魔女の宅急便の舞台!?アドリア海に浮かぶオレンジ屋根の街、ドブロブニク

クロアチアの南に位置する街、
ドブロブニク


ここを訪れた人々の定番といえば、コレ。




"魔女の宅急便ごっこ"

c0351060_20210897.jpg
この街は、
ジブリ映画の「魔女の宅急便」の舞台のモデルになったと
言われる場所のひとつ。
※実際のところ
スウェーデンにある街がモデルという説が有力だとか??



アドリア海に浮かぶ、
城塞に囲まれたオレンジ色の屋根の街をバックに

映画の主人公のキキさながらに
ホウキやデッキブラシにまたがり、

空飛ぶ魔女風に写真撮影♪
c0351060_19414451.jpg


そんな定番写真を撮りたくて、
向かった先は

スルジ山。
c0351060_21283187.jpg
標高412mのこの山は
ドブロブニク旧市街の全体像を見渡せる絶景ポイント



旧市街を取り囲む城塞の外に出て、

途中に見晴らしのよいベンチもある
住宅街の中の坂道を登り、

c0351060_20404648.jpg

c0351060_20345631.jpg

c0351060_20263294.jpg
車道を横断し、

見つけた看板に従って
スルジ山の登山道へ。
c0351060_20441708.jpg
ところどころに
十字架も立つこの登山道。
c0351060_21104776.jpg

緩やかな坂道が
蛇のようにくねくねして頂上まで通じており、


日光のいろは坂の如く、
坂道のカーブごとに聖書の一場面を描いた石碑が立っていました。
c0351060_20430590.jpg

c0351060_21240205.jpg

上へ上へと坂道を上って行くにつれ
足下に見えてくるのは、

青さが眩しいアドリア海。

c0351060_21292783.jpg

そして、
城壁に囲まれたオレンジ屋根の家々が建ち並ぶ
ドブロブニクの旧市街

c0351060_21053109.jpg


尚、魔女の宅急便ごっこをするなら
頂上よりも登山道の中腹がベスト!
(頂上だと、旧市街が遠すぎてしまいます。。。)


===空飛ぶ魔女風の写真の撮り方===
1.近くに落ちているホウキの柄程度の長さ&太さのを探す
(探してみると、
ちょうどいいサイズの枝が狙ったかのように落ちてます笑)

2.カメラのシャッターを連写モードに設定

3.見つけた枝に跨がって、思いっきりジャンプ!
その瞬間を連写モードの状態でシャッターを切って撮影。

すると、
ジャンプして宙に浮いてる瞬間
=飛んでいるように見える1枚
カメラの中におさめられているハズ!

※より気合を入れたい方は、
黒のワンピースを着て、
ホウキやデッキブラシを持参してチャレンジしてみてもよいかと…
===================


魔女の宅急便ごっこをしたり、

足元に広がる景色を楽しんだりしながら

c0351060_20363514.jpg


坂を上る事1時間弱、
スルジ山の頂上に到着。


ちなみに、
スルジ山の山頂へは
ロープウェイもあるのですが…

この日(オフシーズン中だから?)は運休でした。



スルジ山の頂上にあったのは、
クロアチアの独立紛争時の要塞を利用した博物館
c0351060_20393914.jpg
c0351060_20471304.jpg

今でこそ、
”平和”という言葉が
これでもかという程に似合う国、クロアチア。

つい20年程前(1991~1995年)は
紛争が起こっていた国。

c0351060_20564560.jpg

紛争の際にはドブロブニクの街も
ユーゴスラビア連邦軍による攻撃で
大いに破壊されてしまったそう。




今ではすっかりそんな気配を
感じさせない程に復旧したドブロブニクの街。


スルジ山を下り、
今度はそんなドブロブニクの
城塞に囲まれた旧市街の中を散策。


c0351060_19440051.jpg
階段の多い旧市街。
c0351060_19513197.jpg
その階段さえも「絵になる」、

歩いているだけでも
テンションが上がってしまう、素敵な街並。


この旧市街に位置する
フランシスコ修道院の中にあるのが、

世界で3番目に古い薬局といわれる
1391年創業のマラ・ブラチャ薬局

c0351060_19344068.jpg
c0351060_19390554.jpg

白が基調の店内は
薬品瓶が棚に並び、レトロな雰囲気満点
※あいにく店内は撮影禁止

売られている品々は、
普通の薬局でも見かけるようなものたちが主でしたが、

お土産にもピッタリな
美容系のクリームも。
c0351060_20055348.jpg

お土産といえば、
ドブロブニク滞在中に何度も訪れてしまったのが
MEDUSAというお店。
c0351060_19280815.jpg
c0351060_19222737.jpg
クロアチア土産の定番のラベンダーグッズや、
女性におススメのローズウォーターやハンドクリーム、
c0351060_19472338.jpg
包みも可愛い
キャンディサイズの小さな石鹸
c0351060_19254585.jpg
カラフルな器や、
c0351060_19323205.jpg
意外にもクロアチア発祥地だという
ネクタイ等…
c0351060_20230397.jpg

思わず欲しくなるお土産ものが多く、
毎度、長居してしまいました。



お土産探しも楽しい街中を散策していて
たどり着いたのが
St.Ignatius of Loyola教会。
c0351060_20013711.jpg

まるで舞台の一部のような
森の中にいるマリア像もある
c0351060_20140572.jpg
ピンクの大理石の柱が印象的な
祭壇のある立派な教会でした。
c0351060_19564459.jpg


ちなみに、
旧市街の中では
たくさんの猫たちに遭遇。
c0351060_20124674.jpg
c0351060_21481745.jpg
c0351060_20294375.jpg

黒猫を見つけると、

”リアル ジジ!!”
(「魔女の宅急便」の主人公が飼っている黒猫の名前がジジ)

…と、
思わずテンションが上がってしまいます笑。


リアル ジジ探しもしつつ
歩いていると、

城壁の間から射し込むオレンジの光を発見!


近くの扉から
城壁の外側に出てみると、
c0351060_20080796.jpg

予感的中!!


水平線の向こうに沈みゆく
オレンジ色の太陽
c0351060_20105173.jpg

タイミングよく拝むことが出来た
美しいアドリア海の夕焼け

そして
暮れなずむ街並みも素敵なドブロブニク
c0351060_20180136.jpg

c0351060_20204628.jpg


上から見ても、
中を歩いて見てみても、

“魔女の宅急便”にこだわらずとも、
まるごと映画の舞台のような魅力的な場所でした。

[PR]

by ice_oga | 2016-01-22 22:06 | 街散策 | Comments(0) |