江戸とトルコがミックスした街、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボ

日本から遠く離れた場所で



が闊歩するような


時代劇のセットの中にいる気分

味わえるなんて…。





ここ

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、


サラエボの旧市街は



モスタルにも増して、


まるで
江戸時代の日本の街並み!!

c0351060_21111710.jpg








サラエボの街の

バスターミナルから





モスクがあったり、

c0351060_21552567.jpg


モニュメント

建ち並ぶ公園や、

c0351060_21542338.jpg

c0351060_21193327.jpg


大きなショッピングセンター

建ち並ぶ一角がある道を進み、


c0351060_21292268.jpg



最初の写真の

江戸の街のような旧市街の中心、


バシュチャルシア広場にも程近い


c0351060_21264690.jpg


今夜の宿、

アコモデーション マガザに到着。


c0351060_21215456.jpg


(1部屋11ユーロ/泊。これを二人でシェア。

住所:Tahcica sokak7.71 000 Sarajevo. 一階はシーシャ(水タバコ)カフェでした)





宿に荷物を置いて、


さっそく


江戸…


サラエボの街を散策。


c0351060_20175900.jpg


ここ旧市街は

オスマン朝時代の影響も色濃く残っており、


オスマン帝国、


すなわち

トルコらしさも満点


c0351060_20372299.jpg

トルコ名物の

ケバブや、トルコ風チャイ(紅茶)も

街中でよく見かけ、




サラエボは、

まるで江戸時代の街並み

トルコの雰囲気ミックスされたような




日本人にとっては

なんとも興味深い街。


c0351060_20532089.jpg



そんな街並みの旧市街を抜けると



やはりここはヨーロッパ



西洋風の建物や

カトリック系の大聖堂が

建ち並ぶ。


c0351060_21395610.jpg



c0351060_21032582.jpg




そんなサラエボの街を流れる

ミリャツカ川に架かるのは、


ラテン橋


c0351060_21500396.jpg


カラフルにライトアップされた


市民が往き来する

一見、ごく普通の橋。




実はこの橋



あの

第一次世界大戦勃発の引き金となった事件が

起きた場所。




『サラエボ』という名を聞いて

連想する方も多いと思われる


サラエボ事件




1914年に

オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻が

暗殺されたのは、



他でもない


この場所。




ラテン橋はかつて、

サラエボ事件の実行犯の名にちなみ

プリンツィプ橋とも呼ばれていたそう。






世界の歴史を動かしたとも言える

事件現場に


実際に足で立ってみた後は、




街中で売られている

石榴の生搾りジュースで喉を潤したり、

c0351060_20561011.jpg
c0351060_21015513.jpg


焼き栗をつまんだりしつつ

c0351060_20192535.jpg
c0351060_21524776.jpg


スーパーに立ち寄り

アイスを購入。



・Kesten Pire CLASSIC (2マルク≒140円)

c0351060_20425935.jpg
c0351060_20465911.jpg


焼き栗に引き続き、

これまたのアイス。


アイスの上に、

絞った生クリームとサクッとしたチョコチップがかかっていました。

栗のリキュールのような味(実際にアルコールは入ってないとは思いますが…)のアイスで、


コース料理のデザートに

出てきても良さそうなアイスでした。






そんな

アイスを食べた翌朝



イマイチな天気の中

再び街へ繰り出し、



旧市街のお店や

モスクに立ち寄りつつ、ブラブラ。



c0351060_20464422.jpg

c0351060_20445174.jpg



途中で見つけた

市場を覗いていると、

c0351060_20483437.jpg

ミカンをお店の方のご好意で

いただきました♪


c0351060_20430065.jpg


クロアチアもそうでしたが、


この辺は

柑橘系の果物が美味しい。





ミカンを手にし、


この市場の近くの階段を昇った先にある、


1984年に開催された
サラエボオリンピックの博物館

目指して行くも…


c0351060_21091661.jpg

c0351060_20550443.jpg


博物館、

閉まってる。。。

(地図を頼りに来ましたが、

そもそも、この建物であっているのかも

怪しい…)





気を取り直し、

同じオリンピック関連

とのことで、




サラエボオリンピック会場跡地

目指して歩く。





衣服や野菜の売られる

市場の先にあるのが、



c0351060_20580042.jpg
c0351060_21000734.jpg

かつてのサラエボオリンピックの

補助グラウンド。



現在は、

見渡す限りたくさんの墓石が並ぶ


ゼトラ公園墓地。





目の前に現れたのは、
おびただしい数のキリスト教徒のお墓。



墓地沿いの道をしばらく進むと


今度は

見渡す限りのイスラム教徒のお墓




この墓地に眠るのは

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で

犠牲になった人々。



紛争中、

亡くなった人々を埋葬する場所がなく、




皮肉にも、

平和の祭典とも呼ばれる

オリンピックの為の施設が、


埋葬場所になったそう。




しばらく続く墓地の先には、


本来のオリンピックの跡地らしい、



スポーツ施設も並んでいました。


c0351060_21192329.jpg





20年も前に起きた出来事。


わずか20年前に起こった出来事。




きれいに整備された墓地は


今となっては
紛争が起きていたなんて信じられないほど


平和な雰囲気のサラエボの街に

すっかり溶け込んでいる。




けれども、

なんとも言えない重い空気が漂うこの場所。





そんな墓地の周辺には


桜の木が立ち並んでいます。



c0351060_21131061.jpg


まだ見頃の時期は先ですが、


この桜の木は

”三民族の共同墓地であるこの場所で

民族という壁を越えて

共に花を愛でる日が来ること”を祈り


日本のNGO団体が植えたもの。






サラエボは

第一次世界大戦、

そして紛争の足跡を辿ることのできる街。



そんな街では、

民族、そして国を越えた

平和を願わずにはいられない。




そんなことを想いながら


再び来た道を戻り、





旧市街の中のお店でランチ

c0351060_20502237.jpg


お店のイチオシの三品が味わえるという

メニューを注文。



出てきたのは、

茄子やミニ玉ねぎの肉詰めの煮込み料理に

ワークリームが載ったもの。


c0351060_20405215.jpg


柔らかく煮込まれたそれらは

スープの味が染み込み、

美味しい!


付け合わせのパンもモチモチ♪



そんなボスニア・ヘルツェゴビナ料理

お腹を満たした後には、



ちょっと食休みして、


引き続き
サラエボの街を散策します。






※ちなみに、

旧市街から少し離れたところでは、


”日本にもこんな家ある!”

と、思わず写真を撮ってしまった



庭に松の木の生えた、

瓦屋根のおうちもありました。


c0351060_20204214.jpg

やっぱりサラエボは、

日本人にとって興味をそそられる街です。


[PR]

by ice_oga | 2016-01-26 14:12 | アイスクリーム | Comments(0) |