クロアチアにある一風変わった博物館、失恋博物館

次の目的地は、

クロアチアの首都、ザグレブ



スロヴェニアリュブリャーナから

ザグレブへは列車で移動。


リュブリャーナ駅の窓口で切符を買って(9ユーロ)、

c0351060_17254272.jpg
c0351060_22000086.jpg
14:45発の列車に乗車。

c0351060_17345724.jpg


列車は

6人掛けの個室タイプの自由席。

c0351060_17382058.jpg


16:30頃、Dobovaという場所で
電車に乗り込んできた係員によるパスポートチェック



チェコからずっと

シェンゲン圏内を旅してきましたが、


クロアチアでついにシェンゲン圏を脱出!



シェンゲン圏は、
出入国審査の煩わしさがないという

利点がある一方、


シェンゲン圏内の国に滞在できる日数には、

各国ごとではなく、


シェンゲン圏内全域を一括りとして

滞在日数に制限がある為、


長期間ヨーロッパを旅する予定の方は、

シェンゲン圏内の滞在日数にご注意を。






乗車中は、

車掌さんによる二度の切符チェックを受けつつも、



17:15、
28ヶ国目、

クロアチアザグレブ(中央駅)に到着



ザグレブでは

駅と街のの中心部の中間あたりの距離にある

DAY&NIGHT HOSTEL(45クーナ/泊。住所:Kneza Mislaya 1 Zagreb,Croatia。

キッチンも使いやすくて、スタッフのお姉さんも感じがよかったです)に滞在。

c0351060_18005137.jpg


チェックインを終えたら、


さっそくザグレブの街を散策。

c0351060_22510577.jpg

辿り着いたのは、

ザグレブの中心広場、

トラムも目の前を行き交う、イエラチッチ広場

c0351060_21503086.jpg



大きいディスプレイが至る所にある

ザグレブの中心地を歩いていると、



VINCEKという賑わうケーキ屋さんで
アイスクリームを発見!


寒いけれど、アイスの誘惑に負けて購入。

(7クーナ≒120円 ※2スクープで1つの味 or 1スクープで2つの味か選べます)



c0351060_17391477.jpg


・SLADOLED&BUCINIM KOSTICAMA
・CHESE CAKE

c0351060_17362913.jpg

SLADOLED…は、パンプキンオイルとパンプキンシードの入ったカボチャのアイス。

口に入れた瞬間、カボチャの風味がフワっとくる。


CHESE CAKEはイチゴソースとカリっとしたクッキーの入った、

ヨーグルトに似た風味のチーズケーキ味のアイスでした。



ちなみに、

他の味のアイスも気になって、


ついつい

また別の日にも来ちゃいました♪

c0351060_18045844.jpg
・SUNSKO VOCE

・SNIKI KIKIRIKI

c0351060_17584367.jpg

SUNSKO VOCEは、クランベリーとブルーベリーがまるまる入り、果実のつぶつぶ感も楽しい
ベリー感たっぷりのアイス。


SNIKI KIKIRIKIは、”外国のアイス”という感じの

ピーナッツクリームとチョコクリームの甘い物好きには堪らないアイス。



VUNCEKのアイスは、

口当たりが軽いのに味がしっかりしていて


とっても美味しかったです♪






アイスを食べ終えたら、


ザグレブの街並みも見渡せる

たくさんの博物館が集まる丘の上へ。

c0351060_21464591.jpg


c0351060_17325678.jpg



ここにあるのが、
ザグレブ名物の一風変わった博物館


その名も、
失恋博物館(30クーナ)。


c0351060_17451505.jpg

展示されているのは、

一見、何の変哲もない品々


ドレスや小物、

c0351060_17534066.jpg

こんな古びたぬいぐるみなど。
c0351060_17581983.jpg

c0351060_12011784.jpg

この博物館の楽しみ方は、
展示されている品々のバックグラウンド
知りながら展示品を眺めること。


展示されている品々は

世界中から集められた、
既に関係が終わった相手との思い出の品々

展示品に関するエピソードを
読みながら、
どんな想いが込められた品なのか知りつつ眺めることで、

ただのドレスもぬいぐるみも
元の持ち主の人生の一部を知る鍵となります。
※日本語の解説もあり
c0351060_17415628.jpg


失恋というと恋愛なイメージですが、

Broken Relationships(壊れた関係)ということで、


恋愛だけではなく、

既に縁を切った肉親との思い出の品々も多数ありました。



そこまで大きな博物館ではないのですが、

ひとつひとつのエピソードを読みながら見学するので、

意外と見学時間を要します。

c0351060_00112296.jpg



ちなみにこの博物館では、

今尚、展示品を募集中とのこと。

→失恋博物館HP




忘れたい!でも捨てられない!

なんて過去の人との思い出の品が手元に残っている方、



日本から遠く離れた地、

ここクロアチアザグレブ一風変わった博物館


世界中の人にその思い出の品を見てもらい、

自分の辛い経験を知ってもらうことで

(又は、他の方の失恋の痛みを分かち合うことで)



心の傷を癒してみてはいかがでしょうか。






[PR]

by ice_oga | 2016-01-16 22:50 | アイスクリーム | Comments(0) |