
c0351060_21391549.jpg


Sunsko Voceは、
ブルーベリーの割合がやや強めのブルーベリーとイチゴのアイス。
適度に濃厚なベリー感の中、イチゴのつぶつぶがいい感じ。
c0351060_16091306.jpg

Cokoladaは、
濃厚なチョコレートアイス。
柔らかめのチョコチップが入ってました。
c0351060_21534139.jpg

Keksは、
卵の風味が効いていて、ほんのりシャリっとした食感
(オハヨー乳業さんの、”昔なつかしアイスクリン”というカップアイスに似た味わい)のアイス。
c0351060_21555381.jpg


アイスと一緒に売っていた
フローズンフルーツも美味しそうだったので

ついでに購入♪
c0351060_21482207.jpg

ラズベリー、クランベリー、ブラックベリー
3種のベリーが入って1マルク。


アイスの後は、

街中で見かけて気になっていた
Pite Ispod Saca(1.5マルク)という
ぐるぐる巻きのパイや、
c0351060_21362748.jpg
※中身はチキンの煮込みが入ってました


旧市街にたくさんあるケバブ屋さんで
ケバブサンドを購入して
お腹を満たし、
c0351060_20120449.jpg

江戸とトルコがミックスしたような
サラエボの街を後に。
c0351060_20305537.jpg


次の目的地は、
セルビアの首都、ベオグラード


サラエボ⇔ベオグラード間のバスは、

先日サラエボに到着した際に利用した
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦側の
バスターミナルではなく

スルプスカ共和国側のバスターミナル発着。


宿のある旧市街から
スルプスカ共和国側のターミナルへは距離があるので、

今回、宿のスタッフの方に
車での送迎をお願いしました(12ユーロ)。

c0351060_21493270.jpg

宿から
20分強でバスターミナルに到着。

c0351060_21522835.jpg
サラエボ→ベオグラードへは
40マルク+荷物代 2マルク/個。

c0351060_20330498.jpg

バス乗り場に入場する際、
チケット購入時にもらった
白いチケット(恐らくターミナルの使用料:5マルク※バスチケット代に含まれる)を

ゲートで待ち構えてるおじさんに渡します。
(ペルー辺りでよくあった 懐かしのシステム!!)


22:00発のバスに乗り、
ベオグラードに向け、出発!!
c0351060_20344548.jpg

[PR]

by ice_oga | 2016-01-26 23:00 | アイスクリーム | Comments(0) |